インターネット 無料 物件。 J:COMが賃貸アパート・マンションで無料?インマイルームの仕組みを解説!

インターネット使用料無料の賃貸物件ってどうなの?[メリット・デメリットを徹底調査]

インターネット 無料 物件

引越し先を選ぶとき、賃貸のアパートやマンションにつけられる様々なオプションも重要なポイントになりますよね。 例えば「家具家電付き」や「宅配BOX」、はたまた「TVモニター付きインターホン」など色々ありますが、その中でも 「インターネット無料」のオプションはトクに高い人気を集めています。 考えてみれば、毎月3千円~5千円かかるインターネット料金が無料になるのは、実質的には家賃の割引ですからね。 毎月必ずかかる料金が0円になるのは非常に大きいです。 しかし、現実と理想のギャップがあり、デメリットがあることも否定できません。 いざ、 インターネット無料物件に住み始めてみたものの、「インターネットが遅いので使い勝手が悪かった」 なんて話は珍しくありません。 現在インターネット無料物件に住んでいるのに、ネット環境に悩んでいる• これからインターネット無料物件に住もうかどうか悩んでいる人 ここでは、こんな悩みを持つ人に向けた内容を掲載しています。 筆者は現時点でインターネット無料物件に住んでいますので、この問題でお悩みの方へ参考になる自負があります。 メリットとデメリットをぜひ参考にしてください。 この記事の目次• インターネット無料物件とは|マンション・アパート インターネット無料物件とは、その名のとおりインターネットを無料で使える賃貸のマンションやアパートのことです。 インターネット無料物件の出入り口では、ケーブルテレビ会社ジェイコムの看板を全国的によく見かけます。 賃貸のマンションやアパートに住んでいる読者の方も、一度はこのキャラクター ざっくぅ が描かれてある看板を見たことがあるのではないでしょうか? そもそも、 なぜインターネットが無料で使えるのかというと、理由は賃貸物件を管理している大家さんや管理会社が入居者を集めるための施策だから です。 不動産業をしている筆者の知人によると、「インターネット無料物件」は賃貸契約の成約率が上がりやすいようです。 賃貸マンションやアパートを運営する大家さんは、空いてる部屋があると家賃収入が無くなるので、できる限り常時満室になることを目指しています。 空き部屋を作らないためにインターネット料金を大家さんが負担して、私たちは無料で使えるという事なんですね。 インターネット無料物件の2つのデメリット インターネットが無料で使える「インターネット無料物件」はとても魅力的ですが、料金が発生しない代償としてデメリットもあります。 ここでは、特に気を付けて欲しい2つのデメリットについて説明していきます。 2-1. 「インターネットが無料」と謳っている賃貸物件のほとんどは、 通信速度の品質を保証していない からです。 極端な話しですが、物件によっては最大速度が1Mbpsだということもあり得ます。 現在のネット回線の速度は最大1Gbpsが主流になっており、1Gbpsは1Mbpsの1,000倍にあたります。 主流である通信速度が1Gbpsであることを考えると、1Mbpsがどれほど遅い回線速度なのかがなんとなく分かるのではないでしょうか? インターネットが無料ではない賃貸マンションやアパートの中でも、配線方式で通信速度が1Gbps以下になることがありますが、有料だと最低でも最大100Mbpsです。 