欠勤 休職 違い。 欠勤とは?休業と休職との違いについて解説|ハタラクティブ

休業・欠勤・休職の定義

欠勤 休職 違い

「休職」と「欠勤」の意味や違いについて見ていききますが、まずは、「休職」とは何か、その意味を理解しましょう。 休職とは、基本的には会社の指示や規定によって業務が免除されている事を指します。 休職は無給が多いですが、見舞金という名称等でお金が出ているケースもあります。 また、休職期間は概ね1年半です。 そもそも休職は法によってではなく、会社によって規定されるものというのを理解しておきましょう。 休業は会社側・労働者側の何らかの都合で長期休みになること 企業側の都合で労働者の業務を停止させる休職に対して、休業の場合は企業側の都合に加えて、本人(労働者)都合によるものの2通りがあります。 ここではその2通りに関してそれぞれ典型的な例をご紹介します。 休職の意味について見てきましたが、それに対して欠勤とは何なのでしょうか。 その意味と違いについて見ていきましょう。 欠勤とは、休職とは違い会社による業務免除がなされていないものを指します。 これが休職との大きな違いです。 また、欠勤の場合も基本的には無給です。 病気などの場合でも欠勤控除されます。 そのため、その後に有給として消化する方が多いと言えます。 欠勤は無給!受け取れる賃金はゼロ 欠勤とは悲しいことに、基本的に無給ですが、これをノーワークノーペイの原則と言います。 インフルエンザで休むにしても、怪我や風邪で休むにしても変わりありません。 ここが休職との大きな違いです。 欠勤はボーナスの査定にも大きく響く また病気以外にも、自己都合での欠勤は無給となるのが一般的です。 そうした欠勤のデメリットとしては、会社におけるボーナスの査定にも大きく響いてくる、ことと言えます。 欠勤するのであれば、有給休暇が残っているなら、有給として扱うべきでしょう。 欠勤と休職は金銭面の違い、そして同じ会社を休むにしても制度として見るとまったく別のものである、ということが分かりますよね。 ただ、この二つは違いが分からないまま、よく混同されます。 その理由は、休暇を取得する際にこの二つを連続で取るというケースが多いためだと言えるのです。 欠勤するのが休職の条件になっている場合がある 病気などで会社を休む場合、まずは欠勤をして、そのあとに休職期間となる場合が一般的です。 会社によっては、欠勤をするのが休職開始の条件となっている場合もあります。 有給休暇がなくなったら欠勤となり、そして欠勤期間を過ぎたら休職、というようになります。 つまり、欠勤という無給の期間を挟まなければ、休職に移れない場合が多いという意味です。 これを見れば、欠勤と休職の大きな違いが理解いただけるでしょう。 ただ、これはあくまでも一般的な形であって、原因や期間によって会社との相談も必要です。 欠勤とは休職と違い会社から業務免除されず賃金がもらえないという意味を理解しておこう 今回は、欠勤と休職それぞれの意味と違いについて見てきました。 会社での休みといっても、いろいろな種類があります。 欠勤とは休職と違い会社から業務免除されず賃金がもらえないという意味をしっかりとおさえておきましょう。 万が一のときのためにも、休暇に関する会社の規定についてもしっかりと理解しておくのが安心です。 就業規定などとあわせて確認をしてみましょう。

次の

説明できる?「休業」と「休職」、混同する2つまとめました

欠勤 休職 違い

会社のお休みには休日・有給休暇・特別休暇などの休暇、病気休職などの休職、育児休業・介護休業などの休業があります。 就業規則ではそれぞれのお休みの取り扱いについて規定しています。 同じお休みでも「休日」・「休暇」・「休職」・「休業」の違いは何でしょうか? 休日について あらかじめ 就業規則等によって定められた労働義務を免除された日で、もともと勤務しなくても良い日のことです。 法定休日に勤務した場合は1.35倍の割増賃金を支給しなければなりません。 週休2日制(土日休日)で法定休日を日曜日としている会社は土曜日は所定休日となります。 この日には1.35倍の割増賃金を支給する必要はありません。 ただし、週の労働時間が40時間を超える場合は1.25倍の割増賃金を支給しなければなりません。 休暇について 本来労働義務のある日について 労働者の申し出により労働義務を免除する日のことを言います。 つまりこのような権利と義務の関係があります。 休暇は本来労働義務のある日なので、その日に労働したとしても割増賃金を支給する必要はありません。 休暇については主導権が労働者にあると言えます。 休職について 何らかの理由で就労することができない社員に対して、会社での籍は残したまま、一定期間就労を禁止することです。 労働基準法に規定はないので、労使との間で自由に決めることができます。 このような義務と権利の関係があります。 つまり休職については会社に主導権があるといえます。 多くの会社では勤続期間に応じて1カ月から数カ月の一定の期間の休職を認め、休職の理由が消滅したときに復職を認めるという方法をとっています。 休業について 休暇と同じように本来労働義務のある日について 労働者の申し出により労働義務を免除する日のことを言います。 休暇との違いは休暇は1日単位で取得ができるなど細切れでの取得が可能ですが、休業は連続して長期的に取得するという違いがあります。 それぞれのお休みについては 就業規則で明示して、社員に周知しておくことが大切です。

次の

欠勤控除の計算方法は会社ごとに違うので就業規則を要チェック

欠勤 休職 違い

休職と欠勤は、どのように異なりますか? 休職は労働を免除する期間、欠勤は労働義務の不履行といえるでしょう。 多く の就業規則には、休職について記述されており、私傷病など一定の事由に該当した場合には、休職することができると思います。 ただし、労働基準法などには休職に関する定めはなく、休職を制度として設けるか否かは会社の自由です。 そのため、休職期間の長さや賃金の支払いについては、会社によって対応に差があります。 一方、欠勤は労働契約で約束している労務の提供について履行できないことを指しますので、いわば契約違反となります。 しかし、私傷病の場合など届け出ることで、会社が欠勤を認めるケースが少なくありません。 例えば、交通事故などで長期療養が必要な場合、最初の1箇月間を欠勤として処理し、その後3箇月間を休職期間とするようなケースです。 その際、欠勤も休職も会社を休むという点においては同じです。 しかし、欠勤は労務提供の不履行をやむを得ず認められるのに対し、休職はルールとして就労が免除される点で異なります。 私傷病などにおいては、欠勤は休職までの前置期間という位置付けがありますので欠勤期間は相対的に短く、休職期間の方が長めに設定されることが一般的でしょう。 また、欠勤の場合はノーワーク・ノーペイの原則に従い賃金控除の対象となるのが基本だと思われますが、休職中の賃金については、会社によって様々です。 そのため、就業規則などに賃金の有無についてきちんと記述しておくことが重要になるでしょう。

次の