出産 準備 最低 限。 【出産準備品リスト】最低限、出産前に購入しておきたいベビー用品はこれ!買っておいて良かった物をまとめました

妊娠中に最低限揃えたい出産準備リスト!安心して赤ちゃんを迎えよう♪

出産 準備 最低 限

こんにちは。 しおむすび()です。 子育て開始にあたり、出産準備が一番大変ですよね! 用意しなければならないグッズがたくさんありますし、 第一子の場合はイメージができないまま、準備をすすめることになります。 賃貸で生活するパパママは特に、収納場所にも限りがあるので 必要最低限の準備で済ませたいですよね。 私もそうで、慎重に準備を進めました。 しかし、 マタニティ雑誌の出産準備リストを参考にしたのですが、 「えっこんなものも必要なの?」と、意外すぎるグッズが載っていたりして 混乱してしまったことをよく覚えています。 そして実際に出産・育児を経験してみると なかなか使う機会の少ないものや、そもそも買わなくても事足りた…というものもたくさんありました。 そこで、 必要最低限の出産準備リストを作ってみました! このリストは、私の実体験をもとにしています。 最低限の準備で済ませたい、というパパママにぜひ届けば嬉しいです。 合わせて、おすすめグッズのリンクも貼っていますので 購入・準備の参考になれば幸いです。 この記事の目次 【出産準備リスト】衣服 経験にもとづいた衣服類の出産準備リストを紹介するにあたって、 当時の私の状況に触れておきます。 というのも、 出産時に用意する衣服はすべて新生児期に合わせたものになるため、 新生児期の季節・環境は準備の大きなポイントになります。 4月誕生の春生まれベビー• 生後2カ月まで実家に里帰り• 洗濯は毎日可能&実施 春生まれなので、比較的暖かい/暖かくなっていく季節のお世話を経験しています。 秋・冬生まれベビーの場合は、重ね着や素材に気を配る必要が あるかもしれません。 そこは正直に申し上げておきますね! また、実家への里帰りだったため、比較的自由に洗濯機も使わせてもらえました。 洗濯は毎日1回していました。 その前提での枚数目安となっています。 では、順にご紹介していきます! 【出産準備リスト】ベビー衣服 最低限これだけあれば大丈夫• 短肌着(60サイズ):4枚• コンビ肌着(60サイズ):2〜4枚• 2wayオール(60サイズ):4枚 短肌着(60サイズ):4枚 ほぼ必須の基本の肌着です。 前開きになっており、2箇所で留めて着ます。 洗濯のサイクル(毎日1回)や汚してしまった場合の替えも加味して ひとまず4枚用意したのですが、買い足すことなくサイズアウトまで乗り切りました! 参考になるようでしたら、ひとまず4枚で様子をみることをおすすめします。 は、内側はひも・外側はスナップボタンになっていて 着替えがさせやすいと周囲でも評判が高いです!デザインも豊富でめっちゃかわいい。 私はユニクロだと、ユニセックスなグレータイプが好みでいつも選んでしまいます。 ちなみに実際に準備したのは、内・外ともにひもで結んで留めるタイプのものでした。 実家の母が「肌が触れるものは日本製!」と強くこだわり、オール日本製のものを購入。 里帰りでお世話になる手前、いらぬところで揉めたくないので従いました。 人によってこだわりのポイントが違いますのでね。 製造国・オーガニック・デザイン・生地など、優先したいポイントで選びましょう。 コンビ肌着(60サイズ):2〜4枚 コンビ肌着は、股の部分にスナップボタンがついています。 短肌着の上に着せるものですが、 私は正直なところ「いつ使うんだ…」と思いながら準備していました。 結果は、あってもそこまで活用はしませんでした! というのも、 基本的には短肌着+2wayオールで過ごしていたから。 (2wayオールをお祝いで何枚ももらい、サイズアウト前に着倒したかった笑) コンビ肌着がもっとも存在を発揮したのは 2wayオールがうんち・おしっこで汚れてしまった場合でした…。 とはいえ、うちのムスメは4月生まれで新生児期は暖かい時期だったから 出番が少なかったともいえます。 寒い季節に生まれた子は重ね着として活用できますので、 出産する時期に応じて2〜4枚準備するとちょうどいいのではと思います。 授乳ブラ/キャミソール:2〜3着 授乳用のブラ/キャミソールは、洗濯のことを鑑みて3枚準備しました。 私は準備がギリギリになってしまったので、近くの無印良品で購入しました。 他にも、ユニクロのブラトップのキャミソールorタンクトップを 授乳用に用意するのもおすすめです。 その場合は大きめサイズを選びましょう。 