妖怪 ちんぽ。 日本の妖怪一覧

ちんことは (チンコとは) [単語記事]

妖怪 ちんぽ

男の性器には、多くの呼び方があります。 おちんちん、ちんちん、ちんぽこ、ポコチン、ペニス、陰茎、マラ、竿、肉棒、男根、イチモツ… 数えたらきりがないぐらい多くの呼び方がありますが、どれも男も女も理解できる言葉ですね。 その事を、妻が注意をしている姿を見て、内心笑っている私。 「ちょっと!恥ずかしいからあなたからも言ってやってよ!」と妻。 注意してと言っても「ペニス」という呼び方は決して間違いではないし、親以前に男として、どういう理由で注意すればいいかもわからないので今のところは放っておいています(笑) では、なぜ男性器にはこんなに多くの呼び方が存在するのでしょうか? 日本人なら大人から子供まで誰もが理解できる言葉だと思うのですが、確かに考えてみると多過ぎやしませんか? こんなに多くの言葉を覚えるには、外国人は大変です。 上記で述べた通りこのちんこには、 ちんちん 、 ちんぼ、 ちんぽこなど多くの呼び名があり、辞書にると 日本語における 幼児語または俗語。 地域・時代・人によって表現の揺らぎがあり、 ちんちん、 ちんこ、 ちんぼう、 ちんぽこなど、幾らか言葉の揺らぎが見られる。 とあります。 なるほど、 ちんちんは幼児語の部類に入るのですね。 そう言われれば、子供の頃は「ちんこ」や「ちんちん」というと、女性も使う言葉でしたね。 女性から、ペニスや、ちんぽという言葉は、アダルトビデオでもあまり聞きませんね。 これは、ペニスやちんぽという言葉に恥ずかしさがあり、ちんちんやちんこというと、子供に使う言葉なので、どこか可愛げがあるからあまり抵抗がないのでしょう。 ちんぽは、仏教用語の 「珍宝(ちんぽう)」に由来するという説があり、一部の所説では、 小さいことをあらわす接頭語「ちん — 」 槍に似た武器である矛(ほこ) から「ちんぼこ」となり、さらに「ちんぽこ」に進化し、それが短縮化して「ちんぽ」になり、これが幼児語として「おちんちん」と変わっていったとされています。 ちなみに、英語の標準ちんこ名は Penis(ペニス)ラテン語では Phallus(ファルス)と呼びます。 こんなにあった!日本各地のちんちんの呼び方 あるサイトのちんちんの呼び方調査が載っていたので紹介してみます。 まだ知られていない呼び名も数多く存在しています。 ちんちんの呼び方を定義しよう! これだけの呼び方があると覚えるのも、教えるのも大変です。 これから生まれてくる子供たちのためにも、ちんちんの呼び方の交通整理が必要ではないでしょうか? ここで、妻を困らせる私の息子の状況と全く同じ事情が、お笑い芸人バナナマンさんのラジオに寄せられていました。 「ちんちんの呼び方を考えよう!」というテーマでちんちんの定義を唄にした曲が放送されていました。 