プロジェクター テレビ。 プロジェクターでテレビを見る方法!地上波もBSもCSも!ブルーレイレコーダーを使用した接続方法を解説!

テレビ代わりにプロジェクターを使ってみて分かった5つのメリット

プロジェクター テレビ

「狭いお部屋なのでテレビを置くスペースを節約したい」「たまにしかテレビを見ないので購入するか迷っている」 このような悩みを抱えている方にプロジェクターの使用をおすすめします! テレビの代わりにプロジェクターを使用することによって、「テレビより大画面で迫力のある映像を見ること」や「テレビを置くスペースが不要になり、お部屋をより広く使うこと」が可能になります。 とは言っても、なかなかプロジェクターの購入にはなかなか踏み切れませんよね...。 今回はそんなプロジェクターをテレビ代わりに使用したいと考えている人に、 実際に使用するとどんなメリットやデメリットがあるのかを解説していきます! また、テレビの代わりにプロジェクターを使用するのであれば「どのプロジェクターがおすすめか?」という点についてもご紹介します! そもそもプロジェクターはテレビ代わりに使えるの? 結論から言うと、プロジェクターをテレビの代わりに使用しても何の問題もありません! 「プロジェクターでテレビを見ると、画質が悪くなってしまうのでは?」というイメージを抱えている方も多いかと思います。 しかし、最近では「フルHD」や「4K」の映像を投影することの出来る高性能プロジェクターが多く発売されています。 そのため、プロジェクターを代わりに使用したとしても 画質が劣化することなく映像を楽しむことが出来るのです。 また、プロジェクターとテレビの接続方法もとても簡単です。 「HDMIケーブル」と「ブルーレイディスク(もしくはチューナー)」を用意すれば、初心者でも簡単に接続することが可能です。 詳しい接続方法についてはのページで解説してますので、参考にしてみてくださいね! プロジェクターをテレビの代わりに使用するメリット 「テレビの代わりにプロジェクターを使用してみようかな?」と検討している人に、メリットについて解説していきます。 主なメリットとしては、以下の4つになります。 それでは、一つずつメリットを確認してみましょう。 画面が大きいのでテレビより迫力がすごい! 液晶テレビの画面の大きさは、32インチ~52インチが一般的。 ワンルームで一人暮らしをしている方は、32インチ以下のテレビを使用している方も多いのではないでしょうか? それに対して一般的にプロジェクターは、80インチ~100インチのスクリーンに投影を行います。 テレビと比較すると、約2倍から3倍程度の大画面で迫力ある映像楽しむことが出来ます。 ニュースやバラエティーならまだしも、ライブ映像やスポーツ観戦をするなら断然プロジェクターの使用をおすすめします。 小さな画面で見るのとは、まったく違う臨場感を味わうことが可能に!最近ではスポーツ観戦に適したプロジェクターも発売されているので、そちらもチェックしてみてください。 このモデルはプロジェクターとしては珍しく、サッカー観戦に適した「フットボールモード」と、バスケットボールやテニスなどのスポーツ観戦に適した「スポーツモード」を搭載しています。 これによりあらゆるスポーツの素早い動きに対応、テレビで観戦するよりも「まるでスタジアムにいるような臨場感」を味わうことが出来ます。 また内蔵されているスピーカーにも特徴が!BenQ独自の「CinemaMaster Audio+2」というシステムを搭載、スタジアムの歓声やレフリーの笛の音を忠実に再現。 「ご自宅でのスポーツ観戦の際にもっと盛り上がりたい!!」「仲間と大画面で応援したい!!」と考えているのであれば、このモデルの購入をおすすめします! また最新の液晶テレビと同程度の画質を誇る「4K対応」のプロジェクターをお探しの方は、もチェックしてみてください。 テレビを置くスペースを節約することが可能! 「テレビやテレビ台を置くスペース」って結構邪魔になったりしますよね!特にワンルームにお住いの方はテレビ台が大きくてお部屋が圧迫されてしまうなんてことも。 そんな方に、プロジェクターをテレビ代わりに使用するのはおすすめです! 仮に50インチのテレビを置くことの出来るテレビ台を購入したとすると、「120cm~140cmの幅」「30cm~40cmの奥行」が必要になってきます。 このスペースを節約できたとしたら、お部屋をとっても広く使用することが出来るのです! プロジェクターで映像を投影する プロジェクタースクリーンは、壁にかけて使用することが出来るので、ほぼスペースを使うことがありません。 ソニー(SONY)の『LSPX-P1』は、この投映距離を必要としない 短焦点プロジェクター(超短焦点プロジェクター)と呼ばれるモデルです。 プロジェクタースクリーンを必要とせず、「白い壁」に直接投映することが可能。 壁にくっつけて置いておくだけで、22インチの映像を楽しむことが出来ます。 