かぶ 人参 煮物。 【保存版】大根の人気レシピ25選|一位は!?煮物からサラダ、大根だけ、豚肉、大量消費も!どれも簡単!

味がしみてる!厚揚げとカブのとろみ煮のレシピ・作り方

かぶ 人参 煮物

野菜図鑑• カブの歴史 かぶの原産地は諸説ありますが、地中海沿岸と西アジアのアフガニスタン地域ではないかといわれています。 中国では2000年前にはすでに食用されていて、「諸葛菜」と呼ばれることもあります。 これは「三国志」に登場する「諸葛亮」の名にちなんだもので、諸葛亮は遠征の際、食糧確保のために兵士にかぶの種をまくよう指示していたそうです。 なお、日本では「諸葛菜」は「オオアラセイトウ(ムラサキハナナ)」という花の別名となっています。 日本に渡来した時期は定かではありませんが、奈良時代には食べられていました。 記録では「日本書紀」の持統天皇の条に栽培を奨励する作物として「蕪」という文字が登場しています。 「正倉院文書」に記されている「菁菜」や、「万葉集」に出てくる「蕪菁」もかぶのことです。 江戸時代には全国各地でさまざまな種類のかぶが栽培されていて、多くの品種が誕生していました。 現在もこれらの多くが地域野菜として親しまれています。 1mg) 注目成分 アミラーゼ(ジアスターゼ) 期待される効能 高血圧予防、貧血予防、消化促進、胃もたれ、がん予防、心筋梗塞予防、脳梗塞予防、動脈硬化予防、風邪予防 かぶの根の部分に含まれるデンプン分解酵素の「アミラーゼ(ジアスターゼ)」は、胸焼けや胃もたれの解消・予防に効果があるといわれます。 ただし加熱すると効果が大幅に低下するので、胃腸のことを考えるなら生のまま食べるとよいでしょう。 また血を作るビタミンといわれている葉酸や、血圧を下げる効果があるとされるカリウムも含まれています。 また骨を強くするカルシウム、貧血予防に効果のある鉄分や葉酸、止血や骨の形成に作用するビタミンKなども含まれています。 赤かぶにはアントシアニン色素が多く含まれていて、活性酸素の抑制効果が期待できます。

