恐縮しております。 「大変恐縮ですが」の意味と使い方・類語|ビジネス/メール

温かいお心遣い|#話術.com

恐縮しております

スポンサーリンク 「恐縮です」の意味と使い方は? まず最初に 「恐縮です」の意味と正しい使い方について見ていきましょう。 「恐縮です」という言葉は、「恐縮」という名詞に丁寧な語尾「です」をつけたものです。 「恐縮」の「恐」という漢字は形声文字です。 「心」が字の形を、「巩」が音を表しています。 この「巩」という字は、元来「両手で仕事をしている形」を示し、転じて「穴を通す」といった意味があるとされます。 すなわち 「恐」は、 「心の中が穴のように空虚になった状態」をもともと意味します。 これが転じて「恐れる」、「こわがる」といった意味合いになりました。 また「縮」という漢字も形声文字です。 糸へんが字の形を、「宿」が音を表します。 「宿」には元来「ちぢむ」という意味があり 「縮」は 「糸の乱れを収める」や、 「引き締めること」を指しました。 これらのことから 「恐縮」は、文字通りには 「恐ろしくて身が縮むこと」を意味します。 または 「体が縮みそうなほどに、恐れ入ること」という精神状態を示す言い方でもあります。 現代ではこの後者の使い方が一般的だといえるでしょう。 さらにこの精神状態を示す場合でも、二通りの使い方に分けられるようです。 一つは「相手に何かしてもらったり、迷惑をかけたことについて、悪いとか、すまないと思うさま」を表す言い方です。 二つ目は「人に何かを頼むときの丁寧な言い方」として使われる表現です。 つまり、あいさつなどでの定型的な言い回しとしての用法です。 例えば 「恐縮ですが、こちらにサインをお願いします」といった使い方ですね。 そして「恐縮です」という言葉は、これらの使い方をより丁寧に伝えるものです。 相手との人間関係の中で、申し訳なく思う気持ちを伝えるときに使う「クッション」的な役割を果たす言葉だといえます。 「身が縮こまるようです」とはやや大げさですが、相手から厚意を受けた場合などに感謝する気持ちや、相手に迷惑をかけてすまないと思う気持ちを、少しへりくだって表現する用語であるとともに、相手への感謝から派生する気恥ずかしさや照れくささなどを表現するときにも使われる言い方でもあります。 スポンサーリンク 例えば「いい仕事だったよ、さすがは君だね」など褒められた際に「恐縮です」と返答するようなケースです。 「恐縮です」に敬語や丁寧語はある? 次に 「恐縮です」という言葉に敬語や丁寧語はあるのか見ていきましょう。 「恐縮です」はこれ自体が敬語表現になっていますが、他にも相手を敬ったり、より丁寧な言い方にする表現もできます。 「恐縮でございます」、「恐縮に存じます」、「恐縮しております」など語尾をより丁寧に換えたり、「大変恐縮です」、「まことに恐縮です」、「恐縮の限りです」、「ただただ恐縮しております」、「恐縮の至りでございます」など、前後に強調する言葉を補うことで、一段と丁寧な印象を与えることができます。 感謝や謝罪を述べる通常の言い方を、よりかしこまった形に換える表現が「恐縮です」でもあります。 例えば 「すみませんが、お願いできますか」を 「恐縮ですが~」とするような用法です。 「恐縮です」の類義語や例文を教えて? 最後に 「恐縮です」の類義語や例文をご紹介したいと思います。 「恐縮です」の類義語には次のようなものがあります。 申し訳ありません• すみません• 恐懼します• 畏れ多く思います• ありがたく存じます• 身が引き締まります などがありますね。 「恐縮です」の例文としては次のようなものが挙げられます。 本日は、過分なるおもてなしを頂きまして誠に恐縮です。 皆様から受けたご親切と励ましのお言葉に、ただただ恐縮です。 恐縮ですが、この度の出席は遠慮させていただきます。 大変恐縮ですが、もう一度お調べいただけますでしょうか。 「恐縮です」の類義語と例文をまとめてご紹介しました。 まとめ いかがでしたでしょうか? 「恐縮です」の 意味と正しい使い方、そして敬語や類義語、例文について詳しくご紹介しました。 おさらいをすると相手に何かをしてもらった時に、申し訳ない気持ちを言葉で表す際に活用すると良いでしょう。 相手に対して申し訳ない気持ちをクッション的に使いたい場合に「恐縮」と表現すると良いですね。 ビジネスの場でもよく使う表現方法なのでしっかりと頭に入れておきましょう!.

