クエン 酸 と 重曹 の 違い。 重曹・クエン酸・セスキ炭酸ソーダの使い分けで掃除、洗濯がラクになるエコ技|違いを解説

セスキ・クエン酸・重曹の使い分け*早見表で違いがわかる!|ココロオドル

クエン 酸 と 重曹 の 違い

そもそも、ナチュラルクリーニングって何? 最近、お店の洗剤コーナーでよく見かけるようになった重曹やクエン酸。 「ナチュラルクリーニング」の代表例として取り上げられることも多く、興味を持っている人も多いのではないでしょうか? 「ナチュラルクリーニング」とは、自然由来の天然成分を使ってお掃除することです。 天然成分なので赤ちゃんやペットがいる家庭でも安心して使え、お肌にも環境にも優しいお掃除ができます。 また重曹やクエン酸などを代表としたナチュラルクリーニングに使うクリーナー(洗剤)は、基本的に大容量かつお手頃な価格で購入できることが多く、家中の場所を問わず使えるので、経済的にお得なのも魅力です。 ナチュラルクリーニングで使われるクリーナー ナチュラルクリーニングには5つのクリーナーがあります。 クエン酸 2. 重曹 3. セスキ炭酸ソーダ 4. 過炭酸ナトリウム 5. アルカリ電解水 このなかでクエン酸だけが酸性で、他の4つはアルカリ性の性質を持っています。 掃除では性質が反対のもの同士を合わせると汚れが落ちやすいため、酸性のクエン酸はアルカリ性の汚れに強く、水垢などの水回りのお掃除が得意です。 一方、他の4つはアルカリ性なので皮脂などの酸性の汚れに強いとされています。 得意な汚れの例• アルカリ性のクリーナー:身の回り全般、特に油汚れや鍋の焦げ落とし、手垢などの皮脂汚れ 他• 酸性のクリーナー:水垢、石けんカス、尿石・黄ばみ 他 今回は特に、家事で使用しやすい重曹とクエン酸の特性をみていきましょう。 重曹とは 重曹の成分は炭酸水素ナトリウム。 水を含むと弱アルカリ性になり、酸を中和します。 特徴としては、次の5つの作用があります。 研磨作用 (クレンザーの役目)• 軟水作用 (硬水から軟水に変える)• 中和作用 (酸性の汚れとくっついて中和し汚れを取れやすくする)• 消臭、吸湿作用 (湿気を吸ってくれたり臭いを消してくれたりする)• 発泡作用 (こびりつきを剥がす) 重曹は弱アルカリ性なので、油汚れや手垢などの酸性の汚れにはとっても効果的です。 また人体に無害な物質なので、お風呂の入浴剤や、べーキングパウダーの主成分として料理や胃薬に使われるなど、古くから使用されています。 こびりついた頑固な焦げ付きや茶渋を落としたり、生ゴミや靴など酸性のニオイを中和して消臭してくれたりと、身の回りの掃除にマルチに活躍してくれる頼もしい存在です。 重曹の使い方とお掃除実例 重曹は粉のまま使う方法もあれば、お湯に溶かしてスプレーを作ったり、ペースト状にして使う方法など、それぞれの場所にあった使い方があります。 またカーペットにそのままふりかけて2〜3時間放置したのち掃除機で吸い取れば、重曹が汚れや嫌なニオイを吸収してくれます。 これだけでカーペットの悪臭にサヨナラでき、簡単に脱臭できます。 吹きかけたら汚れを直接拭き取りましょう。 キッチンをはじめ、玄関の床や扉、テーブルの上の食べこぼしや手垢の拭き掃除、ベランダ、フローリング(無垢材や生木といった材質には使えません)の拭き掃除など色々な場所で活用できますよ。 水だと重曹が溶けづらいのでお湯を使うのがおすすめです。 < 重曹スプレーの使用例> クエン酸とは 続いてクエン酸について説明します。 クエン酸はレモンなどの柑橘類をはじめ、梅干しや酢などの酸っぱい食品によく含まれており、お掃除にも大活躍する優秀アイテム。 酸性のクエン酸は、アルカリ性の汚れを中和して落とすのが得意です。 また、殺菌効果もあるので汚れを落としながら消臭や除菌もできます。 アルカリ性の汚れとして代表的なものが水垢です。 他にもお風呂場などの水回りに付いた石鹸カスや、トイレのアンモニア臭、尿石・黄ばみにも役立ちます。 魚のニオイがついたグリルやまな板にも、抗菌と消臭に効果が。 さらに、洗濯では柔軟剤の代わりとしても使え、まさに水回り掃除にはもってこいのクリーナーだと覚えておきましょう。 クエン酸の使い方とお掃除実例 クエン酸をお掃除につかうときはそのまま使ったり、スプレーを作って使ったりします。 水回りのお掃除に重宝するクエン酸スプレーは、作り方を覚えておけば何かと使えてとっても便利ですよ。 では、具体的にどんなふうにお掃除に使えるのが説明します。 中の部分が水垢で白っぽくなっている食洗器でもすっきりキレイになりますよ。 食洗機の洗剤投入口にクエン酸を大さじ1〜3を入れて運転スタート(食器は入れない)。 「洗い」が終わったら一時停止し、ブラシや布巾で水垢を取り「すすぎ」をスタート。 トイレの気になるニオイを抑えるために、壁や床にクエン酸スプレーを吹きかけて拭きましょう。 これらはニオイが隠れている場所なのです。 クエン酸には除菌・抗菌効果があるので、もちろん便器や便座の掃除にも使えます。 ただし、トイレタイルが使われているところは気をつけて。 酸で変色してしまう恐れがあります。 クエン酸を使う際の注意点 クエン酸を使用する際は、塩素系漂白剤と併用しないように注意が必要です。 「カビキラー」などの塩素系漂白剤は、クエン酸と混ざると化学反応がおき、有毒な塩素ガスが発生します。 命に関わるので、十分に気をつけてください。 またその他、相性の悪い材質があるため使用時には確認するようにしましょう。 クエン酸を使ってはいけない材質• 大理石などの石才(溶けてツヤがなくなる)• コンクリート(劣化が早まる)• 鉄などの金属(錆びやすい) 重曹とクエン酸を混ぜてもOK? ナチュラルクリーニング同士の重曹とクエン酸。 両者は合わせて使用してもOKです。 重曹とクエン酸スプレー用として作ったクエン酸水を合わせると、二酸化炭素の「泡」が発生します。 この泡は排水口のぬめりや汚れを浮き上がらせる効果があるので、合わせて使うことで掃除に効力を発揮します。 また重曹でお掃除をしたときに、重曹の後が白く残ることがありますが、クエン酸スプレーで拭くと重曹のアルカリが中和され、残った白さもきれいに取れます。 重曹とクエン酸は得意な掃除場所が違います。 それぞれの苦手な掃除場所を補い合えるクリーナーであると覚え、汚れがどんな性質なのかを把握したうえで日々のシンプルなお掃除に役立ててくださいね。

