ニコレス タール ニコチン。 新しいニコチンゼロで禁煙中の新習慣「NICOLESS(ニコレス)」

ニコレスの安全性 害や影響は?配合成分や健康被害、副作用について

ニコレス タール ニコチン

禁煙への第1歩として、紙巻きタバコから加熱式タバコに切り替えることはできても、その先が難しい。 加熱式タバコでタールは減少しても、ニコチンはしっかり摂取しているからだ。 そして次段階として、多くの人がノンニコチンのVAPE(ベイプ)を試し、くじける。 蒸気を吸うという点は同じでも、ニコチンなしのリキッドだけの味では物足りないからだ。 そこで注目したいのが、たばこ葉の代わりに紅茶葉を使ってより喫煙フィールに寄せた、アイコスおよびアイコス互換機で使用できるニコチンゼロスティック「NICOLESS(ニコレス)」である。 果たして減煙・禁煙の助けになるのか、吸って確認してみたい。 「ニコレス(メンソール)」は20本入り410円(税込) 販売数40万個突破! 紅茶葉由来の風味を楽しむ「ニコレス」 「ニコレス」は2019年3月に発売され、メーカーによると、すでに売上げは40万個を突破(2019年8月時点)おり、「1時間で約100個」というスピードで売れているという。。 なお、現在は一部ドラッグス トアやインターネットなどでの展開が中心だが、2019年9月中旬からは、全国のコンビニ(ファミマ!! )でも入手可能になる予定だ。 「アイコス」などの加熱式タバコに使用されるスティックは、蒸気発生のためのグリセリン類を染み込ませたたばこ葉を加熱し、ニコチンを含んだ蒸気を発生させる。 そのたばこ葉の部分を、ニコチンを含まない紅茶葉に変更することで、ニコチンレスの蒸気を作り出すのが「ニコレス」だ。 これにより、VAPEのようなリキッドのみの味ではなく、葉由来の風味が楽しめ、より加熱式タバコの満足感に近づけるという。 加熱式タバコブレードを挿入するタイプの機種、アイコスおよびその互換機で使用可能だ たばこ葉を使用していないのでニコチンゼロ、これを吸っている間は「禁煙」しているということになる ちなみに、「ニコレス」に使用されている紅茶葉は中国・福建省産の「正山小種(ラプサン・スーチョン)」という品種だ。 「マールボロ・ヒートスティック」よりも90円安い 「ニコレス」の価格は410円(税込)。 紅茶葉を使用しているため、たばこ税がかからず、「マールボロ」や「ヒーツ」より安価に設定できているようだ。 ただ、通常たばこ税は定価の半分以上を占めるはずである。 したがって半額とは言わないまでも、もう少し安くなってもいいのでは、と思ってしまった。 ちなみに、「マールボロ・ヒートスティック」から「ニコレス」に完全に切り替えた場合の1か月のコストを比較してみると、以下の通り。 価格はすべて税込み(以下同)。 これを高いと見るか、低いと見るか、悩ましいところだ。 「ニコレス」は410円(税込)なので、「マールボロ・ヒートスティック」より90円安く、「ヒーツ」(税込470円)より60円安い 「マールボロ・ヒートスティック」(右)は銀紙で覆われているが、「ニコレス」(左)は厚手のトレーシングペーパーで覆われている スティック内部の構造もなかなかの再現度合い 吸う前に、カッターでスティックを切り裂いて内部構造をあらためてみたのが、以下の写真だ。 スティックのサイズはまったく同じ 左側が「ニコレス」、右側が「マールボロ・ヒートスティック」 「ニコレス」:(上から)フィルター、蒸気冷却用シリコン、紅茶葉 「マールボロ・ヒートスティック」:(上から)フィルター、蒸気冷却用フィルム、フィルター、たばこ葉 「マールボロ・ヒートスティック」がフィルターを2層に分けているところを1層にしている点と、冷却素材の違い以外は同様の構造だ。 紅茶葉はヒートスティックのような薄い板状にしっかり成形されていた。 なかなかの再現度合いだと思う。 ある意味ヒートスティックよりも紙巻きタバコに近く、喫煙感もかなりのクオリティだが…… 箱からスティックを取り出した段階では、ほぼメンソールの香りしかしない。 加熱し始めると次第に店頭でほうじ茶焙煎を行なっている日本茶専門店の香りがし始めた。 葉としては紅茶に用いられる葉ということだが、ほうじ茶にしか感じない。 正直、おっかなびっくりで吸ってみた。 すると爽快なミントの香りにほうじ茶のような香ばしさが加わり、しっかりのどへのキックもある。 第1印象は「思ったよりおいしい」である。 しかも吐いた時の蒸気が、茶葉由来のいがらっぽさのせいか、ヒートスティックよりも紙巻きタバコに近く感じる瞬間もあった。 喫煙感としてはかなりのクオリティだ。 ただ、喫煙可能時間6分の中盤を過ぎたあたりからメンソールが抜け始め、代わりに苦味が加わってくる。 これに少し違和感がある。 残り1分あたりではいくぶん甘酸っぱさも感じるようになり、タバコのニオイとは違うのだけれど、不思議なニオイだ。 そして当たり前だが、ヒートスティックでニコチン補給した時のじんわり感はない。 スティックは少しやわらかめ。 勢いよく押し込むとぐにゃりとなることもあるので、ていねいに差し込もう 見た目的にはアイコスを吸っているのと変わらない 禁煙はかなり大変だが、合間に挟むスタイルで減煙は可能かも 「ニコレス」は、アイコスを吸った時のようなしっかりとしたキックのある蒸気を出してくれた。 吐く時もたばこの煙を吐いているような「いがらっぽさ」がある。 しかし、喫煙者にとってニコチン補給ができないのは、やはり物足りない。 したがって、いきなり100%ニコレスに切り替えて禁煙できるのは、かなり意志が必要だ。 しかし、紅茶葉とはいえ葉を使っているおかげで、喫煙フィールはかなり肉迫している。 ヒートスティックでニコチンを補給しつつ、合間に1本混ぜるという減煙なら十分に可能なはずだ。 そこから順に慣らしていけば、最終的に禁煙も可能だと思う。 ヒートスティックの合間に挟むなら、けっこうごまかしが効く ということで、定番人気の「マールボロ・ヒートスティック」の半分を「ニコレス」に切り替えた場合の1か月のコスト試算をしておこう。 ただニコチン摂取率は半減するので、健康のためだとしたら、十分メリットはあるだろう。

