ツバキ スプロケット。 ローラチェーンの摩耗判断とたるみ量調整(テンション調整)

Tsubaki Power Transmission Products Technical Information Website Sprocket Product Info

ツバキ スプロケット

チェーンとは チェーンとは鎖の事で、何かと噛み合わせたり引っ張ったりして伝動するモノです。 ローラチェーン ローラチェーンとはスプロケットに噛み合わせる事を想定して、噛み合う部分が円滑になるようにローラーが組み込まれているチェーンです。 ローラチェーンの伝動の方法には下記のような方法があります。 ローラチェーンをスプロケットに噛み合わせて動力を伝達させる• ローラチェーンの端を引張って伝動する(吊り下げなど)• レール状にローラチェーンを設置して、スプロケットがチェーン上を走行する このような使用方法が一般的です。 引用抜粋:椿本チエイン 今回はコンベアなどの搬送系によくみられる、ローラチェーンにスプロケットを使用して伝動する方法を前提として話を進めたいと思います。 伝動させる為に必要な事 ローラチェーンの伝動で大切な事は下記の2点です• チェーンのたるみ量• 給油 チェーンのたるみ量 効率よく伝動する為にはたるみは無い方が良いのですが、ローラチェーンの場合は適度なたるみ(遊び)が必要となります。 たるみが必要な理由• チェーンの屈曲具合やスプロケットの傾き精度などでチェーンテンションにムラがでるので誤差を吸収する• 潤滑油の油膜確保(構造部品に適度なすき間が必要)• チェーンを張りすぎると構造部品が負荷と油膜切れで早期摩耗となる たるみが必要と言っても、 たるみが多すぎてしまうと問題が起きてしまいますでの注意が必要です。 たるみが多い時の問題• 応答性が悪い• フリクションロス(摺動抵抗)• 騒音(ガチャガチャ音)• チェーンが伝動する時には金属部品に負荷がかかったり噛み合いの摩擦が発生する事になりますので摩耗は避けられません。 この 摩耗を緩和して長持ちさせるために給油が必要になります。 また、給油はグリスでは内部まで浸透しないので潤滑油を塗布するようにしてください。 *椿本チェインの場合は梱包時に塗布されているようです。 引用抜粋:椿本チエイン (中略) 2) ローラチェーンは、包装する前に塗油されています。 (ス テンレスドライブチェーンを除く)この油は、防錆と潤滑 の効果がある高級油を使用しておりますので、運転初期に 起こりやすい摩耗を防ぎ、また潤滑油と親和して耐摩耗性 を確保します 給油しなくても良い場合 チェーンは給油した方が長持ちさせられるのですが、給油をしなくても良い(給油してはいけない)場合があります。 給油をしなくても良い場合• 搬送チェーン(ワークに油が付着してはいけない場合)• 粉塵や粉が降りかかる使用条件(油に付着して噛み込み摩耗する)• 無給油チェーン チェーンの洗浄 汚れたチェーンや新品チェーンの防腐油などを 洗浄する場合には灯油が基本です。 灯油は洗浄能力がありながら、金属やシールにダメージを与えないので最適です。 *シールとはシールチェーンの内部に油の保持目的で組み込まれているゴム製のシールの事です。 摩耗の判断 チェーンの摩耗はパット見た感じでは中々判断が付きにくく、たるみ量を調整すれば著しい摩耗が見受けられない限り使い続けられると思ってしまいます。 ここでは、チェーンのどこに注目して摩耗の判断をすれば良いか確認してみます。 摩耗判断• チェーンの伸び量• ローラーの損傷と回転• プレートのクラックと摩耗• ピンの回転(カシメの緩み) この中でも、私の経験では「チェーンの伸び」と「ローラーの損傷」の事例が多くありますので、この2点に重点を置いて確認します。 チェーンの伸び量 チェーンが伸びるとスプロケットとピッチが合わなくなり歯飛びを起こしたり、「伸び=摩耗」なのでチェーンが切れてしまいます。 チェーンの伸び量判断は、 新品の状態から1. (椿本チェイン基準) 引用抜粋:椿本チエイン ドライブチェーン&スプロケット 取扱説明書 チェーンが伸びる原因 チェーンが伸びる原因はピンとブッシュの摩耗です。 