ゼノブレイド スイッチ。 Switch用『ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション』2020年発売。やりこみ度深すぎRPGのリマスター版

初代ゼノブレイド Switch版リマスターの発売日は5月29日決定!最新映像が公開【ディフィニティブ・エディション】

ゼノブレイド スイッチ

ついに2020年5月29日にニンテンドースイッチで『ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション』が発売されました。 本作はWiiで発売された『ゼノブレイド』のリメイク作で、グラフィックがより美しくなったほか遊びやすくなっています。 ただ、本作のバトルはなかなか要素が多くて初心者にはややこしく感じるかも。 この特集記事では、最低限おさえておきたい10のコツをご紹介します。 オートアタックを忘れずに 最初はとにかくアーツを連打したくなりますが、オートアタックも重要です。 敵に近づけば各キャラは自動で攻撃し、攻撃が当たればタレントアーツのゲージが貯まるのですから。 タレントアーツはキャラクターごとに異なりますが、シュルクの場合は攻撃・防御のどちらにも利用可能ですし、他キャラクターのものも強烈なケースが多いのです。 強敵と戦う場合は積極的に貯めましょう。 方向と「!」を意識して アーツによっては敵の方向(向き)によってダメージが上昇するケースがあります。 たとえばシュルクのバックスラッシュは、相手の背後で使えば大ダメージなのです。 とはいえ、バトル中はなかなか正確に方向を確認できません。 そんな場合、アーツについている「!」に注目。 このマークが出ていれば、敵の方向がきちんと合っている状態になります。 ヘイト管理は超重要 バトル中、キャラクターに赤い円がついていることがあります。 これは敵から狙われている証拠で、つまり赤い円がついていると攻撃される状態になっているわけですね。 「ヘイト」が高いと狙われやすいので、敵の攻撃は防御が得意な味方に受けてもらいましょう。 ラインは防御力が高いですし、ヘイトを稼ぐアーツもたくさんあります。 また、敵に大ダメージを与えることでヘイトを集めやすいダンバンのようなキャラクターも存在します。 もちろんラインやダンバンがピンチになった場合は、シュルクなどでヘイトを稼いで一時的に攻撃を受けてあげるのもアリでしょう。 このヘイト管理が重要です。 また、ヘイトを稼いでいる仲間の近くに集まっていると範囲攻撃で一気にやられてしまう可能性もあります。 位置取りにも注意しましょう。 「崩し」「転倒」「気絶」で一気に有利に 「ストリームエッジ」のようなピンク色のアーツを使うと敵を「崩し」状態にでき、崩れた敵に対して「ワイルドダウン」のような黄緑色のアーツを使うと「転倒」させることができ、さらに「シェイカーエッジ」のような黄土色のアーツを使えば「気絶」させることができます。 気絶状態にまで持っていければ、相手が無防備になるため一気に畳み掛けるチャンス。 積極的に狙っていきましょう。 作戦をうまく使おう 戦闘中にZRを押すと味方に指示を出すことができます。 基本は「集中攻撃だ!」で各個撃破するのがいいでしょう。 「みんな集まれ!」は敵の攻撃を避けたいなどに使えるかも。 テンションって何? バトル中、画面にいきなり「B」と出てくることがあります。 これは円の中でBボタンを押すと味方の「テンション」が上がる「キズナ入力」というものです。 入力に成功するとテンションがあがり、クリティカル発生率と命中率が上がります。 チェインアタックで一気に攻撃! 画面左上のパーティーゲージを溜めると「チェインアタック」を発動できます。 チェインアタック中はアーツを自由に使えるので、崩し・転倒・気絶を狙ったり、みんなで同じ色のアーツを選んで一気にダメージを与えたりできます。 とにかく強力なのですが、パーティーゲージはやられた味方を復活させる際にも使います。 劣勢時はあえてチェインアタックを発動せず回復に回すのもいいかも。 ヴィジョンが見えたら的確に対応 バトル中、未来視(ヴィジョン)が発動し敵の強烈な攻撃を予知できる場合があります。 未来が見えたら的確に対応しましょう。 敵の攻撃が物理攻撃の場合はモナドアーツの「疾」を使ったり、もしくは物理耐性を上げるアーツを使いましょう。 タレントアーツの場合は「盾」で対応できます。 また、わざとヘイトを奪って仲間の攻撃を受けることもできますし、広いフィールドの場合は物理的に距離を取ることでも回避できるのです。 敵が強く感じる場合は寄り道しよう どうしても敵に勝てない場合、寄り道するといいでしょう。 街中にはさまざまなサブクエストがあるので、これでレベル上げをするもよし、お金を稼いで装備を更新するのもよし。 また、収集したアイテムを仲間にあげたり、キズナトークを見てキズナを高めるのもいいでしょう。 キズナが高まればバトルでも有利になります。 コロニー9でジェム爺のところへ行き、ジェムクラフトをするのもGOOD。 純度の高いジェムを作ることができれば、バトルもぐっと楽になるはず。 全滅してもリスクなし! 気軽にいこう 本作はバトルで全滅しても少し前の場所に戻されるだけで、これといったデメリットはありません。 ボスに負けた場合はHPとパーティーゲージを回復してくれる機能(ボス敗北時に表示されるTIPS表示で発動)もあるので、いろいろ試してみましょう。 とにかくチェインアタックで一気に攻めてみたりすると、活路が開けたりするかも……? また、難易度が下がるカジュアルモードも用意されています。 いつでもオン・オフできるので、どうしても難しい場所だけこれにするのもいいかもしれません。 《すしし》.

