きっと うまく いく あらすじ。 きっと、うまくいくのレビュー・感想・評価

インド映画の名作『きっとうまくいく(3 idiot)』は最高に前向きになれる!【観るべき映画】

きっと うまく いく あらすじ

僕は殆ど映画を見なかったのですが、さすがに映画に関わるに関わっていて、しかも(名ばかりですが)広報の代表をしているにも関わらず「映画は見ない」はマズイということで、最近時間を作って映画を見るようにしています。 せっかくなので、今まで書いてきた本や歌詞の考察に加えて、映画の考察もシリーズで書いていくことにしました。 というわけで第一弾は知り合いに紹介してもらって、非常に印象に残ったこの作品「きっと、うまくいく。 」です。 インドの工科大学の寮でのドタバタ劇を描いたこの作品の主人公は、ランチョーという大学時代の友人が現在何をしているかを探すという構成で物語が始まります。 大学時代にランチョーを含め3馬鹿と呼ばれていた主人公の友人たちは、かすかな手掛かりを頼りに、ランチョーを探します。 その感にいろいろな想い出を振り返るという形で学生時代の彼らの生活が明らかになる。 主人公のランチョーは、非常に頭の良い人物で、いつも物事の本質を突くような発言をします。 大学に入学した当初から、学内にあった上下関係や学長の過度な競争主義に懐疑的で、いつもぶつかっていました。 初めこそ、そんな「問題児」であるランチョーのことを周りの人たちは問題児としてみていますが、一本筋の通ったランチョーの行動を見て、周囲は次第に変わっていきます。 最後はランチョーを目の敵にしていた学長までも認めるようになる。 (細かなスリーを話してしまうとネタバレになってしまうので、ざっくりとしたあらすじだけ…) 常に周りを巻き込み、周りを変えて行くランチョーの口癖はAll is izz well. (正式にはizzですが、ここではisと表記します) 窮地に陥るたび、こころの中でこの言葉を自分に言い聞かせ、いつも困難を乗り越えます。 [All is well. ]と「きっと、うまくいく。 」という邦題 映画を貫く主人公の考え方All is wellは、「きっと、うまくいく。 」という和訳で、邦題にも使われています。 オシャレな訳で、邦題としてはぴったりだと思うのですが、この作品が言いたいことをより的確に表すには、この和訳には少し違和感がありました。 「きっと、うまくいく。 」だと、将来のことを祈る言葉のように聞こえてしまう気がしたのです。 僕は、ランチョーが言う[All is well]は、自分の選択を行程し背中を押すことばであると感じました。 だから、もっとこう、自分の選択を受け入れるニュアンスがある言葉ではないかなあと思うのです。 そんな風に思っていたときに僕がぴったりな和訳だと思う言葉を漫画家の先生が言っているのも見つけました。 それが「これでいいのだ」という言葉。 の口癖であるこの言葉こそ、ランチョーが言わんとすることを、最も的確に表しているように思うのです。 と「きっと、うまくいく。 