回転と負荷でピンとブッシュの両方とも摩耗してガタガタ(遊びが増える)になります。 引用抜粋:椿本チエイン ドライブチェーン&スプロケット 取扱説明書 ローラーの損傷と回転 ローラーはスプロケットと直接触れる部分なので摩耗しやすく、目視で確認し易い箇所です。 ローラーの摩耗判断• ローラーが回転しない• ローラーが凹んでいる• *スプロケットの芯出し精度は椿本チエインを基準とします(大同工業株式会社も同じ基準です) 引用抜粋:椿本チエイン ドライブチェーン&スプロケット 取扱説明書 このような方法をメーカーは推奨していますが、実際には状況により「1)水平度」と「2)平行度」が調整や確認が出来ない場合があります。 そう言った場合には「3)スプロケットの同一平面」のみの調整で良いと思っています。 引用抜粋:椿本チエイン つばきイージーレーザーなら、スプロケットにレーザーを照らすだけで、簡単に心ズレを確認・調整することができます。 私は使用したことがありませんが、直尺やストレートエッジなどの長物の測定器が不要ですし、一人作業が可能なので購入を検討しています。 まとめ チェーンは噛み合いの伝動なので、ベルトと違い噛み合っていれば伝動するので摩耗やたるみの判断を甘く見がちです。 ですが、摩耗が行き過ぎれば切れてしまうし、たるみ過ぎれば破損やモーター過負荷で機械が停止してしまうかもしれません。 日頃の点検と調整はもちろんの事、新規で組立てる時にはスプロケットの芯出しをしっかり行いましょう。 以上です。

次の

Tsubaki Power Transmission Products Technical Information Website Torque Limiter Product details

ツバキ スプロケット

名称 [ ] 和名 ツバキの語源については諸説あり、葉につやがあるので「津葉木」とする説や 、葉が厚いので「厚葉木」と書いて語頭の「ア」の読みが略されたとする説 などがあり、いずれも葉の特徴から名付けられたとみられている。 植物学上の種である ヤブツバキ(学名: Camellia japonica)を指して、その別名として一般的に ツバキと呼ばれている。 内外で近縁のから作り出された数々の、ワビスケ、・産の原種や園芸品種などを総称的に「 椿」と呼ぶが、同じツバキ属であってもを椿と呼ぶことはあまりない。 なお、漢字の「椿」は、中国では霊木の名で、ツバキという意味は日本でのである。 ヤブツバキの中国植物名()は、紅山茶(こうさんちゃ)という。 「椿」の字のは「チン」で、などのに使われたりする。 なお「椿」の原義はツバキとは無関係のの植物(香椿)であり、「つばき」は国訓、もしくは、偶然字形が一致したである。 歴史的な背景として、日本では『出雲風土記』にすでに椿が用いられている。 その他、多くの日本の古文献に出てくる。 ではの王朝の第2代皇帝の詩の中で椿が「海榴」もしくは「海石榴」として出てくる。 海という言葉からもわかるように、を越えてきたもの、日本からきたものを意味していると考えられる。 榴の字は、を由来としている。 しかしながら、海石榴と呼ばれた植物が本当に椿であったのかは国際的には認められていない。 中国において、ツバキは主に「山茶」と書き表されている。 「椿」の字は日本が独自にあてたものであり、中国においては椿といえば、「芳椿」という東北地方の春の野菜が該当する。 では、カメリア・ジャポニカ Camellia japonica と学名がそのまま英語名になっている珍しい例である。 に商館員のがその著書で初めてこの花を欧州に紹介した。 後に、にの助修士でに造詣の深かったはでこの花の種を入手してに紹介した。 その後有名ながこのカメルにちなんで、椿の属名にカメリアという名前をつけ、ケンペルの記載に基づき「日本の」を意味するジャポニカの名前をつけた。 分布・生育地 [ ] 原産。 日本では、、、から、それに国外では南部とから知られる。 本州中北部にはごく近縁のがあるが、ツバキは沿いにまで自然分布し 、ユキツバキはより内陸標高の高い位置にあって住み分ける。 