明日葉 青汁 ランキング。 明日葉青汁おすすめランキングベスト7

青汁比較ランキング|100種類以上から厳選された青汁TOP5!

明日葉 青汁 ランキング

青汁は、基本的に手軽に栄養補給することを目的に作られているため、 ビタミンや食物繊維など、現代の食生活で不足しやすい栄養素を摂取できるように作られています。 忙しくて食事に気を使えない時などは、どうしても野菜不足になったり栄養が偏ったりしてしまいがち。 そんな時、 毎日の食事に青汁を一杯プラスするだけで、不足していた栄養素をしっかりとチャージ。 毎日の健康的な体を作ってくれる、マストアイテムに早変わりすることでしょう。 最近では、子供でも飲めるよう苦さを抑えた青汁あるので、野菜嫌いの子供を持つ親御さんにとっても、強い味方になってくれるでしょう。 青汁のメリット2. 水にとかしたり、料理に入れたりとアレンジがしやすい 青汁は、液体の健康食品というイメージがありますが、近年販売されている青汁のほとんどは粉末タイプの商品です。 液体タイプだとどうしてもそのまま飲まなければなりませんが、粉末タイプであれば、料理にこそっと入れたりと1つの素材として使うことができます。 水はもちろん、牛乳やフルーツジュース、ヨーグルト、スープなど液体の料理にはもちろん、パンやお好み焼きなど小麦粉を使った料理にもGOOD。 様々な食品との相性が良いため、毎日続けても飽きずに美味しく摂取できます。 「健康食品に興味はあるけど、本当に継続して摂れるかどうか不安!」という人は、粉末タイプを料理のアレンジとして使うのもおすすめですよ。 青汁の比較方法|自分に合う商品の正しい選び方とは?.

次の

青汁ランキング

明日葉 青汁 ランキング

一般的なメリットとデメリット 種類 メリット デメリット 粉末 ・取扱いやすい ・持ち運びができる ・送料が安い ・細胞壁が壊れていない ・栄養素のロスがある ・新鮮さが保たれにくい 冷凍 ・栄養のロスがない ・細胞壁が壊れている ・新鮮さが保たれやすい ・冷凍保存必須 ・送料が高い ・賞味期限が短い 1番のメリット 粉末 1番のメリットは、なによりもその「 手軽さ」です。 1袋ごとに別れている商品が多いので、荷物にならず持ち運ぶことができます。 また、保管場所にも困ることがありません。 冷凍 1番のメリットは、 「栄養価」が高く新鮮さを保つことができることです。 また、冷凍することにより細胞壁を壊すことができるので、栄養素を吸収できる量が増えることも期待できます。 冷凍青汁11種を比較 冷凍青汁商品を調査しましたが、「ケール」の商品ばかりで、唯一タカラのみ明日葉でした。 ですので、タカラの明日葉以外を項目ごとに比較をします。 入り数が商品によって異なる 5~35袋)ので「1袋あたりの価格」です。 1袋あたりの価格順 商品名 価格 入り数 1袋の価格 JAたうん ふくれんの青汁 3,560円 28袋 127円 ファンケル 搾りたてケール青汁 3,950円 30袋 132円 ファンケル 濃縮ケール青汁 4,320円 30袋 144円 遠藤青汁 乳酸菌入り 4,536円 28袋 162円 大自然の懐屋 青汁「百」 5,022円 30袋 167円 マスダ グリーンジュース 864円 5袋 173円 ピカイチ野菜くん とくべつな青汁 5,670円 30袋 189円 キューサイ ケール青汁 5,655円 35袋 189円 野菜村 ケールの冷凍青汁 1,361円 7袋 194円 フジワラ化学 フジワラの青汁 2,922円 14袋 209円 ぶどうの木 マイケール 7,560円 30袋 252円 最安が127円で最高が252円で、単純に比較をすると 約2倍の差があります。 ただしこの価格差には正当な理由があり、決して 最高価格の商品が利益を取り過ぎている訳ではありません。 1袋あたりの価格を並べましたが、厳密に言うとこれは「公平」な分け方ではありません。 なぜなら、商品によって内容量が「90~100g」と違うからです。 