次の

「恐縮」の意味と正しい使い方!シーン別の例文と類語も紹介

恐縮しております

温かいお心づかいに感謝 例• この度は出産のお祝いを頂き、お心遣いに感謝しております。 行き届いたお心配りに感謝いたします。 見積価格の件、お心遣いいただき、感謝しております。 「お心づかい、ありがとうございます。 」 例• この度は、温かいお心づかい頂き、ありがとうございます。 この度のお心遣い本当にありがとうございました。 いつもながら温かいお心遣いいただき、本当にありがとうございます。 結婚式にフラワー電報をお贈りいただき、ありがとうございます。 お心遣いに、感謝しております。 本当にありがとうございます。 この度の仙台支店に転勤に寸志をいただき恐縮です。 退院に際して、素敵な品物をお贈りいただきまして、お心遣いありがとうございます。 ありがとうございました。 先週は体調不良でお休みさせていただいたのですが、先輩からメールであたたかいお言葉を頂き、嬉しかったです。 ありがとうございます。 お心遣い痛み入ります 例• 娘の結婚式では、ご立派な品物をお贈りいただき、お心遣い痛み入ります。 先日は当方の不手際でご迷惑をおかけしたにもかかわらず、追加でご注文まで頂戴いたしまして、お心遣い痛み入ります。 先日の長男の結婚式では、ご祝儀をいただきましてありがとうございました。 お心遣い痛み入ります。 お心遣いに恐縮 例• お心遣いいただき、大変恐縮です。 ありがとうございます。 お世話になっているうえ、お中元まで頂戴し、このようなお心遣いをいただき恐縮です。 中国支店への長期出張の際には、餞別のお心遣いを頂き恐縮に存じます。 急な退職でご迷惑をおかけするにもかかわらず、激励の言葉を頂戴し、あたたかいにお心遣い恐縮しております。 私にまで、あたたかいお心遣いいただき、恐縮でございます。 誕生日にお花を贈っていただきありがとうございます。 いつもながらお心遣いいただき恐縮です。 お心づかいが、うれしい 例• 温かいお心遣いありがたく、感激いたしました。 お心づかいいただき、恐縮[キョウシュク]です。 日頃から温かいお心遣いをいただき、痛み入ります。 この度は行き届いたお心配りをしてくださり、とても感謝いたしております。 お気づかい 「お気づかい」は自分の体調や、悩み、苦労などを相手に気遣ってもらった時や、何かの贈り物をされた時などに使う言葉です。 温かいお気づかい、ありがとうございます。 自分の頭痛のこと、お気遣いくださいまして、ありがとうございます。 すぐにおいとまいたしますので、どうぞお気遣いなく。 どうぞお気遣いなさらないでください。 すぐに失礼いたします。 先日はハネムーンのお土産の品を頂きまして、お気遣いいただき恐縮です。 お返事等のお気遣いは、どうぞ、なさらないで下さい。 お返事などのお気遣いはご無用に願います。 お気遣いには及びませんが、ご心配頂き有難うございます。 かえってお気遣いいただき、申し訳ございませんでした。 ちょっとしたお気遣い、本当に嬉しいですね。

