サガミ 晦日 そば。 K.カズミさんに質問をさせてください。

【食べ放題】和食レストランチェーン「サガミ」の月末恒例イベント「晦日(みそか)そば」に挑んでみた

サガミ 晦日 そば

K.カズミさんにもう1つ質問をさせてください。 そこで、もしよろしければ、 1.今年の4月30日に、サガミのどこの店舗で挑戦して81段の記録をたたき出したのか? 2.そのお店の店舗記録の更新をしたか? を教えてくれると嬉しいです。 また、よくご存知かと思うんですが、サガミの各店舗では、店舗ごとに晦日そばの最高記録(店舗レコード)を持っていて、その店舗の記録を更新すると、サガミのその店舗に掲げてある「晦日そば記録表」に更新された記録が載るかたちかと思います。 もし今回の今年の4月30日の81段の記録がそのお店の店舗記録を更新したのであれば、そのお店の「晦日そば記録表」の写真がもしあれば貼っていただけないでしょうか?貼ってくれたらすごく嬉しいですんで、よろしくおねがいします。 今年(2018年)4月30日の晦日そばは多治見店で挑戦して81段の記録を出しました。 (私としては「81段の記録を出しました」というよりも「81段の記録に終わりました」という感じですが…。 ) サガミ多治見店の晦日そばの店舗記録(多治見店レコード)は、ぶっちぎりで記録を更新しちゃいました。 サガミ多治見店の店内に掲げてある「晦日そば記録表」の写真も見つけたので貼っておきます (知恵袋の小さい写真サイズでも見やすいようにちょっとトリミングしてみました)。 これを見ていただけると、私が本当に今年(2018年)4月30日にこの81段の記録を多治見店で出したのが分かるかと思います。 「晦日そば記録表」は多治見店の店内の見やすい場所(確か、会計レジか出入口の傍だったと思います)に掲げられていますので、実際にサガミ多治見店の店舗に行っていただければ(笑)、すぐに見つけられると思います。

次の

【食べ放題】和食レストランチェーン「サガミ」の月末恒例イベント「晦日(みそか)そば」に挑んでみた

サガミ 晦日 そば

皆さんはお蕎麦は好きですか?そしてどんなときに食べますか? そばは、昔から日本人になじみの深い食べ物。 手軽に食べられる立ち食い蕎麦や、本格的な蕎麦屋さん、また最近では「そば打ち」を経験して自分で打った蕎麦を食べる、なんて方もいらっしゃいますよね。 ランチに食べたり、夜食に食べたり、胃にやさしいそばは、ちょっと小腹が空いたときにも食べたい、まさに日本のソウルフードと言える食べ物。 そしてお蕎麦を食べる機会といったら思いつくのが「 晦日そば」という言葉。 「年越しそば」もおなじみですよね。 皆さんは「晦日そば」について知っていますか?また、意識して食べていますか? 今回は、この「晦日そば」について、どんなものなのか、そしていつ食べるのかなど、みんなが大好きな蕎麦についてご紹介したいと思います。 晦日そばとは? ではまず、 「晦日蕎麦」とは何かということについてです。 「晦日」とは月の終わりという意味。 なので、毎月の月末は「晦日」ということになります。 元々は「三十日」と書き、旧暦では毎月30日が月末でしたが、現在では、月末が31日だったり、28日だったりすることもありますよね。 暦の変化により今では「晦日」は月の終わりという解釈になっています。 その月末に食べる蕎麦、ということから「晦日そば」ということになりますね。 この「晦日そば」の歴史ですが、その昔江戸時代からあったと言われています。 晦日そばと年越しそばの違いって? 「晦日そば」についてわかったところで、最後は「年越しそば」との違いについてです。 毎月最後の日に食べるのが「晦日そば」。 そして一年の最後の日は「 大晦日」ですよね。 先ほども触れたように、以前は毎月月末にそばを食べるという習慣がありましたが、長い歴史の中で、 その年最後の「晦日」である「大晦日」に食べるというように変わり「年越しそば」として一年の締めくくりの日のそばへとなっていったわけです。 何れにしても、最後を締めくくる食べ物として「そば」はとても縁起のいい食べ物だということですね。 毎月食べなくても、やはり「年越しそば」はどのご家庭でも食べる、締めくくりにふさわしい食べ物ではないでしょうか? その上健康にもいいし、味もいいそば。 これは食べずにいられませんね。 毎月の月末も「晦日そば」楽しみませんか?.

次の

K.カズミさんに質問をさせてください。

サガミ 晦日 そば

みなさんはどんな時にそばを食べますか? そしてどんなそばが好きですか? 手軽に食べられるそばは、日頃のランチタイムに、または小腹が空いた時など、いつでも食べられる日本人にとって馴染み深い、そして幅広い年代の方に愛されている食べ物なのではないでしょうか? 種類も、温かいかけそば、 冷たいざるそばを始め、その他アレンジ、トッピングも様々あるのもそばの魅力。 また、大晦日に食べるものといったらみなさんは何を思い浮かべますか? もちろん、 年越しそば、 晦日そばですよね。 地域によってはうどんだったり、 元旦にそばを食べるというところもあるようですが、一般的に食べられているのが年越しとともに食べる晦日そば。 普段あまりそばは食べないという方でも、 この日ばかりは、やはりこれを食べて一年を締めくくるという方が多いのではないでしょうか? そんな私たちの食生活に欠かせない「そば」には魅力がたくさんありますね。 どんなシーンで食べるにしても、それぞれにお気に入りのそばの種類、そばを食べるならここへ行く、というお店があるかと思います。 今回は、全国にたくさんあるそば屋の中でも人気のそば店、「サガミ」のそばについてお話ししたいと思います。 「サガミ」と言えば、 東海地区を中心として関西、関東、北陸で和食、麺類のファミリーレストランチェーンを展開していることで有名ですね。 そば好き、うどん好きにはたまらないメニューのラインアップが人気。 そしてこの「サガミ」の名物が「晦日そば食べ放題」というもの。 この「サガミ」のスペシャルな食べ放題についてご紹介いたします。 サガミの晦日そばの食べ放題とは? そばの食べ放題。 ありそうでないそばの食べ放題をやっているのが「サガミ」。 毎月「晦日」(月末)に行われるこのレストランの名物イベントなのです。 そば好きなら興味津々ですね。 そこでふと思うのが、みんなどれくらい食べるのだろう?どんな内容なのだろう?というところですよね。 まず、料金ですが、食べ放題メニューには2種類あります。 竹が1690円• 松が1990円 どちらも税別で天ぷらの種類により変わります。 注文できる時間は、 午前11時から午後10時までの間(無くなり次第終了)。 これでそばは食べ放題になるわけです。 食べられる方ほど、どんどんお得になる食べ放題は、とても魅力的ですね。 この価格なら、平均的な一人分の天ぷらそばは1500円ぐらいからになりますから、2、3杯食べれば十分元を取れるところですね。 これが「サガミ」の晦日そば食べ放題。 みんさんは挑戦したことがありますか?または挑戦してみたいですか?.

次の