当然、内容量が多いものほど使用しているケールの量も増え、その分価格も高くなります。 そこで、公平に価格を比較できるように「全て100gの計算」で、内容量を同一にした場合の潤粋なコストパフォーマンスを 比較しました。 11倍、濃縮ケール青汁は100gとして計算。 内容量を同一化した公平なコストパフォーマンス 商品名 価格 内容量 1袋の価格 ファンケル 搾りたてケール青汁 3,950円 100g 132円 JAたうん ふくれんの青汁 3,560円 90g 141円 ファンケル 濃縮ケール青汁 4,320円 30g 144円 大自然の懐屋 青汁「百」 5,022円 100g 167円 キューサイ ケール青汁 5,655円 90g 179円 遠藤青汁 乳酸菌入り 4,536円 90g 180円 ピカイチ野菜くん とくべつな青汁 5,670円 100g 189円 マスダ グリーンジュース 864円 90g 192円 野菜村 ケールの冷凍青汁 1,361円 90g 216円 フジワラ化学 フジワラの青汁 2,922円 90g 232円 ぶどうの木 マイケール 7,560円 90g 280円 10gと聞くとほんの僅かの量に感じると思いますが、青汁の原価はけっこうシビアなので、 たったの10gでも価格に影響を与えます。 最初の表と比較をすると、順番が変わっていることがわかりますね。 公平に比較をしてわかったのは、やはり「ファンケル」のコストパフォーマンスが高いことです。 冷凍青汁は、販売しているメーカーが少ないのですが、11種の中では最大手がファンケルになりますからね。 次点が「JAたうん」なので、JAが付いているメーカーになるのでここも大手です。 青汁に限らずサプリメント全般で共通しているのは、「 大手の方が安く商品を販売」できます。 その理由は「製造量が多い」から、これに尽きます。 送料込みの「総額」と「1袋の価格」 商品名 送料 総額 1袋の価格 ファンケル 搾りたてケール青汁 216円 4,166円 139円 JAたうん ふくれんの青汁 422円 3,982円 142円 ファンケル 濃縮ケール青汁 216円 4,536円 151円 キューサイ ケール青汁 0円 5,655円 162円 大自然の懐屋 青汁「百」 648円 5,670円 189円 ピカイチ野菜くん とくべつな青汁 0円 5,670円 189円 遠藤青汁 乳酸菌入り 934円 5,470円 195円 ぶどうの木 マイケール 0円 7,560円 252円 野菜村 ケールの冷凍青汁 500円 1,861円 266円 フジワラ化学 フジワラの青汁 1,000円 3,922円 280円 マスダ グリーンジュース 1,080円 1,944円 389円 メーカーにより送料の幅がとても広いことがわかります。 キューサイとぶどうの木は送料無料ですが、これは元々商品価格に含まれているため0円になっているだけです。 冷凍の送料は、粉末青汁と比較をするとどのメーカーも高くなっています。 このように色々な角度から価格を見ましたが、いくつもの情報があることがわかりました。 ただし、個人的には 価格だけで商品を判断したくありません。 その理由は「大手ほど安く作れる」からです。 今回比較をしている11種は「ケール」を使用した青汁ですが、実は 商品ごとによって特色があります。 だから、これだけの価格差が生まれているのです。 商品の特徴 ケールの「品種と農法」と「産地」 商品名 品種と農法 産地 ファンケル 搾りたてケール青汁 普通 ミネラル農法 愛媛・長野・ 鹿児島 JAたうん ふくれんの青汁 普通 記載なし 九州 ファンケル 濃縮ケール青汁 普通 ミネラル農法 愛媛・長野・ 鹿児島 キューサイ ケール青汁 普通 記載なし 国産 大自然の懐屋 青汁「百」 普通 有機 茨城 ピカイチ野菜くん とくべつな青汁 オリジナル種 自家発酵堆肥 茨城 遠藤青汁 乳酸菌入り 普通 自然農法 主に高知・徳島 ぶどうの木 マイケール 普通 自社農園 福岡(三重もあり) 野菜村 ケールの冷凍青汁 普通 記載なし 岡山 フジワラ化学 フジワラの青汁 普通 有機JAS 愛媛 マスダ グリーンジュース ジューシーグリーン 有機JAS 静岡 ケールは原種のため、品種改良をしても大きく差が出にくい野菜です。 