そこで、子供に大人気の妖怪ウォッチの「妖怪第一体操」の替え歌でちんちんの呼び名を定義していましたので紹介してみます。 これは無意識にそう呼んでいるのですが、実は私はで、サイズも小さいです。 正確には、包茎(手術経験あり)でした。 しかし、この歌を聞いた時、なるほど!と合点がいきましたね(笑) yahoo知恵袋なら即、ベストアンサーをあげているところです。 日本人のペニスの平均サイズは? 一口にペニスと言ってもその構成は、 鬼頭、竿と言われる中間部、付け根部の3つに分類され、1本のペニスとして構成されています。 コンドームメーカーでおなじみの(本社:茨城)で行った日本人のペニスの平均サイズ調査では以下のような結果が出ています。 身長175cm以上の男性100人に聞きました。 (20代は61名、30代は39名) 亀頭部のサイズ 亀頭部の直径は、〔40~45mm未満〕と〔35~40mm未満〕が多く、合わせると60%以上になります。 また20代では4人に3人が、〔35~40mm未満〕〔40~45mm未満〕の範囲に含まれます。 鬼頭の平均サイズ 41mm 竿(中間部)のサイズ 中間部の直径は、〔35~40mm未満〕が最も多い 竿の平均サイズ 38mm ペニスの付根部(キンタマとの接着面)のサイズ 付根部の直径は、中間部の傾向と類似していて、〔35~40mm未満〕が最も多く、以下〔40~45mm未満〕が続きます。 ペニスの付け根の平均サイズ 39mm 日本人のペニスの平均サイズは11. 8cm この基準は、小さいのか?大きいのか?世界基準で比べないといまいちピンときませんね! では、世界の平均と日本の立ち位置を見てみましょう。 世界ペニスマップから見る世界の平均サイズ といペニスマップに世界のペニス平均サイズが載っていましたのでご紹介してみます! 緑が最大値で 赤が最小値になっています。 薄々感じていましたが、残念なことにやはり 真っ赤に染まっていました(><) ペニス最長国のアフリカ、南米に大きく引き離されています。 頑張れ日本!、あっぱれ 日本!! 世界では「おちんちん」?日本の立ち位置を整理してみよう! 経済では世界有数の先進国の日本ですが、ペニスの世界では、まだまだ発展途上の後進国の日本。 ちんちんの呼び方はサイズ感で決まる!という定義をご案内しましたが、 世界の5つのブロックと比較した場合に、包茎以前に、世界とは大きな差があることを痛感しました。 よって、世界基準でちんちんの呼び方を再定義する必要性に迫られました。 10〜17. 88〜16. 48〜14. 67〜13. 66〜11. しかし、サイズ感で呼び名を定義することで、共通の認識が生まれ、混乱せずに済むと思います。 世界基準で話をするときは、日本人の立ち位置としては 「おちんちん」と使い、 個人間で話をするときは、 自分のサイズに見合った呼び方で呼ぶようにしましょう。

