ウオノラゴン 種族 値。 ウオノラゴン

【ダブル】湿原雨ウオノラゴン

ウオノラゴン 種族 値

ウオノラゴン ポケモン剣盾の化石ポケモン! 今作の化石ポケモンは「キメラ」をテーマに作られており、人間のエゴで合わない上半身と下半身をくっつけられて産まれた可愛そうな生命体です。 「ウオノラゴン」 魚の顔がついてる体! 「ウオチルドン」 顔が上下逆? 「パッチラゴン」 ギクシャクしてる 「パッチルドン」 風邪ひいてはる。 今回はこの中で、対戦環境でも使用される」ウオノラゴン」について書いていきます。 ウオノラゴンのタイプ 「みず」「ドラゴン」 とても優秀な複合タイプ 弱点2倍:「ドラゴン」「フェアリー」 耐性2分の1:「はがね」 耐性4分の1:「ほのお」「みず」 弱点が少なく、メジャーなタイプの「みず」「ほのお」を4分の1で抑えられるので、しっかり読めば受け出しも可能。 ウオノラゴンの種族値 種族値 HP 90 攻撃 90 防御 100 特攻 70 特防 80 素早さ 75 合計種族値 505 攻撃、防御面どちらも、平均的で当たり障りのない種族値です。 種族値的に耐久型は厳しく、 種族値も覚える技も物理に依ったものが多い為、自ずと物理アタッカーとしての採用になるでしょう。 物理アタッカーの採用の際に、注目すべきは こうげき種族値「90」と、すばやさ種族値「75」です。 アタッカーの中では強くない。 むしろかなり弱い方に分類される為、対戦環境での採用は厳しそうですが、、 なぜこの「ウオノラゴン」が活躍できるのでしょうか? ウオノラゴンのとくせい 「がんじょうあご」 キバ系の攻撃技の威力を1. 3倍にする。 あごやキバを使って攻撃する技『かみつく』『かみくだく』『ひっさつまえば』『ほのおのキバ』『かみなりのキバ』『こおりのキバ』『どくどくのキバ』『サイコファング』の威力が1. 5倍になる。 「ちょすい」 みずタイプの技を受けると体力を4ぶんの1回復する。 「すなかき」 「すなあらし」状態の時、「すばやさ」が2倍になる。 「がんじょうあご」で採用されている 対戦環境で多くみられる「ウオノラゴン」はとくせい「がんじょうあご」で使われている事がほとんどです。 耐久性方面の種族値が高くなく、「ちょすい」で採用するなら「ラプラス」のほうがHP種族値が高く強いです。 専用技「エラがみ」 ウオノラゴンの強さはこの「エラがみ」と言う技です。 「エラがみ」 水技。 タイプ一致 威力85 命中100 先制で打つと威力が2倍になる。 どこまで威力が上がる?「エラがみ」 威力85の「エラがみ」が、 「タイプ」一致で1. 「ゴースト」「エスパー」タイプへの打点として、「がんじょうあご」の補正も乗る。 「水」タイプが刺さらない「くさ」タイプ対策に。 「がんじょうあご」の補正が乗ります。 苦手なフェアリータイプに。 ひるみ効果が地味に強い。 「サイコファング」 エスパー技 威力85 命中100 相手の「リフレクター」「ひかりのかべ」「オーロラベール」を無効化し、ダメージを与え、破壊する。 あまり知られてない方の壁破壊技。 「ドヒドイデ」と格闘タイプへのピンポイントになる 「けたぐり」 格闘技 相手の重さによって威力が変動する。 ダイマックス状態の相手には効かない。 ダイマックスして打てば、威力固定の「ダイナックル」になる。 はがねタイプ対策に。 「アーマーガア」には等倍なので微妙か 「ストーンエッジ」 岩技打点 威力100 命中80 岩技の物理技は全て命中不安定。 「ひこう」タイプ対策に がんせきふうじ 岩技打点。 威力65 命中95 相手のすばやさランクを1段階下げる。 先制を取るために打つ技。 交代読みや起点作りにもなる。 「じしん」 地面技 威力100 命中100 「ドヒドイデ」や浮いていないはがねタイプへ じならし 地面技 威力60 命中100 相手のすばやさランクを1段階さげる。 先制を取るために打つ技。 交代読みや起点作りにもなる。 ウオノラゴンの活かし方 とにかく「先制」をとる工夫を! 専用技の「エラがみ」は先制で打つことさえできれば、威力330の攻撃技になる為、 等倍であっても耐えられるポケモンはそうはいません。 とにかくこの「エラがみ」を先制で打てるような技構成を考えてあげよう。 「こだわりスカーフ」型 もっともポピュラーな使い方が、この「こだわりスカーフ」持ちです。 同じ技しか出せませんが、技の威力が2倍になります。 もう「エラがみ」しか打たないと心に決めたウオノラゴンに、サブウエポンなんてもう飾りのようなものです。 「タスキ」「がんせきふうじ」型 「きあいのタスキ」を持たせ、一撃を必ず耐えその隙に「がんせきふうじ」を当て素早さを逆転します。 「あられ」「すなあらし」などの天候や、先制技で縛られてしまいますが、すばやさダウンで後続のサポートもできるのでとても強いです。 「トリックルーム」構築。 「ミミッキュ」や「ブリムオン」などに「トリックルーム」を展開させ、上から殴っていく型。 ウオノラゴン自体が「すばやさ」種族値75で早くも遅くもない為、同種族値帯だと抜けている抜けていないが判断し辛い。 ウオノラゴン自体も「がんせきふうじ」や「じならし」を搭載し臨機応変な戦い方が求められる。 「ねばねばネット」構築 「ツボツボ」や「デンチュラ」などねばねばネットを撒けば、地面についているポケモンは全て登場時に「すばやさ」が1段階下がる。