最大速度が1Mbpsでは動画の読み込みに時間がかかり、ウェブサイトを見るときもなかなか開かずストレスを感じてしまいます。 最大速度はインターネット無料物件によって様々ですが、通信速度が遅い事例が多いので、あまりおすすめできるものではありません。 ツイッターでのインターネット無料物件に関する口コミ それでは、具体的にインターネット無料物件に住む人の評判も見ていきましょう。 引越し先ってインターネット無料物件だったけど、よく見たら12Mbpsの無線Wifiが使い放題というプランだったみたい。 12Mbpsで無線だとちょっときついかなぁ。。。 配信とかもきつそう。 MMORPGできなかったら泣く。 昨日は謎に回線重かった、、、😢 早くNuro開通しないかなぁ。 魅力的なオプションなだけに、まともにネット閲覧ができなかったら後悔するでしょう。 2-2. 光回線のサービスやプロバイダも、無料でセキュリティソフトを提供する事業者が多く見受けられます。 しかしインターネットが備え付けられた無料物件においては、 支出削減をするためかセキュリティ対策を施していないことがあります。 これも先ほどの「速度」と同じで、「インターネットが無料」と謳ってはいますが、セキュリティ対策がバッチリとは公表していません。 つまり、 「セキュリティ対策は自己責任でお願いします」と遠回しに言っているわけですね。 調べてみると、賃貸の無料WiFiはセキュリティに問題ありそうだね。 しかもアパートに1個のルーターなので、速度が遅くなる。 ネットはこのままにしておこう。 セキュリティソフトは年間で3,000円台から利用できるのでコストは高くありませんが、できるなら無料で使いたいですよね。 まとめ 無料のインターネットが備え付けられた賃貸マンションやアパートの物件と聞くと、通信費が節約できて魅力的だと多くの人が感じるでしょう。 でも実際には、インターネット無料物件のアパートやマンションは、 通信速度がとても遅い可能性があり、セキュリティ対策のソフトも自分で用意しなければいけないデメリットがあります。 インターネット無料物件を利用した人からは、通信速度が1Mbps程という口コミが多く寄せられているので、快適にインターネットを使いたい人にはおすすめできません。 有料の光回線サービスやプロバイダには無料でセキュリティソフトが提供している事業者が多いので、インターネット無料物件を選ぶとかえって損になる恐れがあります。 インターネット無料物件はデメリットの影響を受ける可能性が高いので、快適にインターネットを使うならお金を払ってでも有料の光回線サービスを契約したほうがいいでしょう。 本文中にはデメリットを2つしか載せていませんが、 「無線LANルーターは自分で用意しなければならない可能性がある」といったデメリットもあります。 ルーターが無ければ、有線ケーブルでパソコン1台しか使えませんので、スマホを無線LANで利用することはできません。 その場合だと、例えば300Mbpsの速度のプランでも3千円ほど掛かったりします。 こうなると、いっそのこと工事が不要な無線LAN機器である「ソフトバンクエアー」や「auスマートポート」などを契約したほうが料金的にも速度的にもお得です。 現在、ソフトバンクエアーでは30,000円キャッシュバックのお得なキャンペーンもあるので、ぜひチェックしてみてください。 \ SNSでシェアしよう! / 熱湯ネット|インターネット回線の〝熱い〟情報を掲載中!の 注目記事を受け取ろう•