主にに自生する。 の南西部()でも、各所の寺院や住宅に植栽されたものを見ることができる。 自生北限は、青森県ので、椿山と呼ばれる1万株に及ぶ群落は、に指定されている。 形態・生態 [ ] 常緑性ので、普通は高さ5 - 10 m 前後になり 、高いものでは樹高15 mにもなる。 ただしその成長は遅く、寿命は長い。 はなめらかで灰白色 、時に細かな突起がまばらに出る。 はよくわかれる。 冬芽は線状楕円形で先端はとがり、円頭の鱗片が折り重なる。 鱗片の外側には細かい伏せたがある。 鱗片は枝が伸びると脱落する。 はし、長さ8 cm 、幅4 cmほどの長楕円形で、先端は尖り、基部は広いくさび形 、縁には細かいが並ぶ。 葉質は厚くて表面は濃緑色でつやがあり、裏面はやや色が薄い緑色で、表裏面ともに無毛である。 期はからにかけて(2月 - 3月ごろ) 、早咲きのものは冬さなかに咲く。 花は紅色の5弁花で、下向きに咲かせる。 花弁は1枚ごとに独立した離弁花だが、5枚の花弁と多くの雄しべが合着した筒形になっていて、花全体がまとまって落花する。 は球形で、中には黒褐色の種子が入る。 サザンカとの見分け方 [ ] ツバキ(狭義のツバキ。 ヤブツバキ)とはよく似ているが、ツバキは若い枝や葉柄、果実は無毛であるのでサザンカとか区別がつく。 また次のことに着目すると見分けることができる。 ただし、原種は見分けやすいが、園芸品種は多様性に富むので見分けにくい場合がある。 ツバキは花弁が個々に散るのではなく萼と雌しべだけを木に残して丸ごと落ちるが(花弁がばらばらに散る園芸品種もある)、サザンカは花びらが個々に散る。 ツバキは雄しべのが下半分くらいくっついているが、サザンカは花糸がくっつかない。 ツバキは、花は完全にはしない(カップ状のことも多い)。 サザンカは、ほとんど完全に平開する。 ツバキのには毛がないが(ワビスケには子房に毛があるものもある)、サザンカ(カンツバキ・ハルサザンカを含む)の子房には毛がある。 ツバキはに毛が生えない(の葉柄には毛がある)。 サザンカは葉柄に毛が生える。 ツバキの花期は早春に咲くのに対し、サンザンカは晩秋から初冬(10 - 12月)にかけて咲く。 ヤブツバキ以外の原種など別種については「」を参照 園芸品種 [ ] で結実するため、またユキツバキなどと容易に交配するために花色・花形に変異が生じやすいことから、古くから選抜による品種改良が行われてきた。 にはのや、などの、京都のなどが園芸を好んだことから、庶民の間でも大いに流行し、たくさんの品種が作られた。 なお、「五色八重散椿」(ごしきやえちりつばき)のように、ヤブツバキ系でありながら花弁がバラバラに散る園芸品種もある。 17世紀に日本からに伝来すると、冬にでも常緑で、日陰でも花を咲かせる性質が好まれ、大変な人気となり、西洋の美意識に基づいた豪華な花をつける品種が作られた。 、、で愛好され、現在でも多くの品種が作出されている。 花色は赤色と白色があり、それぞれ紅椿、白椿と呼ばれるほか 、作出されたツバキには一重咲きから八重咲き、斑入りの品種もあり、その数は極めて多数ある。 (侘助、学名: Camellia wabisuke)というツバキは、茶花としてよく知られているが、これは(唐椿、別名:カラツバキ、学名: Camellia reticulata)と同様に中国原産種の栽培品種である。 花容による品種 [ ] 花色 [ ] 獅子咲きの ツバキ• 一重咲き - 猪口咲き、筒咲き、抱え咲き、百合咲き、ラッパ咲き、桔梗咲き、椀咲き、平開咲き• 八重咲き - 唐子咲き、八重咲き、千重咲き、蓮華咲き、列弁咲き、宝珠咲き、牡丹咲き、獅子咲き 花の大きさ [ ]• 極大輪 - 13 cm以上• 大輪 - 10 - 12 cm• 中輪 - 7 - 9 cm• 小輪 - 4 - 6 cm• 極小輪 - 4 cm以下 地域による品種 [ ] のツバキ が開かれると、江戸に多くの、、が建設された。 それにともない、多くのが営まれ、ツバキも植栽されていった。 ことにが吹上御殿に花畑を作り、多くのツバキを含む名花を献上させた。 これが江戸ツバキの発祥といわれる。 