次の

【ポケモン ソード&シールド】ウオノラゴンの育成論(種族値・努力値・技構成など)│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

ウオノラゴン 種族 値

図鑑説明 ずばぬけた きゃくと あごの ちからで こだいでは むてきだったが えものを とり ぜつめつした。 じそくキロを こえる じまんの きゃくで はしれるが すいちゅうでしか こきゅうできない。 第8世代初出の・通称の一体。 「カの」と「カの」をに渡すことで入手できる。 なら前者は6番で拾え、はラルで譲ってもらえるためでを復元したらだった…と言う人も多いのではないだろうか。 逆にソードでは復元が最も困難である。 ステウスの様な上半身が類の様な下半身の尾に結合しているというない身体構成であり、な姿形の達の中でもとりわけ異を放つ。 :Aとはいったい…。 なお、頭を尾椎につけてしまうという復元はの古学者・ドー・コープが実際にしくじった事なのだが、その対となったはウオノラゴンの入手には用いられない「カのクビナガ」のであろうスモスである。 は姿のみならず図鑑も2種類のを混ぜこぜにしたかのような内容だが、ウオノラゴンは生息区域が全く異なる同士をさせたせいで、 優れた脚を活かせるで呼吸できないというした生態になってしまっている。 最も今作ではに居るはずのが陸地を闊歩しているのだが…• 以上の点からの中でも一際強なを焼き付けたであろうだが、実際に動いている姿を見て妙なを覚えたもいるという。 外見だけで忌避せず、で触れ合えば新しい発見がある…かもしれない。 このとのみが覚える威の技「がみ」は、を取ると与が2倍になるという強な効果を持つ。 ウオノラゴンの場合、がんじょうあごで更なる補正がかかる為、上を取れば一致補正込みで 約3という驚異的な威になる。 使い方を間違えなければ攻撃とは思えないほどのを発揮する事もあり対戦でも注を集めつつあるが、言うまでもなくよびみずやちょすいの前にはの為要注意。 がみを最大限活かす為にもを取りたいところだが、素さはあまり高くないのでーフや追いによるが必要になる。 未解禁のであるすなかきならばよりお手軽に素さを補強できるようになるうえ、重な地面・岩・鋼以外でを効化できるになることもあり砂パで需要を集めることが予想される。 ーフではに先制出来ないこともあり解禁が待たれるところ。 ちなみに「したに対しては特攻効果を持つ技以外のは表示されない」と言うがあるため、演出が少なく快適にがみによるが使える極振り頑丈ウオノラゴンがでも有視されている。 でウオノラゴン以上のを出せるの多くが地面に弱かったり単独ではを発揮できないため、対の要員として育てておく事が推奨されている。 最もやなどの技が使いたい強敵が出るのがソードの方なのだが… 関連動画 まだありません 関連静画 関連商品 まだありません 関連項目•