また壁から28cm離すと80インチの大画面投映も可能! 本体サイズは「幅8. 1cm」と超コンパクト。 テレビを置いていたスペースを節約することが出来ます! 投映距離を必要としない短焦点プロジェクターを探したいという方は、で詳しくご紹介しています。 モデルによってはテレビを購入するより安い! 「プロジェクターってテレビより高いんじゃないの?」というイメージを抱えている方も多いかと思います。 しかし、実際のところは液晶テレビと同価格もしくは、モデルによっては液晶テレビよりも安くなっています! 例えば家庭用ホームプロジェクターの売れ筋ランキング1位のエプソン(EPSON)『EB-W05』は、フルHDの画質を誇りながら、 5万円台で購入することが出来ます。 もちろん100インチの巨大スクリーンへの投影も可能。 画面の明るさを示すルーメンも3300ルーメンと、お部屋を暗くしなくてもはっきりと綺麗な映像を楽しむことが出来ます。 3300ルーメンと画面が非常に明るいので、お部屋を暗くしなくてもはっきりと映像を確認することができ、お昼間の使用に最適。 テレビの代わりに使用するプロジェクターとしても非常に優秀です。 プロジェクターメーカーの最大手「エプソン」らしい、高性能さと使い勝手の良さの両面で優れているモデル。 「15,000:1」というコントラクト比を持っているため、通常のプロジェクターよりメリハリのある映像を楽しむことが出来ます。 スクリーンの正面にプロジェクターを設置できない場合でも、「ピタッと補正機能」を使用すれば、斜めヨコからでも歪みのない綺麗な映像を楽しむことが出来ます。 テレビの代わりにプロジェクターを使用したいと考えているのであれば、 このモデルの検討は欠かせません! テレビよりお得な格安プロジェクターについて知りたい方は、をチェック! スマホやタブレットの映像も大画面で楽しめる! 「Netflix」や「Hulu」、YouTubeなどのネットコンテンツの映像をスマホやタブレットの小さな画面ではなく100インチの巨大スクリーンで楽しみたいと思いませんか? 最新の一部プロジェクターのモデルには、 スクリーンミラーリングに対応し、ワイヤレスでスマホやタブレットと接続することが出来ます。 このモデルは「天井への投影」が可能になっており、ベッドの上に投影を行えば 寝たままでも映像を観ることが出来ます。 普段ベッドやソファーに横になりながら、スマホで映像を視聴するという方も多いかと思いますが、このプロジェクターであれば無理な体勢をせずに映像を楽しむことが可能になっています。 くつろぎながら、映画やバラエティーを楽しみたいという方におすすめのモデルです。 プロジェクターをテレビ代わりに使用するデメリット ここまでテレビの代わりにプロジェクターを使用するメリットについて解説をしてきましたが、「本当にメリットばかりなの?」という方に デメリットについても解説をしていきます。 デメリットもうまく加味したうえで、プロジェクターの導入を検討すると良いでしょう。 お部屋が明るいと見えにくいモデルも プロジェクターの中には、画面の明るさを示す「ルーメン」が低く、明るいお部屋だと上手く見えにくいモデルも存在します。 これを見分ける方法としては、 ルーメンが1000lm以上のモデルを選ぶと、明るいお部屋でもぐっと見やすくなります。 ただしルーメンが低いプロジェクターでも「照明を落とす」「カーテンを閉める」など、お部屋を一定の暗さに出来るのであれば問題ありません。 画質が悪いモデルも テレビと比較すると、画質の悪いモデルも多く存在します。 プロジェクターを選ぶ際には 「フルHD」もしくは「4K」のモデルを選ぶと良いでしょう。 投映距離が必要なモデルも プロジェクターは、スクリーンもしくは壁まで投映距離を必要とします。 この投映距離が長いと、設置場所に困り、かえってテレビよりも邪魔になってしまう場合も...。 それらを防ぐためにも、 「短焦点プロジェクター」「超短焦点プロジェクター」とよばれる投映距離をあまり必要としないモデルがおすすめです。 【まとめ】テレビ代わりに使用するプロジェクターの選び方 結論としては、プロジェクターをテレビの代わりに使用するのは、特別問題ないといえます。 ただし、選ぶべきプロジェクターには注意が必要になってきます。 テレビ代わりに使用するプロジェクターを選ぶポイントとしては、• ルーメン(画面の明るさ)が1000lmを超えているモデル• お部屋が狭いのであれば短焦点プロジェクター• 解像度が4KもしくはフルHDのモデル の3点に注意して選ぶと良いでしょう。 ただし、夜間限定の使用やお昼間でもカーテンを閉めて使用するのであれば、ルーメンに関してはそこまでこだわる必要はありません。 高ければ良い程度に思っておくと良いでしょう。 2019年おすすめのプロジェクターに関しては、で解説していますので、プロジェクター探しの参考にしてみてください!.

