こき つかう。 デルタとは?1分でわかる意味、数学、物理との関係、変化量、差分との関係

ダジャレ、「 こき、つかう 」

こき つかう

稲からもみを落とすことを脱穀といいました。 脱穀に使う道具は,時代によって,みごとなうつりかわりをしめしています。 脱穀したもみは,農家のにわさきにむしろをしき,その上でもう一度天日(てんぴ)に干 ほ し,じゅうぶん乾燥(かんそう)させました。 稲穂(いなほ)を落とした後のわらは,加工しやすく,また保温にも優れているため,日常生活の中でさまざまな道具として利用されました。 こきばし,干歯こき(せんばこき),まんが この地方では,「まんが」ともいいました。 江戸の元禄(げんろく)時代( 1688〜1704)に考案され,明治の終わりごろまで広くつかわれました。 それまで脱穀につかわれていた二本の竹の箸を使った「こきばし」よりはるかに能率(のうりつ)がよく,「こきばし」をアルバイトにして生計を立てていた「後家(ごけ)さん」の仕事をうばう結果となり,「後家だおし」ともよばれました。 穂から米・麦などを取る道具です。 台木(だいき)に,鉄・竹の刃を櫛状(くしじょう)に並べて固定し,刃と刃のすき間に差し込んで脱穀しました。 金属の刃のついた台には,鍛冶屋(かじや)による呪文(じゅもん)のような文字が記入してありました。 「イネコキ」「コバシ」などともいいました。 竹を二つに割ったものも「コバシ」といいました。 千歯(せんば)こきは,たくさんの刃を持つところから,千歯,一度に千把(ば)もの稲をこけるので,千把こきなどと呼ばれました。 上から歯のところに稲束(いなたば)をたたきつけ,ひっぱることで稲穂(いなほ)が落ちました。 1把(いちわ)を一度に抜き取ることができなかったので,何回かに分けておこないました。 大正時代に足踏み式脱穀機が普及(ふきゅう)するまで全国で広く用いられました。 江戸から明治にかけては千歯こき,大正から昭和にかけては足踏み式の輪転機がおもに使われました。 こきばし せんばこき 足踏み式脱穀機(あしふみしきだっこくき),輪転機(りんてんき) 輪転機ともいいました。 大正元年,自転車のスポークにあたったもみが,とびちったことから考案されたもので,これまでの脱穀作業を根本的に変えるきっかけとなったものです。 千歯こきの数倍の能率をあげることができ,足で踏み板を上下させると,やまがたの針金がついたドラムが回転しました。 そこへ稲束(いなたば)をのせ,手でおさえつけると、もみが落ちました。 農家の人は,稲束を手で右や左に回転させながら脱穀しました。 人が足ふみをする反対側は「むしろ」でかこい,穀類(こくるい)がとばないようにしました。 実やごみが飛び散らないようにホロをかぶせたものもありました。 動力脱穀機(どうりょくだっこくき) 昭和になると,動力を利用した脱穀機が登場します。 脱穀の基本的なしくみは変わっていないものの,石油発動機や電動機をつかうようになったので,作業能率はいちだんと向上しました。 農業の機械化が進むきっかけとなりましたが,実際に農家に広まったのは,昭和 30年ごろからです。 からさお(唐さお) くるり棒ともいい,かんたんな脱穀作業に用いられました。 こくうち台(投打ち台) 千歯こきなどで脱穀した後,まだもみのついている穂(ヤタといいます)をむしろの上に広げ,これを打ちあてて脱穀しました。 稲,麦の両方に用いましたが,どちらかというと麦の方が多かったようです。 一把(わ) 稲刈りのとき刈った稲三株ほどをともわらでしばったもの 一束(そく) 12把ほどをともわらでしばったもの.

次の

こころ旅ブログ:NHK

こき つかう

寒くなってきた。 家人、食事の時 イスの足元が、スースーするのか、 フリースの大きいひざ掛けを 膝に グルグル巻いて 暖をとっている。 それで、食事時間に、電話が来たとき、 グルグル巻いたひざ掛けを、 また、グルグル 巻き戻して、電話に出るのが、 面倒に なってきたのか、 ひざ掛け、グルグル巻いた、朝食の時。 何処かに、電話する必要を 思い出したのか、 わたくしに、 「お母さん、電話の子機、使うから、持ってきて もらえないかな?」 と、言う。 我が家にくる電話の、ほとんどが、家人なので、 電話の子機は、台所の隣の 家人の仕事部屋にある。 わたくし、マッタク と、思う。 家人が 言ったことを、 いつも、わたしが、従い、 してあげる。 という、 悪習、弊害、 構図が、 家人の脳に、インプットされているのである。 今や、男女平等、男女同権、男女参画の時代である。 御自分のことは、御自分で どうぞ。 なのだし、 わたくしも、朝食の準備で、忙しかったので、 「わたしを、こき使う つもりなの。 私、今、忙しいんだから、自分で、持ってきたら。 」 と、 つっけんどん に 言い返した。 と、 一瞬、しばらく、 マ、マ、ま、ま、間、間。 それで、2人で、 偶然、 お互いの、「こき、つかう」 の 意味の違いに、気付き、 アッハッハ と、笑ってしまい、 家人、わたくしを、「こき使う」 のに 引け目を感じたのか、 自分で、電話の子機を持ってきました。 しかし、 半日後には、 もう、二人とも、老人性 健忘症で、 夕食の時、 家人、台所のテーブルで、ひざ掛けグルグル状態で、 「お母さんを、こき使うわけでもないが、 子機 使うので、持ってきてもらえないかな。 」 と、当然のごとく 言い、 わたくしも、わたくしながら、 朝のように、反論もせず、 いつもの 悪い癖で、当然のごとく、家人に持ってきてあげてしまいました。 まあ、 車の運転とか、 庭の草むしりとか、 ジャックの散歩とか、 家人は、家人なりに、家のことをしているので、 これから、老境に向かう夫婦、 お互い、出来ることは、助け合いの 互助会なので、 まあ、しょうがないか、ですねぇ。

次の

法人のお客さま | 福井銀行

こき つかう

建築分野でも、構造力学でデルタを使います。 差分や変化量の意味で使うこともあれば、「たわみ」を表す記号として使います。 今回はデルタの意味、数学、物理との関係、変化量、差分との関係について説明します。 これは、ひずみを表します。 下記の記事が参考になります。 デルタの意味は? デルタの意味は、「差分」や「変化量」です。 例えば、10. 0と5. 0=5. 0で示すことが可能です。 また、微小という意味でも使います。 デルタの記号と数学、物理の関係 デルタの記号は下記があります。 全てデルタと読みますが、建築分野では使いわけます。 数学や物理で使うデルタと同じ意味。 ・d 微小を意味する。 Aは面積で、dは微小のこと。 dAで微小面積を意味する。 たわみを示す記号は、このギリシャ文字以外は使わない。 以上、デルタの使い分けを整理しました。 面積と積分の関係は、下記の記事が参考になります。 デルタと建築の関係 建築では、デルタは「たわみ」を意味する記号で使います。 数学や物理では、デルタを差分や変化量の意味です。 たわみは、元の部材からの変形量なので、差分や変化量と似た解釈ですね。 まとめ 今回はデルタについて説明しました。 意味が理解頂けたと思います。 数学や物理では、デルタを差分、変化量として使います。 建築分野でも構造力学でデルタを使います。

次の