次の

【ポケモン剣盾】ザシアンの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ウオノラゴン 種族 値

第八世代の問題児ウオノラゴンのアホみたいな火力を最大限活かしたいというコンセプトで構築スタート。 ウオノラゴンのエラがみは、先手で撃てばほぼワンパン 後述 といった具合の火力まで簡単に伸ばすことができるので、何らかの方法で常に上を取れるようにしていきたいところ。 とはいったものの行動順の仕様変更の関係かS操作が飛び交っている環境なので、S75程度でを持ったところで無駄。 おいかぜを使ってもまだ高速とは言えないレベルでありコンビネーション技の湿原を利用することに。 どうしようもないのでこれは諦めることにした。 持ち物はも検討したが、インテレオンが動く前にが倒れては結局意味がないのでスカーフに落ち着いた。 2ターン目に生き残っていた場合は基本的にックスをするのでスカーフのデメリットは気にならないし、湿原が発動しているならS上昇の方も必要がなくなりちょうどいい。 行動順の仕様変更の関係で初手から上を取られることは増えたものの、 ックスの影響での使用率が下がったであろう分を差し引きすれば動きやすくなった印象といったところ。 流れの項に書いた通り、みずのちかいで湿原を決めた後はックスでサポートに回ることになる。 四枠目はダイウォールになればなんでもいいので、一度引っ込んだ後に詰めの場面で不利な相手から逆転を取れる可能性が残るゆびをふるを採用。 この関係で、サマやちからをすいとるの対策としてAを下げるべきか、詰めの指を振るで出た物理技のためAを上げるべきか結論が出ない。 とりあえず現状はA高めの妥協個体。 残り2枠にはインテレオンがックスする前に倒れた場合に雨を降らす ダイストリーム と、パーティ全体で重いの対策となるを採用。 3 」が撃てるのはかなりの強みだと実感できた。 さらにちなむと急所に当たって高乱数を引いたら死ぬ。 またウオノラゴンが動いている間は基本的にックスインテレオンもしくはックスが隣にいることになり、集中攻撃を当てれば半減相手でもほとんどのが突破可能。 例:耐久無振りックスジュラルドンに対して、インテレオンのダイホロウとウオノラゴンのエラがみで確定 のダイストリームとウオノラゴンのエラがみで約7割の乱数1発 さらにウオノラゴン自身の耐性、数値もなかなかのものなので、相手の両方にワンパンされるという場面はほとんどなく、動かれるとマズい方にエラがみを当てていけば倒れる前に片がつく。 ハチマキエラがみで倒していくのがこのパーティの全てと言っても過言ではないので他の技を撃つことは考えなくていいが、ラス1対面を意識してエラがみで倒せない相手をなるべくカバーできるように残りの技枠を埋めた。 ウオノラゴンにとって厄介なの中で、、、ウオノラゴン、ルンパッパ、ヌオーに対しては4倍弱点を突けて非常に強く出ることが可能。 とはいえ立っているだけでウオノラゴンが完全に機能しなくなるを確実に仕留めるのは特に大事に仕事になるので、ックスまで考慮するとD方面に厚くしている個体が倒しきれないのが少し頼りないところ。 の処理だけが目的ならを選出したい。 また湿動後ターンを稼ぐためのをじょおうのいげんで防げるほか、選出画面で見せることで初手のを躊躇させる効果も期待できる。 ダイソウゲンであればックスをリンドのみまで考慮した上で確実に仕留められる火力となり、こちらはグレイシアでは対応できないちょすい持ちのやも安全に処理できる。 ックスされた場合やあくびがなくなるため考慮する必要はない 他にもあくび、ねむりごなやおにびに対してはウオノラゴンより先にをすることで対処が可能だし、がックスしている=雨が降っていない状態で火力補助が必要ならダイナックルを選べば良いようにした。 一応あくびに対してはックスしてしまっていても眠る前であればダイフェアリーでを張ることで対処可能。 のだいばくはつ等で削れた相手をで仕留めつつ、のどスプレーでCをあげ、湿原によって最高威力 150 になったエレキボールを確定圏内に収めていく。 Cが1段階上がった状態のサンパワーエレキボールは、雨が降っていない状態のハチマキエラがみと大体同じ火力指数なので、等倍非ックスならほぼ間違いなくワンパンと考えておいて差し支えない。 相手を縛り切れず被弾してしまう状況になったらダイストリームで雨を降らせて残りは通常通りウオノラゴンに任せればOK。 相手との行動順を考えてどうこうとか縛り関係がどうとか考える必要がないのでダブル初心者がとりあえず雰囲気を掴みたい場合なんかにもオススメかもしれない(上達するかどうかは知らんけども)。 構築記事をまとめたの自体3年振りとかだしダブルに関してはそもそも初めてだったけど、やっと人に紹介したいと思える構築ができてとても満足。 読んでくれた方には是非ためしにレンタルして使ってみてほしいななんて思います。 naroday87.

次の