次の

FAQ

ニコレス タール ニコチン

「そろそろ禁煙したい」という気持ちから、 ニコチンなしで楽しめる電子タバコをお探しの方は多いと思います。 しかし電子タバコは商品の種類が多く、 自分に合った1台を見つけるのは難しいものです。 そこでこの記事では、• 電子タバコ専門店への聞き取り調査• 編集部の独自調査 をもとに厳選した、おすすめの電子タバコをご紹介します。 また、 最初の1台を失敗せずに選ぶポイントについても解説しているので、あなたにぴったりの電子タバコを見つけられるようになりますよ。 先におすすめの電子タバコを知りたい方は、「 」からチェックしてみてください。 本記事は電子タバコ専門家による全面監修を受けています。 ニコチンなしの電子タバコおすすめ5選 ここからは、以下の3つの基準をもとに編集部おすすめの電子タバコを厳選してご紹介します。 買ってすぐに使えるスターターキット• 多くの人に支持されている人気モデル• 電子タバコ初心者でも使いやすいモデル いずれも味・吸い応えに定評があり、初めて電子タバコを購入する方でも楽しめるモデルです。 電子タバコユーザーのライターによるレビューもご紹介しているので、あわせてご覧ください。 電子タバコはタバコ葉を使わず、アイコスやグローはタバコ葉を使うという点が大きな違いです。 「アイコス(IQOS)」・「グロー(glo)」・「プルーム・テック(Ploom TECH)」「PULZE(パルズ)」は、電子タバコではなく 「加熱式タバコ」と呼ばれるデバイスです。 電子タバコ 加熱式タバコ 使用方法 中身を電力で加熱して蒸気を吸う 加熱するもの 専用リキッド タバコ葉 ニコチン 含まない 含む タール 含まない 少量含む 上の表にある通り、タバコ葉を使用しない 電子タバコ にはニコチン・タールが含まれないのに対して、タバコ葉を使用する 加熱式タバコにはニコチン・タールが含まれます。 そのため、• 電子タバコ=味や香り・ミストを楽しむ嗜好品• 加熱式タバコ=タールを減らしたタバコの代替品 と、それぞれ別の目的で使用するものといえます。 禁煙・減煙目的の方には、ニコチン・タールなしの電子タバコがよりおすすめです。 加熱式タバコについてより詳しく知りたい方は、「 」をご覧ください。 電子タバコは喫煙者でも満足できる?• 電子タバコリキッドの原料は? リキッドの主な原料は、以下の3つです。 PG(プロピレングリコール)• VG(植物性グリセリン)• 香料 いずれも食品や化粧品に頻繁に使用されており、 人体への影響は低いとされています。 また、第三者機関による成分分析を行うなど、 メーカーごとに独自の安全基準を設定する試みも見られるようになってきました。 こうした背景から、現在では多くの方が安全性の高い嗜好品を求めて電子タバコに移行しています。 まとめ この記事ではニコチンなしの電子タバコをご紹介してきましたが、お気に入りの電子タバコは見つかりましたか? 電子タバコは、以下の4タイプから自分に合うものを選びましょう。

