ゼロワンイラスト。 仮面ライダーゼロワン (かめんらいだーぜろわん)とは【ピクシブ百科事典】

ゼロワン絵コンテ・武藤聖馬さんが描く、岡田龍太郎さんと井桁弘恵さんのイラストがすごい!縄田さんの落書きもw

ゼロワンイラスト

ジャンプ! 『変身!!』 フォースライズ!(ライジングホッパー!) ("A jump to the sky turns to a rider kick. ") "Break down. " CV: 概要 『』に登場する。 歴史改変に伴う戦いの中でに変身できなくなったが、とで変身する。 いわゆるであり、変身時や必殺技発動時に激痛が伴う事や、曰く「ゼロワンドライバーとは勝手が違う」等デメリットも多いが、「ライジングディストピア」による超高速移動、衝撃を受けやすい部位を集中的に保護する事による総合的な防御力の向上 児童書より などゼロワンには無い、もしくはゼロワンよりも優れた部分も見受けられた。 ライダモデルにブーストをかけてオーバーロード状態にする、通常のゼロワンよりも一部スペックが高い可能性もある。 容姿 基本的にはゼロワン・ライジングホッパーとを掛け合わせたような姿。 スーツカラーとアーマーカラーは黒一色で、胸部のアーマーは仮面ライダー迅および滅のものと共通の形状となっている。 マスク形状もゼロワンと似ているが、複眼がゼロワンのような円形ではなく滅亡迅雷のライダーやマギアに近い六角形になっている。 変身プロセス フォースライザーから呼び出したバッタのライダモデルが更にアーマーを出現させ或斗の上を旋回する、その後、旋回するアーマーをスーツから出現させたベルトで引っ張りスーツに装着し、変身を完了する。 フォースライザーとプログライズキーで変身するや ライダモデルそのものが覆いかぶさり突き破ってスーツとアーマーを形成する とはプロセスが大幅に異なる。 ライジングホッパープログライズキーはゼロワンのの基点になる等、他のプログライズキーに比べて特殊な部分も見受けられるが、関係性については詳細不明。 使用アイテム• プログライズキーの強制展開を行う変身ベルト。 との戦いでを奪われた或人に、が投げ渡した。 人間である或人は装着のたびに激痛に苛まれているが、歴史改変の影響で滅亡迅雷. netへの接続機能は有していないと思われる。 ライジングホッパープログライズキー アナザーゼロワンに奪われず手元に残り、引き続き使用する。 必殺技• ライジングディストピア 高速移動をする技として使用。 この際背部から赤黒い蒸気が噴出する。 劇中では仮面ライダー1型と高速移動で戦闘を繰り広げた。 ライジングユートピア エネルギーを右脚に集め、ライダーキックを放つ。 ゼロワンと同様に、技を決めた後に技名を表示する演出がされた。 こちらも必殺技のフォントが滅や迅と同様の漢字では無く、ゼロワンと同様のカタカナ。 ガンバライジングでの必殺技• オーズズアビリティ(タトバシンギングカバンストラッシュ) アタッシュカリバーにを装填し、相手を切り裂く。 タトバシンキングユートピア タトバシンギングオーズプログライズキーを起動してオーズを呼び出し、一緒にタトバキックを放つ。 誕生の影響で改変された歴史で変身した為、 本来のの歴史には登場しないライダーとされる。 しかし変身ベルト、プログライズキー自体は本来の歴史で両方とも存在している為、理論上、本編中でも変身出来る可能性は高い 存在そのものがイレギュラーな為、本編中で実際に変身する機会が訪れるのかは不明だが。 アンダースーツは色を除いてやの物とよく似ており、それらの流用と思われる。 そのためか、同じようになどを素体としたとの共通点が多い。 劇中では演出上、プログライズキー側の変身音の音量を控えめにされたり省略させられた。 玩具版ではちゃんと上記の音声が鳴る。 関連タグ ︰後に本編に登場するゼロワンと違った仮面ライダーであり。 、、、:立ち位置が近いライダーたち。 :別のベルトで形態変化したライダーのまとめ記事 関連記事 親記事.