次の

重曹とクエン酸の違いは?混ぜるとどうなる?役立つ活用法を紹介

クエン 酸 と 重曹 の 違い

重曹とクエン酸は、どちらもナチュラルクリーニングと呼ばれる掃除アイテムで、汚れを浮かして落とす働きがある。 両者の違いは、「性質」と「落としやすい汚れ」の2点だ。 重曹はアルカリ性の性質を持ち、油汚れや皮脂など酸性の汚れを中和させて落とすことができる。 粒子が細かく研磨剤の効果があり、水に溶けにくいのが特徴だ。 クエン酸は重曹と違い、酸性の性質を持ち、アルカリ性の汚れを落とすのに適している。 水垢や石けんカス、トイレの汚れを落とすことができ、アンモニア臭(トイレの悪臭)の消臭効果もある。 なお、クエン酸の代わりとして「お酢」を使うこともできる。 お酢もクエン酸と同じ酸性の性質を持つため、アルカリ性の汚れを落とすことが可能なのだ。 ただし、お酢のツーンとしたにおいが気になる人は、クエン酸を使用しよう。 重曹もクエン酸も白い粉末状で、ホームセンターや100均で購入できる。 粉のまま使用したり、水やお湯に混ぜたり、両方を混ぜあわせたりして使用するのだ。 掃除や洗濯に使用する際は、両者の違いを理解したうえで使い分けるようにしたい。

次の

重曹とクエン酸の違いって?それぞれの特徴を知って使い分け!

