テラリア ストップ ウォッチ。 Stopwatch

Visual Studioで特定の変数の値を監視し続けるには:.NET TIPS

テラリア ストップ ウォッチ

using System; using System. Collections. Generic; using System. Linq; using static System. Add p1 ; plist. Add p2 ; plist. 大規模なプログラムなどで、1つの[ウォッチ]ウィンドウにいろいろな情報を表示していると、わけが分からなくなりそうな場合には、関連性のある項目だけを特定の[ウォッチ X]ウィンドウにまとめて表示するとよいだろう。 [ローカル]ウィンドウには、そのスコープに存在するローカル変数の値が表示され、ステップ実行を進めていくのに合わせて各変数の値が変化していく。 ローカル変数の値を確認したいだけなら、こちらを利用すればよい。 [ローカル]ウィンドウ これに対して、[ウォッチ]ウィンドウではさまざまな変数(やそのプロパティ)に加えて、何らかの計算式を追加することで、より柔軟にプログラム実行時の情報を表示できる。 [ウォッチ]ウィンドウに追加する変数やプロパティ、計算式のことをVSでは「ウォッチ式」と呼んでいる。 これらは「式」なので、式として評価できる多くの要素を追加できる(ただし、プログラムの実行に影響を与える「副作用を持った式」は一度だけ評価され、その後は評価されない。 後述)。 「plist」のように単に変数名を記述すると、それはC では「式」として扱われるので、[ウォッチ]ウィンドウに追加できるということだ。 [ウォッチ]ウィンドウに式を追加するには [ウォッチ]ウィンドウにウォッチ式を追加する簡単な方法は、デバッグ実行が中断した状態で、ウォッチしたい対象を右クリックして、コンテキストメニューから[ウォッチの追加]を選択することだ。 以下はplist変数にマウスカーソルを合わせたところだ。 これだけでも、plist変数についての簡単な情報が表示される。 [ウォッチ]ウィンドウにplist変数が追加された [ウォッチの追加]を選択すれば、[ウォッチ]ウィンドウにplist変数が追加される [ウォッチ]ウィンドウには、[ローカル]ウィンドウと同様に、その[名前][値][種類]が表示される。 上の画像ではMakeProductListメソッドの呼び出し前なので、その値はnullになっている。 以下はステップオーバー実行をしたところだ。 このように、値に変化があった項目については赤字で表示されるので、プログラム実行でどのような変化が起きているかを把握しやすくなっている。 また、[名前]欄の左側にある三角をクリックすることで、その要素を展開して表示することも可能だ(以下の画像はこれを行ったもの)。 副作用のある式は、最初の1回だけ評価され、その後は無効となる [ウォッチ]ウィンドウに追加した式を削除するには、特定の要素を右クリックして、コンテキストメニューから[ウォッチ式の削除]を選択するか、全ての要素を削除するならコンテキストメニューから[すべてクリア]を選択する。 まとめ [ウォッチ]ウィンドウを使うと、プログラムのデバッグ実行時にさまざまな情報を、プログラマーが望む形で表示できるようになる。 式の追加はとても簡単に行え、その編集もすぐにできる。 また、大規模なプログラムでは、最大4つまでの[ウォッチ]ウィンドウに関連のある情報だけをまとめて表示することも可能だ。 使いこなせば、デバッグをより効率的に行えるようになるだろう。

