酒 饅頭 の 作り方。 意外と知らない酒饅頭の由来とは?基本レシピや有名店をご紹介

老舗名店の味を再現♪簡単に手作りできる絶品酒まんじゅうレシピ

酒 饅頭 の 作り方

相模原地区の伝承料理酒饅頭の作り方をアップします。 饅頭は膨らみません。 (一次発酵) ふっくらしてくる。 手につくようならば小麦粉を足して捏ねる(きめ細かく。 手のひらで丸く伸ばして餡を包む。 (二次発酵)表面がきめ細かく弾力がでる。 覚めたら、小豆を鍋に移して水分を飛ばす。 砂糖を加え練る。 餡を25個に丸めておく。 最初強火・湯気が上がったら中火にして20分蒸す。

次の

パンの種、天然酵母の作り方

酒 饅頭 の 作り方

2019年1月3日 今回は甘酒まんじゅうの作り方の紹介をしたいと思います。 材料は手に入りやすいもので、なるべく簡単でシンプルな工程にしてみました。 甘酒まんじゅうの作り方 材料(6個分)• 米麹甘酒(ストレートタイプ):125g• ドライイースト:1g• 塩:3g• オリーブオイル:5g• 強力粉:200g• ドロッとした濃度が高い甘酒(濃縮甘酒)を使う場合は水で薄めてから使用します。 自家製甘酒を使う場合はブレンダーで甘酒をサラサラの状態にしておきます。 材料を混ぜて、こねる ボールにすべての材料を入れて、手でこねていきます。 10分くらいこねていくと生地がまとまってきます。 生地をこねてまとめる 2. 一次発酵 生地をまるめてヨーグルティア(発酵機)に入れて発酵させていきます。 発酵時間は発酵させる温度によって変化します。 生地を丸めてボールに入れて、空気に触れないようにサランラップをして発酵を行います。 サランラップをかける理由は発酵時に空気が入ると生地が乾燥してしまい、パサパサ感が出てしまうからです。 発酵でうまく膨らまなくても失敗ではありません。 発酵で膨らむと蒸し上りがふっくらとなりますが、一次発酵で膨らまなくてもそのまま続けていきましょう。 アルコール発酵の仕組み まんじゅうはアルコール発酵により膨らみます。 アルコール発酵とはイースト(酵母)が糖分(今回は甘酒に含まれる糖分)を食べて、二酸化炭素とアルコールを作り出すことです。 二酸化炭素のガスによって生地は膨れています。 一次発酵で生地がうまく膨らむためには下記を調節していきます。 ドライイースト(酵母菌)と甘酒の糖分の量• 甘酒の濃度(水分量)• 発酵させる温度と時間.

次の

【レシピ:甘酒】日本最古のまんじゅう!?「酒まんじゅう」作りに挑戦!!

酒 饅頭 の 作り方

酒まんじゅうの材料と作り方 酒まんじゅうの材料:4個分 <生地> ・薄力粉:30g ・上白糖:15g ・水または日本酒:10g(日本酒は甘口がオススメ) ・イスパタ:0. 板状の固い酒粕は、電子レンジなどで温めて柔らかくしてお使いください。 まんじゅう生地を作る ボウルに酒粕と砂糖を入れ、すり混ぜます。 酒粕が滑らかになったら、水を加えよく混ぜ、 裏漉して滑らかにします。 続いてイスパタを加えます。 イスパタは微量の水を加えて溶かしてから、酒粕に加えてください。 イスパタとは? イスパタは膨張剤の一つ。 白いまんじゅうを作る際によく使われます。 炭酸とアンモニアガスで膨張します ボウルに薄力粉をふるい入れ、ヘラでさっくりと混ぜます。 混ぜ過ぎないようにご注意ください 2. 生地を冷蔵庫で休ませる(30分) ボウルにラップをして、冷蔵庫で休ませておきます。 休ませる時間は30分です。 あんを分割する バットに薄力粉を敷き、まんじゅう生地をのせます。 手粉をつけ、生地を4等分し、丸めておきます。 あんを4つに丸めます。 生地を手のひらで丸く広げ、上にあんをのせ、包みます 4. 蒸す(中~強火/10分) 蒸し器を沸騰させます。 まんじゅうを入れ、霧吹きをかけて蒸します。 蒸し時間は10分です。

次の