次の

アイコスでニコチン・ゼロのヒートスティックを吸う、禁煙ではなく脱ニコチンという考え方。ニコレスのすゝめ。

ニコレス タール ニコチン

最近は紙タバコよりも、加熱式たばこのシェアが伸びている。 本体価格も安価なものが豊富なことで、ますます競争化していくだろう。 しかし、それとは反対に禁煙ブームでもある。 分煙や禁煙外来など、あちこちで行き場を失っている。 まさに二極化の現実だ。 愛煙家には住みにくい環境ではあるが、その中でも愛煙家も唸る商品が新たに出たのはご存じだろうか? その名もNICOLESS(ニコレス)。 名前の通り、ニコチンレス。 つまりニコチンが入っていないタバコなのだ。 禁煙したいがやめられない愛煙家や、吸いたいけどニコチンは体に入れたくない…という方にも両方待っていた商品である。 その中ですごいことは、加熱式たばこを使って吸えるということだ! まさに加熱式たばこのアイコスを使って吸えるという強み。 そこで今回はNICOLESS(ニコレス)について紹介していきます。 ニコレスは2019年3月に発売された商品だ。 あまりテレビコマーシャルでは見たことがないので、たばこを吸わない人にはなんぞや?な感覚だろう。 しかし喫煙者にとっては、新たな救世主の到来だということをぜひ理解していただきたい。 「 禁煙中でも我慢しないで喫煙できる、しかもニコチンなし!」 というのがコンセプトだ。 ニコチンがないのに満足できるというのがダブルですごいところである。 このガツンとした吸いごたえにはどんな秘密があるのか? 茶葉の産地として有名な福建省武夷山の「 正山小種(紅茶の一種)」という上質な茶葉を使用した独自製法により、ニコチン0mgを実現したことだ。 わたしもニコチンなしのベイプを試したが、どうしても物足りなさを感じてしまい紙たばこや加熱式たばこに手が伸びてしまった経験がある。 その時は禁煙できる!と思っていたのだか、とても禁煙できない。 逆に喫煙したくなる衝動が抑えられなかった! しかし今回のニコレスの場合は、茶葉が原料だということに驚きを感じた。 茶葉をたばこ葉に似せて、アイコスや互換機で吸うことにより、「たばこを吸ってる」感覚を味合わせてくれる。 NICOLESS(ニコレス)はアイコスで吸える• このニコレスは、アイコスやアイコス互換機で使用できるヒートスティックであることをしっかり押さえておこう。 もともと加熱式たばこだが、ヒートスティックを差し込み、加熱することによって、蒸気を発生させるもの。 従来の紙巻たばことは異なり、たばこ葉を燃やさないため、燃焼による煙や副流煙は発生しない。 このニコレスは茶葉でできているので、そもそも燃やしてもタールはでない。 燃やした後の臭いも加熱式たばこよりは軽減されているので、臭いを気にする相手にも配慮された商品だといえる。 「うまくて」「ニコチンがなくて」「吸いごたえある」なんて…それも茶葉で実現しているのにはびっくりだ。 実際スティックを持ってみると、見た目は他のヒートスティックと変わらない。 しかし、実際持ってみると、スティックの柔らかさに違いが出てくる。 ニコレスは三分割で硬さが違うが、マルボロは均一感がある。 差し込むときに、ニコレスは柔らかいため、少し丁寧に扱う必要がある。 勢いよく差し込むと、うまく入らなかったりするので注意しよう。 吸い終わった後のスティックにも、少し違いがみられた。 マルボロは根元の葉部分が固くなり、根本が取れる場合がある。 若干製品のばらつきが感じられる。 ニコレスも同様に根元が固くなるが、マルボロほど抜く時の不具合は感じられなかった。 とにかくたばこなのに禁煙できる、そんな虫のいい話がここにあるようだ。 わたしも信じられなかったが、ニコレスの良さを知ったからこそ、今では頼りになるやつだということを知ってほしい。 NICOLESS(ニコレス)は値段が安い そして、たばこではないので税金がかからない! もうひとつ、コスパ重視の方にも十分満足できる商品であるということだ。 他のたばこ価格よりも安価な設定なので、併用したい方にもお勧めだ。 いままで禁煙にトライした方もご存じだろうが、紙たばこから加熱式たばこへのスライドを行ったとしてもタールは加熱式たばこにはないものの、「ニコチン」まではないわけではなかった。 つまり、しっかり喫煙しているわけだ。 しかし今回のニコレスはタールなし・ニコチンなしという「たばこもどき」。 