麻 婆 豆腐 の 作り方。 給食の麻婆豆腐の作り方やレシピがこちら!豆腐の大量使用時の注意点!

マーボー豆腐 レシピ 陳 建一さん|【みんなのきょうの料理】おいしいレシピや献立を探そう

麻 婆 豆腐 の 作り方

スパイシーでジューシー、本格的な麻婆豆腐の作り方をご紹介いたします。 大事なのは、豆腐を下茹ですること。 豆腐がより柔らかく、崩れにくく、水分が出にくくなるという効果があります。 辛味が苦手な方は、四川豆板醤・ラー油・四川辣椒粉の代わりにオイスターソースを使うと甘口になります。 1 鍋を熱したら油をひき、豚ひき肉を入れて良く火を通す。 パリパリとなるよう長めに炒めると、肉の臭みが消え、香りが良く出る。 2 一度火から離し、にんにく、四川豆板醤、甜面醤、四川辣椒粉、ラー油を入れたら再度火かけ、全てが一体となるようによく炒める。 そこへ鶏がらスープを入れる。 3 別の鍋に湯を沸かし、沸いたら塩をひとつまみ入れ、水切りしたばかりの豆腐を入れて、茹でる。 4 お湯が再沸騰してくると、豆腐がプルプル震えるように浮いてくるので、この状態のまま豆腐を網ですくい、タレの入っている鍋に入れる。 5 少し煮たら、紹興酒、塩、しょうゆ、こしょう、豆鼓で味を調える。 (塩加減は醤油で調整)• 6 長ねぎ、葉にんにく(サンミャオ)を入れて少し煮たら、水溶き片栗粉を少しずつ加え、とろみをつける。 7 お玉の丸い部分で豆腐を押すように、鍋を揺らしながら混ぜる。 焦がさないこと。 8 最後強火にし、仕上げのラー油を入れて混ぜる。 皿に盛り、仕上げに四川花椒粉をちらせば完成。 gnavi. パリパリとなるよう長めに炒めると、肉の臭みが消え、香りが良く出る。 STEP2:一度火から離し、にんにく、四川豆板醤、甜面醤、四川辣椒粉、ラー油を入れたら再度火かけ、全てが一体となるようによく炒める。 そこへ鶏がらスープを入れる。 STEP3:別の鍋に湯を沸かし、沸いたら塩をひとつまみ入れ、水切りしたばかりの豆腐を入れて、茹でる。 STEP4:お湯が再沸騰してくると、豆腐がプルプル震えるように浮いてくるので、この状態のまま豆腐を網ですくい、タレの入っている鍋に入れる。 STEP5:少し煮たら、紹興酒、塩、しょうゆ、こしょう、豆鼓で味を調える。 (塩加減は醤油で調整)STEP6:長ねぎ、葉にんにく(サンミャオ)を入れて少し煮たら、水溶き片栗粉を少しずつ加え、とろみをつける。 STEP7:お玉の丸い部分で豆腐を押すように、鍋を揺らしながら混ぜる。 焦がさないこと。 STEP8:最後強火にし、仕上げのラー油を入れて混ぜる。 皿に盛り、仕上げに四川花椒粉をちらせば完成。 大事なのは、豆腐を下茹ですること。 豆腐がより柔らかく、崩れにくく、水分が出にくくなるという効果があります。 辛味が苦手な方は、四川豆板醤・ラー油・四川辣椒粉の代わりにオイスターソースを使うと甘口になります。 gnavi. gnavi. gnavi.

次の

【検証】最高においしい麻婆豆腐を作る3つのコツとは!? : 料理のコツコツコツ

麻 婆 豆腐 の 作り方

こんにちは、マイルス・スマイルです。 今回検証する料理は「 麻婆豆腐」 さまざまなレシピ、作り方の情報をもとに、美味しい麻婆豆腐を作る方法を調べ上げました。 ひき肉から出てくる白い脂が透明になるまで、しっかり炒めること。 豆板醤は、油で炒めることで風味が引き立つ。 2.にんにく、生姜、長ねぎをみじん切りに、青ねぎを小口切りにする。 3.水溶き片栗粉を用意する。 片栗粉小さじ2に水小さじ4を加えてまぜ合わせる。 4.熱したフライパンに油を引いて、中火でにんにくと生姜を炒める。 5.にんにくと生姜の香りが立ったら、ひき肉を加えて、白い脂が透明になるまでしっかり炒める。 6.豆板醤を加えて炒める。 8.煮立ったら豆腐を加えてさっと加熱する。 9.長ねぎを加えて火を弱火にして、水溶き片栗粉を加えてよくまぜ合わせる。 10.火を強めて煮立たせ、とろみを定着させる。 仕上げにごま油を加える。 11.皿に盛り付けて、青ねぎを添え、お好みで粉山椒をふる。 さて、お味のほどはどうでしょうか? 味が複雑でおいしい!本格的な麻婆豆腐! ひき肉、香味野菜、各調味料、さまざまな旨みが混ざり合い、実に豊かで複雑な味わいの麻婆豆腐です! テンメンジャン、紹興酒が奥深い風味を生み出しています。 ごはんにかけて食べると、もう止まらない! 麻婆豆腐は、中華料理の基本を学ぶのにも最適な料理だと思います。 水溶き片栗粉を加えてから、火を強めて煮立たせるのも大きなポイント。 こうしないと、とろみが定着せず、水っぽくなってしまいます。