次の

Stopwatch

テラリア ストップ ウォッチ

using System; using System. Collections. Generic; using System. Linq; using static System. Add p1 ; plist. Add p2 ; plist. 大規模なプログラムなどで、1つの[ウォッチ]ウィンドウにいろいろな情報を表示していると、わけが分からなくなりそうな場合には、関連性のある項目だけを特定の[ウォッチ X]ウィンドウにまとめて表示するとよいだろう。 [ローカル]ウィンドウには、そのスコープに存在するローカル変数の値が表示され、ステップ実行を進めていくのに合わせて各変数の値が変化していく。 ローカル変数の値を確認したいだけなら、こちらを利用すればよい。 [ローカル]ウィンドウ これに対して、[ウォッチ]ウィンドウではさまざまな変数(やそのプロパティ)に加えて、何らかの計算式を追加することで、より柔軟にプログラム実行時の情報を表示できる。 [ウォッチ]ウィンドウに追加する変数やプロパティ、計算式のことをVSでは「ウォッチ式」と呼んでいる。 これらは「式」なので、式として評価できる多くの要素を追加できる(ただし、プログラムの実行に影響を与える「副作用を持った式」は一度だけ評価され、その後は評価されない。 後述)。 「plist」のように単に変数名を記述すると、それはC では「式」として扱われるので、[ウォッチ]ウィンドウに追加できるということだ。 [ウォッチ]ウィンドウに式を追加するには [ウォッチ]ウィンドウにウォッチ式を追加する簡単な方法は、デバッグ実行が中断した状態で、ウォッチしたい対象を右クリックして、コンテキストメニューから[ウォッチの追加]を選択することだ。 以下はplist変数にマウスカーソルを合わせたところだ。 これだけでも、plist変数についての簡単な情報が表示される。 [ウォッチ]ウィンドウにplist変数が追加された [ウォッチの追加]を選択すれば、[ウォッチ]ウィンドウにplist変数が追加される [ウォッチ]ウィンドウには、[ローカル]ウィンドウと同様に、その[名前][値][種類]が表示される。 上の画像ではMakeProductListメソッドの呼び出し前なので、その値はnullになっている。 以下はステップオーバー実行をしたところだ。 このように、値に変化があった項目については赤字で表示されるので、プログラム実行でどのような変化が起きているかを把握しやすくなっている。 また、[名前]欄の左側にある三角をクリックすることで、その要素を展開して表示することも可能だ(以下の画像はこれを行ったもの)。 副作用のある式は、最初の1回だけ評価され、その後は無効となる [ウォッチ]ウィンドウに追加した式を削除するには、特定の要素を右クリックして、コンテキストメニューから[ウォッチ式の削除]を選択するか、全ての要素を削除するならコンテキストメニューから[すべてクリア]を選択する。 まとめ [ウォッチ]ウィンドウを使うと、プログラムのデバッグ実行時にさまざまな情報を、プログラマーが望む形で表示できるようになる。 式の追加はとても簡単に行え、その編集もすぐにできる。 また、大規模なプログラムでは、最大4つまでの[ウォッチ]ウィンドウに関連のある情報だけをまとめて表示することも可能だ。 使いこなせば、デバッグをより効率的に行えるようになるだろう。

次の

『テラリア』とは?/まずはじめてみよう!

