アガサ クリスティ 検察 側 の 証人。 検察側の証人

アガサクリスティーの小説『検察側の証人』は傑作だからネタバレとあらすじを書いとく

アガサ クリスティ 検察 側 の 証人

ホーム 番組表 番組表-block li. dropdown-block div block-block-1 h2, li. dropdown-block div block-block-1 a, li. dropdown-block div block-block-1 a:hover, li. 9 ; border: 1px solid rgba 0,0,0,0. 15 ; -webkit-box-shadow: 0 6px 12px rgba 0,0,0,0. 175 ; box-shadow: 0 6px 12px rgba 0,0,0,0. 私が演じるキャラクター(ジョン)は厳しい生活を強いられ、袖の下を使って警察から軽犯罪者の情報をもらっているような事務弁護士です。 今回、彼は殺人事件の容疑者に雇われ、大きな裁判を扱うことになります。 ジョンにとっては大金を稼ぐチャンスでもあります。 ージョン・メイヒューの役作りをする上で最初に話し合ったことは? 『検察側の証人』の舞台は1923年。 どのような時代だったかは説明するまでもありませんが、サラ・フェルプスの脚色やジュリアン・ジャロルドの演出で浮き彫りになるのは、キャストとも意見を交わしましたが、第一次世界大戦の痛手から回復しようとしている世界です。 誰もが動揺しながらも平穏を取り戻そうとしていた時代です。 社会の立て直しだけでなく、自分自身の内面を立て直そうとしている。 誰もが生理的に自分自身を再構築し、壊れたものを元に戻そうとしています。 そういう心情がこのドラマで起きる様々な出来事に表れています。 戦争という忌まわしい過去が、至るところに影響を及ぼしているんです。 ー第一次世界大戦は物語に大きな影響を与えていますか? 第一次世界大戦は世界を一変させたという点で、非常に興味深い歴史上のひとコマだと言えます。 1923年は人々がようやく、その変化の大きさを呑み込み始めた頃でした。 理想を掲げて参戦し、戦争のために多大な犠牲を払った影響が表面化しようとしている時期でした。 リバプールでは出演シーンの大半を撮影しましたが、ワクワクの連続でしたよ。 市庁舎の周辺を歩いている時に、第一次世界大戦の戦没者を追悼する刻銘版を見たんです。 何とも絶妙なタイミングで巡り会えた偶然でした。 犠牲の大きさを感じずにはいられません。 イギリスのあらゆる都市に今もなお、同じような記念碑があることを改めて知ります。 それらは我々の生活に影響を及ぼし、我々は常に戦争の名残や戦没者の無念を身近に感じるんです。 ー本作に出演する前からアガサ・クリスティーの作品に親しんでいましたか? 私の理解が正しければ、アガサ・クリスティーはシェイクスピアと聖書に次いでよく読まれている作家のはず。 原作を知らないでいることや、ドラマや映画になった作品を観ないでいることの方が難しいでしょう。 子供の頃にピーター・ユスティノフ主演の映画版『ナイル殺人事件』を観に行きました。 テレビシリーズ『名探偵ポワロ』のエピソード「オリエント急行の殺人」では、光栄にも役をもらえました。 シェイクスピアのように、アガサ・クリスティーの作品にはのめり込んでしまう魅力があります。 ー観る者がのめり込んでしまうアガサ・クリスティー作品の魅力とは? アガサ・クリスティーの小説や映画では早い段階で犯罪が描かれますが、プロットが巧妙に組み上げられているため、読者や観客は自分で推理する楽しみがあると思います。 精巧なプロットが規則正しく展開していくのを観るのは快感です。 しかし『検察側の証人』については、原作にもサラ・フェルプスの脚色にもプロットに規則性がなく、アガサ・クリスティーらしくない。 私はその点に魅力を感じ、好奇心を掻き立てられました。 プロットには不安感を煽るものがあり、クリスティーが本作を執筆していた時期の世相を反映していると思います。 ージョン・メイヒューと妻アリスの関係を説明してください。 ジョンとアリスの結婚は一筋縄ではいきません。 2人の関係は明らかに崩壊していて、冷え切っています。 2人は同じ空間にいる程度の間柄にすぎません。 夫婦関係を悲観している2人が諦めることなく、2人の関係にポジティブな面を見いだし、明るい気持ちを表現できるかどうかですね。 キム・キャトラル / エミリー・フレンチ役 ーエミリー・フレンチはどんな人物ですか? エミリーは若い時に年齢差のある年上の男性と結婚した大富豪の女性です。 夫とは情熱的というより好意的な関係だったため、大恋愛ではありませんでした。 エミリーは特に愛に対して大きな理想を抱いている女性だと思います。 あの時代の多くの女性がそうでした。 自分がいる世界で息苦しさを感じ始めたエミリーは、自分とはまるで違う男性と素敵な恋愛をしたいと思うようになります。 ーエミリーの生活に関わってくる人々は? エミリーの亡き夫の弁護士スターリング(アンドリュー・ヘイヴィル)は、彼女の財政面を管理しています。 家政婦のジャネットはエミリーの身の回りの世話をするだけでなく、エミリーとはある意味、姉妹のような間柄です。 ジャネットとの関係が極めて複雑であったため、エミリーは一緒に楽しく冒険できる人物を探しているのですが、そんな時にレナード・ヴォールに出会います。 ーエミリーは楽しい時間以上のものを求めていると思いますか? いいえ。 エミリーが意識して恋愛相手を探しているとは思いません。 彼女は社会が彼女にふさわしいと押しつけてくる関係像には興味がありません。 退屈で性的な魅力や刺激に欠ける男性には全く興味がないんです。 ーエミリーはどんな女性ですか?レナード・ヴォールとの関係で求めていたものは? 当時の時代背景や彼女の年齢を考えると、かなりのフェミニストと言えるでしょうね。 刺激的なパートナーや新しい友情を求めて夜に外出するような女性です。 