村 下 孝蔵 初恋 歌詞。 初恋(村下孝藏演唱歌曲)_百度百科

[音樂] 村下孝藏 初戀

村 下 孝蔵 初恋 歌詞

スポンサードリンク 村下孝蔵さんが亡くなられて、早いもんで15年もたちます。 この梅雨の時期をむかえる村下孝蔵さんを思い出しますね。 村下孝蔵の早すぎる死因は? 1999年6月20日、駒込のスタジオでコンサートのリハーサル中にとっぜん「気分が悪い」と訴え、最初は救急車も呼ばずスタッフ付き添いのもと自力で病院を訪れていた。 診察の結果「高血圧性脳内出血」と診断された直後、意識不明の昏睡状態に陥り、僅か4日後の6月24日に死去。 46歳という若さのお別れでしたね。 その「高血圧性脳内出血」という病気は、脳内の血管がなんらかの原因で破錠をお越し、脳実質内に出血を来す疾患だそうです。 高血圧性脳内出血の危険因子としては、男性、アルコール常飲者、肝機能障害の3つがあります。 血小板の少ない例や抗血栓・血小板薬を内服してる場合には大きくなり、重篤となる傾向にあるようです。 村下孝蔵の初恋は大ヒットしました!! 「初恋」は村下孝蔵さんが1983年2月25日にCBSソニーより発売された楽曲で、デビー4年目で5枚目のシングルA面の曲で最大のヒットとなった曲ですね。 「初恋」のジャケットは当初、村下孝蔵さんの横顔の顔写真であったが、途中から現在アルバムの「初恋~浅き夢みし~」にも使用されている村上保さんの切り紙絵に変わりました。 スポンサードリンク 村下孝蔵さんの故郷である熊本県水俣市の商店街「ふれあい一番街」に本曲の歌碑が2013年に建立され、商店街ストリートの名称も「初恋通り」に改名された(天国の村下孝蔵さんも喜ばれているのではないでしょうか この「初恋」のは曲をカバーしている歌手のみなさんは、中澤裕子さん、島谷ひとみさん、杏里さん、サーカスさん、香西かおりさん、南こうせつさん、渡辺美里さん等・・・・ 村下孝蔵が歌った「踊り子」の歌詞は・・・・・! 村下孝蔵さんが歌った「踊り子」の曲は、1983年8月25日にCBSソニーより発売された楽曲です。 デビー4年目6枚目のシングルA面の曲です。 前作の「初恋」に引き続いて10万枚を売り上げるヒット曲となり「初恋」に次いで演奏回数が多い曲です。 村下孝蔵さんらしい「踊り子」の歌詞です。 「答えを出さずにいつまでも暮せない バス通り裏の路地行き止まのり恋だから 何処かに行きたいりんごの花が咲いてる 暖かい所なら何処へでも行く」 「つまさきで立ったまま君を愛してきた 南向きの窓から見ていた空が 踊り出すくるくると軽いめまいの後 写真をばらまいたようにこころが乱れる」 「表紙のとれてる愛だからかくしあい ボロボロの台紙だけ語り合う日々が続き 坂道を駆ける子供たちのようだった 倒れそうなまま二人走っていたね」 「つまさきで立ったまま僕を愛してきた 狭い舞台の上でふらつく踊り子 愛してる愛せない言葉をかえながら かけひきだけの愛は見えなくなってゆく」 「つまさきで立ったまま二人愛してきた 狭い舞台の上でふらつく踊り子 若すぎたそれだけがすべての答えだと 涙をこらえたままつまさき立知の恋」 ラララ・・・・・ スポンサードリンク.