『武家深秘録』の18年には「将軍秀忠花癖あり名花を諸国に徴し、これを後吹上花壇に栽(う)えて愛玩す。 此頃より山茶(ツバキ)流行し数多の珍種をだす」とある。 権力者の庇護をうけて、ツバキは武士、町人に愛されるようになった。 江戸ツバキは花形、花色が豊富で、洗練された美しさをもつ、一重では清楚な「蝶千鳥」「関東月見草」「蜀紅」、唐子咲きでは「卜伴」。 八重では蓮華咲きの「羽衣」「春の台」「岩根絞」など。 のツバキ 古来、がおかれた上方でもツバキは古くから愛玩されてきた。 ことに江戸期には徳川秀忠の娘をとして迎えたやのなどの文化人がツバキを蒐集した。 7年()には安楽庵策伝によって「百椿集」を著した。 さらに寛永11にはによって『椿花図譜』が著され、そこには619種のツバキが紹介されている。 現在でも周辺の神社仏閣には銘椿が多い。 品種としては「五色八重散椿」「曙」「菱唐糸」など。 上方のツバキは変異の多いユキツバキが北陸から導入されたことと、京都、の人々の独自の審美眼によって選抜されたことに特色がある。 のツバキ 江戸時代よりを中心に育成されてきた品種群は、一重、筒咲き(または抱え咲き、椀咲き)、小中輪の向きのものが多いのが特徴である。 「関戸太郎」「窓の雪」「紅妙蓮寺」「大城冠」などがあるほか、名古屋好みの豊満な花容のものもある。 近隣の、、のものとあわせて「中部ツバキ」とも呼ばれている。 のツバキ 各地に誕生したユキツバキ系の品種の京都の中継地として、この地は園芸の隆盛の大きな役割を果たした。 のさかんな土地柄ゆえに茶花向けの品種が多く、旧家の庭に多くの銘木がある。 代表的な品種には「東方朔」「ことじ」「祐閑寺名月」などがある。 、のツバキ ユキツバキの自生地であることから、変化に富んだ選抜品種や、ヤブツバキとの交配によるユキツバキ系の品種が古くから栽培されてきた。 老谷の「」のような巨木も多い。 代表的な品種に「大日の暁」「雪白唐子」「栃姫」「千羽鶴」など。 のツバキ 「つばきのふるさと」と言われるほどの自生地の多い地域である。 古くからが盛んで、ことに江戸期がおかれてから盛んになりは各地からツバキを集めた。 から松江にかけて清楚な一重咲きが作られ愛好されている。 代表的な品種は「花仙山」「意宇(おう)の里」「角(すみ)の光」など。 のツバキ のツバキ 肥後椿(ひごつばき)は、肥後・の大名だったにて、育種・保存されていた系統で、かつては門外不出であったが、現在では苗木が販売され、愛好者が多い。 鉢植え・盆栽として栽培され、花は大輪一重で、梅蕊(ばいしん)咲きという花形で、花の中心から多数のおしべが放射状に広がり、赤・白・ピンクやその絞り咲きの花の色と、黄色のおしべとのコントラストが非常に美しい。 の一つ。 利用 [ ] Camellia japonica 植栽 住宅等の植栽では防音の機能を有する樹種(防音樹)として知られる。 ツバキは生長すると樹高20 mほどになるが、日本のツバキの大木はほとんど伐採され、最後の供給地としてからも切り出されたが、現在では入手の難しい材である。 大木は入手しにくいので、建築用にはあまり使われない。 木質は固く緻密、かつ均質で、は余り目立たない、摩耗に強くて摩り減らない等の特徴から、、細工物などに使われる。 代表的な用途はやで、近年は合成材料のが多くなったが、椿材は、材に次ぐものとして、安価な印鑑などに利用されていた。 平成20年度税制改正により、等の「」が改正され、別表第四「生物の耐用年数表」によれば、以後開始するにかかるつばき樹のは25年となった。 のには木灰が必要で、ツバキの木灰が最高とされている。 また、を多く含むことから、古くは用にも用いられた。 しかし、ツバキが少ないため、灰の入手は難しい。 ツバキのは品質が高く、昔はの手焙りに使われた。 椿油は、種子(実)熱を加えずに押しつぶして搾ったで 、の名産品としてもよく知られている。 高級、機械油、として使われるほか 、古くは灯りなどのとしてもよく使われた。 ヤブツバキの種子 から取る油は高価なため、同じくツバキ属の油茶などから搾った油もカメリア油の名で輸入されている。 また、搾油で出るは川上から流して、、、等を麻痺させて捕獲する漁に使われた。 