次の

かぶ 人参 煮物

かぶ 人参 煮物

かぶはアブラナ科アブラナ属の植物で、 春の七草「すずな」はかぶのことです。 煮物や漬物、スープに鍋など色々なレシピで登場するかぶは毎日の食卓に欠かせない野菜です。 根の部分や葉っぱも美味しく食べられるかぶにはたくさんの栄養があります。 消化促進が期待できる「ジアスターゼ」には、血液をサラサラにしたりがん予防にも効果があります。 また 免疫力を高める「カロテン」や、糖質の代謝に効果的といわれている「ビタミンB1やB2」、ほうれん草1束と同じ量の「ビタミンC」も含まれています。 栄養豊富なかぶは煮るととても柔らかく味がしみこみやすいので、煮物にもとの相性も良い野菜です。 基本的な下ごしらえから人気のレシピを紹介します。 かぶ 4個• 油揚げ 1枚 150g• 水 40ml• かつおだし 顆粒 2g• しょうゆ 大さじ1• みりん 大さじ2• 塩 1g• 油揚げは2mmたんざく切りにします。 かぶは茎3cmを残して葉を落とし、皮は剥かずに8当分に切ります。 ボウルに水を入れて葉元に付いている汚れを落とし、葉もきれいに洗います。 かぶはお好みの大きさに切り分けます。 火にかけないフライパンに、かつおだし、しょうゆ、みりんを入れて塩が溶けるまで混ぜます。 かぶの根、油揚げを入れて落とし蓋をかぶせ火にかけます。 煮汁が沸騰してから5~6分煮込み、かぶの根が透明になったら火を止めます。 完全に冷めるまで置いておき、食べる直前に温め直せば、人気のかぶと油揚げの煮物の完成です。 かぶ 1個• 鶏ひき肉 150g• 生姜 適量• グリーンピース 適量• 水溶き片栗粉 大さじ1• かぶは天地を落とし、皮を厚めに剥きます。 生姜は薄く切り、千切りにします。 鍋に酒を入れて沸かし、沸いたら鶏ひき肉を入れて粗い鶏そぼろを作ります。 そぼろになったら出汁、しょうゆ、みりん、塩を加えてひと煮たちさせます。 かぶに竹串がすっと通る柔らかさになったら、かぶのみを取り除きます。 煮汁を煮立てて、水溶き片栗粉えお回し入れとろみをつけます。 器にかぶ、そぼろあん、グリーンピース、千切りにした生姜をのせれば、人気のかぶのそぼろ煮が完成です。 するめいか 1ぱい• かぶ 3個• 砂糖 大さじ1• みりん 大さじ1• 塩 少々• いかは足を胴から引き抜き、胴と足に分け内臓を取り除きます。 胴は洗って細かい輪切りにし、足は食べやすい大きさに切ります。 かぶは6つ割り、かぶの葉は3cmの長さに切ります。 いかの内臓を取り除いて、胴の中を洗ったら端から細めの輪切りにします。 こうすることで煮汁をたっぷりと含くみ、歯ごたえも残って美味しく煮あがります。 鍋に出汁としょうゆ、みりん、塩とかぶを加えてひと煮たちさせます。 いかの足を加えて強火にし、煮立たせたら胴の部分を加え煮立ったら3~4分煮ればいかとかぶのさっと煮の煮物が完成です。 スペアリブ 500g• 粗びきこしょう 少々 スペアリブ用• 薄力粉 大さじ2• サラダ油 小さじ2• にんにく みじん切り 1片分• コンソメ 顆粒 小さじ1• かぶ 2個• カットトマト缶 1缶• 砂糖 小さじ2• 酢 小さじ2• 塩 少々• 粗びきこしょう株式会社 少々• パセリみじん切り 少々• スペアリブはフォークで穴をあけ塩と粗びきこしょうでふりよく揉んでおきます。 かぶは茎の長さ1cmして切りおとし、皮を除き縦半分に切ります。 鍋にサラダ油、にんにくを熱し香りが出てきたらスペアリブを加えて両面に焦げ目がつくまでしっかり焼きます。 水とコンソメを加えて沸騰したら弱火にし柔らかくなるまで煮込みます。 この時アクを取るシートも一緒に入れておくと便利です。 かぶとカットトマト缶、砂糖、塩、酢を加えさらに15分煮ます。 塩を粗びきこしょうで味を調えます。 器に盛りつけパセリを散らせば、スペアリブとかぶのトマト煮込みの煮物が完成です。 かぶと 2個• 海老 200g• ごぼう 50g• 生姜のみじん切り 1片分• にんにくのみじん切り 1片分• 酒 大さじ1• オイスターソース 大さじ1• 酢 適量• 片栗粉 適量• ごま油 適量• ごぼうは鉛筆を削る容量で皮ごとこそげて、切ったはしから500mlに対し酢小さじ1に5分ほどつけます。 かぶは葉を取り半分にし、葉は5cm切ります。 片栗粉と水で水溶き片栗粉を作ります。 鍋のごま油を入れて中火にし、生姜、にんにくを入れてさっと炒めます。 水、砂糖、しょうゆ、酒、オイスターソース、を入れて煮立てます。 かぶと海老を加えて5分程煮詰めます。 かぶの葉を加え、水溶き片栗粉を回し入れ手早く混ぜてとろみをつければ、海老とかぶの中華煮が完成です。 鶏手羽先 400g• 紹興酒 20g• しょうゆ 20g• 長ねぎ 20g• 生姜 6g• くし形に切ったかぶ 300g• かぶの葉 50g• 水 500g• 鶏ガラスープの素3g• 紹興酒 30g• 片栗粉 12g• 水 15g• ごま油 12g• ボウルに鶏肉、紹興酒20g、しょうゆ20gを入れてよく揉み、30分ほど置きます。 別のボウルに片栗粉と水を入れて混ぜます。 中華鍋にごま油を熱し、鶏肉を入れて両面に焦げ目がつくまで炒めます。 かぶも加えさらに炒めます。 水500g、鶏ガラスープの素、紹興酒30gを加えて8分ほどに詰めめ、かぶの葉を加えます。 水溶き片栗粉を入れてとろみをつければ、鶏とかぶの中華の煮物が完成です。 かぶ 3個• れんこん 50g• サラダ油 大さじ1• 鶏ひき肉 120g• 水 200ml• おろし生姜 小さじ1• おろしにんにく 小さじ1• めんつゆ 大さじ2• オイスターソース 大さじ1• 片栗粉 大さじ1• ごま油 小さじ1• 小ねぎ 少々• かぶは皮ごと一口サイズに切ります。 れんこんは皮を剥き5mm厚さに切ります。 水、おろし生姜、おろしにんにく、豆板醤、めんつゆ、オイスターソースを混ぜておきます。 水溶き片栗粉を準備します。 フライパンにサラダ油を入れ、かぶとれんこんを加えて炒め、焦げ目がついたらお皿に取り出します。 同じフライパンに油を入れ、鶏ひき肉がぽろぽろにまるまで炒めます。 合わせた調味料とかぶ、れんこんを加えて箸が通るまで煮込みます。 最後に水溶き片栗粉を入れてとろみがつけば、れんこんとかぶの麻婆風煮物の完成です。 かぶ 2個• かぶの葉 50g• 鶏ひき肉 100g• サラダ油 小さじ2• 酒 大さじ1• みりん 大さじ2• しょうゆ 大さじ1• 中華だし 小さじ1• 水 200cc• 片栗粉 小さじ2• 水 小さじ2• かぶは葉を切って1cm幅、白い部分を一口サイズに切ります。 フライパンにさらだ油を入れて熱し、鶏ひき肉おろし生姜を入れて炒め、色が変わったらかぶを加えます。 全体がなじんできたら酒、みりん、しょうゆ、中華だし弱、水を加え弱火で10分煮込みます。 かぶがやわらかくなってきたら水溶き片栗粉を入れてとろみをつければ、高野豆腐とかぶの中華風煮物が完成です。