この物語の舞台は第一次世界大戦の余波が続くイギリスですが、特定の世代の男性たちは戦死しているため、どのみち、恋人を見つける機会はなかなかありません。 残っている男性の大半はかなり若いか、かなり年上です。 エミリーは自分の周囲にはいない、無防備で魅力的な若い男性に出会い、好奇心を掻き立てられます。 年上の女性が若い男性を餌食にして、快楽を満たすといった単純なことではありません。 エミリーは冒険がしたいんです。 ーエミリーについて監督から得たアドバイスや指示は? ジュリアン・ジャロルド(監督)は異なる意見にも喜んで耳を傾けてくれました。 幸運にも撮影が始まる前に数日をリハーサルに費やすことができたので、脚本を徹底的に突き詰めて、登場人物の思惑や関係の歴史、共存するに至った経緯などを理解することができました。 リハーサルはいつでも素晴らしい土台作りになります。 リハーサルのお陰で迷いが減り、宿題をやってきたという自信につながり、撮影現場で戸惑うことなく自分の役に入ることができます。 基礎固めができていたお陰で、今回の撮影では疑問に思うことが一つもありませんでした。 ー1920年代のイギリスをどう思いますか?自分なら快適に生きていける時代だと思いますか? 私は自分がいい時代に生まれたと思っています。 先代の素晴らしい女性たちが自由の道を築いてくれたからこそ、今の私は自分の生きたいように生き、選挙権があり、発言する自由を許されています。 私はかなり幸運に恵まれています。 特に私の年齢で、昔の女性たちが苦労しながら、後世の若い女性たちに教育し続けたからこそ手にできた恩恵を、当たり前のように享受していますからね。 脚本のサラ・フェルプスは当時の女性たちの闘いを、このドラマの女性たちに反映させていると思います。 本質的にエミリー・フレンチは自分の思うままに生きている女性です。 とても演じがいがありますよ。 彼女の末路がどうであれ、彼女は被害者ではありません。 サラはフェミニズムや強さといった要素をストーリーに盛り込んでいますが、もろさを描くことも忘れていません。 ー原作に親しんでいましたか? 『検察側の証人』はニューヨークで参加した演劇のワークショップで扱った作品だったので知っていました。 当時、ブロードウェイでの上演を目指していましたが、プロデューサーが怖じ気づいて、結局、引き下がってしまったんです。 それ以前に、チャールズ・ロートンやマレーネ・ディートリッヒが出演した映画版『情婦』を観たことがありました。 実はワークショップではロメイン役だったんですよ。 原作ではレナード・ヴォールよりも少し年上で、戦後のイギリスで疎外感を味わっていたドイツ人女性という設定だったと思います。 ウエストエンドで上演したいと思っていましたが、テレビドラマ版の企画があるという記事を読み、作品に関わりたくて制作のマンモススクリーンに接触しました。 彼らはアガサ・クリスティーの別の作品『そして誰もいなくなった』をドラマ化して大成功を収め、ちょうどサラ・フェルプスの脚本を待っているところでした。 その後、脚本ができあがると、私にエミリー・フレンチ役の打診があったんです。 私は「もちろん、やります!」と答えました。 トビー・ジョーンズが出演すると知っていたので、撮影を楽しみにしていました。 ー多くの人がアガサ・クリスティーの戯曲や小説に接して育ちますが、あなたもそうでしたか? 私は昔からアガサ・クリスティー作品や殺人ミステリーが大好きでした。 私の母が殺人ミステリー・マニアで、我が家にはいつもアルフレッド・ヒッチコックやアガサ・クリスティーの作品がありました。 1940年代の名作映画や、そうした作品を世に送り出した素晴らしい巨匠たちが特にお気に入りでした。 自分がクリスティー作品で被害者を演じる日が来るとは、夢にも思っていなかったですけどね! ーアガサ・クリスティーが今でも世界中の人々の共感を呼ぶ理由は何だと思いますか? クリスティーは常に複雑極まりないキャラクターを描き、作家、劇作家として読者や観客の一歩先を行く状態をキープしていたと思います。 一歩先を行くことで観客の心をつかめるのだと思います。 観客はハラハラしながら座席に深く腰を下ろし、「犯人は誰?動機は?」と思いを巡らす。 私なら、その時点でもう夢中になっていますね。 私は観客に「ああ、そういうことね」と思わせる作品に携わりたいと思っています。 私たちは今回、アガサ・クリスティーという優れた文豪の作品に忠実でありつつ、独自の作品を作り上げたと言えます。 クリスティーは女性を輝かせる役を幾つも誕生させましたが、当時にしてみれば珍しいこと。 まさに「お見事よ、アガサ!」ですね。 ーあなたとイギリス、特にリバプールとのつながりを知らない人もいると思いますが、生まれ故郷で撮影する気分は特別でしたか? 私はリバプール生まれですが赤ん坊の時にカナダに移住したので、生まれ故郷のリバプールで撮影できて最高でした。 1960年代後半、10代の頃に再びリバプールに戻って暮らしていた時期があります。 その時期は私の人生においてまさに刺激的な一章でした。 それから長い歳月を経て、今度は初めて女優として撮影のために戻ってこられたのですから、それはもう感動的でした。 やはり故郷はいいですね。 All Rights Reserved. プライバシーポリシー 使用条件 番組審議会 ホーム 番組表 番組表-block li. dropdown-block div block-block-1 h2, li. dropdown-block div block-block-1 a, li. dropdown-block div block-block-1 a:hover, li. 9 ; border: 1px solid rgba 0,0,0,0. 15 ; -webkit-box-shadow: 0 6px 12px rgba 0,0,0,0. 175 ; box-shadow: 0 6px 12px rgba 0,0,0,0.