薬用 [ ] 花を 山茶花(さんちゃか)、葉を 山茶葉(さんちゃよう)、果実を 山茶子(さんちゃし)と称して薬用にする。 花は天日乾燥して生薬にし、葉は随時採って生を用い、果実は圧搾して油を採る。 葉のが薬になる。 葉にはと(葉緑素)などが、花には、、、、、などを含む。 また種子には、、、、の、などを含む。 タンニンは、クロロフィルには肉芽の発生作用があることから傷薬に用いられ、花は滋養保健、種子から採れる椿油は精製して、基剤の原料に使われる。 では、切り傷、腫れ物に花や生葉を揉んだり、かみつぶしてつけたり、蒸し焼きした生葉に椿油をつけて冷ました後に患部につける。 花を干したものを細かく刻み、小さじ1杯ほどをカップに入れて熱湯を注いで、蜂蜜などで調味したものを飲むと、滋養保健や便通に役立つとされる。 椿油は昔から養毛料として使われていたもので、洗髪に使うとサポニンが汚れを落として、頭部にできた湿疹、かぶれに良く、養毛に役立つ。 食用 [ ] 花を採って、根元側から甘い蜜を吸うことができる。 また、ごみなどを除いてからにすると、花密由来の甘味があり、食べられる。 花以外の観賞 [ ] ツバキは葉や枝も観賞の対象になる。 葉 [ ] の落椿 ツバキの花は古来から日本人に愛され、『』の頃からよく知られ、のにはのツバキが残っている。 でも大変珍重されており、冬場の炉の季節は茶席が椿一色となることから「 茶花の女王」の異名を持つ。 やの作品にもしばしば取り上げられている。 ツバキの花は花弁が基部でつながっており、多くはが個々に散るのではなく、を残して丸ごと落ちる。 それが、人のが落ちる様子を連想させるために、日本においては入院している人間などのお見舞いに持っていくことはとされている。 この様は古来より 落椿(おちつばき)とも表現され、においてはのである。 歴史 [ ] ツバキは『』において、その記録が残されている。 が九州で起こったの乱を鎮めたおり、に対して「海石榴(ツバキ)の椎」を用いた。 これはツバキの材質の強さにちなんだ逸話とされており、に納められている災いを払うもその材質に海石榴が用いられているとされている。 の『出雲風土記』には海榴、海石榴、椿という文字が見受けられる。 しかし、これらが現在のツバキと同一のものであるかについては議論の余地がある。 『万葉集』において、ツバキが使用された歌は9首ある。 、といった材料的な題材と比較すると数は多くない。 『』においても、「つばいもち」として名が残されている程度であり、室町時代までさほど芸術の題材として注目された存在ではなかった。 しかし、風雅を好むの代になると、から椿堆朱盆、椿尾長鳥堆朱盆といった工芸品を数多く取りよせ、、の題材としてツバキが散見されるようになった。 また、はにツバキを好んで用い、茶道においてツバキは重要な地位を占めるようになる。 江戸時代に入るとさまざまな花が観賞の対象になったが、椿も例外ではなかった。 二代将軍徳川秀忠がツバキを好み、そのため芸術の題材としてのツバキが広く知られるようになった。 この時期、伝狩野山楽筆『百椿図』 根津美術館所蔵 が描かれた。 これは数ある品種の椿をそれぞれフラワーアレンジメントのように描き、それらに、、水戸光圀ら公家、儒学者、大名といった文化人たちが漢詩、和歌の賛を書き添えた絵巻物である。 以後、絵画、彫刻、工芸品のモチーフとしてツバキが定着する。 ツバキの栽培も一般化し、園芸品種は約200種にも及んだ。 「花椿」はのであるが、「寒椿」「冬椿」はの。 西洋ヨーロッパでは末に園芸植物として大流行し、『』(の、またそれを原作とするの)にも主人公の好きな花として登場する。 西洋で園芸家に注目されたのは、ヤブツバキが花とともに、葉が常緑で地中海地方の樹木にはないツヤが見栄えすることが認められたのではないかとする説が言われている。 伝承 [ ] 年を経たツバキは化けるという言い伝えが日本各地に残る。 新潟の伝説では、荒れ寺に現れる化け物の正体が椿の木槌であったり、島根の伝説では、牛鬼の正体が椿の古根だったという話がある。 