引越し おすすめ 業者 単身。 近距離引越しを安く済ませたい!近距離引越しにオススメな引越し業者

【2020年07月】おすすめ引越し業者と口コミ一覧|引っ越しの見積もり比較なら引越し侍

引越し おすすめ 業者 単身

実際の料金はいくら?一括見積りサイトなら相場より確実に安くできる! 実際の引越し料金を知るためには、業者へ見積もり依頼を出さなくてはいけません。 そこでおすすめなのが、 「引越し料金一括見積りサイト」。 一度の入力で 最大10社へ見積もり依頼を出すことが出来ます。 また、一括見積りサイトを使うと、 業者同士で値引き競争をしてくれるので、通常の見積もりよりも遥かに安い金額で引越しが出来ます。 一括見積りサイトの利用は無料です。 見積もり依頼の他にも色々なサービスを利用できますが、すべて無料です。 当サイトのおすすめは、 「SUUMO引越し」という一括見積りサイト。 SUUMO引越しは、一括見積もりサイトの中で唯一、 電話番号なしで見積もり依頼が出来るサイト です。 メールアドレスだけで見積もり依頼が出せるので、• 業者からは電話が掛かってこない• 全てメールでやり取りできる などのメリットがあります。 電話が苦手な方、自分の都合の良いタイミングで業者選びをしたい方におすすめです。 1位、サカイ引越センター 国内で最も多く利用されているサカイ引越センター。 迷ったときはとりあえずサカイ引越センターにしておいてよいくらいの知名度と信頼度です。 特徴としては、単身引越しよりも 家族向けの引越しに人気があること。 家族向けのプランが非常に充実しており、あなたの生活スタイルに合わせて適切なプランを選ぶことが出来ます。 また、近年は単身引越しにも力を入れており、専用カーゴを利用した 単身用の小口引越便コースができるなど、単身引越しを予定している方にもおすすめの定番業者です。 「引越し日程の変更にも対応してくれました」• 評価:• タイプ:夫婦2人 3月27日に引越しをする予定で予約をしていたのですが、急遽引越しの予定が先延ばしになったので、その旨を電話で連絡すると、迅速に対応してくれました。 日程の調整も無事にできたので、引越しに影響はありませんでした。 一度は他社にお願いしても断られた日程だったのですが、大手だからできる迅速な対応に感謝しています。 2位、アリさんマークの引越社 アリさんマークの引越社は、近距離の単身引越し用の「ミニ引越しプラン」と、 長距離の格安プランが特徴的な大手業者です。 関西地方からの引越しには特に人気が高く、神奈川県への引越しにも多く選ばれています。 大阪から神奈川県への引越しを出来るだけ安くしたいのであれば、アリさんマークの引越社の 長距離エコリーズナブルパックがおすすめ。 JRのコンテナ便で荷物を輸送し、引越しの作業はアリさんのスタッフが行うため、非常にリーズナブルな価格で長距離引越しが可能です。 「こちらの予算に近づける努力をしてくれた」• 評価:• タイプ:家族4人 訪問見積もりをしにきてくれた営業マンの対応が非常に良かった。 最初にこちらの予算を伝えると、何とかその金額に近づけようと、あらゆる方法やプランなどを提案してくれたので、満足して契約できた。 不用品として処分するはずだった大型の家具類も、アリさんマークの引越社が提携している回収業社に無料で引き取ってもらうことができて大変助かりました。 3位、人力引越社 人力引越社は、京都府に本社のある 単身引越しにめっぽう強い中小業者です。 関西地方だけでなく関東地方をはじめとする全国への引越しも可能な業者で、単身引越しに圧倒的な人気を誇ります。 とにかく料金の安い業者を探しているなら人力引越社を必ずチェックしましょう。 「一番最初に電話がかかってきた。 素早い対応に満足」• 評価:• タイプ:単身(20代 男性) 一括見積もりを使って見積もり依頼をしたら、一番最初に電話をくれたのが人力引越社だった。 電話の対応もよく、料金も安かったのでこちらに依頼することを決めた。 