出産後は、びっくりするくらい胸がおっきくなるよ…! 様子を見てから買うべきベビー衣服• スタイ(よだれかけ)• おくるみ• ミトン スタイ(よだれかけ) なぜ様子を見るべきかというと• 出産後にお祝いとしていただく確率が高いから• よだれがあまり出ない子もいるから うちは、どちらにも当てはまってます。 出産前にかわいいスタイをチェックしてはブックマークしていたのですが お祝いでいただいたもので十分間に合ってしまったため、 結局、自分ではひとつも準備しませんでした。 その後もよだれが少なかったため、おしゃれアイテムとしてたまに付ける程度のものになっております。 もはやストール化…。 ちなみにこれが欲しかったのはこれ。 スタイは出産直後から活躍するグッズではないので、様子を見ての準備でまったく問題ないです! おくるみ スタイ同様、こちらも高確率でお祝いでもらうことが多い! 「おくるみは何枚あっても困らない」なんていわれますが、限度はある… 笑 ただ、 どうしても自分好みの柄や素材があるのであれば準備してもよいと思います! 最初の活躍の場面は、退院時に赤ちゃんをくるむタイミングですが、 きれいなバスタオルでも代用できるので、結局は急ぐアイテムでもないかなと。 ミトン 赤ちゃんが爪で顔を引っ掻いてしまうのが気になった時に用意するで十分です。 私もそのつもりでいたら、結局不要でした。 赤ちゃんは本当にそれぞれで違いますね…。 結局買わなかった衣服• 長肌着• 産後矯正ベルト/ガードル 長肌着 必要に応じて買い足そうと思ったら、そのまま買い足されることはありませんでした…。 みんないつ使ってるんだろう? 上でも述べましたが、短肌着+2wayオールで過ごしていたので、出番なしでした。 産後矯正ベルト/ガードル 下手に着けると産後のゆがみをかえって悪化させそうな気がして、買いませんでした。 ゆがみを直すにはプロの力を頼るのが一番! 購入費用は、そのまま整体費用へ持ち越しました。 【出産準備リスト】寝具 首の座っていない新生児期は、窒息の危険性があることから ママとの添い寝は推奨されていないことが多いです。 出産・退院に合わせて、赤ちゃん専用の寝床をしっかりと準備しましょう。 結局買わなかったグッズ• ベビー用バスタオル• ベビーバス ベビー用バスタオル 自分用のバスタオルで問題なかったです!わざわざ購入はしませんでした。 ただし、一番きれいで肌さわりがいいやつにしました。 (引き出物でもらった、今治タオルのやつ) ベビーバス レンタルで済ませました。 沐浴も結局、1ヶ月くらいで卒業したので大正解。 【出産準備リスト】授乳グッズ 授乳グッズは、 出産後、退院前後に準備することをおすすめします! 出産前だとイメージが湧きにくいうえに、買い物も失敗しやすいです。 私もやたらブックマークだけしてましたが、可愛さ重視で選んだものばかりでした… それよりも、出産後に病院で使ったものを参考にして、 実際に授乳を経験してから購入する方が、確実に使えるものを揃えることができます。 また、 完全母乳/混合/完全ミルクにするかの考え方によって 揃えるものもかわってきます。 ちなみに私は、深く考えず「なるべく母乳かな〜」と構えていたら めちゃくちゃ出るタイプで、 完全母乳育児になりました。 そのせいもあってか、ミルクは早々に拒否になってしまいました。 結果、ミルク用のグッズが無駄になってしまいました。 ううう…。 準備はゆっくりでいいのが、授乳グッズです。 ただ、確実に用意しておいた方が便利なものもあるので• 出産前に用意したもの• 退院後に用意したもの に分けて紹介していきます。 【出産準備リスト】出産前に用意した授乳グッズ 最低限これだけあれば大丈夫• 授乳クッション• 乳頭保護クリーム• 除菌グッズ 授乳クッション 母乳・ミルクを問わずあるとめっちゃ便利です。 絶対用意してほしい! 私は知り合いからお下がりをもらったので自分で購入していませんが、 選ぶのであれば• 私が使っていたのは、 エールベベの授乳クッションです。 シンプルなので見た目のおもしろさは少ないですが、 固さがちょうどよく、沈み込むこともないのでめちゃくちゃ使いやすい! おすわりができはじめたくらいの頃にも、後ろへ倒れないようにする支えとして使っていました。 最低限これだけあれば大丈夫• 新生児用オムツ• おしりふき• オムツ用バケツ(ごみ箱)• オムツ処理袋• オムツ替えシート 新生児用オムツ 新生児用オムツは退院して自宅に戻ってからすぐに、それも大量に使うので、 出産前に最低でも2パック以上は用意しておきましょう。 