忌避 [ ] 花がポトリと落ちる様子から、の世界においてもを連想させるとして、のや競技馬の名前としては避けられる。 特に競馬では、過去にはの様な名馬もいるが、の第36回()で大本命視されたタカツバキが、スタート直後に落馬で競走中止するというアクシデントを起こして以降、ほとんど付けられることがなくなった。 は、打ち首により首が落ちる様子に似ていることを連想させることを理由にツバキを飾るのを好まなかった 、という話もあるが、それはから以降の流言であり、江戸時代に忌み花とされた記述は見付からない。 初頭には多数の園芸品種が流行。 には,世界で初めて椿園芸品種を解説した書物が当時の江戸で出版される。 作品 [ ]• 『椿尽し』 - 松島勾当作曲(中頃・歌詞にツバキ22品種を詠み込んだ曲)• 『玉椿』 地歌 箏曲 - 作曲(18世紀後半・歌詞にツバキ16品種を詠み込んだ曲)• 『』 - 作詞・作曲・編曲・歌唱・リリース• 『』 - の()に襲撃の合図として「椿」の花が流れてくる。 『』 - 主人公の恋の始まりに椿の花が重要な小道具として使われる。 『』 -• 『』 - 切手 [ ]• 1961年(昭和36年)3月20日発売 10円 花切手シリーズ• 1969年(昭和44年)10月26日発売 15円 第24回 ・・ ツバキ• 1972年(昭和47年)5月20日発売 20円 国土緑化運動• 1980年(昭和55年)10月1日発売 30円• 1994年(平成6年)1月28日発売 80円 四季の花シリーズ第4集 ()• 1997年(平成9年)4月10日発売 、額面印字• 50円、80円、90円、120円、130円用 ・・ ツバキ• 270円用 スズメ・・ ツバキ• 2001年(平成13年)6月1日発売 50円 東京の四季の花・木• 2012年(平成24年)12月3日発売 50円と80円 ふるさと切手 季節の花シリーズ第4集 模造 [ ] やなどで椿の花を象った(一般にと呼ばれる)が作られ、女性ので装飾として用いられる。 州の花• 県の木• 市区町村の木・花• 青森県: 花• 岩手県: 花 、 花• 秋田県: 花• 千葉県: 木 、 木 、 花• 東京都: 木・花• 神奈川県: 木 、 木 、 木 、 木 、 木• 新潟県: 花• 富山県: 花木• 石川県: 花 、 木・花• 岐阜県: 花• 静岡県: 木・花• 愛知県: 花 、 花 、 花• 京都府: 花 、 花木• 大阪府:大阪市 花• 兵庫県: 木 、 木• 奈良県: 花• 和歌山県: 木• 鳥取県: 木• 島根県: 花• 岡山県: 木• 広島県: 花 、 花• 山口県: 花• 高知県: 花• 宮崎県: 花木• 鹿児島県: 木 、 木 各地のツバキの名所 [ ]• 松前公園()• 椿山「特別天然記念物ツバキ自生北限地帯」()• 世界の椿館()• 氷室椿庭園(神奈川県茅ヶ崎市)• 井口カイニョと椿の森公園()• 平岡八幡宮、霊鑑寺()• (京都府)• 浄安寺(京都府)• 野母崎()• (長崎県、、、)• 椿の原生林(長崎県五島市)• 城山公園()• 椿山公園() 脚注 [ ] []• Wheeler, L. , Su, M. 2015. Camellia japonica. The IUCN Red List of Threatened Species 2015: e. T62054114A62054131. Downloaded on 22 October 2018. 2014年1月22日閲覧。 日本において広く見られる野生の「ツバキ」はヤブツバキであり、上はこの名で呼ばれる。 ただし、としてツバキの名を採用した例もある(北村・村田 1979 )。 161. 沖森卓也ほか『図解 日本の文字』三省堂、2011年、52頁• 199. 251. 254. , p. 252. , p. 253. 253. 藤山宏『プロが教える住宅の植栽』学芸出版社、2010年、9頁。 Flavon 2003年1月13日. フラボンの山野草と高山植物の世界. 2014年1月22日閲覧。 