電話で予算オーバーしていることを伝えると、ほぼ予算と同額まで値下げしてくれた。 見積もり金額が確定した後に、追加で運んでもらいたい荷物を伝えたところ、値段はそのままで運んでもらうことができた。 値下げには柔軟に対応してくれるのは良いが、最初に提示してくる金額が高いので、少し不信感があった。 最初から安くしてくれれば安心して頼めるのにと思ってしまう。 全体的には満足している。 「大雨でも素早く運んでくれた」• 評価:• タイプ:単身(30代 男性) 引越し当日はひどい雨の天気だったのですが、素早い作業と的確な役割分担で、スムーズな搬出作業をしてくれました。 スピーディーな作業は高く評価できるポイントだと思います。 また、電話だけでおおよその見積もり金額を出してくれたのも助かった。 結局訪問見積もりはなしで引越しできたので、忙しい時期でも大丈夫だった。 最初の見積もり金額よりも安い金額で引越しを済ませることができたので、安い・スピーディーの2つを実現できる業者としておすすめできます。 4位、日通 日通は、単身パックが充実した 単身引越しをする方に最もおすすめしたい業者の1つです。 一人暮らしの学生さんや単身赴任をするサラリーマン・社会人の方などに多く利用されています。 日通の単身パックは、専用ボックスのサイズに合わせて自分に最適なものを選ぶことができます。 サイズは、S・L・Xの3つのサイズから選ぶことが可能。 通常の一人暮らしの場合はLサイズがおすすめ。 家電類が少ない場合はSサイズでも十分対応できます。 自転車やベッド・ソファーなども一緒に運びたい場合は、専用コンテナを使う単身パックXを利用しましょう。 「大手はやっぱり安心できる。 単身パックは優秀」• 評価:• タイプ:単身(50代 男性) 以前にも日通に頼んだことがあったが、今回も日通に依頼することにした。 荷物が少なかったので単身パックSでお願いしたが、少し荷物が入りきらなかったが、その場で小口便で送ってくれることになりとても助かった。 単身引越しを格安金額で行っている中小業社はたくさんあるが、やはり対応力やサービスの質の高さは大手の方が安心できる。 5位、ZERO1引越センター ZERO1引越センターは、関東から関西の引越しを中心にサービスを展開している比較的新しい中小業者です。 近年の成長度合いは目覚ましく、サービス開始からわずか8年ほどで7万件以上の実績を誇ります。 ZERO1引越センターの特徴は、 サービスの質の高さと 料金の安さのバランスが良いこと。 サービスの質は非常に高く、それでいて 長距離の引越しでも料金は大手業者よりも比較的安価です。 大阪〜神奈川の引越しにおいても、単身引越しから家族の引越しまで様々なニーズに対応できるおすすめの会社です。 「電話の対応も良く、安心して任せることができた」• 評価:• タイプ:家族4人 大手から独立した業者さんということで、電話の対応やサービスの質も高く、とても安心感のある業者さんでした。 家族4人の引越しでしたが、料金は大手よりも安く、荷物の扱いはとても丁寧でした。 プランも豊富だったので色々選ぶことができたことも良かったです。 料金を安くしたいけれど、サービスの質も必要だという方におすすめしたいなと思える業者でした。 6位、LIVE引越サービス LIVE引越サービスは、大阪市住之江区に本社を置き、神奈川県横浜市にも支社を構える地域密着型の業者です。 関西〜関東の引越しを格安料金で行っており、特に 単身引越しをする方に人気の中小業者です。 大阪から神奈川県への長距離引越しをする場合は、 単身引越し専用の混載便がおすすめ。 荷物の着日は業者指定の日取りとなりますが、料金はグンと安くなります。 長距離引越しはどうしても料金が高くなりがちなので、格安料金で引越しを済ませたい単身の方は是非チェックしてみてください。 「ダンボールの郵送が早く、余裕を持って梱包できた」• 評価:• タイプ:単身(20代 女性) 契約をした後、すぐに無料のダンボールを送ってくれたので、余裕を持って梱包作業を進めることができた。 