それでもオリジナルの品種を使用している「ピカイチ 野菜くん」と「マスダ グリーンジュース」は、特徴が強い商品です。 基本的には各社無農薬で栽培をしているので、この時点で良い商品ばかりです。 その中でも有機JASは「厳しい規格」があるので、有機JASを取得している青汁は、一段階レベルが高い商品になります。 産地に関しては各社で全く違いますが、「農場」と「加工工場」が隣接しており、新鮮さが保たれやすい工夫をしているメーカーが多いです。 冷凍方法と加工方法 冷凍青汁のため、各社冷凍方法を工夫しており、ほとんどのメーカーが「急速冷凍」をしています。 普通のご家庭の冷凍方法だと時間がかかるために、風味劣化の可能性がありますので、新鮮さを保つために急速しています。 また加工方法もケールを収穫してから、時間が短ければ短いほど新鮮さを保ちやすいために、各社工夫しています。 一般的な粉末の青汁は、特殊な品種の商品が少なく、生産数が少ない冷凍青汁ならではの特徴だと感じました。 そのため冷凍青汁は、こだわりが強い人向けの商品です。 こだわりがないけども、青汁に興味がある人は、乾燥粉末の青汁がおすすめ。 理由は2つあり「保管が容易」「賞味期限が長い(1~2年)」ことです。

次の

大麦若葉の青汁ランキング

明日葉 青汁 ランキング

どの青汁を飲むべきか 青汁は英語でも「aojiru」と言われており(又はGreen Juice)、近年世界的にも有名な健康飲料として人気があります。 青汁は体に良いとされていますが、 「飲みづらい」「飲むことでどんな効果(メリット)があるのかわからない」と思っている人がたくさんいます。 私が日々の買い物に利用しているドラッグストアはもちろん、スーパーマーケットにさえ、沢山のメーカーの様々な種類の青汁製品が並べられています。 日本人になじみ深い飲み物であると言っても、 選ぶのは難しいでしょう。 そこで当サイトでは青汁の選び方を紹介します。 青汁の効果 1.1日に必要な野菜の摂取量を満たす 成人1人あたり1日に350gの野菜を食べるのが理想と言われています。 より正確に言うと、人間はビタミン、食物繊維、ミネラル、カルシウムなどの栄養素を必要としているので、これらの栄養素を含む野菜を毎日350g食べなければなりません。 これが1日の摂取量です。 確かに…毎日これを食べるのは難しいですよね? 2.便秘を解消し、肥満を予防する 青汁は食物繊維を豊富に含んでいます。 繊維は腸内の廃棄物を取り除く働きがあります。 また、 脂肪の吸収を抑制し、肥満防止に役立ちます。 3.生活習慣病の予防 青汁はカリウムも豊富です。 カリウムは血圧の上昇を防ぎ、結果的に 心臓発作や脳卒中を予防します。 さらに、食物繊維は血糖値の上昇を防ぎ、 高血圧や糖尿病を予防するのに最適です。 4.貧血の予防 多くの女性が貧血を心配しています。 青汁から鉄分と葉酸を受け取ることができ、 貧血の予防に役立ちます。 5.老化防止と肌トラブルの予防 青汁は 美しさに欠かせないビタミンを提供してくれるという大きなメリットがあります。 青汁を飲むことは、私たちが毎日欠けているものを補充するだけでなく、幅広い利益をもたらします。 野菜ジュースとの違い 私たちが野菜を十分に取れていないことが分かった時に、必要な野菜の量を補うために野菜ジュースを飲むことがあります。 青汁も野菜ジュースも栄養を取るために飲みますが、両者の違いはなんでしょうか?その答えを出すために、青汁と野菜ジュースそれぞれのメリットとデメリットを整理してみます。 青汁 メリット• ビタミン、ミネラル、繊維を簡単に吸収できる。 抗酸化成分が高く、アンチエイジングに適している。 糖度とカロリーが低い。 好みの飲み物と混ぜて味を変化させられる。 デメリット• 独特な(どちらかという多くの人が苦手とする)味わい。 