次の

かぶ 人参 煮物

かぶ 人参 煮物

春の七草では「すずな」としてお馴染みのかぶ。 白い部分の根は、淡色野菜、葉は緑黄色野菜であり、別々の効能を持っているんです。 根には、アミラーゼが豊富で疲れた胃に最適です。 ビタミンやミネラルも含みますが、葉の方が多く、ビタミンCは4倍、食物繊維が2倍、カルシウムが10倍も多いのです。 ビタミンCとのダブル効果で、風邪予防に最適です。 また若返りのビタミンと呼ばれるビタミンEや、不足しがちな鉄、葉酸も豊富で、女性のお肌や健康に大切な栄養がたっぷり。 かぶの根も、葉も、どちらも栄養満点。 煮るレシピを参考に、とろみのある煮物やスープで体を温めて、寒さや風邪に負けない体を作りましょう。 この記事では、「かぶ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 とろとろの鶏そぼろあんかけと一緒に。 ココロも体も温まるほっこりレシピです。 作り方は、かぶの皮をむいて、食べやすい大きさにカット。 油を熱した鍋に、鶏ひき肉を入れ、菜ばしでほぐし、パラパラになるまで炒める。 かぶを投入し、さっと炒め合わせ、水、調味料を加え、5分中火で煮る。 しょうゆ、みりんを加え、さらに煮る。 塩で味を調整し、かぶによく味がしみ込んだら、水溶き片栗粉でとろみをつけて完成。 めんつゆだけで味が決まる、上品な味わいの簡単煮物はいかが。 作り方は、かぶは皮をむき、縦に切って4等分にして鍋に入れたら、砂糖、ひたひたの水を入れ、火にかける。 沸騰したら落とし蓋をして、鍋の蓋も閉め、弱めの中火で5分ほど煮る。 別鍋で、めんつゆ、水、塩、片栗粉を弱火で混ぜながらあんかけを作る。 かぶを器に盛り付け、あんかけをかけたら完成。 お好みでおろし生姜、柚子の皮をのせてどうぞ。 二日酔いに効果的な「ナイアシン」も含まれ、新鮮な葉つきのかぶはぜひ手に入れて、家族でいただきたいですね。 ビタミンCにはカルシウムの吸収率を高めるため、シチューもおすすめです。 焼くとホクホクとした食感になり、煮るととろとろに柔らかくなるため様々な料理にアレンジできます。 皮の付近には固い繊維があるため、その部分を取り除けば離乳食初期にも使えますよ。 この記事では、「かぶ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ころんとした丸い見た目がかわいらしいかぶは、アブラナ科に属す根菜類です。 日本では古事記や日本書紀にかぶのことが記されており、古くから日本で栽培されて食べられていたことが分かっています。 生で食べるには硬いため、煮物やスープ、シチューなど火を使った料理に使わますが、漬物にはよくかぶが使われます。 味にくせがなくどんな素材にも合わせやすく、アレンジが効きやすいのも特徴です。 かぶには消化酵素の一つであるアミラーゼが含まれていて、デンプンの消化を行う役割があります。 この記事では、「かぶ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 大根やチンゲンサイ、白菜などの仲間であるアブラナ科の野菜、かぶ。 日本では、古事記や日本書紀に登場するほどの古い歴史があります。 現在、日本国内では、千葉県や埼玉県、青森県で多く作られている野菜です。 丸い根の部分だけではなく、新鮮なものは葉まで食べられます。 数多くの品種があり、ハウス栽培が行われているので、1年を通してスーパーで見かけるかぶですが、旬は11月から1月にかけての冬です。 かぶは、寒くなると、ぐっと甘みが増しますよ。 火を通すと、とろっとやわらかく、優しい味わいが生まれるのが特徴です。 そんなかぶを日々の料理に取り入れて、不足しがちな野菜をたっぷりと食べましょう。 この記事では、「かぶ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 コロンとした丸いフォルムが可愛らしいかぶ。 かぶは世界中で栽培されていて、古代ギリシャの史料にも残っているほど古くから食べられいます。 日本では古事記にかぶのことが記されており、日本人にもなじみの深い野菜です。 かぶの丸い根の部分だけでなく茎や葉も食べることができ、捨てるところがなく無駄なく使いきれるのも魅力です。 スープ・シチュー・煮物以外にも、浅漬けや千枚漬けのように生食にも使われます。 かぶを丸ごと使って健康的な料理を作ることができ、ぜひ日常の料理に取り入れていきましょう。 この記事では、「かぶ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の