タイム スタンプ どう にゅ う ペーパー ロジック。 タイムスタンプとは?|情報セキュリティ関連の技術|基礎知識|国民のための情報セキュリティサイト

api.rethinkrobotics.com:契約書、まだ紙ですか?「電子のハンコ」で電子契約や請求書などを一括作成、自動送信

タイム スタンプ どう にゅ う ペーパー ロジック

タイムスタンプに記載された暗号情報とオリジナルの電子データを突き合わせることで、その電子データがタイムスタンプによって証明された内容であることを確実にしかも簡単に確認することができます。 当社のタイムスタンプは電子帳簿保存法に定める認定事業者のタイムスタンプです。 paperlogic 電子契約では、電子署名法に準拠し、PKI公開鍵暗号基盤を用いた「一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)」のJCAN電子証明書を伴う電子署名機能を提供しています。 本サービスリリースの背景として、法律法令に十分対応した仕組みの必要性を提言している。 印紙税が不要となることでコスト削減効果が大きい電子契約だが、企業においては関連する法律法令への対応が不十分だとせっかくの電子化が無駄になりかねない。 例えば、企業間取引の契約書は重要度の高い国税関係書類となり、電子帳簿保存法において電子保存の際の要件が規定されています。 要件を満たさないと電子保存ができなくなり、実は印紙が必要になってしまうということも起こり得るということだ。 「paperlogic 電子契約」では、電子署名法、電子帳簿保存法、会計監査など関連する法律法令等に完全対応し、タイムスタンプ・電子署名を標準機能として提供、電子契約書の保存や検索等においても法律法令に完全準拠しているので、企業で安心して利用できる電子契約の仕組みを提供するとしている。 契約の起案、法務審査、相手方の電子署名までのプロセスを劇的に短縮• タイムスタンプと電子署名の同時付与で、改ざん・なりすましを強力に防止• 契約書は検索・閲覧・共有可能、契約業務を見える化(契約書データは電子帳簿保存法第10条の保存要件へ完全対応)• ゲスト機能で相手方が電子契約サービスを契約していなくても締結可能(三者以上の契約にも対応)• 署名者の電子証明書を伴わない簡易署名も可能(認印に相当、課金対象外のため締結数に制限なし)• 「paperlogic電子稟議」との連携でワークフロープロセスを経て契約締結、一層の内部統制強化を実現 ペーパーロジック株式会社では、今月Legal Teamを新設し、弁護士2名を同社に参加させている。 新チームの発足によって、「paperlogic電子稟議」、「paperlogic電子契約」や、リリース準備中の「paperlogic電子書庫」、今後開発される各商品・サービスの法的なバックグラウンドを一層強化し、up-to-dateな法対応サービスを展開していくとしている。

次の

契約書、まだ紙ですか?「paperlogic電子契約」新発売 タイムスタンプ・電子署名機能を標準装備、電子署名法・電子帳簿保存法完全対応のクラウド型電子契約|ペーパーロジックのプレスリリース

タイム スタンプ どう にゅ う ペーパー ロジック

このページの目次• テレワークの課題にも応えるサービス「paperlogic」 最近では新型コロナウイルスの影響でテレワークやリモートワークなどに注目が集まっています。 その中で課題をアンケートしたところ、「コミュニケーションがとりにくい」という意見の次に 「書類に勤務先のハンコを押印する必要があり上司の承認・決裁が取りにくい」という意見が目立ちました。 paperlogicでは ハンコによる押印が要らず、契約書の電子化から署名、管理までがすべてペーパーレスでできるのでリモートワーク課題のソリューションとしても注目されています。 paperlogic(ペーパーロジック)の3つ特徴 1. 受領領収書を電子化する電子稟議 paperlogicでは稟議書の電子化が可能です。 紙で貰った領収書もスマホで撮影し、クラウド上に保存することができます。 そして決済者が承認した場合にはタイムスタンプが自動で押されるシステムになっているので、領収書保管の手間をはじめとする事務効率の改善に繋がります。 請求書をメールで送付するなどペーパーレス化を進めてはいたが、原本保管が必要で費用削減効果は少なかった。 電子稟議の導入により 法的根拠の下に紙の廃棄ができ、保管コストを削減するとともに、いつでもどこでも稟議申請、承認ができるため、業務効率が大幅に向上した。 paperlogic(ペーパーロジック)の料金プラン paperlogicには上で紹介したように電子稟議、電子契約、電子書庫の3つでプランが分かれています。 まずは電子稟議のプランから紹介します。 登録できるユーザー数によって料金が変動していきます。 また電子書庫もプランに応じた容量で利用することができます。 次に電子契約のプランを紹介します。 月ごとの契約数、ユーザーの登録可能数によってプランが変動します。 こちらもプランに応じた容量で電子書庫の利用が可能です。 なお、電子契約書を省いた簡易署名は契約書の数に含めないため実はお得な料金設定になっています。 最後に電子書庫のプランを紹介します。 こちらは100GB~1TBまでのプランに分かれています。 ユーザーの登録可能数によっても変動するので会社の規模に合ったプランが選択可能です。 なお、電子稟議と電子契約のプランには標準的な書庫が付随しているので、それでも足りない場合にこちらのプランを選択することをおすすめします。