次の

アナザーゼロワン (あなざーぜろわん)とは【ピクシブ百科事典】

ゼロワンイラスト

「お前を止められるのはただ一人!俺だ!」 CV: スーツアクター: 概要 の社長のみが変身できるライダー。 社長に就任したが「」に「」をセットして変身する。 使用時には飛電インテリジェンスの保有すると接続、思考回路の中に入ることで 人工知能と同じ思考速度を獲得できる。 これを利用して凄まじい速度で使い方を学んだ結果、或人は知識ゼロの状態から 5秒もたたずに変身・戦闘が可能な状態となった。 変身ポーズとシークエンス 右手で持ったプログライズキーのスイッチを親指で押し、ベルトにかざして「オーソライズ」。 両腕を大きく回して前方に突き出し、プログライズキーを顔の右に持って行きながらキーを展開し、ベルトに装填する事で変身する。 なお、・変身時はポーズが多少異なる。 また、へ変身する際もキーの構造上、ポーズが異なり、キーを挿してからポーズを構えて変身している。 変身時にはプログライズキーに保存された「ライダモデル」がゼアよりエネルギー体となって照射・転送され、ドライバーにキーが挿入されることでパワードスーツ「ライズアーキテクター」の上から装甲へ分解・再構築されたライダモデルが照射・装着される。 ライダモデルはゼロワンの周りを飛んだり跳ねたりして周囲にいる敵を牽制する描写がなされているが、上空から転送される性質上、室内で変身しようとすると 天井を突き破って現れる事になる(演出が省略される場合もあり、絶対ではないようだが)。 ゼロワンドライバーを奪われ、を使って或人が変身したもう1つのゼロワン。 形態の一種ではなく別の仮面ライダーとしてカウントされる。 使用アイテム• 仮面ライダーゼロワン専用の。 キーの2段階認証をはじめ厳重なセキュリティを有し、使用権限があるのは飛電インテリジェンスの社長の座に就く者のみとなっている。 変身やフォームチェンジに用いるアイテム。 カバンから剣に変形する。 変身時に装備される。 ライズホッパーの要請に使用するスマホ。 ゼアから射出される巨大な飛電ライズフォンから変形し、専用バイクになる。 の祝辞と共に姿を現し、その姿を観衆の中からが呆然と眺めるシーンがトレーラーに写っている。 劇中ではソウゴが見た「の放送が終わり、新しいライダーが始まる夢」の中で登場。 決戦の後、生き残っていたの前に現れ、近接戦闘で圧倒した後フライングファルコンにチェンジしてトドメを刺した。 このシーンの撮影時は情報解禁前だったため、現場では が登場していた(ウォズの祝辞もキカイダーのものになっていた)という。 余談 基本フォームを原点回帰を思わせるバッタをモチーフにしつつも、シンプルでスタイリッシュな洗練されたビジュアルと、近未来を思わせるベルトとサポートアイテムのデザイン、更にはノリの良い英語の変身音声から、発表当初から話題になった。 、は『』の言葉に代表されるようにやため、王道を行くカッコよさを体現したゼロワンは新時代のインパクトを視聴者に叩き込むこととなった。 その後も、やなど、いずれもシンプルにかっこよさを追求した非常に洗練されたものであり、デザイン面での評価は非常に高い。 しかし、それが故に最終フォームでは とんでもなく珍妙なデザインになるのではないかと期待と不安の両方が寄せられている。 そしていざ実際にの情報が開示されると、デザイン面にはともかく、その余りにも型破りすぎる発想が様々な推論を呼び込む結果となった。 また、比較的人間側に寄った考えののライダーが生物的要素よりも機械的な要素が強いのに対し、親ヒューマギア的な思想を掲げるのライダーであるゼロワンが生物的な要素が強いのはなんとも対照的である。 また、ではが登場することになる。 スーツアクターは平成ライダーで数多くの主演ライダーを演じた氏から、前作で仮面ライダーゲイツを演じた縄田雄哉氏にバトンタッチされている。 関連イラスト.