次の

ちんことは (チンコとは) [単語記事]

妖怪 ちんぽ

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2012年8月) 日本の妖怪一覧(にっぽんのようかいいちらん)は、のの中で、よく知られているものの一覧。 妖怪と関係の深い歴史上の人物、神格、概念も含まれる。 フィクション作品に登場する創作妖怪は、、を参照。 アカナー 沖縄の妖怪。 の兄弟で月に住むという。 やはり漁が得意で、キジムナーの様に魚の目玉だけを取ったりしないという。 アカマタ 、灯無蕎麦 アカリナシソバ の一つ。 読本『天縁奇遇』の登場人物・横島軍藤六の妻とされている。 アクドポッカリ 岩手県の、踵に纏わりついてくる妖怪。 アクドボッポリ、アドポップリともいう。 アクババ 町中を往来しているが人の目には見えないと言われている。 アシナガテナガ アシマガリ 、小豆とぎ アズキアライ、アズキトギ アズキハカリ アズキババア アスコココ アゼハシリ 佐賀県の怪異。 稲荷おろしや死霊の呼び出しをしていると、全く関係のない、位のない狐狸がおりてくることをいう。 この害を防ぐために、外に篩を置いておくという。 動植物が人間に化けたものを指す。 その名の通り血に飢えた妖刀で、一度抜いたら血を見ないと鞘におさまらないという。 かつて肝振支庁勇払郡穂別町二風谷付近の村にあったと伝わる。 、 イモリ いやみ、 イヤミ、イヤヤ イワイセポ アイヌ民族に伝わる、山にすむ巨大な妖怪。 ウサギに似て耳が長く、叫び声は鹿に似ているという。 イワエトゥンナイ 日本語の文献ではという表記も見られる。 船に糸を吐きかけて引っ張るという。 ウミゴゼン ウミコゾウ ウミザトウ ウミジジイ 海の怪異。 普段は姿が見えず、漁師の獲物を横取りするという。 寺社の絵馬の精霊。 幽霊のような老人の姿をしている。 浅草の駒形道安という医師が出会い、彼に絵馬に関する秘宝を伝授したという。 また、ある商人が御香宮神社で休んでいると美しい女の絵馬の精が現われ、宴に誘ったという伝承もある。 背負い収納の笈の上部から人の顔が覗き、折れた刀を口にくわえた姿をしているという。 オイテケボリ 本所七不思議の一つ。 オウセイチュウ オウニ オオアタマコゾウ オオカブロ オオカムロ オオガマ オオキセル オオクビ オオグモ オオゴイ の主といわれる巨大な鯉。 元はさる温泉旅館で飼われていたが、大きくなりすぎて夜な夜な作り置きの弁当をあさるようになり、持て余して川に放したという。 また、の池に棲む人喰い鯉の話もある。 オクリヒョウシギ 本所七不思議の一つ。 カタアシジョウロウ カタアシピンザ 沖縄県宮古島に伝わる妖怪。 「ピンザ」とは「山羊」の事で、夜間の通行人もしくは車の後を、一本足もしくは三本足の山羊が追いかけてくるといわれている。 「マヤー」とは「猫」のこと。 「堅牢な甲羅」と「烏天狗のような凶悪な顔付き」を持つといい、おそらく河童の一種と思われる。 く [ ] 名前 読み 備考 クウコ クサビラ グズ クズノハギツネ クズリュウ クセンボウ 九州の河童の頭目。 九州には九千匹の河童がいるとされることから、この名がある。 やさしい顔で現れたり、気に入らないときにはあちこちに飛び回ったという。 これがいる家は栄えるという座敷わらし的な一面もある。 飛脚として文を届けたとき、山中で犬に殺されたとされる。 川を汚す者に祟りを為すという。 サワラシンノウ ザン サンキチオニ サンジン サンジャクゴロシ 山梨県北杜市に伝わる蛇の妖怪。 南アルプス山中に棲んでいて、緑色をしており、一尺センチ程の大きさで、噛まれると三尺歩くことも出来ぬまま死ぬといわれている。 サンミタロウ 富山県や石川県に伝わる。 火葬場で死体を千体以上焼くと死霊が集まり、人の様な形になるという。 それを「三昧太郎」と呼ぶ。 顔が蒼白で言葉は通じないという。 ジキトリ 、醜女 シコメ 神話に出てくる黄泉国の鬼。 、 シバテン、シバテング シビトツキ シマーブー シャクシイワ ジャコツババア ジャタイ シャニチサマ 田の神であり、保食神であるともいわれている。 ジャノメガサノヒヒ 香川県に伝わる、薄暗い山道に現れるという妖怪。 シラコビ 石川県鹿島郡に伝わる妖怪。 正体は不明だが、狐や狸の年老いたものだといわれる。 