以前は、届くはずのダンボールが届かずにイライラした経験があったので、対応の速さに満足している。 当日の作業スピードがとても早く、運び出しの作業を見ているのがちょっとハラハラするくらいだった。 忙しいシーズンだったとは思うが、もう少し丁寧に扱ってもらえるとありがたい。 7位、引越センターアイキョー 引越センターアイキョーは、愛知県や岐阜県などの東海エリア〜関西エリアの引越しに強い地域密着型の中小業者です。 関西地方発の引越しに関しては、価格が安くなりやすいため、大阪からの引越しにも多く利用されています。 引越しセンターアイキョーは、 荷物が少なければ少ないほど料金が安くなる、規模の小さな引越しにおすすめの業者です。 これから一人暮らしを始める学生さんや社会人の方はもちろん、 お年寄りや新婚さん向けの引越しにも格安プランが用意されています。 「リーズナブルな価格と優しい対応」• 評価:• タイプ:単身(10代 女性) 急な予約にも関わらず、とてもリーズナブルな価格での引越しができて満足しています。 印象的だったのは、「他の業者の話も聞きたいので待ってもらっていいですか?」と伝えたところ、親切に受け答えをしていただいたこと。 他の業者に同じようにお願いすると、急に素っ気無い態度に変わる業者もあったので、引越しセンターアイキョーさんの対応の良さは非常に好印象でした。 要望としては、もう少し到着の時間を早めに知らせてほしいところです。 到着の20分前に連絡が来たので、ちょっと焦りました。 もう少し余裕を持って準備をしたかったので、せめて1時間前には連絡をいただきたかったです。 全体的には非常に満足ですので、知人にもおすすめしたいと思います。 大阪〜神奈川(横浜)の引越し費用を安くする最も効果的な2つのコツ ここからは、引越しにかかる費用を節約するための2つのコツを紹介していきたいと思います。 ここで紹介するコツを実行するだけで確実に料金は安くなるので、出来るものから積極的に実践してみてくださいね。 引越し料金が 最も高くなるのは、3月下旬〜4月初旬にかけての時期となります。 引越しの市場自体は、2月〜4月にかけての春先の季節が最も需要が高まるため繁忙期となり、料金はそれ以外の通常期に比べて高くなります。 どうしても春に引越しをしなければいけない場合は仕方ないですが、もし日程に余裕があるのであれば、3月と4月は出来るだけ避けるようにしましょう。 繁忙期を選ばないようにするだけで引越し料金を安くすることが可能です。 平日なら半額になる?! また、曜日についても同じことが言えます。 引越し 料金が高くなるのは土曜・日曜・祝日です。 休みの日に引越しの作業をしようとする人が多いで、週末や祝日に引越し業者への予約が集中するので、それに伴って料金も高くなります。 ですので、引越し料金を安くしたいのであれば、 出来るだけ平日を選ぶようにしましょう。 平日に引越しをするだけで 料金が半額になるキャンペーンを行なっている業者もあります。 業者にとっても平日は予約が入りにくいので、価格を安くしてもお客さんを集めようとするのです。 平日に休みを取れるのであれば、かなりの節約になります。 時間帯は指定しない! 引越し当日の時間帯の選び方も大切です。 一般的には、午前便・午後便の2つの時間帯もしくは、「時間指定なし」のプランから希望する時間帯を自由に選ぶことができます。 もしあなたが午前便や午後便を選んだ場合は、時間指定の料金が加算されます。 しかし、 「時間指定なし」を選ぶと、時間指定の料金は一切かかりません。 時間指定の料金は全体の2割〜3割ほどを占めることもあるので、大幅な節約になります。 ただ、「時間指定なし」の場合は、引越し業者がいつ到着するのかが全くわからないので、時間に余裕のある方におすすめの方法です。 基本的には午後便の作業が終わった後に来るのですが、午後便の作業が遅くなれば必然的に夜遅くの作業となってしまう可能性もあります。 引越しのために丸1日休みを取っている場合なら十分対応できると思うので、なるべく「時間指定なし」で見積もりを取るようにしましょう。 