次の

【エイブル】インターネット無料賃貸物件(マンション・アパート)・部屋探し|PCでもスマホでも、映画やゲームや動画を楽しめる!ネット無料の賃貸物件・単身赴任や一人暮らしにもおすすめの賃貸物件、不動産物件を検索!

インターネット 無料 物件

インターネット無料物件とは? 新しく住んだ賃貸マンションでNTTフレッツなどの固定回線を契約しなくても、インターネットが無料で使える物件です。 一人暮らしの若者中心で流行っているみたいで、だいたいはJCOMの回線が多いようです。 私自身とある理由で短期で実家から福岡県のワンルームで住む事になり、どうしてもインターネットが必要な職業なのでインターネットが無料の物件に住んでみることに。 もし、 使えなかったら怖いのでNTTフレッツなどの固定回線も引ける場所にし保険をかけておきました。 引っ越しも無事に住み、インターネットも開通し約2週間住んでみて実際に、どんなものなのかとついでに検証してみることに。 インターネット無料物件の探し方 今回私が契約したマンションの探し方を紹介したいと思います。 とは言ってもそんなに凝った探し方はしていませんので、特に必要ないよいう方はスルーしてください。 インターネット無料物件は、「スーモ」や「ホームズ」でもインターネットが無料とそれを売りにして出している物件もありますし、条件を絞って探すこともできます。 スーモであれば、「テレビ・通信」のジャンルに ホームズであれば、「放送・通信」のジャンルにあります。 この中で絞った物件を何件がブックマークして不動産に問い合わせをしました。 不動産の営業スタッフに確認したこと 無料という文字は何か裏があるのではないかと、不安がありますよね。 なので、営業スタッフにいくつか質問してみました。 無料でJCOMの回線を使いますので、速度が遅くで動画も見れないというお客様もいらっしゃいます。 JCOMですので、速度は遅いと思います。 インターネット無料物件でも別に固定回線が引ける物件もありますので、そちらの物件をお勧めします。 どうやら、インターネット無料と押している割には住まないほうがいいですよと聞こえます。 いずれにしてもインターネットは必要なので、インターネット無料且つ他の回線も引ける物件にすることに決めました。 私の場合、約3ヶ月という短期だったので固定回線を引くのはもったいない気がして、インターネット無料が使い物にならなければ固定回線を契約しようと考えました。 開通までの流れ 引っ越したあとはインターネットがすぐに使えるわけではなく、2回ほどJCOMスタッフに来ていただかないと開通ができません。 1回目の訪問は、インターネットがきちんと使えるかの確認作業。 1回目は 営業込みの作業でした。 JCOMはテレビ回線を使ってインターネットを利用できる為、 CATV ケーブルテレビ が観れるプランやテレビ番組などを録画できる有料プランを3つ勧められます。 私はテレビをあまり見ることもなかったので、インターネットさえ使えればよかったので最後に勧められた インターネットのみの無料プランを契約することに。 退出時に違約金が掛かるか確認したところ一切かからないとのことで終了しました。 2回目は、開通工事という流れでした。 2回目はなにも問題はなくスムーズに作業は進み最後にインターネットの使い方を教えて頂き終了しました。 JCOMの実行速度 プランとしては、160Mの速度です。 JCOMでは一番速度の速いプランを大家さんが契約しているとのことでしたが 私が知りたいのは実行速度でしたので、JCOMのスタッフに質問してみました。 Q:実行速度はどれくらいなんでしょうか? A:今回の速度は160Mです。 以前住んでいたインターネット会社はどちらですか? Q:NTTフレッツで光じゃないタイプです。 A:それでしたら、速度は一緒ぐらいですよ。 私の質問が悪かったのでしょうか。。 実行速度を教えていただけませんでしたので、かなり不安になりました。 開通工事も終わり実行速度をスマホのアプリ「スピードテスト」を使い調べることに。 上り:8. 25Mbps 下り:13. 42Mbpsでまずまずと言ったところ。 というか普通に使えるじゃないか! 下りは最低でも5Mbpsあれば動画は観れるので問題ないです。 実際にそれぞれ、動画を観たりネットサーフィンしてみたり、ブログで記事を書いてみたりとしてみましたが何も問題なく使うことができました。 別で固定回線を引かなくてもいいことになったので結果的によかったです。 短期滞在ならインターネット無料で大丈夫 インターネット無料物件は、人があまり住んでいないマンションに多いようです。 住まない人が多いから、「インターネット無料」ということで集客しています。 その為、家賃を以前より少し高めに設定しています。 それでも私は短期滞在であれば、インターネット無料でも全然問題ないと思います。 固定回線を引くのに一番の悩みは、工事費が高いというのと違約金も掛かり出費がどうしても高くなってしまうことです。 インターネット無料物件であれば、その部分は免除されるのでお得です。 まとめ ・JCOMの場合、有料オプションに注意 ・工事費、違約金の料金は無料 ・ネットの閲覧、動画視聴、ブログ運営の利用は問題なし ・インターネットが使えない時の為、別のインターネットも契約できる場所も確認 私の場合運がよかったのかもしれませんが、実際には問題なく使えているのは事実です。 でも、 友達に聞いても遅くて使えないという方もいたのでやはり注意は必要です。

