豚肉の生姜焼き レシピ。 家庭料理のプロに教わる、理想的な「豚肉のしょうが焼き」を作るために覚えておきたいこと

【簡単レシピ】10分以内で完成! みんな大好き「豚肉の生姜焼き」はこんなに簡単にできる

豚肉の生姜焼き レシピ

オレンジソースが爽やかな豚肉ソテー 塩麹をぬり込んだしっとりジューシーな豚ロース肉を、爽やかなオレンジソースに絡めて食べるオシャレなソテーです。 塩麹に半日ほど寝かせた豚ロースは、表面の水気を軽くふき取ってから小麦粉をまぶし、じっくり弱火で加熱します。 仕上げにソテーしたフライパンの肉汁でソースを作ってかければ完成!爽やかな酸味とオレンジの香りでレストランのような仕上がりです。 りんごソースで豚肉をおしゃれディッシュに こちらはポークソテーにりんごのソースをかけて食べる素敵なディッシュです。 ソテー用の豚ロース肉に塩麹をなじませてから、小麦粉とブラックペッパーをまぶしてオリーブオイルでこんがり両面焼き色がつくまでソテーします。 ソースはりんごに酒、しょう油、砂糖などを加えたりんごの酸味が爽やかな味わいでまろやかな塩麹の豚肉と良く合います。 皮付きでサイコロサイズにりんごをカットすると、フォトジェニックになりますよ。 塩麹使いで豚スペアリブしっとり! ジューシーで食べ応え抜群の豚スペアリブを使ったソテーは、ホームパーティやおもてなしのメインにぴったりなご馳走です。 豚スペアリブは骨の近くに切り込みを入れてから塩麹をすり込み、しばらく置いてから、使用することでしっとりした仕上がりに。 フライパンで全体に焼き色をつけ、合わせ調味料を加えて豚スペアリブに絡めてから、水を加え蓋をして弱火で蒸し焼きにするだけなので簡単です。 豚肉の生姜焼きに塩麹をプラス!おすすめ3選 豚肉の生姜焼きは、甘辛い味付けと生姜のピリッとした辛味がアクセントの飯ご飯がすすむおかずです。 豚肉は塩こしょうを振って下処理するのが一般的な作り方ですが、ひと手間加えて塩麹を揉み込むことで、奥深い味を楽しめます。 ここからは、豚肉の生姜焼きに塩麹をプラスした味わいレシピをご紹介します。 たっぷりタマネギと塩麹豚肉で食欲アップ 塩麹が隠し味となって美味しさがアップする豚の生姜焼きレシピです。 豚ロースの薄切り肉は、塩麹やおろしショウガを加えた調味料に漬け込んでしばらく置いてから、たっぷりのタマネギと一緒に炒めるだけなので簡単です。 豚肉がしっとり柔らかくて風味良い仕上がりに! ブロック肉でおしゃれに仕上げる洋風生姜焼き 塩麹に漬けた豚肩ロースのブロックで作るオシャレな洋風生姜焼きです。 豚肩ロースはブロックのまま塩麹を塗り込んでしばらく寝かせてから使用するので、しっとりしています。 フライパンにバターを入れて熱し、表面に焼き色がしっかりついたら、アルミホイルで覆って余熱で火を通していきます。 おろしタマネギ入りのジンジャーソースを添えて盛り付ければ、レストランのメインディッシュのような1品が完成です。 塩麹豚肉の甘辛角煮風 豚バラ肉を角煮のようにトロッと柔らかくて甘辛い味付けに仕上げた生姜焼きメニューです。 豚バラブロックを1㎝幅にカットして塩麹に漬けて柔らかくするので、時間をかけて作る角煮のような食感に。 漬け込んだ塩麹は軽くふき取ってから、片栗粉をまぶしてこんがり焼き、ショウガ入りのタレに絡めて仕上げます。 大人も子どもも喜ぶ満足レシピですね。 身近な調味料として定着した塩麹を豚肉料理に取り入れて、美味しく味わいましょう。

次の

豚の生姜焼きのレシピ/作り方:白ごはん.com

豚肉の生姜焼き レシピ

豚肉の筋切りと下漬け 豚肉は厚みのある生姜焼き用を2人分で200gほど使います。 それに対する生姜の分量は下の写真くらいのサイズ。 20〜30gほどあればしっかり生姜の風味が出てくれると思います。 肉の下ごしらえは 『筋切りと下漬け』をします。 まず、まな板の上に豚肉を1枚ずつ広げ、赤身と脂肪の間に筋があるので、 1㎝間隔くらいで包丁の切っ先を筋に刺して、断ち切ります(片面は丁寧に、裏面は大きな筋に包丁を入れるくらいでOKです)。 それから、焼く前に下漬けをします。 厚みのある生姜焼き用の肉はそのまま焼いたら少し硬くなるので、生姜や酒に漬け込み、しっとりやわらかく焼き上げるためです。 下漬けとたれに生姜とにんにくを使うので、たれを作るボウルにまとめてすりおろします。 筋を切った豚肉はバットに広げ、Aを加えます。 そこに 先ほどしぼった生姜&にんにくをひとつまみ分ほどしっかりしぼって汁を加えます。 豚肉を漬け込んでいる間に、玉ねぎを薄切りにして、キャベツのせん切りなどの野菜も準備しておきましょう。 そこに 下漬けに使った調味料を7〜8割ほど加え、しっかり混ぜ合わせます(残りの2〜3割の調味料は捨てて、しっかり汁気を切っておきましょう)。 スプーンの中に残りやすいケチャップを量る前に、ごま油でコーティングするとケチャップがキレイに落ちてくれます。 全体に油がまわれば、玉ねぎを端によせ豚肉を広げ入れます。 豚肉を焼き始めると、肉から少し水分が出てくるので、その水分が飛び、焼いている面にちらほら色づく部分が出てきたら裏返します。 反対側も色が変わる程度に焼いたら、たれを全量加えます。 火加減そのままで煮詰めていきます。 豚肉と玉ねぎの上下を時おり返しながら、 たれが煮詰まって豚肉にしっかりからんでくるまで焼けば完成です(私はたれを入れて2分ほどで適度に煮詰まりました)。 フライパンを火から外し、器の奥にキャベツのせん切りを、その横に玉ねぎ、手前に豚肉の生姜焼きを盛り付けます。

次の

豚肉のショウガ焼きのレシピ・作り方

豚肉の生姜焼き レシピ

がおいしい! ゲストさん 22:22• がおいしい! ゲストさん 22:18• がおいしい! eriさん 22:01• がおいしい! ゲストさん 22:01• がおいしい! みつぞーさん 21:59• がおいしい! みつぞーさん 21:59• がおいしい! eriさん 21:53• がおいしい! eriさん 21:48• がおいしい! ゲストさん 21:42• がおいしい! eriさん 21:37• がおいしい! ゲストさん 21:35• がおいしい! ゲストさん 21:12• がおいしい! ゲストさん 20:58• がおいしい! ゲストさん 20:43• がおいしい! ゲストさん 20:40.

次の