夜明けまで強がらなくてもいい センター。 【乃木坂46/夜明けまで強がらなくてもいい】歌詞の意味を考察! 優しく温かい応援ソング

乃木坂46新センター遠藤さくらが大粒の涙 24thシングルMV解禁

夜明けまで強がらなくてもいい センター

乃木坂46の新曲「夜明けまで強がらなくてもいい」が、2019年9月4日 水 にリリースされる。 24番目となる新シングル「夜明けまで強がらなくてもいい」は、センターを担う遠藤さくら、そしてフロント・賀喜遥香と筒井あやめの4期生3名を含む18名の選抜メンバーで構成。 日々の悩みや葛藤を乗り越え、自分自身を奮起させる、力強いメッセージが込められた楽曲となる。 映画『』の主題歌「僕のこと、知ってる?」が各タイプ共通で収録されるとともに、「真夏の全国ツアー2019」でもってグループを卒業するキャプテン・桜井玲香の最初で最後となるソロ曲「時々 思い出してください」などもカップリング。 それぞれの世界感を映し出す楽曲がひとつの作品として集結するシングルとなる。 展開されるのは、通常盤とタイプ-AからDの初回生産限定盤の計5種類。 通常盤には24th選抜メンバーの「僕の思い込み」、初回仕様のタイプ-Aには、齋藤飛鳥・堀未央奈・山下美月ユニットの「路面電車の街」、タイプ-Bには4期生メンバーによる「図書室の君へ」、タイプ-Cには桜井玲香のソロ曲「時々 思い出してください」、そしてタイプ-Dは24thアンダーメンバーが歌う「~Do my best~じゃ意味はない」がそれぞれ収録される。 また、齋藤飛鳥・堀未央奈・山下美月ユニットの「路面電車の街」と、桜井玲香ソロ曲「時々 思い出してください」のミュージックビデオが公開された。 「路面電車の街」は、女子高時代にもう1人の親友だった「ひかり」の記念日に、故郷に集まるというストーリー仕立ての作品。 実際に動いている電車内で撮影が行われ、待ち時間の途中で電車の揺れに気持ち良くなった堀未央奈は本当に寝てしまったという。 監督は、乃木坂46の「逃げ水」「あの教室」「ないものねだり」などを手掛けた山岸聖太が務めた。 「時々 思い出してください」のミュージックビデオでは、桜井玲香が乃木坂46に入り、キャプテンとしてグループを牽引した約8年間の莫大な映像素材の中から、ターニングポイントとなった所を厳選。 今現在の桜井玲香と照らし合わせながら振り返る内容となっている。 実際に桜井本人が着ていた衣装が勢揃いした、映像内の装飾にも注目だ。