萬葉集1巻54, 巨勢山のつらつら椿つらつらに見つつ偲はな巨勢の春野を, 坂門人足• 萬葉集1巻56, 川上のつらつら椿つらつらに見れども飽かず巨勢の春野は, 春日蔵首老• 萬葉集1巻73, 我妹子を早見浜風大和なる我を松椿吹かざるなゆめ, 長皇子• 萬葉集7巻1262, あしひきの山椿咲く八つ峰越え鹿待つ君が斎ひ妻か• 萬葉集13巻3222, みもろは 人の守る山 本辺は 馬酔木花咲き 末辺は 椿花咲く うらぐはし 山ぞ 泣く子守る山• 萬葉集19巻4152, 奥山の八つ峰の椿つばらかに今日は暮らさね大夫の伴, 大伴家持• 萬葉集19巻4177, 我が背子と 手携はりて 明けくれば 出で立ち向ひ 夕されば 振り放け見つつ 思ひ延べ 見なぎし山に 八つ峰には 霞たなびき 谷辺には 椿花咲き うら悲し 春し過ぐれば 霍公鳥 いやしき鳴きぬ 独りのみ 聞けば寂しも 君と我れと 隔てて恋ふる 砺波山 飛び越え行きて 明け立たば 松のさ枝に 夕さらば 月に向ひて あやめぐさ 玉貫くまでに 鳴き響め 安寐寝しめず 君を悩ませ 大伴家持• 萬葉集20巻4418, 我が門の片山椿まこと汝れ我が手触れなな土に落ちもかも, 物部廣足• 萬葉集20巻4481, あしひきの八つ峰の椿つらつらに見とも飽かめや植ゑてける君, 大伴家持• , pp. 251—252. , p. 252. 桐野秋豊写真・著『椿 : 色分け花図鑑 : 名前の由来と系統がわかる : 庭を美しく彩る品種選びに役立つ本』、2005年。 参考文献 [ ]• 貝津好孝『日本の薬草』〈小学館のフィールド・ガイドシリーズ〉、1995年7月20日、199頁。 川原勝征『食べる野草と薬草』、2015年11月10日、57頁。 田中孝治『効きめと使い方がひと目でわかる 薬草健康法』〈ベストライフ〉、1995年2月15日、161頁。 『日本の樹木』〈中公新書〉、1995年4月25日、251 - 254頁。 は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2020年6月)• 茂木透写真「ヤブツバキ」『樹に咲く花 離弁花2』高橋秀男・勝山輝男監修、〈山溪ハンディ図鑑〉、2000年、170-171頁。 関連人物 [ ]• 関連項目 [ ] ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• GRIN. ARS , USDA. 2014年1月22日閲覧。 (英語)• 2014年1月22日閲覧。 (英語)• NCBI 英語. (英語)• - (英語)• 植物雑学事典. 生物地球学部. 2014年1月22日閲覧。 - 「健康食品」の安全性・有効性情報()• 東京島しょ農業協同組合利島店. 2014年1月22日閲覧。

次の

Tsubaki Power Transmission Products Technical Information Website Product catalog

ツバキ スプロケット

チェーン 摩擦車のずべりをなくすための歯車と同じようにベルトと プーリ との間のずべりをなくすようにしたのがチェーンです。 チェーンの相手は スプロケットといいます。 チェーンというのは鎖のことですが、巻掛け電動に使われるのは、 チェーンでもローラーチェーンといいます。 ローラチェーンは自由に回転するローラをはめたブッシュとリンクプレートとで組立てたローラリンクを ピンリンクでつないだものです。 ピンリンクのピンはローラリンクのブッシュの中を通ーて、両外側でリンクプレートで組立てる。 ローラチェーンは、この両方のリンク 1組の長さをピッチといいます。 175mm を単位として、この整数倍になっています。 スプロケットは円板の外周にこのローラチェーンのローラ径とピッチに合わせたみぞ[歯]を設けたものです。 チェーンは鋼製で、すぺりが起きないので ベルトよりも大馬力の伝動に耐えられます。 その反面、振動、騒音を発生させやすいので あまり高速度の伝動には向きません。 チェーンの場合は同じ巻掛け伝動のべルトとは ちがった注意が必要です。 ベルトはずべりがでないように ピンと張り、ゆるみをさけますが、チェーンは適当なゆるみを もたせるようにします。 