次の

麻婆豆腐のレシピ/最小限の材料で美味しく!:白ごはん.com

麻 婆 豆腐 の 作り方

日本人で「麻婆豆腐(マーボーどうふ)」を知らない人がいるだろうか? 「中華の神様」こと料理人の陳建民氏が日本風にアレンジして広めたもので、1970年代に普及。 いまや幼稚園や保育園の給食にも登場するほどで、国民的中華と言っても過言ではない。 さて、そんな「麻婆豆腐」だが、中国には一文字違いの 「麻辣豆腐(マーラーどうふ)」というものがあるのをご存知だろうか? 一文字違うだけで、結構異なる? 「婆」と「辣」って何が違うのさ!? まずは元中国住みの沢井メグが実際に食べていたものを紹介したい。 中華だしの素でOK。 お湯でも没問題。 ・水溶き片栗粉:大さじ2 【作り方】 1.豆腐を一口サイズに切り、鶏がらスープでゆでる。 なければお湯でもOKだ。 2.トウガラシを輪切りに、ネギ、ニンニク、ショウガをみじん切りにしておく。 3.フライパンに油をしき、トウガラシと花椒を入れてから点火。 4.香りが立ってきたらニンニク、ショウガ、豆板醤を炒める。 5.豆腐を入れる。 続いて醤油、オイスターソースを投入。 鶏がらスープ(お湯)を少し足し、調味料が豆腐に絡むようにひと煮立ちさせる。 6.火をとめ、最後に水溶き片栗粉を入れて完成。 そう! 私が中国の食堂で食べていた「麻辣豆腐」は、平たく言えば「肉なしマーボー」! 調味料のウマミ、辛さ、豆腐のクリーミィさが渾然一体となり、実にウマイ! 肉が入っていなくても、物足りなさを感じはしないのだ。 通っていた食堂の最安メニューであり、お金のなかった留学生活はコイツに支えられたと言ってもいいだろう。 社会人になりひき肉くらい買えるようになったが、やっぱり今食べても美味しいなぁ。 ・結局、麻辣豆腐って麻婆豆腐と何が違うの? さてそんな麻辣豆腐は麻婆豆腐と一文字違うが、何の意味があってこうなってしまったのだろう? そもそも麻婆豆腐の「麻婆」は、発明者の姿「あばた(麻)のオバさん(婆)」を意味することは有名な話だ。 一方、「麻辣」の麻は「痺れる辛さ」であり、辣は「日本でいうところの辛い」だ。 そう、婆と辣ばかりか「麻」の意味まで違ったのだ。 では、料理としてはどう違うのか。 私は、通っていた店のお姉さんに「麻辣豆腐は麻婆豆腐の肉なしバージョンだよ」と説明されたことがある。 ネット上でも同様の意見があるものの、実は諸説あるよう。 それらをまとめると…… 説1:麻婆は四川料理、麻辣は東北料理。 説2:麻婆は固有名詞、麻辣はあの料理自体をさす一般名称。 説4:麻婆は肉あり、麻辣は肉なし。 「説2」については少し説明が必要だろう。 聞けば、四川省の店のみが「麻婆豆腐」であり、本来ほかの店が出すあの料理は「麻辣豆腐」と呼ばなければならない。 が、あまりに有名になりすぎて麻婆が一般化してしまった……ということらしい。 商標ほど厳密ではないが、たとえるなら「宅急便」がクロネコヤマトの宅配サービスのみをさし、他社の類似サービスは「宅配便」と呼ばなければならない、と似ているのかもしれない。 私個人は友人などからも「説4」を聞くことが多かったのだが、皆さんはどうだろう? ただひとつ言える事実は……マーボー的なあの辛い豆腐料理は、肉がなくても結構ウマイということだ。 Report: Photo:Rocketnews24.

次の