次の

アガサクリスティーの小説『検察側の証人』は傑作だからネタバレとあらすじを書いとく

アガサ クリスティ 検察 側 の 証人

『検察側の証人』あらすじとネタバレ 街中で知り合い、親しくなってゆく金持ちのオールドミスと青年レナード。 ある夜そのオールドミスが撲殺された。 状況証拠は容疑者の青年に不利なものばかり。 金が目当てだとすれば動機も充分。 しかも、彼を救えるはずの妻が、あろうことか夫の犯行を裏付ける証言を…展開の見事さと驚愕の結末。 法廷劇の代表作。 引用: ボールという青年が、有名弁護士ロバーツのもとを訪れます。 彼は、純朴な好青年。 でも、彼は、「殺人容疑」をかけられ、怯えています。 ロバーツは考えます。 「こいつは・・・犯人ではない!!!」 と。 じゃあ、真犯人は一体誰なんだろう? そうして、ロバーツは犯人を探し始めます。 ボールは、自分に「アリバイがある」ことを主張します。 殺人時刻に、彼は自分の家にいた、と。 そしてその証人は、彼の嫁、クリスティーヌ。 その事実を言うために、彼女は証言台に立ちます。 しかし、ここで彼女は思いもよらぬ、予想だにしないことを話し出した!!!! 『検察側の証人』のここが見どころ! 1. 「数回にわたる、予想を裏切るどんでん返し。 」 検察側の証人ののみどころのひとつは、 ストーリ内で何度か、「予想だにしないどんでん返し」が起こるというところです。 どんでん返しの度、ゾクゾクしてくるんですよ。 アガサは全作読んだわけではないけど、私の中のベストは「検察側の証人」。 あれ初めて読んだとき感動したわー。 映画も探したな。 ものすごく好き。 — もきゅ@艦これが救い mokyutan アガサ• クリスティ「検察側の証人」読了。 疑いをかけられた男のために弁護士が奔走する戯曲。 物語は短いながらも読了後には驚きやら切なさやら様々な感情が押し寄せてくる秀逸な作品です。 個人的にはアガサクリスティの中で1、2を争う名作だと思います。 — kazuo kazuoEast 2. 短く、会話形式なので読みやすい! 検察側の証人は、アガサの他の有名作に比べ、かなり短いのが特徴です。 その中に、コンテンツが凝縮されています。 じっくり味わう、というよりは、サクッと楽しめる感じですね。 また、この本は会話形式が多いのも特徴です。 難しい単語が、すごく少ない。 だから、すごく読みやすいんですよ。 大学の授業1コマあれば読み切れちゃうくらいの分量ですね。 検察側の証人、原作すっげ短いのな。 これなら読んでから観ても絶対楽しめた!! — こうき parmill 『検察側の証人』を読んだ感想 この本は5回くらい読んでますが、いまだに「読みたい!」となります。 1度だけじゃなく、「何度も読みたい!」と思える作品こそ名作っすよね。 個人的にアガサクリスティ-の作品を何冊も読んでますが、ぶっちゃけ何回も読み返そうと思うのはこれだけ。 多分、長すぎるスト-リ-は耐えられないんでしょうな d  ̄  ̄ 初めて大学の食堂で読んだときの衝撃を今でも忘れられませんねぇ…. ! というわけで、史上最高におすすめの『検察側の証人』の紹介でした。 いや-めっちゃおもろい。 まじ最高。 また読もう。