粉末状であれば水に溶かす必要がある。 野菜ジュース メリット• 甘くて飲みやすい。 すぐに飲むことができる。 野菜と果物の両方から栄養を取れる。 デメリット• 生産過程における熱加工は栄養素の減少を意味する可能性がある• 飲みやすいようにに処理されるので、繊維が減少している。 糖度とカロリーが必ずしも低いわけではない。 何種類かの香料・甘味が加えられている。 青汁と野菜ジュースそれぞれに様々なメリットデメリットがあります。 しかしながら、もしあなたが毎日飲めるものを探していて、 野菜不足を補う以上の効果(メリット)を得たいのならば、青汁をおすすめします。 大麦若葉とケールの違い 実際に自分で青汁を幾つか購入してみれば、青汁には異なる主要成分が存在することに気づくでしょう。 現在、青汁で使用されている主要成分は2つあります。 「ケール」と「大麦若葉」 です。 ケールにも大麦若葉にも緑の葉がありますが、それらがもたらす効果は異なります。 この違いを詳しく説明しましょう。 栄養素 ケール 大麦若葉 繊維 キャベツの10倍 キャベツの3倍 ビタミンB6 もやしの2. 6倍 もやしの8倍 ビタミンC みかんの4倍 みかんの2. 4倍 ビタミンE ニンジンの10倍 ニンジンの5倍 葉酸 ニンジンの1. 4倍 ニンジンの4. 3倍 ケール ケールは 「野菜の王」としても知られています。 なぜなら、 人は単にケールを食べていればその栄養をもって生き抜けるほど栄養豊富だからです。 ケールはビタミンA、C、Eおよびミネラルの含有率が非常に高いです。 さらに、繊維およびタンパク質も豊富に含まれています。 それはまるでケール自身が健康補助食品であるかのようです。 効果 不眠症治療 神経ホルモンの一種であるメラトニンが不眠症治療と睡眠の質の改善に役立ちます。 白内障予防 ケールには目の正常な機能を維持する役割を果たすルテインが含まれています。 実際、ルテインの欠如は白内障および眼の疾患につながる可能性があります。 がん予防 ビタミンA・C・E、繊維、ポリフェノールはがん予防に役立ち、ケールはこれらの3つの成分をバランスよく供給できます。 大麦若葉は最も栄養価が高い時期に収穫されます。 特に優れた成分はSOD酵素(Superoxide dismutase:スーパーオキシドディスムターゼ)です。 このSOD酵素は活性酸素を破壊し、結果的に アンチエイジング効果をもたらします。 効果 高血圧予防 大麦若葉はカリウム含有量が高いため、血液からナトリウムを取り除くことができ、高血圧を予防するのに役立ちます。 糖尿病予防 SOD酵素は糖尿病の予防や改善に役立ちます。 疲労回復 大麦若葉はビタミンB1を多く含みます。 ビタミンは疲労回復に役立ち、疲れを感じにくくし、体の回復を向上させます。 美容効果 ビタミンCはコラーゲン産生に重要であり、大麦若葉は豊富に含んでいます。 もし青汁が 事前に作られたものである場合は栄養素が減少するので推奨されません。 もしあなたが 投薬中、またはビタミンKの摂取が制限されている場合は、青汁を飲む前に医師に相談することをお勧めします。 青汁人気ランキング 本ページでは私たちの食生活における野菜の欠如を補う解決策と青汁を飲むことのメリット(効果)を説明しました。 青汁は医療用品ではないので即効性・確実性は保障されていませんが、 飲み続けることで大きな効果を得る ことができます。 あなたがどんな種類のl効果を望んでいるかを理解すれば、飽きることなく続けられる青汁を選ぶことが可能になるでしょう。 評価基準 基本となるのは、原材料・栄養素・口コミの3つ です。 原材料と栄養素に関しては青汁の存在意義でもあり、これはメーカーが発表している値を参考にします。 実際に飲むのは嗜好も様々な人間なので、amazonや楽天などの口コミ評価も大いに参考にさせてもらいます。 さらに 加点要素として、値段(コストパフォーマンス)、メーカーの信頼度(実績)、個人的な感想(飲みやすさなど)の3つ があります。 