選び方ですが、 産院で使っていたものと同じものを使うというママが多いです。 とはいえ、 いろんなメーカーのものを試してみるというのもあり! いくつも使っていると、不思議なもので、違いや特徴がわかってきます。 ちなみに私は、 パンパースのやや高級版を使っていました。 同じものを産院で使っていたので信用度が増していたのに加え、デザインのかわいさと肌触りの良さで使い続けていました。 北欧風のデザインがね、本当にかわいい。 Amazonファミリーとは 小さな子どもを持つパパママ向けの、Amazonのサービス。 【特典】 以下のすべてを受けられる!• Amazonファミリー会員限定の特典• ファミリー会員限定のセールに参加できる• ファミリー会員限定のクーポンがもらえる• プライム会員の全ての特典 【登録条件】• 簡単にいうと、プライム会員の年会費だけは発生しますが それを超えるお得&便利な特典がたくさん受けられます。 プライム会員になるだけでも、Primeビデオ、Primeミュージックなど プライム会員限定のサービスが受けられるので、会費分は余裕で元が取れる気がします。 Amazon、子育て世帯の強い味方すぎる…! Amazonプライム・Amazonファミリーは 1ヵ月の無料体験もできるので、まだ登録していない方はこの機に、是非〜!• 見た目もおしゃれ、密閉なので臭いも漏れにくい…と、デザイン・機能性ともに高い。 丈夫なのでスツールとしても使えるなど、用途も幅広いです。 うちはリビングに置いていますが、いかにもごみ箱らしい見た目ではないので インテリアにも馴染みやすく、さらに臭いももれないので大助かりしています! オムツ用ごみ箱に悩んでいる方は、こちらぜひチェックしてください! うちは、 20Lのサイズを買って、週2回のごみ回収をちょうどよく乗り切っています。 すごくおすすめです。 オムツ処理袋 臭いが気になる場合は、 BOSの防臭袋を使うのがオススメです。 これを使うと、本当に臭いません! 我が家は、上記のオムニウッティと合わせ技で使っています。 このおかげで、離乳食が始まってからも、臭い知らずです。 オムツ替えシート オムツ替えシートは、あるととても便利です。 オムツ交換のたびにお尻の下に引くと、ハプニングがあっても被害が最小限で済みます。 また家の中だけでなく、お出かけできるようになった後でも使えます。 ニトリのオムツ替えシートは、お手頃価格でデザインもかわいいのでオススメです。 引用元:ニトリ公式ホームページ 【出産準備リスト】お出かけグッズ 抱っこ紐 新生児から使える抱っこ紐がひとつあると便利です。 もし、出産前に購入をするのであれば、おすすめなのは コニー抱っこ紐です。 出典元:• 安い(7,000円以下)• 簡単に洗濯できる• 体の負担が少ない の特徴があり、とてもコスパがいい抱っこ紐です。 新生児からも簡単に使えます。 結局買わなかったもの おしりふきウォーマー マタニティ雑誌でやたらと準備品リストに載ってくるけど 個人的には「要る?!」と疑問視しまくっていた一品。 もちろん買わず。 おしりふきよりも、お尻を持ち上げる手を温める方が急務な気がする…(冷え性) 出産準備リストまとめ:一覧表はこちら 最低限の出産準備リストはこちらです。 衣服 ベビー衣服 ・短肌着(60サイズ):4枚 ・コンビ肌着(60サイズ):2〜4枚 ・2wayオール(60サイズ):4枚 ママの衣服 ・産褥ショーツ:3枚 ・授乳ブラ/キャミソール:2〜3着 寝具 寝具グッズ ・ベビーベッド、布団 ・防水シート お風呂・ ベビーケア お風呂グッズ ・ベビーソープ&シャンプー ・ベビーバス ・湯温計 ・沐浴ガーゼ、ガーゼハンカチ 保湿ケア ・ベビーローション ・ベビーワセリン その他ケア ・体温計 ・ベビーつめ切り ・ベビー綿棒 授乳グッズ 出産前に準備 ・授乳クッション ・乳頭保護クリーム ・除菌グッズ 退院後に用意 ・乳頭保護器 ・哺乳びん ・粉ミルク ・母乳パッド その他 オムツ 関連グッズ ・新生児用オムツ ・おしりふき ・オムツ用バケツ(ごみ箱) ・オムツ処理袋 ・オムツ替えシート お出かけグッズ ・抱っこ紐 その他 準備必須グッズ ・ベビー衣料用洗剤 ・ベビー用ハンガー また、 様子を見て準備すべきグッズリストはこちらです。 ベビー衣服 ・スタイ(よだれかけ) ・おくるみ ・ミトン ベビーケア ・鼻水吸い器 授乳グッズ ・授乳ケープ ・搾乳機 出産を控えているパパママ・育児グッズを探しているパパママの参考に なれば幸いです! しおむすび().