次の

【乃木坂46】24thシングル『夜明けまで強がらなくてもいい』収録曲のBPM他一覧

夜明けまで強がらなくてもいい センター

梅澤美波、北野日奈子、秋元真夏、久保史緒里、高山一実、星野みなみ、新内眞衣、山下美月、生田絵梨花、白石麻衣、松村沙友理、桜井玲香、与田祐希、堀未央奈、賀喜遥香、遠藤さくら、筒井あやめ、齋藤飛鳥 今回の選抜メンバーは18名で、前作「」の22名より4名減りました。 近年選抜メンバーは増加傾向にあり、20人を超えることが多かったのですが、今回は久々に人数が減りましたね。 選抜メンバーが20人以下となったのは、2017年10月11日発売の19thシングル「いつかできるから今日できる」以来となります。 初選抜入りしたメンバー 24thシングルでの初選抜入りは4期生メンバーの賀喜遥香、遠藤さくら、筒井あやめの3名のみ。 2期生や3期生からの初選抜はありませんでした。 選抜落ちしたメンバー そして前作から選抜落ちとなったのは伊藤理々杏、岩本蓮加、阪口珠美、佐藤楓、鈴木絢音、渡辺みり愛の6名。 「」の選抜メンバーが多かったというのもありますが、大量にメンバーが入れ替わっています。 夜明けまで強がらなくてもいいのフォーメーションと福神メンバー フォーメーション 「夜明けまで強がらなくてもいい」のフォーメーションは以下のようになっています。 3列目から順に7名、6名、フロント5名という計18人のフォーメーションです。 今作最大の衝撃は、やはりグループの顔でもある白石麻衣が2列目となったことでしょう。 白石麻衣が1列目から外れるのは、5thシングル「君の名は希望」以来およそ6年ぶり。 そしていくちゃん(生田絵梨花)もこれまで1列目が続いていましたが、今作は2列目に位置付けていますね。 生田絵梨花が1列目から外れるのは、19thシングル「いつかできるから今日できる」以来となります。 さらに前作でフロントだった与田祐希、今作で休業明けとなりセンターポジションも予想されていた山下美月も2列目に。 その代わりに初選抜である4期生の3名をいきなりセンターとフロントにどーん!と持ってくるという、 ザ・世代交代 なフォーメーションになっていますね。 次世代エースである齋藤飛鳥・堀未央奈を1列目に付けたままで4期生を1列目に持ってきているので、かなり世代交代を意識していると思います・・・! 3期生の人気メンバーたちを下げてまでいきなり4期生をフロントに配置するというのは、やはり1期生の卒業ラッシュに運営も焦っているのでしょうか。

次の

乃木坂46の24th「夜明けまで強がらなくてもいい」歌詞の意味を調べてみた!

夜明けまで強がらなくてもいい センター

梅澤美波、北野日奈子、秋元真夏、久保史緒里、高山一実、星野みなみ、新内眞衣、山下美月、生田絵梨花、白石麻衣、松村沙友理、桜井玲香、与田祐希、堀未央奈、賀喜遥香、遠藤さくら、筒井あやめ、齋藤飛鳥 今回の選抜メンバーは18名で、前作「」の22名より4名減りました。 近年選抜メンバーは増加傾向にあり、20人を超えることが多かったのですが、今回は久々に人数が減りましたね。 選抜メンバーが20人以下となったのは、2017年10月11日発売の19thシングル「いつかできるから今日できる」以来となります。 初選抜入りしたメンバー 24thシングルでの初選抜入りは4期生メンバーの賀喜遥香、遠藤さくら、筒井あやめの3名のみ。 2期生や3期生からの初選抜はありませんでした。 選抜落ちしたメンバー そして前作から選抜落ちとなったのは伊藤理々杏、岩本蓮加、阪口珠美、佐藤楓、鈴木絢音、渡辺みり愛の6名。 「」の選抜メンバーが多かったというのもありますが、大量にメンバーが入れ替わっています。 夜明けまで強がらなくてもいいのフォーメーションと福神メンバー フォーメーション 「夜明けまで強がらなくてもいい」のフォーメーションは以下のようになっています。 3列目から順に7名、6名、フロント5名という計18人のフォーメーションです。 今作最大の衝撃は、やはりグループの顔でもある白石麻衣が2列目となったことでしょう。 白石麻衣が1列目から外れるのは、5thシングル「君の名は希望」以来およそ6年ぶり。 そしていくちゃん(生田絵梨花)もこれまで1列目が続いていましたが、今作は2列目に位置付けていますね。 生田絵梨花が1列目から外れるのは、19thシングル「いつかできるから今日できる」以来となります。 さらに前作でフロントだった与田祐希、今作で休業明けとなりセンターポジションも予想されていた山下美月も2列目に。 その代わりに初選抜である4期生の3名をいきなりセンターとフロントにどーん!と持ってくるという、 ザ・世代交代 なフォーメーションになっていますね。 次世代エースである齋藤飛鳥・堀未央奈を1列目に付けたままで4期生を1列目に持ってきているので、かなり世代交代を意識していると思います・・・! 3期生の人気メンバーたちを下げてまでいきなり4期生をフロントに配置するというのは、やはり1期生の卒業ラッシュに運営も焦っているのでしょうか。

次の