どれだけ節約の方法を実践しても、料金設定が高い業者を選んでしまったら節約のための努力も水の泡となってしまいます。 全く同じ条件で見積もり依頼をしても、業者によって返って来る見積もり金額は全く違います。 その差は最大で半額になることもよくあります。 業者選びをきちんと行うことで、料金は確実に安くできます。 そのためには、複数の業者の見積もり金額を比較する必要があります。 2社や3社では、本当にその金額が妥当なものなのかどうかは正直判断できません。 出来るならば5社以上から見積もりを取り、サービス内容も含めて比較検討しましょう。 複数の業者へ見積もりを取る方法としては、 「一括見積もりサイト」を使うことが最も賢い方法です。 必要事項の入力は一度だけでOK。 最大で10社へ一括で見積もり依頼ができます。 一括見積もりサイトは 全てのサービスが無料です。 業者と契約して引越しを済ませるまで一切料金はかからないので安心してください。 また、サイトごとに提携業者や他の便利な関連サービスなどは異なるので、一括見積もりだけでなく、使えば得するサイトを選ぶようにしましょう。 一括見積もりサイトで確実に費用が安くなるたった1つの理由 一括見積もりサイトを使うと、通常の見積もりよりも確実に料金が安くなります。 一括見積もりサイトを利用して見積もりをすると、依頼を受けた各業者は、それが見積もりサイト経由の依頼であることを把握しています。 そのため、自社以外にも見積もりを依頼している業者が複数いることも分かっています。 そのため、ライバルとなる他社に負けないように、 最初から見積もり金額を大幅に値下げしてくれるのです。 こちらから値引きの交渉をする前から、その金額は かなり割引されたものであるということです。 一括見積もりサイトを利用すると、 業者間の値引き競争を自動的に引き起こすことが出来るので、個別に見積もり依頼をするよりも確実に料金は安くなるのです。

次の

【大阪の引越し】費用相場・おすすめ業者|単身&家族の格安見積もり方法など

引越し おすすめ 業者 単身

一人暮らしなら単身パックが格安! 単身パックとは、 「荷物が少ないときに利用できる格安の引越しプラン」です。 引越し業者のコンテナボックスに全ての荷物が入るなら格安で引越しすることができます。 引っ越し単身パックのメリット ・荷物が少なければ 「料金が安い」 ・荷物がなくなる 「リスクが低い」 ・見積もりのための 「訪問がない」 引っ越し単身パックのデメリット ・荷物が多ければ 「料金が高い」 ・荷物の大きさや量に 「制限がある」 ・梱包用の 「ダンボールがもらえない」 業者によって料金や条件はかなり違いますので、以下の 「単身パックまとめ」から自分の引越しに合うプランを選びましょう。 引越し単身パックランキング(安い順) 第1位 ハトのマークの引越センター「小鳩プチトラパック」 プラン名 料金 条件 小鳩プチトラパック 11,000円〜 ・同一の市内もしくは都道府県内の引越し 小鳩パック 21,000円〜 ・移動距離が200km以上あること ・全ての荷物がコンテナ(高さ170cm/横幅110cm/奥行80cm)に入ること 小鳩スカイパック 36,000円〜 ・引越し先が空港から50km以上あるときは相談 青春引越便 見積もり ・移動距離が200km以上あること 安い単身パック1位は ハトのマークの引越センター「小鳩プチトラパック」です。 小鳩プチトラパックは確かに安いですが、 扱っていないエリアが多すぎるので地方が絡む引っ越しだとほぼ使えません。 自分が引っ越しするエリアで最安の業者を見つけたいなら、 という一括見積もりサイトをおすすめします! 引越し侍から見積もり依頼すると、複数の業者からメールなどで引っ越し料金を提示してくれるので、その中から一番安いところと契約するだけ。 ちなみに引越し侍を使うのは無料で、後で何か請求されるとかもないのでご安心を。 