次の

妊娠中に最低限揃えたい出産準備リスト!安心して赤ちゃんを迎えよう♪

出産 準備 最低 限

産前産後に必要なアイテムは色々とありますが、まずはいつでも出産を迎えられるよう、入院の準備をしておきましょう。 赤ちゃんのおむつや着替え・ミルクなどは病院で用意してくれている場合も多いので、まずは自分自身に必要なものをピックアップします。 常にまとめておきたいのが「健康保険証」や「母子手帳」「入院申込書」や「診察券」などの受診に必要なもの。 「早期母子接触の同意書 」や「印鑑」、持病がある方は「内服薬」も7~10日分ほどまとめておくと安心です。 入院前にお産セットも準備しておく必要がありますが、病院によっては指定のものを販売しています。 お産用パッドなど買い足した方が良いものは、あらかじめ検診時などに確認していくと良いでね。 まずはママが入院中~退院後に使うアイテムをリストアップしました! ・マタニティショーツ 出産前はお腹が大きいので、マタニティショーツが必要です。 出産後もすぐにお腹がへこむわけではないので、お腹周りを圧迫しないように2~3枚準備しておくと安心でしょう。 ・マタニティブラジャー マタニティブラジャーは産後にも愛用できる、母乳を飲ませる時に胸を開きやすいタイプがおすすめ。 就寝中も母乳の漏れやバストの崩れを防止してくれるハーフトップがあれば便利です。 ・母乳パッド 母乳の出具合は人によって差がありますが、乳首を保護するという観点からも1パックは準備しておきましょう。 ・産褥パンツ 産褥パンツは、出産体制に入る時に使う下着です。 股の部分が開ける形になっているので、陣痛で身動きや取りにくい時でも助産師さんがナプキンを替えることもできますし、下着を下ろさなくても医師が診察をすることができます。 (病院によってはお産セットに含まれていることもあるので確認しておきましょう) ・お産用パッド 出産後は悪露が出ます。 生理の時よりも血の量が多いので、専用のお産用パッドも何枚が揃えておきましょう。 出血が少なくなってきたら通常に生理用品でも構いません。 ・清浄綿 産後は患部を清潔にするため、清浄綿が必要です。 退院後もしばらく使うものですので、箱買いしておくと良いでしょう。 次に入院中~退院後に向けて、赤ちゃんのために必要な用品をリストアップしました。 ・短肌着(5~6着) 赤ちゃんの肌に優しい肌着を5~6枚ほど準備しておきましょう。 おむつの漏れやミルクの飲みこぼしなどで1日に何度か着替えることもあるので、少し多めに準備しておくと安心です。 ・長肌着(2~3着) 足まですっぽり隠れる、丈の長い肌着です。 長肌着も数枚洗い替えを準備しておくと良いでしょう。 ・コンビ肌着(2~3着) 長肌着とは違い、股部分にスナップが付いているもので、体を動かしてもはだけないようになっています。 気温に合わせて長肌着と使い分けてあげると良いですね。 さまざまなデザインのものが販売されているので、おむつ替えや着替えさせやすさなどをイメージしながら選んでみてください。 ・おくるみ 新生児の小さな赤ちゃんでもおくるみに包めば抱きやすく、外気からも守れます。 赤ちゃんが大きなっても、体に掛けたり床やベッドに敷くことができるので1枚はもっておくと便利です。 ・ソックス 足を冷やさないためにも準備しておきましょう。 洗い替えも考えて2~3足ほどあると良いですね。 ・ミトン 赤ちゃんが無意識に顔や体を自分の爪でひっかいてしまわないように使う手袋のようなもの。 人によってはあまり使わないものなのでまずは2セットほど準備しておくと良いでしょう。 赤ちゃんには衛生用品は欠かせません。 消耗品でもあるので、以下のリストは多めに準備しておいても良いです。 ・おむつ 新生児用の紙おむつや布おむつは必須アイテム。 赤ちゃんの肌は敏感なので常に清潔を保てるよう、おむつ類は多めに準備しておいてください。 ただし、赤ちゃんの成長によっておむつのサイズも変わっていきますので、大量の買い置きはおすすめしません。 紙おむつでしたら1日15枚、布おむつであれば30~50枚を目安に準備しましょう。 ・おしりふき 厚手タイプだとうんちの時でも楽におしりをふけます。 人によって使いやすいおしりふきは異なりますので、最初からまとめ買いをするのではなく、いくつかの種類を試してみると良いですよ。 ・ガーゼ ガーゼは何度も洗って使えるものですが、使用頻度が高い用品の1つ。 生地が傷み始めたら新しいものに替えてあげると安心です。 入浴時や授乳時など、多くのシーンで使いますので、最低でも10枚ほどは準備しておきたいですね。 退院後のために、赤ちゃんの授乳やお風呂グッズも準備しておきましょう。 ・哺乳瓶 ミルクだけではなく、お風呂上りに飲む湯冷ましでも哺乳瓶は使います。 プラスチック製のものとガラス製のものがありますが、両方1つずつ持っておくと便利ですよ。 ・哺乳瓶用乳首 哺乳瓶には欠かせないものですが、赤ちゃんによって形の好みが分かれるものです。 病院で使っているメーカーなどを参考にしながら購入するようにしましょう。 哺乳瓶は洗った後、消毒もする必要があるので、哺乳瓶消毒用品も合わせて準備しておいてください。 ・ベビーバス 生後1ヶ月までは大人と同じお風呂に入れないのでベビーバスを使います。 ただし、時期が過ぎるとあまり使わないアイテムでもありますので、改めて購入するのでなく、お下がりやレンタルを利用する方法もあります。 ・タオル 正方形の湯上りバスタオルがあれば、赤ちゃんを寝かせたままふくことができます。 タオルはガーゼ生地のものがおすすめです。 ・ベビーソープ ベビーソープには固形のタイプと泡タイプがあります。 赤ちゃんを支えるのに片手を使ってしまいますので、泡タイプが使いやすいでしょう。 ・温度計 赤ちゃんに最適な湯温を確認するために必要です。 高価なものではなくて良いので、1つ準備しておいてください。 ・綿棒 お風呂上がりは耳などに入った水を取り除くために使います。 大人用の綿棒では大きすぎるので、赤ちゃん用の細い綿棒を準備してくださいね。