」の共通項 =================================== あなたの考えはすべての出来事、存在をあるがままに前向きに肯定し、受け入れることです。 それによって人間は、重苦しい陰の世界から解放され、軽やかになり、また、時間は前後関係を断ち放たれて、その時、その場が異様に明るく感じられます。 この考えをあなたは見事に一言で言い表しています。 すなわち、「これでいいのだ」と。 =================================== さんはさんの弔辞で、赤塚さんの「これでいいのだ」という言葉に込められた哲学をこう表しています。 「きっと、うまくいく。 」の中でランチョーいうAll is wellは、まさにこうした意味ではないかと思うのです。 ランチョーは自分が疑問に思う状況に出くわすと、それを我慢して受け入れることはありません。 いったん自分の頭で考えて、それが違うと思うのであれば、しっかりとそれを主張します。 その主張をするときに勇気付ける言葉がAll is wellなのです。 ここには、「自分が出した結論ならば、あとの成り行きは受け入れよう」という意思が感じられます。 納得できない出来事に直面したら、Is all well? (これでいいのか?)と自問し、納得できる結論に到達したのなら、All is well(これでいいのだ)と自分に言い聞かせて前に進む。 主人公にとって、All is wellという言葉は、そんな意味を含んでいるように思うからこそ、さんのいう「これでいいのだ」が最も適した和訳だと思うのです。 「競争が全てなの?」10年代のコンテンツに表出するモチーフを先取りした作品 ヒットしたマンガやアニメには、必ず時代の空気感が投影されているというのが僕の持論です。 僕は後半から10代前半のコンテンツには、競争に対する問題提起がなされる場合が多々ありました。 「」や「」「」がその好例。 (この辺は以前のエントリで説明しています) バトルロワイヤルやなど、前半には、疲弊しながら競争に競り勝とうとする主人公が頻繁に描かれました。 それが、後半にかけては、「競争で勝つだけでいいの?」という思想を持つ主人公が頻繁に登場するようになります。 「試合終了した時どんなに相手より多く点を取っていても嬉しくなければそれは「勝利」じゃない・・・!」 『』で主人公の黒子がいうこの言葉には、そうしたメッセージが端的に示されていると思います。 「きっと、うまくいく。 」の中で、主人公は同じ問いを投げかけます。 舞台となるインドの工科大学は、学歴でいえばトップクラスの学校という設定です。 学長も生徒もそのことを誇りに思っていて、だからこそ学生の親たちは無理をしてでもそこに通わせ、わが子が将来成功することを望む。 一方その実績の裏には、勉強についていけず自殺する生徒や、自分のやりたいことを我慢して学問に打ち込む生徒たちがいます。 ランチョーはこうしたシステムに正面から疑問符を投げかける。 他にも感じたことはいくつもあるのですが、長くなったのでここまで(笑) 上映されてから少し時間が経過した映画ですが、まだまだメッセージとして古びない、素晴らしい映画だと思います。 はもちろんこれ!.