しかし、ローラチェーンを張り過ぎますと 、 ピンとブシュ間の油膜が破れて 、 ローラチェーンや軸受の損傷を早めます。 また 、 たるみ過ぎるとローラチェーンが振動したり、 スプロケットに巻付いたりして 、 ローラチェーンとスプロケットの両方を損傷します。 このチェーンの伸びというのは、ベルトのよ うに 伸びるのでばなく、ピンとローラの摩耗によるガタの増加が、チェーンの全長である程度の量になったものです。 限界伸び率をしめします。 大スプロケット歯数 チェーンの伸び 60枚以下 1. ただし 、 変動 荷重のかかる時は 20倍以下が適当です。 チェーンとスプロケットのかみ合いの行なわれる面ば多角形になっています。 スプロケットにチェーンを巻掛けたときの,チェーンのピンの中心を結ぷと多角形となります。 ベルトがプーりに巻きかかる面は円形であり、ベルトがプーリに回転を伝達すところは運続的であるのに対し、チェーンが回転を伝達するところばピンであり、ピンとピンには間隔があり、飛び飛びであってベルトのような連続的なものではありません。 他方スプロケットの作動面も多角形をなしていますので、厳密ないいかたをすれぱ,あるビンが働いて回転を伝達していて、次のピンに回転伝達の仕事をバトンタッチする間での回転は均一ではありません。 チェーンとスプロケットによる駆動方式は比較的チェーン速度の小さな場合に利用されていますので、このような小さな不均一はあまり問題になりませんし、 チェーンとスプロケットの かみ合いを滑かにするためこスプロケットの歯形を多少変形してあります。 ただ、高速で使うことになるとチェーンと歯形の間につけた余分の遊びが音となって影響してきます。 チェーンによる変速は、同じ巻掛け伝動でも ベルトによる場合とちがってきます。 まず変速比です。 歯車と同じように,スプロケットの歯数比に反比例します。 ただし、歯車は回転方向が反対になりますがチェーンはベルトと同じように回転方向は変わりません。 もっともローラチェーンは反対方向へ曲げてもさしつかえありませんから下図のように 掛けてやれば回転方向は反対になります。 こういうことはVベルトではできません。 といっても理屈だけで実際には無意味なことです。 変速比は7:1くらいを限度とします。 この比が大きくなりますと、小スプロケットにかかるチェーンピッチ数が少なくなって、1ピッチの回転有効半径の変化を大きくさせます。 そのためチェーンには振動を、スプロケットには衝撃を与えるようになります。 また同じ変速比のうちでも小スプロケットの歯数は、いまの変速比の問題と同じ理由であまり少なくできません。 ふつうはこの限度を13歯としています。 他方、大スプロケットの歯数も、べつの理由で制限されます。 歯数が多くなりますとチェーンの伸びによる誤差が累積きれて、スプロケットの歯とチェーンとが合わなくなるからです。 普通この限度を 113歯としています。 このようスプロケットの歯数は最小、最大 とも奇数になっています。 偶数になりると、チェーンとスプロケットのかみあいが一定周期でくりかえされ、歯の摩耗が片寄ります。 摩耗をならすためには、なるぺく歯数を奇数にします。 速比と巻き付け角 2軸が水平 に近い 位置にあるときには張り側を上に、ゆるみ側を下にします。 また、2軸を上下に配置することは あまりしません。 これは重いチェーンを上下にかけるとチェーンの伸びで下側のスプロケットから はずれやすくなるからです。 上下に はる場合でも 下側に大きいほうのスプロケットを配置ずるのが原則です。 ローラチェーン伝動の速比は 、 普通7:1までが適当ですが 、 ごく低速の場合に限り 10:1程度までは可能です。 チェーンのリンク数 計算 チェーンのピッチ P 型式 ピッチ 型式 ピッチ 大スプロケットの歯数 N1 RS25 6. 35 RS35 9. 525 小スプロケットの歯数 N2 RS40 12. 7 RS50 15. 875 軸間中心距離 mm WP RS60 19. 05 RS80 25. 4 上記に数値を入力 RS100 31. 75 RS120 38. 1 チェーンのリンク数 LP 軸間中心距離のリンク数で表したもの CP.

次の