毎晩お宮に出て、生まれたばかりの赤ん坊を串に刺して、囲炉裏であぶる等の悪さをしたという。 見回りが打ち負かしてからは出なくなったという。 白い石の様な姿をしており、畑に積んである藁などを取り除くと、いるという。 シロウネリ シロトクリ シロボウズ ジロムン シン シングリマクリ シンコ ジンジャヒメ シンノアクゴロウ ジンベイサマ ジンメンソウ す [ ] 名前 読み 備考 スイコ スイカズラ スイシャクサマ 帝釈天の使いとされる蛇の神(霊)。 住処と身重の妻を奪われた蛇の生き霊が道行く人々を大きく光る目玉で睨みつけ「作物が育たなくなる」等の祟りが明治期まで続いたため、『水釈様』として祀ったところ、祟りは無くなったという。 節分の夜になると、柿野山神籠岩(ひもろぎいわ)の奥にある四つ辻に現れるという。 銭の入った袋を担ぎ、銭を貸してくれるが、次の節分の夜に返さなければ、恐ろしい事になるといわれている。 眠る人間の入る蚊帳をするすると持ち上げ、僧の姿をした何者かがぬっと顔を覗き込んでくるが、これはいくら切っても突いても、また祈祷などをしても全く効果がなかったという。 タテクリカエシ タナババ タヌキツキ タヌキバヤシ 本所七不思議の一つ。 捕まえてみると、ただの鈴の入った鞠だったという話もある。 チチッコカツギ 東京都三宅島に伝わる、山中に現れる妖怪。 肩に乳房を掛けた女性の姿をしており、男性を化かすといわれている チミ チャガマオロシ チャブクロ 、中狐 チュウコ チョウケシン チョウチンオイワ チョウチンオバケ チョウチンコゾウ チョウチンビ チョウメンヨウジョ チョクボロン チョマトー チリヅカカイオウ チロンノプッカムイ アイヌ語で「チロンノップ」は「狐」、「カムイ」は「神」を意味する。 チンチロリ 京都の道祖峠に現れた妖怪。 テンジ テンジョウノアシ 『新怪談集 実話編』にある、小説家「山中峯太郎」が九つの時の体験談にある怪異。 、 テンジョウクダリ、テンジョウサガリ テンジョウナメ テンヅルシ テンビ テンマル と [ ] 名前 読み 備考 トイポクンオヤシ トイレノハナコサン 都市伝説 トウセンボウ 岩手県に伝わる怪異で、福井県の東尋坊伝説の一つ。 トリケ 変死した者の魂は「トリケ」となり、その場に留まり続けるという。 潮渡橋で「仲西ヘーイ」と呼びかけると現れるといわれている。 「ヘーイ」は「やーい」という意味の呼び掛けの言葉。 足、尾、角がそれぞれ8本ずつある大きな牛の姿をしているという。 ナマハゲ ナミコゾウ ナメオンナ ナメクジラ 滝沢馬琴著『鯨魚品尺革羽織』にある、なめくじと鯨を融合したような妖怪。 大分では犬神よりも危険とされる。 火事で焼け死んだ馬の妖怪。 山神や水神が蛇に変化した姿だといわれ、首に輪を持つという。 蛭の外道を持つ憑き筋(家系)で「蛭の外道持ち」あるいは「蛭持ち」と呼ばれ、家庭が裕福になる。 こういった蛭の外道を分けてくれる神社が兵庫県にあったという。 ビローン ビワボクボク ヒヲカセ ヒンナガミ ビンボウガミ ヒーヒーザル 病人に憑き、無神経にしてしまうといわれている。 フルウツボ フルソマ 、古山茶の霊 フルツバキノレイ ブルブル ブンブンイワ 岩の近くで殺された19歳の娘がその恨みで怪異を起こしたとされる岩。 [ ] マンジュウクワセ 尾張国の犬山に出たという妖怪。 明和年間、毒饅頭を子供に喰わせる「饅頭喰わせ」が出たという。 ここの里に災いがある時に、この観音が女に化けて夜な夜な泣き歩くのだという。 峠の柳の雄株を伐り倒した十六人の木樵を雌株の精が取り殺し、うち一人は五十年も経ってから復讐を遂げたという。 ユキンバ ユキンボ よ [ ] 名前 読み 備考 ヨウカイジャノメガサ ヨウカイマンネンダケ ヨウコ ヨガマタキ 夜、道の真ん中で足を組んでいる人型妖怪。 組んだ足の間から青白い火が上がっているという。 「六首沢」と呼ばれる場所に大きなケヤキの木があり、そこを通ると六つの首が下がってくるといわれている。 ロクサン 体の中に棲むといわれる神様で、病を起こすといわれている。 ワザワイ 『鶴草子』などに登場する獣。 脚注 [ ]• 編著 『日本妖怪大事典』 、2005年、4頁。。 『妖怪事典』、2頁。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• ( 内)•