次の

映画『きっと、うまくいく』のネタバレ感想・解説・考察!インドの3バカ大学生が自分の将来を突き進む傑作青春コメディ

きっと うまく いく あらすじ

僕は殆ど映画を見なかったのですが、さすがに映画に関わるに関わっていて、しかも(名ばかりですが)広報の代表をしているにも関わらず「映画は見ない」はマズイということで、最近時間を作って映画を見るようにしています。 せっかくなので、今まで書いてきた本や歌詞の考察に加えて、映画の考察もシリーズで書いていくことにしました。 というわけで第一弾は知り合いに紹介してもらって、非常に印象に残ったこの作品「きっと、うまくいく。 」です。 インドの工科大学の寮でのドタバタ劇を描いたこの作品の主人公は、ランチョーという大学時代の友人が現在何をしているかを探すという構成で物語が始まります。 大学時代にランチョーを含め3馬鹿と呼ばれていた主人公の友人たちは、かすかな手掛かりを頼りに、ランチョーを探します。 その感にいろいろな想い出を振り返るという形で学生時代の彼らの生活が明らかになる。 主人公のランチョーは、非常に頭の良い人物で、いつも物事の本質を突くような発言をします。 大学に入学した当初から、学内にあった上下関係や学長の過度な競争主義に懐疑的で、いつもぶつかっていました。 初めこそ、そんな「問題児」であるランチョーのことを周りの人たちは問題児としてみていますが、一本筋の通ったランチョーの行動を見て、周囲は次第に変わっていきます。 最後はランチョーを目の敵にしていた学長までも認めるようになる。 (細かなスリーを話してしまうとネタバレになってしまうので、ざっくりとしたあらすじだけ…) 常に周りを巻き込み、周りを変えて行くランチョーの口癖はAll is izz well. (正式にはizzですが、ここではisと表記します) 窮地に陥るたび、こころの中でこの言葉を自分に言い聞かせ、いつも困難を乗り越えます。 [All is well. ]と「きっと、うまくいく。 」という邦題 映画を貫く主人公の考え方All is wellは、「きっと、うまくいく。 」という和訳で、邦題にも使われています。 オシャレな訳で、邦題としてはぴったりだと思うのですが、この作品が言いたいことをより的確に表すには、この和訳には少し違和感がありました。 「きっと、うまくいく。 」だと、将来のことを祈る言葉のように聞こえてしまう気がしたのです。 僕は、ランチョーが言う[All is well]は、自分の選択を行程し背中を押すことばであると感じました。 だから、もっとこう、自分の選択を受け入れるニュアンスがある言葉ではないかなあと思うのです。 そんな風に思っていたときに僕がぴったりな和訳だと思う言葉を漫画家の先生が言っているのも見つけました。 それが「これでいいのだ」という言葉。 の口癖であるこの言葉こそ、ランチョーが言わんとすることを、最も的確に表しているように思うのです。 と「きっと、うまくいく。 」の共通項 =================================== あなたの考えはすべての出来事、存在をあるがままに前向きに肯定し、受け入れることです。 それによって人間は、重苦しい陰の世界から解放され、軽やかになり、また、時間は前後関係を断ち放たれて、その時、その場が異様に明るく感じられます。 この考えをあなたは見事に一言で言い表しています。 すなわち、「これでいいのだ」と。 =================================== さんはさんの弔辞で、赤塚さんの「これでいいのだ」という言葉に込められた哲学をこう表しています。 「きっと、うまくいく。 」の中でランチョーいうAll is wellは、まさにこうした意味ではないかと思うのです。 ランチョーは自分が疑問に思う状況に出くわすと、それを我慢して受け入れることはありません。 いったん自分の頭で考えて、それが違うと思うのであれば、しっかりとそれを主張します。 その主張をするときに勇気付ける言葉がAll is wellなのです。 ここには、「自分が出した結論ならば、あとの成り行きは受け入れよう」という意思が感じられます。 納得できない出来事に直面したら、Is all well? (これでいいのか?)と自問し、納得できる結論に到達したのなら、All is well(これでいいのだ)と自分に言い聞かせて前に進む。 主人公にとって、All is wellという言葉は、そんな意味を含んでいるように思うからこそ、さんのいう「これでいいのだ」が最も適した和訳だと思うのです。 「競争が全てなの?」10年代のコンテンツに表出するモチーフを先取りした作品 ヒットしたマンガやアニメには、必ず時代の空気感が投影されているというのが僕の持論です。 僕は後半から10代前半のコンテンツには、競争に対する問題提起がなされる場合が多々ありました。 「」や「」「」がその好例。 (この辺は以前のエントリで説明しています) バトルロワイヤルやなど、前半には、疲弊しながら競争に競り勝とうとする主人公が頻繁に描かれました。 それが、後半にかけては、「競争で勝つだけでいいの?」という思想を持つ主人公が頻繁に登場するようになります。 「試合終了した時どんなに相手より多く点を取っていても嬉しくなければそれは「勝利」じゃない・・・!」 『』で主人公の黒子がいうこの言葉には、そうしたメッセージが端的に示されていると思います。 「きっと、うまくいく。 」の中で、主人公は同じ問いを投げかけます。 舞台となるインドの工科大学は、学歴でいえばトップクラスの学校という設定です。 学長も生徒もそのことを誇りに思っていて、だからこそ学生の親たちは無理をしてでもそこに通わせ、わが子が将来成功することを望む。 一方その実績の裏には、勉強についていけず自殺する生徒や、自分のやりたいことを我慢して学問に打ち込む生徒たちがいます。 ランチョーはこうしたシステムに正面から疑問符を投げかける。 他にも感じたことはいくつもあるのですが、長くなったのでここまで(笑) 上映されてから少し時間が経過した映画ですが、まだまだメッセージとして古びない、素晴らしい映画だと思います。 はもちろんこれ!.

