地雷 メイク。 地雷メイクアイシャドウのおすすめは?30代40代も似合うやり方は芸能人から学ぶ!

藤田ニコル、“地雷メイク”に挑戦!病みかわいい姿に反響

地雷 メイク

ネットニュースにも取り上げられ、とても話題になっていました。 それにしてもかなり印象が変わりますね! ネット上でも、「ギャルから美少女になった!」「一瞬、誰かわからなかった」「天使」と絶賛されていました。 さて、少し脱線したので、地雷系メイクに戻ります。 ヒルナンデスにも出演していて、普段の彼女を知っている方も多いはず。 YouTube沢山みてね。 — 藤田 ニコル にこるん 0220nicole 藤田ニコルさんは普段から少しギャルっぽいときだったり、ナチュラルなときだったりがあるので、そこまで激変!という感じではないですね。 それよりも、表情の作り方がうまいなぁと思いました。 なんか地雷系メイクがより引き立つ表情だなと思います。 (特に1枚目) ちなみにこの地雷系メイクが完成するまでをYouTubeにアップされています。 さっそく見ましたが、最初のベースメイクだけの状態で、こんなに整ってるもんですか?笑 地雷系メイクの馴染み方は芸能人No. 1かも、益若つばささん 地雷女。 一生懸命とことん楽しむ。 それが大人ってもんですよ。 ほほほ。 — 益若つばさTsubasaMasuwaka tsubasamasuwaka 益若つばささんも普段から割とパキっとしたメイクをされている印象があったので、そんなに驚きはしませんでしたが、地雷系メイクの馴染み具合はハンパないですね。 笑 益若つばささんといえば、ご自身でプロデュースされている化粧品もあるだけに、こういったメイクの馴染ませ方なんかもお手の物なんでしょう。 ちなみにこちらがそのプロデュースコスメCandyDollを使った益若さん。 Candydoll限定リップ。 日常的に使える万能色。 モーヴィピンク。 ぺこぱさんがいたら、完全に「悪くないだろう」って言ってますね!笑 ただ、やっぱり男の子でした。

次の

地雷メイクとはどんな意味?やり方や芸能人の可愛い画像も調査!

地雷 メイク

メンヘラっぽいイメージのメイク!ということで「地雷メイク」と呼ばれています。 ゴシックロリータ・黒系のドーリーなお洋服と合わせていることが多い印象です。 もしかして原宿系好きさんは地雷メイクの名前がつく前から、自然としていたメイクかも!? 「量産型メイク」は、垂れ目などを強調したTHE女の子なメイク。 「量産型ヲタク」がしていそうなメイクということで名付けられました。 そもそも「量産型ヲタク」というのは、男性アイドル・2. 5次元舞台やジャニーズの現場にいそうなオタクの女の子や、歌舞伎町界隈の女の子たちの総称。 同じようなファッション・髪型・グッズを、あえてお揃いにして楽しんでいる様子からそう呼ばれています。 普段のナチュラル系なメイクとは一点、その変身ぶりが大きな反響を呼んでいます。 すうれろちゃん、まあたそちゃん、轟ちゃんなど、詐欺メイク・整形メイクを得意とするYouTuberさんがそのメイクテクニックを存分に披露している様子も。 さんこいちのやっぴくん、よききくんなど、ジェッンダーレス系YouTuberさんも美しい地雷系男子に仕上がっています。