引越し侍なら地元の安い引っ越し業者からも見積もりをもらえるので、少しでも節約したいなら小鳩プチトラパックを契約する前に試してみましょう。 第2位 赤帽「引越しサービス」 プラン名 料金 条件 赤帽 11,800円〜 ・移動距離は20km以内 ・作業時間は2時間以内 2位は 赤帽「引越しサービス」です。 赤帽は 「20km以内かつ2時間以内の引越し」という厳しい条件になっています。 ただ、料金は 「11,800円〜」と格安なので、近くて荷物が少ないミニ引越しのときはいいですね。 ちなみに赤帽は作業員1人で来るため、大きな家具や重たい荷物は運び出しを手伝う必要があります。 そのため、力のない女性は引っ越し業者に依頼したほうがよいでしょう。 また、赤帽は個人事業主です。 もし家具などを運び出したときに部屋のカベなどを傷つけられても、弁償に応じてくれない可能性があります。 大手の会社じゃないとクレーム対応も慣れていないですからね。 それに 「個人事業主だと文句も言いづらい」という人は多いでしょう。 なので筆者は個人的にあまり赤帽をおすすめしません。 第3位 クロネコヤマト「わたしの引越し」 プラン名 料金 条件 わたしの引越し 14,000円〜 ・全ての荷物がコンテナ(高さ170cm/横幅104cm/奥行104cm)に入ること 3位は ヤマトホームコンビニエンス「わたしの引越し」です。 宅急便で有名なクロネコヤマトですが、引越しもやっています。 大手の引越し業者なので 「14,000円〜」と安くても不安にはならないですね。 クロネコヤマトは2018年の夏に「引越し料金の過大請求」が発覚し、すべての引越しサービスを休業していましたが、2019年9月から再開しました。 そして、2020年2月から対象エリアを28市区から101市区へ拡大しましたが、結局のところ都市部でしか単身引越しサービスを展開していません。 5㎥タイプ) 23,000円〜 ・全ての荷物がコンテナ(高さ170cm/横幅115cm/奥行128cm)に入ること 4位は 西濃運輸「カンガルー引越便」です。 「17,000円〜」と少し割高ですが、セイノーは引越しのときに出る 不用品(コミック、CD、DVD、ゲーム、ブランド品、家電など)を 買取してくれるサービスがあります。 売りたいものや処分したいものがたくさんある方は、もしかしたら引越し費用がチャラになるかも。 第5位 日通「単身パックS」 プラン名 料金 条件 単身パック当日便 見積もり ・移動距離は車で30分前後 ・作業開始から4時間以内に終わる引越し 単身パックS 26,000円〜 ・全ての荷物がコンテナ(高さ155cm/横幅108cm/奥行74cm)に入ること 単身パックL 31,000円〜 ・全ての荷物がコンテナ(高さ175cm/横幅108cm/奥行104cm)に入ること 5位は 日本通運「単身パックS」です。 料金は 「26,000円〜」と少し高めですが、エアコン工事などのオプションもあります。 単身パックXというプランは無くなりました。 安い単身プランがあるその他の引っ越し業者 以下の業者でも単身プランはあるのですが、 料金を公表していません。 ・アーク引越センター ・アート引越センター ・アリさんマークの引越社 ・カルガモ引越センター ・サカイ引越センター ・SGムービング(佐川引越センター) ・ダック引越センター ・ハート引越センター ・ファミリー引越センター 公表していないから高いというわけではないため、 を使い、 まとめて見積もりをもらってコスト比較してみましょう。 この一括見積もりサイトを使えば、1万円代の引っ越し業者はすぐに見つかりますよ。 引越し業者を使わないで費用を抑える方法 引越し業者のように交渉して値引きすることはできませんが、大きい荷物・重い荷物がないときは、 「ゆうパック」で送ってしまうという方法もあります。 プチ引っ越しならゆうパックで郵送 上記の料金はダンボール代金のみのため、別途ゆうパックの送料がかかります。 単身パックのコンテナより少しだけ荷物がオーバーしたときは、それだけ郵送するのもアリですね。 まとめになりますが、エリアによっては単身パックを使えないことがありますので、 で一括見積もりして最安値のところに頼むのが一番スムーズかつ格安な引越しができます。