次の

妊娠中に最低限揃えたい出産準備リスト!安心して赤ちゃんを迎えよう♪

出産 準備 最低 限

無駄なものは買いたくない! 面倒くさがりミニマリストとしては出産準備 退院後家での準備 は特別な用意は不要でした 入院準備は病院の指示に従いました めんどくさくてやってなかったけどなんとかなったのでシェアします 必須で直ぐに買う必要があったものは3つ• おしりふき• おむつ• ベビー下着と服 合計7枚 家にある物で使ったものと、いらないと思ってたけど暫くして必要になったもの3つ• バスタオル• 泡で出るベビー石鹸• ベビー用保湿剤 でした。 後は必要になったら買う、というスタンスで問題ないです 改めまして。 使い切れず余ったりするのでサイズ先読み禁止。 増量枚数に注目してください。 Amazonや薬局によって枚数が違います。 退院時含むおくるみ• シーツ• 掛け布団代わり• お風呂上りのバスタオル• その他タオルとして うんち漏れの度にシーツを変えるより、下に敷いていたバスタオル洗った方が簡単だし、無駄にならない ガーゼタイプじゃなく普通のパイル生地で大丈夫 顔を拭くときはゴシゴシはしないようにしてポンポンって使います ゲップと一緒にミルクを吐いても、口を拭くのにも、新生児の頃からパイル使ってました 笑 スポンサーリンク ベビー服1枚と肌着2種類 必要なものは以下の合計7枚• 短肌着3枚• コンビ肌着3枚• ベビー服 ツーウェイオール、コンビドレス等 1枚 ベストとか靴下とか帽子とか最初は部屋で寝てるだけなので不要。 そのうち必要になった時に買わないとサイズもあるし季節もあるし。 肌着について 肌着で必要なのは以下の6枚• 短肌着3枚• コンビ肌着3枚 ベビー服は貰ったりして増えるだろうし、そのうち買いたくなるし、最初は外出しないから1枚あればOK うちは退院も検診もベビー服着ないで肌着の重ね着だったけど 笑 ベビー服について ここでいうベビー服とは、いわゆる、外出着したり下着以外のこと。 形がどうのよりデザインで考えたほうがわかりやすいです おすすめは上の画像のシマシマの服みたいなズボンにもスカートにもなるタイプ とにかくいろんな表現があってわかりにくいんですよ。 ベビー服って。 しかし、肌が荒れた!! そして、新生児ってふにゃふにゃで支えるのが大変なので固形石鹸を片手では泡立てられませんでした。 お風呂で赤ちゃんを寝かすベッドとかは買わなかったので片手は塞がってるので。 両方の観点からも、やれミニマリストだの、やれ最低限だの言っても、 控えめに言って、 泡ソープ絶対あったほうがいいよ!!!! 肌荒れが治ったシャボン玉石けんのレビューしてるので、ご興味があればへ ベビー用保湿剤 泡ソープと同じように、肌荒れ改善に役立ってくれました。 いやー科学の力舐めてた、赤子よすまぬ 現代では肌荒れからアレルゲンに反応してアトピーになってしまうとわかっているらしく、保湿して肌が荒れないようにバリアしましょう って方針なのは知っていたんだけど、適当にやってました… おすすめの保湿剤はです 肌荒れが2日で治った商品 [ スポンサーリンク 番外編・絶対じゃないけどあった方がいい物 ベビーバス、ヨシケイ ベビーバスはレンタルか衣装ケースか毎日お湯変えるか 沐浴といえば、専用のスペースに赤ちゃんを片手で浮かべて洗いますが、大人用の浴槽に一緒に入る方法があります。 お湯を毎日取り換える水道代とガス代がもったいなくなければですが。 哺乳瓶 入院中に母乳の出を確認後• 授乳服 最初は前開きか全裸じゃないと難しいのでいらない• 授乳ストラップ 首からかけて服の裾を通してまた首にかけられる長さのがあると前開きもいらない• よだれかけ 最初は涎出ないのでいらない• おくるみ(使わない)• スリーパー 使わない• 子供服ハンガー(使わない)• 布団やベビーベッド 大人せんべい布団と大人用毛布使ってる• 抱っこ紐 首が座った後に使えるやすいものでOK• ベビーカー 必要になるのは歩くようになってからの拘束具としてです• バウンサー・ゆりかご• 授乳クッション 枕で代用・母乳が出て完母目指すならあると楽• 哺乳瓶、ミルク 目星は付けて置いておっぱい加減と入院中に判断• ベビー用鼻掃除ピンセット(買った)• ベビー用つめきり(大人用でやってる)• めん棒 必要になったら買えばOK・大人用使ってる• その他ベビー櫛や衛生用品(私ならいらない)•

次の