次の

タイムスタンプのしくみ

タイム スタンプ どう にゅ う ペーパー ロジック

「電子のハンコ」で出社要らずの完全なテレワークを実現 テレワークでは「紙とハンコ」からの脱却が必要 2020年春の新型コロナウイルス感染拡大に伴い、リモートワーク/テレワークの導入に踏み切る企業が一挙に増えた。 「働き方改革」のさなか育児との両立など、労働環境変革の契機になるのではと期待を寄せる専門家も多い半面、管理部門では「紙とハンコのために出社しなければならない」、営業系の部門でも「週に一度は出社しないと業務が滞ってしまう」といった声が上がっている。 テレワークを実施したものの、書類に印鑑を押す作業のために出社しなくてはならない。 従業員を在宅勤務としたのに、社長や管理者が押印のために出社する…という奇妙な現象が起きている。 ペーパーレス社会の必要性が叫ばれて久しく、メールやPDFでPCやネットワークによる意思疎通や文書管理の仕組みは整ってきているのに、「承認(決裁)」の場面では再び紙による処理が求められる、なんとも皮肉な話だ。 しかし、解決方法はすでに確立されているのだ。 「電子のハンコ」は実印と同等の法的効力 承認や決裁をペーパーレス化するなら、「電子のハンコ(電子証明書)」を使えばよい。 電子のハンコで電子的に署名を行った場合、なりすまし排除・改ざん防止の観点で、技術的にはむしろ紙より安全性が高いといえる。 ただし、文書や契約書の電子保存には法令の要件があるので注意が必要だ。 2005年に施行された「e-文書法」や電子帳簿保存法などで文書の電子保存が可能となっているが、法的保存要件を満たさねばならない。 ただ電子署名を行うだけのサービスではなく、法的保存要件に対応しているサービスを選定する必要があるのには注意が必要だ。 そこでいま注目を浴びているのが公認会計士、税理士や弁護士らの知見をフルに活かしたITソリューションを開発するプロ集団、 だ。 電子のハンコを利用し、経理・総務・法務の領域で、企業が法令で保管を義務づけられている紙書類を法的な要件を満たしたうえで完全にペーパーレス化できるクラウドサービス、paperlogic電子稟議/電子契約/電子書庫を開発。 文字通り「紙とハンコからの脱却」が可能な理想のテレワーク環境を構築することが可能だ。 実績豊富なコンサルティング paperlogicでは、「電子のハンコ」とタイムスタンプの併用で、なりすましや文書の改ざんを防止。 契約書、領収書、注文請書等では印紙税の削減も可能になるという。 企業規模や業種業態に応じたペーパーレス化のコンサルティングも可能。 導入時にはコストを抑えて最大限の効果を、本格展開時には内部統制・コンプライアンス強化も実現する。 費用は月額2万円からという低コストなのでまずは資料請求してみてはどうだろう。 (2020年3月ペーパーロジック調べ) 「電子のハンコ」とは? 企業代表者など契約書へ捺印する決裁権限者の「本人性を証明する」世界で一つしかない電子のデータ、それが電子のハンコ(PKI基盤に基づく電子証明書)、 いわば電子化された実印なのだ。 タイムスタンプは、特許の先使用権を主張する際にも発明の事実を証明するために使われ始めている。 税務(電子帳簿保存法)の保存要件として、認定事業者のタイムスタンプを利用することが義務付けられている。 2020年6月25日 フランスを旅していると、「フランスで最も美しい村」と書かれた立て看板に出会うことがあります。 これは、田舎の小さな村に残る美しい景観や伝統的…• 2020年6月25日 PR アフターコロナの「新しい日常」は、通勤&移動のアップデートから 自転車活用推進法の施行から3年。 環境貢献とフィットネスを兼ねて、そろそろ自…• 2020年6月25日 PR 本物を知る男性は、「自分の傘」を説明できる 英国製スーツ、イタリア製の革靴、スイス製の時計。 国際都市のビジネス街を歩く身として、日々専門サ…• いざ着ようとしたらシワだらけ…という事態にも慌てないのが、現代の….

次の