次の

映画【情婦】原作はクリスティの「検察側の証人」。あらすじと感想│天衣無縫に映画をつづる

アガサ クリスティ 検察 側 の 証人

『検察側の証人』あらすじとネタバレ 街中で知り合い、親しくなってゆく金持ちのオールドミスと青年レナード。 ある夜そのオールドミスが撲殺された。 状況証拠は容疑者の青年に不利なものばかり。 金が目当てだとすれば動機も充分。 しかも、彼を救えるはずの妻が、あろうことか夫の犯行を裏付ける証言を…展開の見事さと驚愕の結末。 法廷劇の代表作。 引用: ボールという青年が、有名弁護士ロバーツのもとを訪れます。 彼は、純朴な好青年。 でも、彼は、「殺人容疑」をかけられ、怯えています。 ロバーツは考えます。 「こいつは・・・犯人ではない!!!」 と。 じゃあ、真犯人は一体誰なんだろう? そうして、ロバーツは犯人を探し始めます。 ボールは、自分に「アリバイがある」ことを主張します。 殺人時刻に、彼は自分の家にいた、と。 そしてその証人は、彼の嫁、クリスティーヌ。 その事実を言うために、彼女は証言台に立ちます。 しかし、ここで彼女は思いもよらぬ、予想だにしないことを話し出した!!!! 『検察側の証人』のここが見どころ! 1. 「数回にわたる、予想を裏切るどんでん返し。 」 検察側の証人ののみどころのひとつは、 ストーリ内で何度か、「予想だにしないどんでん返し」が起こるというところです。 どんでん返しの度、ゾクゾクしてくるんですよ。 アガサは全作読んだわけではないけど、私の中のベストは「検察側の証人」。 あれ初めて読んだとき感動したわー。 映画も探したな。 ものすごく好き。 — もきゅ@艦これが救い mokyutan アガサ• クリスティ「検察側の証人」読了。 疑いをかけられた男のために弁護士が奔走する戯曲。 物語は短いながらも読了後には驚きやら切なさやら様々な感情が押し寄せてくる秀逸な作品です。 個人的にはアガサクリスティの中で1、2を争う名作だと思います。 — kazuo kazuoEast 2. 短く、会話形式なので読みやすい! 検察側の証人は、アガサの他の有名作に比べ、かなり短いのが特徴です。 その中に、コンテンツが凝縮されています。 じっくり味わう、というよりは、サクッと楽しめる感じですね。 また、この本は会話形式が多いのも特徴です。 難しい単語が、すごく少ない。 だから、すごく読みやすいんですよ。 大学の授業1コマあれば読み切れちゃうくらいの分量ですね。 検察側の証人、原作すっげ短いのな。 これなら読んでから観ても絶対楽しめた!! — こうき parmill 『検察側の証人』を読んだ感想 この本は5回くらい読んでますが、いまだに「読みたい!」となります。 1度だけじゃなく、「何度も読みたい!」と思える作品こそ名作っすよね。 個人的にアガサクリスティ-の作品を何冊も読んでますが、ぶっちゃけ何回も読み返そうと思うのはこれだけ。 多分、長すぎるスト-リ-は耐えられないんでしょうな d  ̄  ̄ 初めて大学の食堂で読んだときの衝撃を今でも忘れられませんねぇ…. ! というわけで、史上最高におすすめの『検察側の証人』の紹介でした。 いや-めっちゃおもろい。 まじ最高。 また読もう。

次の