次の

【印刷可能無料】 仮面ライダーゼロワン イラスト

ゼロワンイラスト

「お前を止められるのはただ一人!俺だ!」 CV: スーツアクター: 概要 の社長のみが変身できるライダー。 社長に就任したが「」に「」をセットして変身する。 使用時には飛電インテリジェンスの保有すると接続、思考回路の中に入ることで 人工知能と同じ思考速度を獲得できる。 これを利用して凄まじい速度で使い方を学んだ結果、或人は知識ゼロの状態から 5秒もたたずに変身・戦闘が可能な状態となった。 変身ポーズとシークエンス 右手で持ったプログライズキーのスイッチを親指で押し、ベルトにかざして「オーソライズ」。 両腕を大きく回して前方に突き出し、プログライズキーを顔の右に持って行きながらキーを展開し、ベルトに装填する事で変身する。 なお、・変身時はポーズが多少異なる。 また、へ変身する際もキーの構造上、ポーズが異なり、キーを挿してからポーズを構えて変身している。 変身時にはプログライズキーに保存された「ライダモデル」がゼアよりエネルギー体となって照射・転送され、ドライバーにキーが挿入されることでパワードスーツ「ライズアーキテクター」の上から装甲へ分解・再構築されたライダモデルが照射・装着される。 ライダモデルはゼロワンの周りを飛んだり跳ねたりして周囲にいる敵を牽制する描写がなされているが、上空から転送される性質上、室内で変身しようとすると 天井を突き破って現れる事になる(演出が省略される場合もあり、絶対ではないようだが)。 ゼロワンドライバーを奪われ、を使って或人が変身したもう1つのゼロワン。 形態の一種ではなく別の仮面ライダーとしてカウントされる。 使用アイテム• 仮面ライダーゼロワン専用の。 キーの2段階認証をはじめ厳重なセキュリティを有し、使用権限があるのは飛電インテリジェンスの社長の座に就く者のみとなっている。 変身やフォームチェンジに用いるアイテム。 カバンから剣に変形する。 変身時に装備される。 ライズホッパーの要請に使用するスマホ。 ゼアから射出される巨大な飛電ライズフォンから変形し、専用バイクになる。 の祝辞と共に姿を現し、その姿を観衆の中からが呆然と眺めるシーンがトレーラーに写っている。 劇中ではソウゴが見た「の放送が終わり、新しいライダーが始まる夢」の中で登場。 決戦の後、生き残っていたの前に現れ、近接戦闘で圧倒した後フライングファルコンにチェンジしてトドメを刺した。 このシーンの撮影時は情報解禁前だったため、現場では が登場していた(ウォズの祝辞もキカイダーのものになっていた)という。 余談 基本フォームを原点回帰を思わせるバッタをモチーフにしつつも、シンプルでスタイリッシュな洗練されたビジュアルと、近未来を思わせるベルトとサポートアイテムのデザイン、更にはノリの良い英語の変身音声から、発表当初から話題になった。 、は『』の言葉に代表されるようにやため、王道を行くカッコよさを体現したゼロワンは新時代のインパクトを視聴者に叩き込むこととなった。 その後も、やなど、いずれもシンプルにかっこよさを追求した非常に洗練されたものであり、デザイン面での評価は非常に高い。 しかし、それが故に最終フォームでは とんでもなく珍妙なデザインになるのではないかと期待と不安の両方が寄せられている。 そしていざ実際にの情報が開示されると、デザイン面にはともかく、その余りにも型破りすぎる発想が様々な推論を呼び込む結果となった。 また、比較的人間側に寄った考えののライダーが生物的要素よりも機械的な要素が強いのに対し、親ヒューマギア的な思想を掲げるのライダーであるゼロワンが生物的な要素が強いのはなんとも対照的である。 また、ではが登場することになる。 スーツアクターは平成ライダーで数多くの主演ライダーを演じた氏から、前作で仮面ライダーゲイツを演じた縄田雄哉氏にバトンタッチされている。 関連イラスト.

次の