青汁は継続的に飲むものなので、コストパフォーマンスが良いものでないと厳しいですよね。 また信用ならないメーカーからは買いたくありません。 そして、当サイト管理人である私の主観も加味させてもらいます。 ま、この辺が他のランキングサイトとの違いです(笑) 1位:グランデ「ドクターベジフル青汁」 野菜のプロが本気で作った美味しくて飲みやすい青汁です。 九州産の安心・安全な原材料だけを使用し、21種類もの野菜が1杯で摂れるため、野菜不足やボディメイク、体調管理にお悩みの方におすすめです。 モンドセレクションを受賞し、品質と美味しさが認められた青汁だからこそ幅広い世代の方に最適です。 ブロッコリー・ケール・大麦若葉・明日葉・モロヘイヤの5種類をブレンドしてあります。 1袋10g入で、濃さと飲み応えが実感できます。 便利な分包タイプなので携帯にも便利です。 3位:大正製薬「大麦若葉青汁」 「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>」は、食後の血糖値が気になる方におすすめの特定保健用食品です。 水溶性食物繊維「難消化性デキストリン」が、糖の吸収を抑制し、食後の急激な血糖値の上昇を抑えます。 4位:ファンケル「本搾り青汁」 ミネラル農法で育てた栄養バランスに優れた国内産ケールをまるごと粉末にしてあります。 クセのないさらっとした味わいで、飲みやすく、続けやすいのが特長です。 緑黄色野菜の栄養をおいしくしっかり摂りたい方におすすめです。 冷凍バージョンもあります。 青汁初心者や家族用(特に子供がいる家庭)におすすめです。 5位:ステラ漢方「ステラの贅沢青汁」 賦形材等の添加物を一切使わず、九州産のケール、長命草、クロレラを1粒にぎゅっと凝縮し、素材を生かした粒タイプの青汁です。 吸収率が高く、青汁本来の青臭さも気になりません。 栄養補給や葉酸補給などにおすすめです。 6位:ユーグレナ「緑汁」 ビタミン、ミネラル、アミノ酸、DHA、EPAなど59種類の栄養素が含まれている石垣産ユーグレナ ミドリムシ が入った健康飲料です。 いつでも手軽に飲める粒タイプとドリンクタイプの2つのタイプです。 ユーグレナに加えて、フラクトオリゴ糖、アカシア食物繊維がぎゅぎゅっと粒になっており、スッキリしたい毎日を更にサポートします。 7位:資生堂「長命草」 与那国島で古くから食されてきた、美と健康をサポートする長命草 植物和名ボタンボウフウ の葉を使用した青汁です。 パウダー、ドリンク、タブレットの3タイプあります。 食生活のみだれが気になる、すべての方におすすめです。 一番人気はパウダータイプで携帯にも便利な個包装です。 面倒な人はドリンクかタブレットがいいですが、コストが増えます。 8位:FABIUS すっきりフルーツ青汁」 81種類の酵素を配合し、国産大麦若葉を使用した青汁です。 乳酸菌や豆乳エキス、アセロラ由来のビタミンC、天然由来のセラミド、フルール由来のプラセンタも入っています。 人気の秘訣は青汁の常識を覆す飲みやすさです。 9位:世田谷自然食品「乳酸菌が入った青汁」 大麦若葉を主原料とした青汁にお米由来の乳酸菌を加え、抹茶風味で口あたりの良い青汁に仕上げてあります。 味の決め手となる大麦若葉は、野菜の甘みとコクが活きている島根県産の大麦若葉を使用し、1包に100億個もの乳酸菌を配合してあります。 冷たい水にもさっと溶けるように粉末化し、すっきりとしたのどごしです。 10位:伊藤園「毎日一杯の青汁」 国産の大麦若葉やケールを国産緑茶ですっきりとした後味に仕上げた無糖で低カロリーの青汁飲料です。 また、カラダにうれしい乳酸菌、食物繊維とビタミンEが摂取できる栄養機能食品です。 パックタイプが2種類、ペットボトルが1種類、粉末タイプが2種類用意されています。 11位:山本漢方製薬「大麦若葉粉末100%」 匂いや味にくせがなく、抹茶のような美味しい青汁です。 大自然の中で育ち、ミネラル、ビタミン、食物繊維など天然の栄養素が豊富に含まれています。 