次の

おすすめ引っ越し業者.com

引越し おすすめ 業者 単身

料金目安 プラン名 区分 詳細 日通 1. 8万円~ 単身パックS 単身パック 荷物量に応じたS・Mの2サイズ 2万円~ 単身パックL 単身パック 要見積 単身パック当日便 単身プラン 近距離限定のトラックチャータープラン ヤマト 1. 5万円~ ミニ引越しプラン 単身プラン 標準的なチャータープラン 佐川 2. 1万円~ カーゴプラン 単身パック 標準的なBOX輸送プラン 3. ただ荷物量さえ少なければ何人家族でも利用可能です。 要は荷物がそれぞれBOXやトラック内のスペースに収まればOK。 また、表の相場はあくまで参考目安で、 利用者それぞれの引越し条件次第で大きく料金が変動します。 なので、比較的安い日通にしたってヤマトにしたって「 この業者の単身パックが安い!」ということは言えないんですね。 つまり、予定日(時期)、引越し先(距離)といった条件次第で各社料金が異なるため、自分の条件で見積もりを出してもらって比較して初めて安い単身パックが分かります。 単身パックの予約は埋まりやすい! 単身パック(BOXタイプ)での引越しを希望するなら 見積もり予約は早めにとっておくのがおすすめ。 というのも、単身パックは他の利用者のボックスと一緒に1トラックで輸送するので、他の予約との都合を考えてトラックを走らせる必要があります。 そのため、利用者1名にトラック1台貸切りの通常プランと比べて、業者側のスケジュール調整ががむずかしいので希望日での予約が取りづらいんですね。 加えて単身パック自体が人気のサービスなので、そもそも予約が埋まりやすい。 特に土日・月末月初・3月4月に引越し予定があるなら尚の事。 なるべく早く、予約に空きがある業者の単身パックを一括見積もりで探して比較、最安値の見積もりを出しておくことが肝心! 単身パックと単身プランの違いは意外と知られてない 一人で引越しをする場合にまず思い浮かぶのが「引越し単身パック」と「引越し単身プラン」この2つ。 パッと聞いただけで同じ意味だと捉えがちですが、両者は全然別物です。 料金も違ってくるし、運べる荷物の量も変わってきます。 この違いを簡単にまとめてみました。 単身パック 単身プラン 荷物 少ない 多い 料金 安い 高い ダンボール 有料 無料 単身パック:ボックスで輸送する カーゴ(コンテナボックス)に入りきる荷物の量の引越しが対象。 引越し業者が他の輸送荷物と混載して運べるため、その分料金が安くなります。 「単身パック」という名称は日通の商標登録となっているため、他の引越し業者、例えばヤマト運輸なら「ヤマト単身引越しサービス」など独自のプラン名を使っています。 BOXの図を見てもらえば分かるように、本当に荷物が少ない人だけが使えるサービスプラン。 単身プラン:トラックをチャーターして輸送する 単身パックでは入り切らない荷物量の人が使う一人向けの引越しプラン。 ただ、「単身」とついているだけで基本的にはトラックを1台チャーターするため、他の引越しと同等の扱い。 単身パックと違って、ダンボールが無料になったり、荷造りをしてくれたりするサービスも付いています。 つまり基本的には通常の引越しプランとそれほど大きな差はないということになります。 両者のメリットデメリットと選び方 両者の違いを知っておくことで、予算や手間、荷物量などに応じて、あらかじめ自分はどちらのプランなのかをざっくり把握した上で引越し業者と相談できます。 単身パックのデメリット:荷物量とダンボール調達 一覧にある通り、一番の違いは荷物量による料金の違い。 単身パックは距離数に対する料金がそれほど左右されないため、最安値料金で引越しできます。 1BOXで入り切るなら断然単身パックにしたほうが安く済みます。 ただし、これが単身パックのデメリットにもなり得ます。 