次の

恐縮(きょうしゅく)の意味・例文・使い方とは?感謝/礼儀

恐縮しております

ビジネスシーンで使う「恐縮」の意味 ビジネスシーンでは日常生活で使用しない単語を使う機会も多く、神経を使うという方も多いのではないでしょうか。 なかでも「恐縮」は使用頻度の高い言葉の一つです。 決まり文句としてよく目にする言葉である反面、その意味を考えずに使用している人も多いことでしょう。 「恐縮」は読んで字のごとく、恐れによって身が縮こまるという意味を表します。 また相手に迷惑をかけた際や厚意を受けた際に申し訳なく思うこと、という意味も持っています。 ビジネスでは後者の意味で使用されることが一般的でしょう。 特に、「すみません」に代わる書き言葉として「恐縮」が用いられることが多いのですが、ほかにも様々なシーンで活用をすることが可能です。 そこで、実際にどのような場面で「恐縮」が使われているかをシーン別に見ていきましょう。 「恐縮」を使う2つのシーン 「恐縮」は大きく分けて以下の2つのシーンでよく使用されます。 感謝を伝える際の「恐縮」 相手から厚意を受けた場合に用いられる「恐縮」は、感謝の気持ちを伝える役割を果たします。 上司や取引先からお褒めの言葉を頂戴した際や、高い評価を受けた際に「お褒めいただき恐縮です。 」「高いご評価を賜り、恐縮しております。 」のように使われます。 この場合、感謝やお礼を伝える「ありがとうございます。 」「感謝いたします。 」と同じ意味で用いられますが、身に余る高評価だったと感じる場合に「恐縮」を使う人が多い傾向にあるようです。 依頼をする際や了承を得るときに使われる「恐縮」 文章の前半で「恐縮ですが…」を使う場合、相手に何かを依頼するケースや了承を得たい場合がほとんどです。 」や「私事で大変恐縮ですが、来週は出張のため不在となっております。 」のように使用されます。 「すみませんが」「申し訳ありませんが」「お手数ですが」の代わりとして用いられ、相手への配慮を示す役割も果たします。 「恐縮」を使うときに気を付けること 定型文として使用されることが多い「恐縮」は、無意識に使用していると相手に違和感を与えてしまう可能性があります。 そこで「恐縮」を使う際には以下の2点に注意しましょう。 「恐縮」は基本的に書き言葉で使用する 取引先との会議や電話でのやりとりの際に「恐縮」を使用するケースもあることでしょう。 しかし、基本的に「恐縮」は書き言葉として使用されることが多い単語の一つです。 書き言葉を会話中に用いると相手に冷たい印象を与える可能性がありますので、話し言葉の際には「恐れ入りますが」などの表現に言い換えた方がよいでしょう。 「恐縮」は多用しない 先ほどもご紹介したように、「恐縮」には感謝を伝える役割のほかに依頼をする際や了承を得るときなど様々な意味で使用できる言葉です。 使い勝手がいい言葉である反面、使い慣れてくると同じメールや書面のなかに何度も用いてしまうことがあります。 しかし同じ単語を繰り返し使うことで文章自体が稚拙に感じられたり、内容が伝わりにくくなることもあるため注意が必要です。 そのため何度も同じ単語を用いないよう、メールや書面を送る前には必ず一度確認をしましょう。 知っておきたい「恐縮」の類語 様々なシーンで活用できる「恐縮」ですが、繰り返しを避けるためには類語や代わりに使用できる単語を覚えておくと便利です。 そこで、「恐縮」の代わりに使用できる言葉や表現を以下にまとめました。 感謝を伝える「恐縮」の類語 大変おそれ多いことでございます。 もったいないことでございます。 痛み入ります。 心より感謝いたします。 依頼するときや了承を得るときの「恐縮」の類語 恐れ入りますが… 申し訳ございませんが… お手数をおかけいたしますが… また、上記のほかに「恐縮」を強調する表現もおさえておくと文章にバリエーションを持たせることができます。 ただし、これらの強調表現は堅苦しい印象を与えるため、話し言葉やメールでは用いられることが少ない言葉です。 「恐縮」を強調させる表現 恐縮至極に存じます。 恐縮の至りでございます。 恐縮しきりでございます。 これらの表現を頭の片隅に置いておき、臨機応変に用いることができるとビジネスメールや書類もスマートに仕上げることができるでしょう。 まとめ ビジネスシーンの頻出単語である「恐縮」は当たり前のように使用しがちですが、意味をしっかり理解して用いないと締まりのない文章になってしまうことがあります。 そこで、今回ご紹介した使用方法や例文、類語を参考にしながら、今後のビジネス文書を作成する際の参考にしてみてはいかがですか。

次の