次の

ちんことは (チンコとは) [単語記事]

妖怪 ちんぽ

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2012年8月) 日本の妖怪一覧(にっぽんのようかいいちらん)は、のの中で、よく知られているものの一覧。 妖怪と関係の深い歴史上の人物、神格、概念も含まれる。 フィクション作品に登場する創作妖怪は、、を参照。 アカナー 沖縄の妖怪。 の兄弟で月に住むという。 やはり漁が得意で、キジムナーの様に魚の目玉だけを取ったりしないという。 アカマタ 、灯無蕎麦 アカリナシソバ の一つ。 読本『天縁奇遇』の登場人物・横島軍藤六の妻とされている。 アクドポッカリ 岩手県の、踵に纏わりついてくる妖怪。 アクドボッポリ、アドポップリともいう。 アクババ 町中を往来しているが人の目には見えないと言われている。 アシナガテナガ アシマガリ 、小豆とぎ アズキアライ、アズキトギ アズキハカリ アズキババア アスコココ アゼハシリ 佐賀県の怪異。 稲荷おろしや死霊の呼び出しをしていると、全く関係のない、位のない狐狸がおりてくることをいう。 この害を防ぐために、外に篩を置いておくという。 動植物が人間に化けたものを指す。 その名の通り血に飢えた妖刀で、一度抜いたら血を見ないと鞘におさまらないという。 かつて肝振支庁勇払郡穂別町二風谷付近の村にあったと伝わる。 、 イモリ いやみ、 イヤミ、イヤヤ イワイセポ アイヌ民族に伝わる、山にすむ巨大な妖怪。 ウサギに似て耳が長く、叫び声は鹿に似ているという。 イワエトゥンナイ 日本語の文献ではという表記も見られる。 船に糸を吐きかけて引っ張るという。 ウミゴゼン ウミコゾウ ウミザトウ ウミジジイ 海の怪異。 普段は姿が見えず、漁師の獲物を横取りするという。 寺社の絵馬の精霊。 幽霊のような老人の姿をしている。 浅草の駒形道安という医師が出会い、彼に絵馬に関する秘宝を伝授したという。 また、ある商人が御香宮神社で休んでいると美しい女の絵馬の精が現われ、宴に誘ったという伝承もある。 背負い収納の笈の上部から人の顔が覗き、折れた刀を口にくわえた姿をしているという。 オイテケボリ 本所七不思議の一つ。 オウセイチュウ オウニ オオアタマコゾウ オオカブロ オオカムロ オオガマ オオキセル オオクビ オオグモ オオゴイ の主といわれる巨大な鯉。 元はさる温泉旅館で飼われていたが、大きくなりすぎて夜な夜な作り置きの弁当をあさるようになり、持て余して川に放したという。 また、の池に棲む人喰い鯉の話もある。 オクリヒョウシギ 本所七不思議の一つ。 カタアシジョウロウ カタアシピンザ 沖縄県宮古島に伝わる妖怪。 「ピンザ」とは「山羊」の事で、夜間の通行人もしくは車の後を、一本足もしくは三本足の山羊が追いかけてくるといわれている。 「マヤー」とは「猫」のこと。 「堅牢な甲羅」と「烏天狗のような凶悪な顔付き」を持つといい、おそらく河童の一種と思われる。 く [ ] 名前 読み 備考 クウコ クサビラ グズ クズノハギツネ クズリュウ クセンボウ 九州の河童の頭目。 九州には九千匹の河童がいるとされることから、この名がある。 やさしい顔で現れたり、気に入らないときにはあちこちに飛び回ったという。 これがいる家は栄えるという座敷わらし的な一面もある。 飛脚として文を届けたとき、山中で犬に殺されたとされる。 川を汚す者に祟りを為すという。 サワラシンノウ ザン サンキチオニ サンジン サンジャクゴロシ 山梨県北杜市に伝わる蛇の妖怪。 南アルプス山中に棲んでいて、緑色をしており、一尺センチ程の大きさで、噛まれると三尺歩くことも出来ぬまま死ぬといわれている。 サンミタロウ 富山県や石川県に伝わる。 火葬場で死体を千体以上焼くと死霊が集まり、人の様な形になるという。 それを「三昧太郎」と呼ぶ。 顔が蒼白で言葉は通じないという。 ジキトリ 、醜女 シコメ 神話に出てくる黄泉国の鬼。 、 シバテン、シバテング シビトツキ シマーブー シャクシイワ ジャコツババア ジャタイ シャニチサマ 田の神であり、保食神であるともいわれている。 ジャノメガサノヒヒ 香川県に伝わる、薄暗い山道に現れるという妖怪。 シラコビ 石川県鹿島郡に伝わる妖怪。 正体は不明だが、狐や狸の年老いたものだといわれる。 