次の

映画『きっと、うまくいく』あらすじとネタバレ感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

きっと うまく いく あらすじ

「きっとうまくいく」あらすじ 出典: ある日、大学時代親友同士だったファルハーン ファラン・クレイジー とラージュ シャルマン・ジョン は、もう一人の親友チャトルから呼び出される。 その日はもう一人の親友であるランチョー アーミル・カーン とチャトルが10年前に「10年後の今日に母校に戻りどちらがより成功したかを見せ合おう」という賭けをしたのだ。 しかし、ランチョーの姿は見当たらない。 ランチョーは大学卒業後、消息が途絶えていた。 すると、チャトルは、ランチョーがシムラにいると告白。 3人は急いで車に乗り、シムラを目指すことに。 4人は、インド屈指の難関工科大学にで出会ったのだ。 カメラマンを夢見ていたが、エンジニアになるよう強要され生きてきたファルハーンと恐怖心から祈りを欠かせないラージュ、探究心旺盛で強を持つランチョーの3人はルームメイトで絆は深まる一方だった。 特にランチョーは浮世離れしていて、反骨心がとても強く、座右の名 「All is well うまーくいーく 」 と唱え、上級生に逆い、学長のいうことも聞かずにいた。 思うがままに世間の常識に反抗していた。 そんなある日、ランチョーと同類と目されていた良きライバルだった4年生のジョイ・ロボが自殺してしまう。 強烈な競争を強いていた大学の教育方針に苦しみ、競争社会から降りたのだった。 彼らが在籍していた大学の学長が求めるのは、通知表にのる点数や成績、就職率ばかりであった。 ランチョーは「学問」ではなく、「点の取り方」を教える教育方針に疑問を覚え真っ向から対立していた。 ファルハーンとラージュはそんなランチョーに惹きつけられ、ランチョーの背中についていった。 いつも学年最下位だったファルハーンとラージュ。 ある日、ランチョーとヴィールーは「ファルハーンかラージューが就職するか否か」を賭けた。 そして10年が経ちシムラのランチョーの家に訪れたのだが、出迎えたのは、ランチョーと名乗る別物だったーー。 しかしそいつがよく教育されたライオンと呼ばれることはないだろう。 よく調教されたライオンと呼ばれるはずだ。 」 出典: 「学問」ではなく、「点の取り方」を教える教育方針 に不満を抱いていたランチョーのセリフです。 大学が提供すべきことは、調教ではなく教育だ!という意味が込められています。 厳しい競争社会で戦わされ、その異常なほどの環境に耐えることができず、自殺する生徒もいました。 誰も声をあげて意見できなかったが、ランチョーは違います。 このシーンはとても勇気付けられるシーンです。 「月面に初めて立った人物は?紛れもなくニール・アームストロングだ。 これは誰もが知っていることだが、2番目は誰だ?時間を無駄にするな。 2番目の人物なんて誰も覚えてやしない。 」 ランチョーと対極の性格の同級生ヴィラスが放ったセリフです。 ヴィラスは勉強ばかりしているのにランチョーに負け続けていました。 ランチョーをかなり適ししているヴィラスが放ったこの一言は、相当1位になりたいのが伝わってきます。 しかし1位へやたらこだわるヴィラスをみていると、なんだかこっちまでやる気が出て、ポジティブな気持ちになります。 成功の背中を決して追うな。 美徳に従えば成功は自ずとついてくるものだ。 」 出典: ランチョーが放ったセリフです。 目先の目標、成功だけを意識していたら、何事にも身が入らないという意味が含まれています。 才能を無駄にするべきじゃない。 もしプロの歌手の父親が子供にクリケット選手になるように説得していたら?もしプロのクリケット選手の父親が子供に歌手になるよう説得していたら?彼らはどうなっていたと思う?僕が言っていることが分かるか?動物が好きなのになぜ機械と結婚するんだ。 」 幼い頃から動物の写真家に憧れていたファロン に対してランチョーが放った一言です。 親の言いなりになっている姿が許せなかったランチョーが、ついに直接ファロンに喝を入れているシーンです。 そうだろ?家や車も小さくなるだろう。 でも、父さん。 僕はそれで幸せ、本当に幸せなんだよ。 何をするにせよ心は満たされるのだから。 」 ランチョーからの言葉、姿に刺激を受け、ファランの情熱が高まり、思いが変わりました。 固い決意が表現された名言です。 友人が失敗すれば人は嫌な気持ちを抱く。 しかし、友人が一番になったら、人は最悪な気分になるものだ」 出典: ファランが放ったのがこの言葉。 結局人間は自分が1番です。 この言葉はたくさんの人に当てはまる言葉だと思います。 非常に耳が痛くなります。。。 臆病になった時は胸に手をかざしてこの言葉を言うんだ。 あなたの心に響く言葉はありましたか? 浮世離れしたランチョーの考え方、ブレない生き方、前だけを見て突き進んでいる姿に心揺さぶられます。 とにかくランチョーがかっこい!彼の生き方に憧れてしまいます。 いまいち自分に正直になれない、本当にやりたいことができていない。 やりたいことよりも安定に逃げてしまっている方…。 『きっとうまくいく』をみて何か考えが変わったんじゃないでしょうか。 今の世の中、 大企業に就職してマイホームを買うことが誰もが憧れる幸せではなくなってきています。 本当に自分の好きなことで働いたり、働くスタイルも様々。 本当の幸せとは心の充実感だと思います。 あたなもランチョーのように、手を胸に当ててみてください。 何を思いますか? この作品をみて、自分を見直す良いきっかけになればと思います。 世界中を熱狂させた スティーブン・スピルバーグが、3回観たほど大好きだと言ったほどの作品です!また、 主人公ランチョーの顔がラッパーのエミネムに激似! ということで話題にもなっています。 人生の無駄遣いにならないと思います! 是非、ご覧になってみてください。

次の