テラリア ストップ ウォッチ

まずは今回のプレイでの導入Mod紹介から。 重要なModを全部紹介すると激長記事になっちゃうのでCalamity攻略に合わせて細かく紹介していこうと思います。 Terraria導入Mod一覧• AlchemistNPC Lite• Antisocial• Auto Trash• Banner Bonanza• Better Night Sky• Boss Checklist• Calamity Mod No Calamity Music• Calamity Mod Extra Music• Calamity Mod Music• Even More Modifiers• Full Health Respawn• Item Checklist• Luiafk• Magic Storage• Max Stack plus Extra• No More Tombs• Recipe Browser• Terraria 3D• VeinMiner• WeaponOut• Whitch Mod is this from? WMITF• WingSlot• Yet Another Automatic Team Joiner• Yet Another Boss Health Bar Calamity Modについて Calamityは追加される要素の規模が膨大でメインModである Calamity Mod No Calamity Music とCalamityで追加されるModボスのBGM Modである Calamity Mod MusicとバニラボスにBGMを追加する Calamity Mod Extra Musicの3つのModが存在します。 追加される音楽はどれも 神BGMばかりなので同時に導入しましょう。 Calamity Mod導入環境下で新規キャラを作成した場合、初期からある程度見覚えのないアイテムを所持していると思います。 その中からいくつか紹介。 スターターバッグ ゲーム開始時に助かるアイテムが沢山入っています。 すぐに開けましょう。 Calamity独自のシステムの Rageメーターと Adrenalineメーターが追加されます。 Rageメーターは与えたダメージと受けたダメージで上昇。 Adrenalineメーターはボス戦時にボスの攻撃を回避し続ける事で上昇します。 リベンジェンスモードでは大量にエキスパートモードを更に難しくする調整が加えられますがボスのAI変更が最も大きな変更点でしょうか。 キングスライムが頻繁にテレポートするようになったり、特殊行動が追加したりと言った感じによりボスが強敵になります。 難しくなる代わりにリベンジェンスモード特有のアイテムが追加されます。 アイアンハート エキスパートモードのワールドで使用するとボス戦時にのみ死ぬとキャラデリされる準ハードコアモードになります。 色々変更点はありますが大まかなところで言うと。 ボスが生きている時にナースが回復を拒否します(何で?)ボスのAIが更に調整され追加行動や強化。 といった感じです。 代わりに(?)2個ペットアイテムが追加されます。 今回の自重しないTerrariaシリーズでは前述のリベンジェンスとデスをONにした状態でプレイしてます。 ディフィルドルーン リベンジェンスとデスがONの時にONにできます。 代わりにレアアイテムのドロップ率が上がります。 最序盤オススメの動き方 スターターバッグを開けて手に入る武器(銅の剣、銅の弓、アメジストスタッフ、 Wulfrum Controller、 Throwing Brick)を駆使して序盤の敵と戦っていく事になります。 戦っていると時々花火が上がり、謎のメッセージが出ると思います。 Calamityには Proficiency(熟練度)システムが存在し、近接・遠隔・魔法・召喚・ローグのクラスが設定されていてそれぞれの武器でダメージを与えると経験値が取得されてクラスのレベルがアップします。 因みにローグはCalamityで追加されるクラスになります結構強いのでオススメ。 まず地表を探索しつつ Wulfrum Slimeと Wulfrum Droneを倒して、 Wulfrum Shardを手に入れCalamity Modの最序盤防具の Wulfrum armorセットを作るか、裸一貫のまま砂漠に突撃して皆大好き サボテン防具でも作りましょう。 Victory Shardとサンゴとヒトデと貝殻で序盤の鉱石(?)である Victide Barを数個手に入れてVictide武器を作りましょう。 Redtide Swordか Seashell Boomerangか Seabow当たりがオススメです。 好みのクラスで選んでください。 後はいつも通り地下探索へ向かいハートクリスタルを揃えつつ鉱石を揃える流れになります。 ある程度地下探索して鉱石装備や Victide BarでVictide装備 等、めぼしいアイテムを手に入れたらキングスライム戦です。 地下探索で グラビティポーションが手に入ったら早めに空島を探して雲をとるとバニラアクセの雲入りのボトルが作れるのでオススメです。 因みにリスポーン地点の真上にはPlanetoidと呼ばれる小さな惑星群のようなものがあり、宝石やEnchanted Sword Shrineがあったりするので早めに見に行くと楽できます。 またスイフトネスポーションとシルクでヘルメスブーツも作れるので手に入らなかったなら取得しておきたいです。 トリガーはスターターバッグの中に入っているので一回なら実質無料で呼び出せます。 基本行動は変わりませんがリベンジェンス+デスの場合は本体の上に クラウンジュエルなるものが浮遊していてルビーボルトを撃ってきます。 このルビーボルトが一発当たり50と結構痛いので回避しつつ、キングスライムからも逃げつつ……と結構忙しいボスに変わっています。 おすすめ武器 この段階でそれぞれのクラスでのおすすめ武器をいくつか紹介します。 Redtide Sword Victide Barで作れる大剣。 丸い水刃のようなものを中距離まで飛ばすので扱いやすい。 Starfury バニラと違いクラフトレシピがあり序盤でも手に入る。 Seabow オート射撃可能で木の矢をwater blastに変換する弓• Mandible Bow 砂漠のMobからドロップする弓 攻撃力は上の弓より1低いが矢の速度が早い。 Diamond or Ruby Staff 1体敵を貫通するボルトを飛ばすスタッフ• Sun Spirit Staff 頭の上に Solar Spiritを召喚する。 複数召喚は不可だが近くにいる敵に弾速の早いビームを撃つ。 Wulfrum Controller 使用すると Wulfrum Droidを召喚する こちらは複数召喚可能なので両方を併用すると良い。 ローグ• Crystalline Wulfrum Shardから作成できる Wulfrum Knifeから作成できる序盤オススメのローグ武器。 Gilded or Gleaming Dagger Crystallineが手に入らない時はこっちがオススメ。 敵を3体貫通するローグ武器。 TerrariaのCalamity Mod解説を始めるに当たり、TerrariaのMod導入方法を解説します。 TerrariaにはModの導入と管理を容易にするソフト「 tModLoader」と言う物が海外の有志の方から開発されており、今回はそのtModLoaderの導入方法を解説します。 現在tModloaderには 導入が簡単な32bit版と少し難しい64bit版が存在します。 少し難しいですが64bit版は32bit版より多くPCメモリを使用できるので沢山のModを導入する事ができます。 今回は両方のバージョンを紹介します。 それぞれのPC環境に応じてバージョンを選択して導入してください。 するとこの様にtModloaderのソフトウェアが解凍されます。 tModLoaderInstaller. jarをダブルクリックして「installation successful! 」の文字が出ればOKです。 それ以外の文字が出た場合はZipを解凍して出来た、README. この時、ファイルを上書きするかどうか聞かれると思いますが上書きしてください。 その後、Steam経由でTerrariaを起動し左下にtModLoaderの文字があれば導入成功です!おめでとうございます。

次の