牛乳に混ぜると、さらに美味しく飲めます。 12位:ケンプリア「リッチグリーン」 収穫したての大麦若葉を搾った生の青汁を、独自の活性保存製法で粉末化してあります。 健康と美容にうれしい成分が豊富に含まれています。 甘味料・着色料・保存料などの添加物を使わず、ナチュラルな味わいに仕上がっています。 13位:ハリウッド「グリーングリーンスティック」 現代人に不足しがちなビタミン・ミネラル・酵素 SOD や天然の抗酸化成分を豊富に含んだ国産無農薬の大麦若葉のエキスを粉末化した天然葉緑素ドリンクです。 14位:ファンケル「本搾り青汁 大豆プラス」 ミネラル農法で育てた国内産ケールをまるごと粉末にし、有機大豆、オリゴ糖を配合してあります。 1杯で食物繊維2. 7gが摂れ、おなかの健康もサポートします。 大豆のコクと甘みによるまろやかな味わいで、のどごしもスッキリです。 15位:ヤクルトヘルスフーズ 私の青汁」 国産大麦若葉を原料に、さらっと飲みやすい青汁です。 大分県国東半島とその周辺地域の契約農家が農薬・化学肥料不使用で育てた良質な大麦若葉を使用しています。 16位:ヤクルトヘルスフーズ「朝のフルーツ青汁」 フルーティーな味わいでおいしく飲める大麦若葉の青汁です。 畑から製法までこだわりの大麦若葉を使用し、保存料・着色料は一切使用していません。 17位:「えがおの青汁満菜」 有機JAS認証を受けた有機野菜を贅沢に10種類 緑茶、桑葉、抹茶、モロヘイヤ、ゴーヤ、ケール、はと麦若葉、キダチアロエ、ゴマ若葉、明日葉 配合しています。 1日に必要な350gの栄養素 ビタミンB6、葉酸 が取れます。 モンドセレクション2017で金賞を受賞した青汁です。 18位:ファンケル「ビューティグリーン」 ケールのキレイの力に着目したビューティ青汁です。 スティック1本に国内産ケールの生葉約30g分を使用してあります。 またセラミド・コラーゲン・柑橘由来 ヘスペリジンも配合し、美しさをサポートします。 19位:ヤクルトヘルスフーズ「葉っぱのミルク」 大分県国東半島とその周辺の契約農家が農薬・化学肥料不使用で育てた良質な大麦若葉・ケールを使用しています。 青汁に、豆乳・発芽玄米・さとうきび糖をブレンドしており、まろやかさと香ばしさ、ほのかな甘みが特長です。 20位:健康美人フォーラム「コラーゲン入り青汁」 ニュージーランドでオーガニック栽培された大麦若葉にフィッシュコラーゲンを加えた青汁です。 栄養バランスを整え、健康的なからだづくりをサポートしてくれるのはもちろん、美容面でも期待できます。 21位:キューサイ「青汁」 農薬・化学肥料不使用の国産ケールを使用し、安心・安全にこだわり抜いたロングセラーの冷凍青汁です。 原料であるケールの栽培、青汁の製造、製法の管理に至るまで、すべて自社で責任をもって行っています。 畑で食べるケールの葉のような、みずみずしくフレッシュな味わいを再現するために、余計なものは何も加えず、搾り立ての青汁をマイナス40度で急速冷凍してあります。 22位:アサヒ緑健「緑効青汁」 九州・阿蘇産の有機大麦若葉を使った青汁で、国が安心・安全な農産物の証として定めたJAS認定を受けています。 乳酸菌・オリゴ糖・食物繊維を最適なバランスで配合してあります。 青汁はアメリカやヨーロッパでも人気が高まっており、生野菜に比べ簡単、手軽に摂取できるなど利点がたくさんあります。 毎日の食生活が不規則、緑黄色野菜が不足しがちの方におすすめです。 24位:サンスター「緑でサラナ」 コレステロールが高めの方や気になる方におすすめの青汁です。 アブラナ科野菜 ブロッコリー・キャベツ 由来のSMCS 天然アミノ酸 でLDL 悪玉 コレステロールを下げます。 一部の原材料には独自のフレッシュピューレ製法を採用しています。 保存料、香料、食塩、砂糖は一切不使用です。 25位:D. A「おいし~い甘熟フルーツ青汁 PREMIUM」 熟成酵素400種や健康美容成分30種、乳酸菌333億個などの現代人に不足しがちな栄養を凝縮配合した青汁です。 