毎晩お宮に出て、生まれたばかりの赤ん坊を串に刺して、囲炉裏であぶる等の悪さをしたという。 見回りが打ち負かしてからは出なくなったという。 白い石の様な姿をしており、畑に積んである藁などを取り除くと、いるという。 シロウネリ シロトクリ シロボウズ ジロムン シン シングリマクリ シンコ ジンジャヒメ シンノアクゴロウ ジンベイサマ ジンメンソウ す [ ] 名前 読み 備考 スイコ スイカズラ スイシャクサマ 帝釈天の使いとされる蛇の神(霊)。 住処と身重の妻を奪われた蛇の生き霊が道行く人々を大きく光る目玉で睨みつけ「作物が育たなくなる」等の祟りが明治期まで続いたため、『水釈様』として祀ったところ、祟りは無くなったという。 節分の夜になると、柿野山神籠岩(ひもろぎいわ)の奥にある四つ辻に現れるという。 銭の入った袋を担ぎ、銭を貸してくれるが、次の節分の夜に返さなければ、恐ろしい事になるといわれている。 眠る人間の入る蚊帳をするすると持ち上げ、僧の姿をした何者かがぬっと顔を覗き込んでくるが、これはいくら切っても突いても、また祈祷などをしても全く効果がなかったという。 タテクリカエシ タナババ タヌキツキ タヌキバヤシ 本所七不思議の一つ。 捕まえてみると、ただの鈴の入った鞠だったという話もある。 チチッコカツギ 東京都三宅島に伝わる、山中に現れる妖怪。 肩に乳房を掛けた女性の姿をしており、男性を化かすといわれている チミ チャガマオロシ チャブクロ 、中狐 チュウコ チョウケシン チョウチンオイワ チョウチンオバケ チョウチンコゾウ チョウチンビ チョウメンヨウジョ チョクボロン チョマトー チリヅカカイオウ チロンノプッカムイ アイヌ語で「チロンノップ」は「狐」、「カムイ」は「神」を意味する。 チンチロリ 京都の道祖峠に現れた妖怪。 テンジ テンジョウノアシ 『新怪談集 実話編』にある、小説家「山中峯太郎」が九つの時の体験談にある怪異。 、 テンジョウクダリ、テンジョウサガリ テンジョウナメ テンヅルシ テンビ テンマル と [ ] 名前 読み 備考 トイポクンオヤシ トイレノハナコサン 都市伝説 トウセンボウ 岩手県に伝わる怪異で、福井県の東尋坊伝説の一つ。 トリケ 変死した者の魂は「トリケ」となり、その場に留まり続けるという。 潮渡橋で「仲西ヘーイ」と呼びかけると現れるといわれている。 「ヘーイ」は「やーい」という意味の呼び掛けの言葉。 足、尾、角がそれぞれ8本ずつある大きな牛の姿をしているという。 ナマハゲ ナミコゾウ ナメオンナ ナメクジラ 滝沢馬琴著『鯨魚品尺革羽織』にある、なめくじと鯨を融合したような妖怪。 大分では犬神よりも危険とされる。 火事で焼け死んだ馬の妖怪。 山神や水神が蛇に変化した姿だといわれ、首に輪を持つという。 蛭の外道を持つ憑き筋(家系)で「蛭の外道持ち」あるいは「蛭持ち」と呼ばれ、家庭が裕福になる。 こういった蛭の外道を分けてくれる神社が兵庫県にあったという。 ビローン ビワボクボク ヒヲカセ ヒンナガミ ビンボウガミ ヒーヒーザル 病人に憑き、無神経にしてしまうといわれている。 フルウツボ フルソマ 、古山茶の霊 フルツバキノレイ ブルブル ブンブンイワ 岩の近くで殺された19歳の娘がその恨みで怪異を起こしたとされる岩。 [ ] マンジュウクワセ 尾張国の犬山に出たという妖怪。 明和年間、毒饅頭を子供に喰わせる「饅頭喰わせ」が出たという。 ここの里に災いがある時に、この観音が女に化けて夜な夜な泣き歩くのだという。 峠の柳の雄株を伐り倒した十六人の木樵を雌株の精が取り殺し、うち一人は五十年も経ってから復讐を遂げたという。 ユキンバ ユキンボ よ [ ] 名前 読み 備考 ヨウカイジャノメガサ ヨウカイマンネンダケ ヨウコ ヨガマタキ 夜、道の真ん中で足を組んでいる人型妖怪。 組んだ足の間から青白い火が上がっているという。 「六首沢」と呼ばれる場所に大きなケヤキの木があり、そこを通ると六つの首が下がってくるといわれている。 ロクサン 体の中に棲むといわれる神様で、病を起こすといわれている。 ワザワイ 『鶴草子』などに登場する獣。 脚注 [ ]• 編著 『日本妖怪大事典』 、2005年、4頁。。 『妖怪事典』、2頁。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• ( 内)•

次の