次の

[音樂] 村下孝藏 初戀

村 下 孝蔵 初恋 歌詞

色あせぬ名曲「初恋」今なお高い認知度! 1999年6月24日、村下孝蔵が亡くなった。 当時7歳だった私は、村下孝蔵という人も、その人の死も知らなかった。 突然の死だったというから、きっと大きな衝撃が走ったことだろう。 そんな彼の代表曲は、言わずと知れた「初恋」。 オリコン売上で言えば52. 6万枚。 大ヒットではあるが、同じ枚数売れた曲がみんな今まで歌い継がれているかと言うと、そうとは限らない。 そんな中この曲は、世代を問わず知名度があり、周りの20代にも必ずといっていいほど認知されている。 それにGoogle検索でも「初恋」というかなりのビッグワードであるにもかかわらず、この曲の Wikipedia ページが上位に表示される。 これは世代の人だけが好きで聴いている(検索している)、というレベルの結果ではないだろう。 しかし、ただ名が知られているだけではない。 有名であるにはそれだけの理由がある。 注目!ほかの初恋ソングと一線を画した歌詞 五月雨は緑色 悲しくさせたよ 一人の午後は 恋をして 淋しくて 届かぬ想いを 暖めていた 好きだよと言えずに初恋は ふりこ細工の心 放課後の校庭を 走る君がいた 遠くで僕は いつでも君を探してた 浅い夢だから 胸をはなれない メロディー、アレンジ、コード進行、声質、歌唱力どれも洗練されており、とりわけ「五月雨は緑色」にはじまる言葉えらびの美しさには、思わず膝を打つ。 しかしそれ以上に、歌詞の内容に注目したい。 それは、相手を特定できる情報がほとんどなく、「放課後の校庭を走る」人ということしかわからない。 相手だけではなく、自分の情報もほとんどない。 人物の性別や具体的な特徴を極力描かず、自分の内面的な想いと情景の描写に終始焦点を当てているのだ。 たとえばアイドルが歌う初恋ソングなら、(少なくとも私は)そのアイドルのキラキラした世界の初恋に想像を膨らませる。 あるいは切ない初恋だとしても、その胸中を心の中でなぞり、同じ思いを共有する。 いずれそのアイドルの初恋物語に想いを馳せるのだ。 もちろん、それはそれで楽しみ方の一つである。 ところが村下孝蔵の「初恋」は、ちょっと違う。 誰が聴いても、聴いたその人の初恋のための歌だと思わされてしまうのだ。 たったひとつの大切な初恋、リスナーにとっては唯一無二 自分では「実は… これ、おれの初恋のテーマなんだ」と思っていても、実は… もへったくれもない。 誰もが経験したことがあるごくごく平凡なことなのに、どれひとつとして同じものがなく、誰にとっても特別なものだ。 テレビで「初恋」が流れるときやカラオケで誰かがこの曲を歌うとき、この曲を聴いた人々は一様に「この曲いいよね~」「本当、いい曲だよね~」なんて言い合うが、それは一見共鳴しているかのように見えるが、そうではない。 かくいう私自身もそうだ。 もし感傷的に語ったりなんかしたら、「いや… ごたいそうに言うけどさ、初恋ってそういうもんだよ…?」というツッコミが飛んできそうな、きわめて平凡な経験だ。 それでも、私にとってはやはり初恋は特別である。 そんな、誰に言っても多分伝わらないし聞いてもらえない、だけどたったひとつの大切な初恋を、「初恋」は包んでくれるのだ。 もはや、村下孝蔵の「初恋」は私たちの初恋そのものだとも言える。 この曲が生まれて37年が経った今も聴いてもそう思えるし、売上以上の影響を世の中に与えているだろう。 いまも多くの人に大事にされる、村下孝蔵の最高傑作! 私は「初恋」に始まり「踊り子」「ゆうこ」等のシングルからアルバム曲、B面曲と彼の曲は多数聴いてきたが、今ふたたび「初恋」を聴いても、やはり素晴らしいと感じる。 そして自分の物語のなかへと逃避行する。 奇しくも命日が五月雨の季節ということで、ファンは6月24日を五月雨忌と呼ぶ。 その「初恋」という曲は、たぶんあなたの想像する以上に、いまも多くの人に大事にされている。 まるで自分の初恋と同じくらい、大事にされていますよ。 「初恋」の成功によって苦しめられたこともあったのかもしれない。 この曲のファンとしては、それを思うと少々切なくなる。 しかしそれでも、やっぱりこの曲が名曲だということはまぎれもない事実だ。 自分の初恋に心酔しきったあとは、たまには村下孝蔵、彼自身に思いを馳せてこの曲を聴くのも良いのかもしれない。 筆者注:村下孝蔵については、でも紹介しています。 こちらも是非ご覧ください。 そして、70~80年代のヒット曲の総合情報サイトも、よろしければご覧ください。