次の

テレビ代わりにプロジェクターを使ってみて分かった5つのメリット

プロジェクター テレビ

大画面テレビが自宅にある人も多いと思うが、映画やゲームを本格的に楽しむなら映画館さながらのスクリーンや壁への投写による80〜100インチクラスの大画面にチャレンジしてはどうだろうか。 導入ついても、専用ルームではなくリビング設置、さらに設置スペースも取らない超短焦点タイプも登場し導入のハードルもグッと下がっている。 リビングを映画館にする、そんなスタイルも最近のトレンドだ プロジェクター導入の大きな障壁となっていたプロジェクターの置き場所問題についても、壁間際の設置が可能な超短焦点プロジェクターの登場で改善しつつある そこで今回は、自宅で大画面を実現できるプロジェクターを入門機からハイエンドの4Kまでタイプ別に紹介しよう。 覚えておきたいプロジェクターキーワード 実際の製品を紹介する前に、まずはプロジェクター選びで押さえておきたいキーワードについて簡単に説明しておこう。 ・表示方式 プロジェクターのスペックでよく現れるのが「DLP」「液晶」等の映像素子。 画面を投写する前にプロジェクター内部で映像を表示するデバイスのことで、各方式の中にも画素数やパネルサイズで性能がある。 ・表示画素数 プロジェクターのスペックに必ず書かれているもので、薄型テレビやスマホの画面と同じ表示解像度のことをあらわす。 ・lm(ルーメン) 画面を投写するランプの最大輝度性能を表すスペック。 プロジェクターの表示画質は部屋の明るさの影響を受けやすいので、できれば暗室での投写が理想だが、最大輝度が高いほど照明を付けたままでも鮮明に投写できる。 ・投写距離 プロジェクターは離れた位置から映像を投写するが、その際に必要な距離が投写距離。 日本の家庭では基本的に短い方が扱いやすい。 ズームレンズにより1. x倍程度とサイズ拡大も可能だ。 本記事では目安として80インチ投写時の最短距離を表記している。 ・設置性 プロジェクターは画面正面に設置するのが基本だが、家具が邪魔になったりとハードルが高い。 高さ位置のみは各機種本体の足で調整可能だが、斜め投写やレンズシフトに対応した機種はより自由度が高く、他機種で設置できない部屋でも導入可能だ。 ・入力端子 現在のプロジェクターはどの機種もHDMI端子による映像入力が基本なので、レコーダーやゲーム機はどれも接続可能。 ほとんどの機種でD-Sub端子もあるのでPC接続も行える。 Wi-FiやBluetoothでスマホやPCと接続できる機種もある。 ・スピーカー プロジェクターは多くの機種で本体にスピーカーを内蔵している。 ただし、あくまで確認程度のもので本格的に使うには別途スピーカーを用意しよう。 なお、4K対応などハイエンド機ではスピーカーを省略した機種が多い。 ・スクリーン 自宅にプロジェクターを導入し、映画館のようなシアタールームを再現するのであればスクリーンも必要だ。 もっとも、ホームシアター入門では白い壁でも代用可能なので本記事では省略した。 