毎日おいしくゴクゴク飲めるように幾度もの改良を重ねて遂に辿り着いた自信の逸品です。 25種の野菜すべてが純国産であり、安心・安全に訴求できます。 酵素としての働き 活性 を保持した青パパイヤ由来酵素配合です。 27位:井藤漢方製薬「メタプロ青汁」 「脂肪の吸収を抑える」「糖の吸収を抑える」「おなかの調子を整える」機能がある難消化性デキストリンを配合した機能性表示食品です。 6種の青汁素材を配合し、食生活からの健康的な体づくりをサポートします。 28位:ユーワ「チョコレート大麦若葉」 大麦若葉の粉末にココアパウダーを加え、子供でも飲みやすいチョコレート味の青汁です。 育ち盛りのお子様の健康をサポートします。 29位:サントリー「極の青汁」 土作りからこだわった熊本県阿蘇産の大麦若葉と大自然の底力がみなぎる鹿児島県屋久島産の明日葉を凝縮した青汁です。 更に野菜ポリフェノール「ケルセチン」と「フラクトオリゴ糖」を配合し、野菜の底力を体にしっかり届けます。 煎茶と抹茶を加え上品な味わいに仕立ててあります。 30位:健翔「青汁のススメ」 国産野菜12種類 大麦若葉、ケール、さつまいも、しょうが、明日葉、クマザサ、ボタンボウフウ、ほうれん草、かぼちゃ、にんじん、桑の葉、大葉 を使用した青汁です。 与那国島産ボタンボウフウ・北海道産クマザサも配合しています。 31位:Biesty「めっちゃたっぷりフルーツ青汁」 野草・野菜・フルーツ・海藻の酵素が、130種類から149種類に増えてリニューアルされました。 更に主成分も明日葉、クマザサ、モリンガ配合で、より多くの栄養成分が加えられパワーアップしました。 32位:ヤクルトヘルスフーズ「青汁のめぐり」 栄養素と吸収力にこだわった大麦若葉の青汁です。 食物繊維とヤクルトのオリゴ糖の組み合わせにより、栄養が体内をめぐることをサポートします。 青汁が苦手な方にも飲みやすい、あと味のすっきりした飲み続けやすいおいしさに仕上げています。 33位:DHC「青汁+豆乳」 無調整豆乳に葉緑素や各種酵素を含む大麦若葉をミックスしてあります。 青臭さを抑えたマイルドな味で飲みやすい、ノンコレステロールの健康飲料です。 非遺伝子組み換え大豆を使用。 香料・着色料・保存料無添加、ノンコレステロールです。 34位:ヤクルトヘルスフーズ「ヤクルトのケール&雑穀スムージー」 ケールとフルーツで体の中へ元気とキレイを生み出す青汁スムージーです。 1日の緑黄色野菜不足分を1杯でチャージでき、食物繊維と腸まで届くヤクルトのガラクトオリゴ糖をプラスしてあります。 いつでもどこでも便利に使えるスティックタイプで、保存料・着色料無添加です。 35位:やずや「養生青汁」 抹茶のような味わいで飲みやすく、農薬・化学肥料不使用の国産大麦若葉でつくった、野菜不足サポート飲料です。 原料は、大分県の農薬・化学肥料を使わずに栽培した六条大麦若葉を使用しました。 大麦若葉の栄養素が手軽に摂れるように繊維分を取り除き、砕いて搾る、製法にこだわりました。 粉末タイプと粒タイプがあります。 36位:マイケア「ふるさと青汁」 明日葉の葉・茎のみならず、根っこまで贅沢に使用した青汁です。 飲み口はまろやかで、抹茶のような風味です。 野菜不足が気になる方、外食が多い方、野菜嫌いのお子様、美容や健康に気をつかいたい女性におすすめです。 粉末タイプなので、水に混ぜるだけでなく、牛乳、ヨーグルトに混ぜたり、お菓子や料理にも使えます。 37位:クラッセ「熊本県産100%くわの葉青汁」 阿蘇の麓で無農薬栽培で育てられた桑の葉を使用した、栄養豊富で美味しい青汁です。 食物繊維やカルシウム、鉄分など栄養価が高く、便秘気味の方、野菜不足の方、生活習慣が気になる方におすすめです。 抹茶風味で、毎日無理なく美味しく飲めます。 38位:やまだ農園本舗「やまだの青汁30」 大麦若葉、抹茶、ヨモギ、還元麦芽糖・乳糖の厳選された4つの素材を使った栄養たっぷりの青汁です。 抹茶の香りと自然な甘さが広がります。 