例えば日通単身パックは荷物に上限はないけど、1BOXで入り切らない分は 追加料金が必要になるため、宅配便を使って別送するなどの方法も検討する必要が出てきます。 ダンボール数箱分くらいなら数千円で収まるので、基準となる荷物の絶対量が決め手に。 またダンボールは有料か自分で手配する必要も。 単身プランのデメリット:長距離引越し費用が高い これに対して、単身プランなら荷物量は気にせずダンボールも基本無料サービス。 荷運び、荷解きなどのオプションを付ければ手間や労力を気にせず引越し業者に全部任せてのんびり引越しを行うことも可能に。 ただ、その分料金は上がるし、 距離数が増えれば増えるほど更に割増になっていくのが最大のデメリット。 近距離の場合なら各社格安プランを打ち出していますが、長距離になるとやはりどうしてもそれなりの料金が掛かってきます。 単身引越しが安いのは単身パック?単身プラン?相場比較 単身パック 単身プラン 相場 約1. 5~4万円 約3~10万円 単身パックは他の荷物との混載輸送になるため、市内、県内を出て100kmとか300kmなど距離数が伸びても約3万円以内に収まることが多くなります。 これに対して単身プランはよほど荷物量が多くない限りは、距離数が一番大きく関わってくるため、それに応じて料金も変動します。 単身パックはボックス単位での料金となるため、仮に2BOXになった場合と単身プランと比較してどちらが安いのか?を判断しなければならず、業者によってこの料金は変わってきます。 どちらがいいのかは、荷物量、移動距離、サービスプラン(ダンボールや荷解き、清掃、廃棄処分など)の希望の有無で自分がどうしたいのかによって、また業者ごとにも変わるため、一概に定義付けはできません。 単身パックは全引越しプランの中で最安値になるので、どうしても安く済ませたい!という場合は、 荷物を売却したり処分したりしながら減らしていくしか方法はないと言えます。 ワンポイント アドバイス 引越し業者はたくさんあって、さらに「単身パック」「単身プラン」、さらには「単身サービス」「シングルプラン」「ミニ引越し」などプラン名が多すぎ。 価格はどこが安いのか、どのプランがいいのかを見極めるのは困難の極みです。 そんな場合は荷物量や移動距離、オプションまで含めた希望条件を踏まえて一括見積もりで一度に比較したほうが素早く分かるためおすすめ。 特定の荷物がある場合は利用できない これらを運んでもらうのは無理! 単身パックのBOXはどこの業者でも大きさがほぼ決まっています。 つまり、入り切らない荷物がある時点で使用は不可。 例えばベッド。 折りたためるものであれば大丈夫ですが、ベッドは大体170cm以上になりますよね。 また3ドアの冷蔵庫もギリギリ行けるかいけないか、ピアノや大型家具や家電がある時点で難しくなります。 ちなみに、原付きバイクなどエンジンが付いている乗り物、高価な美術品や有価証券、またペットも運んでもらうことはできません。 【料金事例付】単身パックを使った人の口コミ評判 普通でした• 引越し料金 41,000円• 引越し時期 7月• 引越し距離 同市内 引っ越し先が近場だったので、本来は自分達でできる距離でしたが、冷蔵庫、洗濯機がファミリー用のため、引っ越し業者にお願いすることにしました。 できるだけ費用を抑えたくて3件ほど電話しましたが、費用はさほど差がなかったため、対応の良さから日本通運を選びました。 しかし、単身パックだと電化製品が一人暮らし用だと思われていたようで10リットルの洗濯機、300リットル以上の冷蔵庫をみて、業者の方々に「まじかよ」というような発言をされたこと。 電話対応もよく、見積もりにスタッフが訪問して運搬物を確認するためにメモなどもしていたのに作業スタッフに引き継ぎされていなかったのか、そのスタッフの心情なのかはわかりませんが、聞こえてきてしまったのは非常に残念でした。 