次の

インターネット無料のアパートに引っ越すときに注意すること

インターネット 無料 物件

インターネット使用料無料物件とは インターネット使用料無料物件とは、その名の通り入居するだけで無料でインターネットが利用できる物件のことを指します。 そこで実際に物件情報に目を向けてみると、「インターネット対応物件」と「インターネット完備物件」があることが分かります。 インターネット使用料無料物件とは、主に後者のことを指します。 インターネット対応物件と完備物件については、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。 なぜ無料にできるのか インターネット使用料無料とはいうものの、回線会社やプロバイダが特別に無料で提供しているわけではありません。 インターネット使用に伴う回線工事の費用・月額費用などは発生しています。 それでは、なぜインターネット使用料を無料にできるのでしょうか。 大家さんが負担している 1つ目のケースは、大家さんが善意で負担してくれている場合です。 今は多くの方が当たり前のようにインターネットを使用するため、大家さんもその重要性を理解しています。 そのため、インターネット使用料を自ら負担することで、入居希望者を募ろうとしているということです。 利用者からしたら感謝の一言ですよね。 家賃や管理費に上乗せされている 2つ目のケースは、家賃や管理費にインターネット使用料が上乗せされている場合です。 賃貸のアパートやマンション場合、1ヶ月のインターネット使用料は、1世帯あたり数百円ということも珍しくないので、この場合はなかなか気づけません。 もちろん、「インターネットは使用してないから利用料分安くして」という要求は通りません。 自分で使用したものを自分で支払うので、特に気にならないという方も多いかもしれませんが、その物件のインターネット回線が気に入らず、自分で回線を引き直すときに問題になりがちです。 みなさんが物件を選ぶ際の指標にしてください。 無料でインターネットを使用可能 インターネット使用料無料物件の最大のメリットは、もちろん無料でインターネットを使用できる点です。 最初にも説明したように、今やインターネットのない世界は考えられず、毎日仕事やプライベートで使用しているはずです。 自宅でもPCを接続してゲームやネットサーフィンを楽しんでいる方も多いです。 そんな中で、利用料を気にせずインターネットに接続できる環境がある、というのはとてもうれしいことではないでしょうか。 工事が不要 2つ目のメリットは、入居の際にインターネットの回線工事を行なわなくてよいという点です。 通常の物件でインターネットを契約する場合、回線工事を行なわなければならず、しかもその工事は立ち合いが必須です。 そのため、時間がなかなか取れない方や面倒だという方も多いでしょう。 インターネット使用料無料物件であれば、すでに工事が完了しているので、そういった面倒な立ち合いは不要です。 入居した日からインターネットを使用できる 3つ目のメリットは、入居したその日からインターネットを使用できるという点です。 先ほどの回線工事は、今日連絡してすぐにできるものではなく、予定を合わせて数週間から1ヶ月後に行われることがほとんどです。 つまり、一般的な物件であれば、入居してから数週間以上インターネットが使用できないケースもあります。 今はスマートフォンしか使わないという人や、ポケットWi-Fiを契約している人も多いですが、PCが使えないと困るという人もいるでしょう。 インターネット使用料無料物件であれば、そういった心配はありません。 退去時も手続き不要 4つ目のメリットは、退去時に特別な手続きが不要だという点です。 インターネット回線を自分で契約した場合は、退去時に手続きをしなければ費用が発生し続けてしまいます。 また、退去するタイミングによっては、違約金が発生することも。 それに対して、インターネット使用料無料物件であれば、退去時に特別な手続きもなく、もちろん違約金も発生しません。 インターネット使用料無料物件のデメリット インターネット使用料無料物件には、メリットだけでなくデメリットもあります。 そこで次は、それらのデメリットについて考えていきます。 実は無料ではない 先ほど説明したように、インターネット使用料無料物件は、その費用が家賃や管理費に上乗せされているケースがあります。 その場合、表面上は無料となっていますが、実質的には自分で費用を支払っており無料とは言えないでしょう。 速度が遅い場合もある 2つ目のデメリットは、回線速度が遅い場合もあるという点です。 インターネットの契約には一戸建てタイプとマンションタイプがあります。 基本的な速度は変わらないのですが、マンションタイプは1つの回線を全員で使用しているケースが多く、そうなるとどうしても回線速度が遅くなってしまいがちです。 自宅ではネットサーフィンぐらいしかしない、という人はそれほど気にならないかもしれませんが、回線速度が重視されるインターネットゲームをする方や、PCで仕事をするという方にはストレスになってしまいます。 好きな回線やプロバイダを選べない インターネットに詳しい方であれば、「速度が速いからこの回線やプロバイダがいい」「ここはセキュリティ対策がしっかりしている」など、知識を持ち合わせていることも多いでしょう。 インターネット使用料無料物件の場合、基本的に回線やプロバイダを選ぶことはできません。 その物件が契約しているものを利用するしかありません。 自分で回線会社やプロバイダを選びたいという方には、インターネット使用料無料物件はおすすめできません。 セキュリティの不安 最後のデメリットは、セキュリティに不安があるという点です。 インターネットは便利なものですが、インターネットを通した犯罪・個人情報の流出も増えています。 それらを防ぐためにも、セキュリティ対策は万全にしておかなければなりません。 インターネット使用料無料物件の場合、とにかく安くしたいという考えから、セキュリティに不安のあるプロバイダと契約していることや、パスワード等が設定されていないこともあります。 セキュリティ対策が万全とはいえません。 また、インターネットを1つの物件で共有しているため、物件内で個人情報が流出してしまうケースもあります。 インターネット使用料無料物件に住む場合、個人的に無線LANルーターなどを購入し、パスワードを設定するなど、自分でセキュリティ対策を行うことが必要です。

次の