大動脈 解離 初期 症状。 大動脈解離はどういう人に生じやすいですか

大動脈解離とは?原因・前兆・症状・治療・手術方法|ニューハート・ワタナベ国際病院

大動脈 解離 初期 症状

大動脈解離という病気を知っていますか? 芸能人でも古くは石原裕次郎さん、最近では加藤茶さんや大木凡人さんもこの病気にかかりました。 この病気は前触れになる自覚症状がほとんどない場合が多く、突然死がとても多いのだそうです。 実際になってしまった場合、どんな症状に襲われるのか?どんな痛みなのか?かかりやすい年齢はいくつぐらいなのか?について調べた結果をまとめました。 大動脈解離とは 突然死が多いって本当? 大動脈解離とは、 簡単に言うと心臓の1番大きな血管が破れてしまう病気です。 この血管は約60センチほどの長さがあるそうで、 2015年の1月にこの病気にかかった大木凡人さんは60センチにわたって血管が裂けていたと担当医に言われたとのこと。 つまり大動脈全体が破けてしまっていたということですよね。 またこの病気は致死率が高いのも特徴で、 発症した人の約70%が死亡してしまうんだそうです。 実際にバスの運転手さんがこの大動脈解離になって運転中に突然死してしまい、乗客はサイドブレーキを引いてバスを停車させて事なきを得たというニュースも報道されていました。 もちろんバスの運転手さんは健康チェックも運転前にしていましたが、この大動脈解離はほとんど前兆症状がないのが特徴で発症前に気づくのはなかなか難しそうです。 大動脈解離の発症後、病院に搬送された人も手術中に50%はなくなるという死亡率の高い病気になっています。 歌手の大滝詠一さんが、この病気で救急搬送中に亡くなられたを言うニュースを記憶している方も多いのではないかと思います。 大動脈解離 症状と痛みはどんなかんじなの? いちばんの特徴的なものは胸の痛み。 しかもその胸の痛みは激痛で生半可なものでは無いため、逆にこれはただ事ではないことはわかりやすいです。 スポンサードリンク 大木凡人さんの場合は、トイレで新聞を読んでいていざ出ようと立ち上がった途端に全身にバリバリバリと言うような激痛が走ったそう。 その後救急車を自分でよんで、病院に救急搬送後、手術をして一命をとりとめました。 またテノール歌手の田代誠さんの場合は、第九のコンサートの本番中に強烈な胸の痛みに襲われ、落とした楽譜も拾えないような状態に…。 でもそれから数十分、コンサートが終わるまで歌いきったというから驚きです。 本番後に合唱団の中にいたお医者様に診察してもらったところ、救急搬送が必要とのことで救急車で病院へ。 さらに手術ができる設備の整った病院へ再搬送され、 10時間以上にわたる手術を受けて命を救われたとのこと。 このように大動脈解離になってしまった場合、尋常では無い痛みが伴うことが多いです。 大動脈解離にかかりやすい年齢ってあるの? 加齢による血管の老化も関わっているので、やはり年齢が上がるほど発症する確率は高くなります。 一般的には50代から70代での発症が多いですが、今は40代での発症も増えているとのこと。 20代でもごく少数、 30代からは徐々にこの病気にかかる人が増え始めます。 特に健康にあまり気を配らない一人暮らしの男性の発症が多いイメージがある、と先日のテレビに出ていた専門医の方が言っていました。 また 血縁に血管・心臓系の病気で亡くなった人がいる場合は罹患率が上がります。 ちなみに男性は女性の3倍ほど、この病気にかかる確率が高いです。 まとめ このように大動脈解離は前兆もなく、突然発症してしまう恐ろしい病気です。 最近、救急車はできるだけ呼ばないようにしましょう的な声が高まっていますが【どう考えてもこの症状は普通の状態では無い】と感じたら迷わずに救急要請することも必要です。 特に大動脈解離は一刻を争う処置が必要な病気。 「この症状はおかしい…」と感じたら、周りの人に心配をかけないためにと遠慮したりせず救急車を呼びましょう。 また自分だけでなく、周りの人でこのような症状になってしまった人がいたら救急要請することも必要です。

次の

大動脈解離

大動脈 解離 初期 症状

大動脈の脆弱性は中膜の嚢状中膜壊死が重要ですが、中膜の変性がなぜ起こるかはまだ解明されていません。 大動脈解離の発症ピークは70~80歳代の男性に多くみられます。 また近年本格的な高齢化社会となりその発症頻度は増加の一途を辿っています。 監察医務院での剖検例や臨床例の検討から、季節性があり冬季に多く発症し、年齢が上昇するにつれて女性の比率が増加することがわかっています。 竹内らの報告(Takeuchi T, et al : J Clin Epidemiol 57 : 386-391, 2004)では、約70%以上で高血圧を有し、さらにStanford A型はB型と比べ低タンパク、低コレステロール血症の頻度が多く、喫煙歴、アルコール飲酒歴の比率が少なかったことより、内膜裂口の部位とは無関係に上行大動脈の解離の有無による大動脈解離のタイプ間で発症の機序が異なる可能性を示唆しています。 同じく高血圧・動脈硬化を基にした疾患ですが疾患概念・病態は異なっています。 腹部大動脈瘤は粥状動脈硬化を基礎病変として存在することが多く、病理組織学的には著明な粥腫が中膜内もしくは中膜を越えて存在し、中膜弾性線維の破壊と平滑筋細胞の萎縮を伴います。 男性が女性より4~5倍多く、60歳を超えてから発症頻度が増加します。 また喫煙は大動脈瘤の発症と破裂リスクの危険因子であることが知られています。 男性が女性より2~3倍多く、60~70歳台で発症します。 60%の症例で高血圧が認められ、20~25%に腹部大動脈瘤が合併しているといわれています。 両者とも破裂は致死的な合併症であり大動脈瘤の早期診断や破裂の予知が重要です。

次の

大動脈解離

大動脈 解離 初期 症状

胸の奥の方で発生した、今まで感じたことのない違和感。 熱湯が胸の奥から下腹部へ一気に流れていく感じ。 そして、私は程なく失神を起こしたのでした。 スタンフォードA型の急性大動脈解離が発生した時の初期症状としては、私の場合は非常に分かりやすい例だったと思います。 周囲の人たちも、その一部始終を見ていてくれたので、その初期症状から既に大動脈解離が強く疑われました。 結果として、早い段階で緊急搬送、手術が行われて、私は何ら後遺症もなく、今までと変わらない普通の生活を送ることができています。 大動脈解離の初期症状。 これを知っておくことで救われる命は間違いなくあります。 胸部の激痛、鈍痛は、大動脈解離の典型的な初期症状です。 年齢に関わらず、そのような痛みを訴えている人がいれば、救急対応が必要とみていいと思います。 胸の痛みは、肋間神経痛など命に直結しないものもありますが、大抵は何らかの病気が関わっていることが多いです。 患者本人が「大丈夫」と言っても、何らかの対応をとってあげることが大事です。 特に大動脈解離は、本人は間違いなく今までに感じたことがない違和感を感じているはずです。 それを周囲にいる我々がしっかりと受け止めてあげること。 そこが運命の分かれ道といっても過言ではありません。 大動脈解離の初期症状を知っておくことで救われる命はたくさんあります。 ただ、大動脈解離という病気自体があまり知られていないという現状があります。 大動脈解離という病気。 そしてその初期症状。 少しでもこの病気の認知度が上がって、救える命が増えればいいな、と願ってやみません。 このブログがその一助となるよう、これからも発信を続けていければと思います。

次の