投稿日時:2019年04月25日 03:50 やや不満でした• 引越し時期 11月• しかし、運び出しは三人だったのに引越先に到着後のスタッフは1人で、家電とかがなかなか運べなかった。 梱包交代して頂いた食器が割れていた。 見積り段階でおまけしてくれると言っていたガスコンロや不要物の処理代が最終的に三万円ほど加算されていたのでおかしいが、スタッフに言っても確認してもらえない。 投稿日時:2019年04月25日 18:55 やや不満でした• 引越し料金 70,000円• 引越し時期 6月• あとは、自分の希望日時に融通をきかせることができれば、業者が引っ越しと引っ越しの合間での実施を了解したら少しだけど値引きしてもらえる。 しかし、自分では荷物は少ないと感じても、見積もりをしてもらうと単身パックでは厳しいのでプラン変更や一部の荷物処分を前提にされる。 単身パックの決め手はやっぱり荷物量。 これが8割以上の鍵を握ってると言っても良いですね。 ボックスに入れば格安、少しでも入り切らなければ通常便に… あとは距離数でも変動する場合があるので、やっぱりしっかりと見積もりを各社から取った上でどこにするのか決めたほうが無難です。 単身引越し費用が確実に安くなるおすすめの方法5つ! 単身で引っ越しする場合は「1人なんだし安くしてよ!」と業者に言いたいところですが、何もしなければ安くは収まりません。 値段を安くする方法を知っておくだけで、事前準備もできますので、管理人もよく使うおすすめの方法についてまとめておきます。 【1】安くなる時期を知っておく 引越しの超繁忙期は3月と4月。 年が明ける前に前倒しで引越しをする人も多いため、12月も相場料金は上がってきます。 それに比べて1月、6月、7月、11月は全体的に引越し件数が下がる傾向にあります。 月は選べないよ…という場合は、月末月初はせめて避けましょう。 特に月末は中旬と比べて1. 5~2倍に料金が跳ね上がる場合があり、これを知らなかった管理人は3万円台で済む引越しが8万円になったことがありかなりショックでした… 時期は特に大事と心得ておいてください! 【2】思い切って捨てるものは捨てる モノってなかなか捨てられないけど、バッサリ捨てて新調したほうが引越し料金と比べて安くなる場合もあります。 どうしても引越し料金に目が行きがちですが、捨てるものは捨ててしまったほうが結果安くつくことも。 断捨離する意味も含めて気分良くバーンと行くのはおすすめです。 【3】荷造り、荷解きは余裕を持って事前に行う 管理人も一度だけ使ったことがありますが、荷造り、荷解きを業者にお願いする おまかせパックなど使うと物凄く楽なので使いたくなっちゃうのですが、 これだけで2万円とか取られます。 あと、見積もりはできるだけ早めに取ってください。 引っ越し直前だと確実に料金は上がります。 【5】各業者の見積もり金額で値下げ交渉 【4】の相見積もりで出た「一番安い見積もり金額」を値下げ交渉の材料にします。 具体的にどういうことかっていうと 「この金額より安ければ考えるんですけどね~…」と他の業者に掛け合ってみると 「わかりました!もう少し頑張りますのでうちで!」って感じでどんどん安くなっていきます。 まとめ:少量の荷物を安く送るには1社の単身パックにこだわらない 単身パックはとどのつまり、 ボックスに荷物積めるだけ積んで運ぶから割安!という混載便サービス。 …たしかにお得感あるし、安さにも納得できますよね。 でも一定額じゃない。 そこが肝心なんです。 引越し料金は、その時その時、あらゆる要因で相場が変動します。 それはどの引越し業者の単身パックでも一緒。 「少量の荷物だし、~社の単身パックが一番安いはず!」 っていう考えは大きな誤解なんです。 つまり一旦、~社の単身パックを本命としておいて、できるだけ多くの業者の見積もりと比較してみてください。 見積もり比較した結果 一番安いのは 他社の通常プランかもしれないし、 ~社の単身パックかも。 いずれにせよ、見積もり比較さえやっておけば あなたが運びたい荷物量を一番安く運んでくれる引越し業者に必ず出会えます。 SUUMO引越し.

次の