次の

“地雷メイク”&“量産型メイク”急増中 藤田ニコル・益若つばさらも挑戦し話題に

地雷 メイク

地雷メイクってなに? 地雷メイクとはどんなものなのでしょうか。 まず、言葉の意味について知っておきましょう。 地雷とは、 元々は、地中に埋められた爆弾の名称で、踏むと爆発して大きな被害を被ることから、ある物事に触れたために手ひどい損害を被ること という意味合いを持っています。 そこから派生し、地雷女というワードも生まれました。 そのように言われる人たちの分かりやすい特徴は 「かまってちゃん」 「メンヘラ気質」 などが挙げられます。 そのイメージを捉えたものがいわゆる地雷メイクになります。 では具体的にどんなメイクなのでしょうか。 大きな特徴は肌と目元にあります。 まずは目元です。 メンヘラ=病んでいる というイメージのもとで 色白肌は必須になってきます。 加えて チークレスなのも地雷メイクの特徴でしょう。 もう一つの特徴である目元は、 ピンクまたは赤のアイシャドウと涙袋がポイントです。 ただ病んでいる雰囲気のメイクなわけではなく、かまってちゃんの部分である可愛さアピールにピンク系のが使われやすくなっています。 メイクの仕上がりはこのような感じです。 やカラーコンタクトを変えるとさらに印象を変えることができます。 ここからはさらに地雷メイクのプロセスを詳しくご紹介していきます。 病気のような色白肌 まずはベースとなるお肌作りです。 その基本は真っ白な血の気のない肌です。 下地と、それぞれ紹介していきますね。 下地 真っ白な肌を作るためにはとにかく色の白いファンデーションを塗る、という発想になりやすいかもしれませんが、それでは白浮きしてしまい違和感の原因になってしまいます。 そこで下地をカラー下地に変えることでベースを整えていきます。 色白肌を作り出すのにおすすめするのは以下の2色です。 ファンデーション 下地で血の気を消した後は、肌をセミマットに仕上げていきます。 ツヤ肌というよりはマットよりの方が病んでいる雰囲気が作りやすいです。 お人形さんのようなイメージを持つと分かりやすいですね。 使うファンデーションの種類は以下のパターンがおすすめです。 ・ ・+フェイスパイダー どちらでもマット感が出せるので、手持ちのコスメをぜひ活用してみてください。 このようにしてベースを完成させ、平行眉を書いて土台を仕上げていきましょう。 泣きはらしたような赤い目元 続いて目元の紹介です。 ここが今回の鍵を握るところになります。 必ず押さえるべきは以下の2点です。 赤系アイシャドウ まずは赤系のアイシャドウを目の周りをぼかすようにのせていきます。 イメージは泣き腫らしたような目元です。 ここで注意しなければいけないのが、きれいにぼかすということです。 塗り方にムラができてしまったり濃くつけすぎてしまったりすると、あざができている、怪我をしているような目元になってしまい、可愛さとはかけ離れていってしまいます。 上まぶただけではなくにも薄く広げていきましょう。 いきなり赤系のシャドウで囲みメイクのハードルが高ければ、 ピンク系から取り入れてみてもいいかもしれません。 ぷっくり涙袋 目元でアイシャドウの次に重要なのが涙袋です。 涙袋はなるべくぷっくりと強調させていきます。 普段だと少しやり過ぎかな、と感じるくらいが丁度いいです。 ラメ感のあるものを使うと、泣いた直後のようなウルウル感を簡単に引き出すことができます。 涙袋全体に白系のシャドウを乗せた後に、よりぷっくりさせるために影を作るのもおすすめです。 この2点を意識して目元を作り、アイラインはタレ目気味にブラックでひきましょう。 全体的に 「いつもより少しやり過ぎかな?」 くらいで大丈夫です。 最後の仕上げとコツ では、最後の仕上げに入りましょう。 顔で残すところはあとはだけです。 口元は赤か、暗めのパープルまたはブラック味のあるカラーをのせていきます。 普段だと赤の方が取り入れやすいですが、よりメンヘラっぽさを引き出すのであれば、暗めのカラーをしっかりと輪郭に沿ってのせていくのがいいでしょう。 顔の仕上げはここまでですが、さらにやカラコンまで意識すると大きく変化します。 カラコン 直径の大きい黒っぽいレンズが一番合います。 また、ハーフ系のカラコンも合わせやすいです。 髪型 黒髪の前髪ぱっつんが合わせるには相性がいいです。 また、目のすぐ上に前髪があることでより目を大きく見せる効果もあります。 触角を作るのもおすすめですね。 まとめ ここまでの解説はいかがだったでしょうか。 真っ白なセミマット肌 2. 泣き腫らしたような丸くうるうるした目元 この2点を最低でも押さえておけば誰でも簡単にチャレンジできます。 なんとなくハードルが高そうかなというイメージが和らぎ、少しでも取り入れやすくなれば嬉しいです。

次の