不規則な食生活や、野菜不足により摂れなくなった栄養を手軽に補うことができます。 39位:キレイノワ「ピタヤと青汁のグラマラスリム・スムージー」 ピタヤ ドラゴンフルーツ を配合し、アグアヘとプエラリアを配合した置き換えドリンクです。 国産大麦若葉・ケールなどの青汁、青パパイヤ・コラーゲン・ヒアルロン酸・プラセンタ等の成分も配合しました。 希少糖プシコース配合、甘くて美味しいのに一食当たり約30kcalと低カロリーを実現しました。 40位:美感「美感青汁」 美容や健康に良い青汁をそのまま飲めるスティックタイプです。 美味しいマンゴー味で青汁の味・ニオイも気になりません。 通常の青汁で摂取できる栄養成分のほか、コラーゲン、コエンザイムQ10、プラセンタ、ヒアルロン酸、セラミドなど、女性に嬉しい美容成分もたっぷり含まれています。 41位:美的ラボ「まんぷく美人青汁」 2種類のグルコマンナンがお腹の中で何倍にも膨らみ、まんぷく感が続く青汁です。 はらもちが良く、空腹感を和らげてくれるので、無理なくカロリーをコントロールしてダイエットをサポートします。 ケールと比べて飲みやすい大麦若葉を採用し、さらにココナッツオイルやモリンガなどのスーパーフードに加え、112種類の酵素や乳酸菌をブレンドしてあります。 42位:キューサイ「繊維青汁ツージー」 ビタミン・ミネラル豊富な国産ケールの青汁に、日々の食生活で不足しがちな食物繊維をプラスしました。 1パックに不溶性と大小2種の水溶性食物繊維がたっぷり7g入っているので、繊維不足が気になる方におすすめです。 43位:キューサイ「はちみつ青汁」 安全・安心にこだわり、農薬や化学肥料を使わず育てた国産ケールまるごと100%の青汁に、栄養豊富な自然の甘み「国産はちみつ」を加えました。 青汁初心者の方や、野菜嫌いのお子様にもおすすめです。 44位:ミネルヴァ「京野菜入り 宇治抹茶青汁」 京都祇園辻利の石臼挽き抹茶を贅沢に使用し、3種の京野菜 聖護院かぶら、堀川ごぼう、京ニンジン と大分県産大麦若葉、高知県産ケール+108種類の野菜を発酵したエキスをバランスよく配合した飲みやすい宇治抹茶青汁です。 45位:プレディア「青汁ジュレ」 美容と健康をサポートする青汁成分を配合した手軽なジュレタイプの栄養機能食品です。 海の野菜、海の青汁とも呼ばれるスピルリナも配合し、野菜不足を補いながら、からだの中から、すっきりクリアを目指しましょう。 レモン酢を加えた食べやすい後味です。 46位:キューサイ「粉末青汁」 農薬・化学肥料不使用の国産ケールを乾燥させ、超低温で粉砕することで栄養成分の変質や分解を抑える凍結粉砕製法によりパウダー状にしました。 さらにイルドパウダー製法で水に溶けやすく、さらりとした飲みやすくなっています。 ケールを細かくすることで、乾燥工程での熱によるダメージを抑え、フレッシュ感のある色や風味を実現しています。 47位:ダイレクトテレショップ「青汁三昧」 おいしく・バランスのいい栄養価・手頃な価格という3点をコンセプトに作られた青汁です。 ゴーヤ、大麦若葉、ケールとそれぞれ栄養素の異なる野菜を使用することで偏りのない27種類の栄養素を実現しました。 48位:ミナト製薬「くわ青汁」 ビタミンや美容に欠かすことの出来ない、豊富な栄養素が含まれた「桑の葉」を配合したサプリメントです。 さらに桑の葉と相性が良く、アミノ酸など美肌成分を多く含んだシルクを配合し、内側から美しい肌を目指します。 49位:ミッシーリスト「美力青汁」 葉酸、乳酸菌、4種のオリゴ糖、酵母鉄などが配合された、妊娠中のお母さんと子供のために作られた青汁です。 香料や着色料、保存料などの人工的な添加物は使っておらず、毎日続けるものとしての安心へのこだわりが人気です。 また保水素材であるヒアルロン酸やセラミドも配合されており、美を求める女性におすすめの商品です。 51位:ダイショー「大麦若葉入り青汁」」 大麦若葉、キャベツ、ほうれん草を飲みやすくブレンドした青汁です。 冷水にも溶けやすい微顆粒タイプですので、手軽に野菜の補給ができます。

次の