クエン 酸 と 重曹 の 違い

重曹とは何か 重曹は炭酸水素ナトリウムの通称で、自然界に含まれるミネラルです。 そのため人体には無害で、食用にも掃除にも安心して使えるなど、幅広い分野での使用が出来る成分です。 重曹は水に溶かすと弱アルカリ性を示し、アルカリの中ではpHが非常に低く、極めて安全なアルカリ剤であると言えます。 掃除における重曹の役割と効果 重曹は弱アルカリ性であり、アルカリ性の洗剤はタンパク質汚れを分解して除去する働きがあります。 また、脂肪酸汚れも落としてくれるため、 重曹は油汚れが多い台所の掃除に一番向いています。 具体的には、油汚れ、鍋の焦げ付き、排水口の汚れに効果的で、排水口はお風呂にも使用出来ます。 使用するときは、 磨くようにして掃除すると良いです。 理由は、重曹は水に溶けにくく粒子が細かいので、表面を傷つけずに汚れを磨き落とすことができる上に、出来るだけ汚れを落とすためにはやはり摩擦力が必要になるからです。 しかし、重曹の欠点として、pHが非常に低いだけ安全安心に使う事が出来るが、洗浄能力としては他のアルカリ洗浄剤に比べて劣るため、あまりにも頑固な油汚れは完全に落ちきらない可能性がある事だけお伝えします。 また、重曹は他にも様々な効果があり、 湿気をとってくれたり、消臭効果があります。 また、 重曹が入った水は軟水になりやすいため、水道水に含まれているカルシウムイオンやマグネシウムイオンは汚れの原因にもなるため、これらの量が少ない水で掃除する事で、より綺麗にする事が出来ます。 クエン酸とは何か? クエン酸はレモンなどの柑橘類に含まれる酸で、安全性が高い粉末状です。 そのため、サプリメントや食品に混ぜて使用されるなど、様々な分野で使われています。 掃除におけるクエン酸の役割と効果 クエン酸はなどの酸は、金属汚れを溶解して除去するのに適しています。 金属汚れとは、不溶性のカルシウム塩、マグネシウム塩、鉄酸化物などを指しますが、これらは主に水あかの成分になります。 水あかは、水道水に含まれるカルシウムイオンやマグネシウムイオン これらの成分量を硬度という によって、汚れがたまる状態の事を言います。 そのため、 クエン酸は 水回りの掃除に一番向いています。 クエン酸の使用例は、水垢(シンク・蛇口・鏡)、トイレの黄ばみ、お風呂場の白く固まった汚れ、などがあります。 また、トイレのアンモニア臭もアルカリなので中和して消してくれます。 クエン酸を使用する場合、クエン酸には侵食作用があるため、ごしごし磨くというよりは、クエン酸を汚れにかけてしばらく放置して、水でするのが良いです。 しかし、クエン酸にも2つほど大きな欠点があります。 1つ目は鉄酸化物の溶解性が低いため、鉄の成分による汚れやさびは除去出来ません。 2つ目はクエン酸を使用した後、あまりにも長い間放置するとクエン酸カルシウムが生成され、クエン酸カルシウムは水に不溶であるため、水で流せなくなってしまいますので、クエン酸で掃除した後は、反応によってクエン酸カルシウムになる前に、必ず水で流して下さい。 また、クエン酸は他にも様々な効果があり、 抗菌効果や、消臭効果があります。 複雑な汚れがある場所での使用方法とは? 掃除するにあたって、重曹とクエン酸が果たす役割について理解していただいたと思います。 台所の油汚れや、垢など汚れが分かっているものであれば問題ありませんが、トイレやお風呂はさまざなな汚れが蓄積されている場所での使い分けについても理解しておく必要があると思います。 そのため、きちんとした使い分けをしないと全く洗浄効果を得る事が出来ません。 重曹は、タンパク質や油汚れの除去に効果的で、クエン酸は、水回りに洗浄効果があるため、この2つの違いをきちんと理解出来れば、きれいに掃除をすることが出来ます。

次の