別途購入するなら予算2万円程度から。 10万円以下の予算でプロジェクターを始めるのに最適な3モデル プロジェクターを導入して自宅で大画面を始める予算ギリギリと呼べるクラスが10万円以内。 今回ピックップしたのは、まったく方向性の異なる3モデルだ。 2019年のプロジェクター選びで外せないモデルが「popIn Aladdin(ポップインアラジン)」だろう。 世界初のスマートライトとして登場した「popIn Aladdin」は、シーリングライトとして取り付けができて、壁投写で映像を楽しむモデル。 HDMI端子もなく、Wi-Fi接続で映像配信やYouTubeなどを視聴するコンセプトは従来のプロジェクターの域を超えているが、ネット配信の選択肢の増えた今なら実用品と呼べるはずだ。 照明機器を設置する天井シーリングに固定する「popIn Aladdin」。 本体はAndroidベースのオリジナルソフトが内蔵されていて、YouTubeやNetflix、Amazonプライム・ビデオにも対応できる。 06mで80インチの距離となる。 導入の際には壁との位置関係と距離をしっかり確認しよう。 輝度スペックは700lmとほどほど 正統派とカジュアルの中間として2016年の発売以来のロングセラーとなっているモデルがソニーの「LSPX-P1」だ。 入力部と投写部がワイヤレス接続、壁から約28cmで80インチ投写、スタンド設置可能とプロジェクターは異例のモデルだが、HDMI入力はしっかりある。 片手で持ち運びできるほどの非常にコンパクトなモデルで、他製品と比べ設置場所も取らないし、設置も超簡単。 部屋にプロジェクターを設置して投写するスペースなんて……と思っていた人もソニーの「LSPX-P1」だけはぜひともチェックしてみほしい。 ソニー「LSPX-P1」は、生活空間を映像で演出するLife Space UXコンセプトから生まれたSXRDデバイスの720pプロジェクター。 壁際ぴったりで22インチ、壁から約28センチで80インチ投写に対応している。 輝度スペックは100lmと若干暗めだ スタンドに設置して壁近くにおいて設置もできるリビング向きのモデル.

次の

プロジェクターはテレビ代わりに使えるの?メリットとデメリットを解説

プロジェクター テレビ

表示対象• 長期無料保証対象商品• あんしんパスポート特典対象商品• その場で使えるクーポン対象商品• 新製品• 予約受付中商品• チラシ掲載商品• アウトレット商品• 店頭受取可能商品• 動画あり メーカー• ソニー (30)• シャープ (28)• 東芝 (22)• LG (17)• パナソニック (11)• サンワサプライ (9)• キヤノン (5)• コクヨ (5)• ハイセンス・ジャパン (5)• 三菱電機 (5)• エレコム (4)• ユニテク (4)• LOGICOOL (3)• 株式会社池商 (3)• ASUS (2)• WIS (2)• 株式会社Sandlots (2)• ANKER (1)• エプソン (1)• カシオ計算機 (1)•

次の