次の

永遠の歌人【村下孝蔵】個人的に好きな曲ランキング ベスト20・好きなアルバムベスト5

村 下 孝蔵 初恋 歌詞

シンガーソングライター・村下孝蔵が1999年に46才の若さで亡くなってから、20年以上の時が経った。 作詞・作曲・歌唱のクオリティの高さに、いまも新たなファンが後を絶たない。 私も、最近になって彼の歌に魅せられたひとりである。 まず彼の歌の特徴としてあげられるのが、歌詞の美しさだ。 基本、英語がでてこない。 日本語を丁寧に選びとったその歌詞は、まぶたの裏に自然と情景を浮かばせる。 彼のメロディーづくりと声のよさともあいまって、ひとたび聴けば、たちまちその歌の世界に引き込まれていく。 しかし残念ながら、それ以外の曲の知名度は決して高くはない。 じゃあそのほかでどんな曲を聴けばいいの、という方に、私はぜひ「春雨」をお勧めしたい。 「春雨」は村下孝蔵のセカンドシングルで、1981年に発売された。 心を編んだセーター 渡す事もできず 一人 部屋で 解く糸に 想い出を辿りながら 恋人が都会へと行ってしまい、遠距離恋愛の末別れてしまった女性の回想だ。 あの人が好きだった 悲しい恋の歌 恋愛のそばには、なぜかいつも音楽が寄り添う。 平成4年生まれの私が物心ついた時には、すでに家にパソコンがあり、携帯電話があった。 音楽はもちろん CD で聴くものだったし、まもなくダウンロードに変わっていった。 しかし、私はレコードが好きでどうしても集めてしまう。 70~80年代の音楽が好きということもあるけれど、それだけではない。 多分、レコードの「溝」が好きなのだ。 溝には、レコーディングの際の声や空気が、そのまま凸凹となり刻まれている。 時に愛する人を想って、時には言い出せない愛をかかえて、心のよりどころにするかのように音楽はかけられる。 レコードの「溝」には、そんなふうに聴いた日々の思い出もそのまま詰まっていて、針はその溝の上をなぞっていく… 音が流れるたび、そこに詰まった思い出をやさしく掻き出すかのように。 いつも 一人 聞いた 古い レコードに傷をつけた だからこそ、このフレーズに胸が痛む。 レコードに含まれた思い出ごと傷をつける心境というのは、いったいどんなものだろうか。 きっと「悲しい恋の歌」を聴いていたころは、自分の身に同じような現実が降りかかるとは思いもよらなかっただろう。 いや、もしかしたら、いつかそんな日が来ることを恐れていたかもしれない。 いずれにせよ、その歌を聴くことはもうないのだ。 このレコードを聴いていたころのような関係は、今はもう終わってしまった。 そんな「もう絶対に取り戻すことのできない現実」を、「糸をほどいてしまえば二度と同じものはできないセーター」、そして「傷をつけてしまったらもう聴くことはできないレコード」とする村下孝蔵。 この人の表現力には、圧倒される。 それでいて、嫌味がなく自然だ。 そして、「本当の終わり」を、こうも歌っている。 電話の度に サヨナラ 言ったのに どうして最後は黙っていたの 悲しすぎるわ 電話のたびに言ってたさよならは、きっと「またね」としてのさよならだ。 また次の電話があると信じているから、さよならが言える。 これが最後とわかっている電話で「さよなら」なんて言えないだろう。 でも、それを言わないことで、かえってそれが本当の別離だと示してしまっている。 あの人を変えた都会 すべて憎みたいわ 灯り消して壁にもたれ 木枯しは愛を枯らす せめてもう少しだけ 知らずにいたかった 春の雨に 頬を濡らし 涙を隠したいから しかし不思議なことに、絶望のような歌でいて、そうではない。 彼の歌は、からだを冷やしたさまよう子猫のような気分を、いくつになっても包んでくれるような音楽だ。 そんなふうに思えるのは、彼のやさしい歌声のせいだろうか。 まだ春は遠い。 それでも村下孝蔵の優しく降る雨のような声に紛れて泣けば、涙を隠せるような気がしてしまう。 しかし80年代当時にギター一本をひっさげて歌うフォーク的スタイルは、その時まだ生まれてすらいない私が考えても、すこし時代遅れであっただろう。 そのせいもあって「初恋」以外の彼の歌が正当な評価されていたのかは、疑問が残るところでもある。 私が思うに彼の歌詞やメロディーラインは古かったのではなく、ただただ普遍的だったのではないかと思う。 その証拠に「春雨」のリリースから40年近く経っても、まだその旋律や詩に胸を熱くする人間がここにいる。 時が経とうと流行りが変わろうとけっして変わらないものを、彼はその当時から伝えようとしていたのかもしれない。 いまは流行の音楽というものがなくなりつつあり、どの国の、いつの時代の音楽でも簡単に聞ける時代となった。 そんな時代だからこそ、今度は曇りなきまなこで、村下孝蔵の音楽そのものが多くの人に評価されてほしいと願っている。 追記 というサイトで70~80年代のヒット曲について紹介させて頂いています! よろしければこちらもご覧ください。 2019.

次の