加熱式たばこを吸いながら、しっかり「禁煙」している。 ニコチンの摂取が、依存症の原因である。 徐々に摂取を減らしていけば、禁煙という道も見えてくる。 家庭内では煙たがられるも、ニコレスに変えたことで、だいぶ攻防戦は減ったようだ。 タールがないことで部屋のクロスが汚れないことも理解が得られた。 もう、いちいち外に行かなくてもよくなったのもありがたい。 NICOLESS(ニコレス)の味の種類は?• もう一つはガツンとした吸いごたえと辛みを感じる。 強力な刺激を感じられる深いグリーンのメンソールだ。 吸いごたえや刺激にこだわった逸品だ。 はじめてメンソールを試したとき、メンソールが強すぎて驚きながらむせてしまった。 普段たばこを吸うときは、メンソールの味を口で感じるのだが、ニコレスは鼻まで一気につき抜けるほどの強烈なインパクトだった。 ミントはそこまで強くは感じなかったが、十分風味は口中で感じられる。 たばこを体に入れたというガツンとした体感は少ないが、「喫煙する」という行動が伴うので、「吸った」と脳が変換されて、満足するのかもしれない。 ただし、紙タバコのようなキック感覚は弱いため、本数が増える場合も考えられる。 くれぐれも吸いすぎには注意したい。 NICOLESS(ニコレス)にはタールが入ってる? 未使用状態ではニコレスにはタールは含まれないが、デバイスを加熱することでタールが発生してしまう。 しかし、その量は分析できないのではっきりしたデータはないのが現状のようである。 従来の紙巻たばことは異なり、たばこ葉を燃やさない代わりに茶葉を燃やすので、煙や副流煙は発生しない。 つまり、タールもほぼ気にすることがないという結論である。 禁煙者にとっては、急にたばこを辞めると問題なのが禁断症状だ。 この症状が出てしまうことで、イライラし、周りからもクレームをいただくことも多いだろう。 実際わたしも何度も禁煙をトライしたが、度重なるコミュニケーションの相違により、家庭環境が悪化した経緯がある。 食事をしたらたばこ・休憩したらたばこ・起きたらたばこ・寝る前のたばこ…まさに無限ループの習慣になっている。 どれも崩すことはできない。 だからこそこのニコレスは救世主である。 家族にとってもたばこを吸う行為に時間を割くことは、実は大きなストレスになっている。 しかし、環境にも配慮しているこの商品は、家庭を守る奥様たちからも必要以上に煙たがられないですむ。 何度も伝えているが、毎回外に行かなくていい! NICOLESS(ニコレス)はコンビニでは買えない?販売店はどこにある• イオンリテール• マツモトキヨシ• ビックカメラ• サツドラ• キリン堂• トライアルカンパニー• エバーグリーン• スーパードラッグひまわり• ドラッグストア ザグザグ• ハッピー・ドラッグ• ドラッグ新生堂• くすりのハッピー• ヤマザワ薬品• ハジドラッグ• わたしが購入した店舗は、上記には該当していなかったので探すと他にもあるかもしれない。 しかし、ネットでも注文できるのがすごいところだ。 アマゾン・楽天市場・ヤフーなどでも購入することができます。 なんと公式サイトからは最大15%オフで買える情報もあります。 ただし、3カートンからの購入というしばりもありますのでご検討ください。 そして、賢くお安くお買い求めください。 NICOLESS(ニコレス)の口コミや評価!メンソールが人気• 紙タバコのようなガツンとしたものは弱い• ヘビーユーザーには物足りない場合も• どこでも買えない 実際禁煙したい人には、吸いたいのに吸えないというイライラする禁断症状が出た場合に、口寂しさを紛らわすアイテムとしてはニコレスが有効的だとわかった。 ただしつい吸いすぎてしまうと、メンソールが強すぎてむせることもある。 物足りないことで吸いすぎてしまうことも考えられる。 禁煙や減煙したいと考えているユーザーにとっては、嬉しい商品に間違いはないだろう。 他のヒートスティックと比べると、害は少ないようだ。 ニコレスだけの禁煙が難しいと感じるなら、マルボロ・ヒートスティックとの併用活用をすることによって、少しずつ禁煙や減煙をしていくという方法ができるので試すことも可能だ。 わたしはマルボロとニコレスの併用使いをしているので、コストパフォーマンスも少し減らしつつ、ニコチン量を減らすようにしている。 これから先、さらに禁煙化が進んでいけば、喫煙者のほとんどがニコレスになっていくでしょう。

次の