次の

Xenoblade ゼノブレイド 攻略 @ Wiki

ゼノブレイド スイッチ

検索 : 攻略• TIPS• アイテム• その他のアイテム• サブイベント• システム アーツ• その他• スキル• スキル• スキルリンク• エリアデータ• 住人データ• モンスター• その他• Switch版 DE• 追加防具• つながる未来• New3DS版• 海外版• wiki• 更新履歴 142 141 140 139 138 137 136 135 134 133 132 131 130 129 128 127 126 125 124 123 122 121 120 119 118 117 116 115 114 113 112 111 110 109 108 107 106 105 104 103 102 101 100 99 98 97 96 95 94 93 92 91 90 89 88 87 86 85 84 83 82 81 80 79 78 77 76 75 74 73 72 71 70 69 68 67 66 65 64 63 62 61 60 59 58 57 56 55 54 53 52 51 50 49 48 47 46 45 44 43 42 41 40 39 38 37 36 35 34 33 32 31 30 29 28 27 26 25 24 23 22 21 20 19 18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 モナドスレ(プロトタイプ)•

次の

ゼノブレイドクロスがSwitchに移植される可能性が高まった?クロスのHPが更新!

ゼノブレイド スイッチ

ナンバリングは「2」となっているが、• 『ゼノブレイド』(Wiiソフト)• 『ゼノブレイドクロス』(WiiUソフト)• 『ゼノブレイド2』(スイッチソフト) なので、実質的には3作目。 世界観やコンセプトの繋がりはあるけど、前作をやっている必要はなく、 『ゼノブレイド2』は「ニンテンドースイッチで遊べる本格RPG」と言える。 今回は、『ゼノブレイド2』をクリアしたレビューと感想を、ストーリーなどのネタバレなしで語る。 良くないと思った部分も、まったく遠慮なく述べている。 買おうか迷っている人、評価が気になる人は、ぜひとも参考にしていってほしい。 「やっぱりRPGっていいね!」と思えるほどの、壮大な世界の美しさ!最高のBGM! 「巨人獣(アルス)」が空を行き交う「アルスト」という世界で繰り広げられる冒険。 「巨大の生き物の上で人々が暮らしている」というのは、前作『ゼノブレイド』から受け継がれているコンセプトだが、やっぱり良い! 独特の世界設定のうえで、様々なフィールドや、暮らしのあり方が描かれる。 新しい世界に足を踏み入れて、フィールドや街の音楽が流れてきて……っていうのが最高に良くて、これこそが大作RPGの醍醐味だよねって感じ! 「フィールドの美しさ」と「神がかったBGM」だけでも、このゲームを買う価値があると思う。 壮大なフィールドを探索したり、サブクエストで色んなところに寄り道するのが楽しい。 世界を駆け回るRPGの魅力が詰まったタイトルだ。 少なくとも、「大作RPG」としての最低限の基準は満たしている。 戦闘は楽しく、難易度の高さは良いが、意地悪さはNG 位置取り、アーツの組み合わせ、チェインシステムなど、 戦闘システムはややこしいものの、慣れればかなり面白い。 フィールドには、今のレベルでは到底倒せない敵が徘徊していて、「いつかやってやる」とか「もうそろそろ倒せるんじゃ……」みたいなのが最高に楽しい。 やり方によっては格上の敵を倒せるシステムなので、高難易度RPGが好きな人にとっては最高だと思う。 一方で、 敵の配置などが、ちょっと不必要に意地悪なようにも感じる。 「楽しい難易度の高さ」と「勘違いした難易度の高さ」というものがあり、ここらへんは人にもよるだろうし、塩梅が難しいところでもあると思うが、 やたらストレスだけかかるような、やたら意地悪な難易度調整があって、萎える部分もたまにあった。 育成システム、やりこみ要素は楽しいが、ガチャは賛否が分かれそう 育成のためにフィールドを駆け回る楽しさは、まさに「RPG」という感じでよかった。 やりこみ要素も、全部遊び尽くせないほど膨大で、ゲームの世界にどっぷりハマることができる。 一方で、 「ブレイド」を入手するときにガチャシステムになっているのは、賛否が分かれるだろう。 個人的には、ぜんぜん良いとは思えなかった。 せっかくコンシューマーゲームを遊んでいるのに、ソシャゲっぽさを味わいたくないというのが正直なところ。 百歩譲って、「楽しいガチャ」ならいんだけど、単にランダム要素の悪いところが強調される「詰まらないガチャ」だったのが良くなかった。 任天堂らしからぬ不親切さ、UIの悪さ さんぜん指摘されているので、自分が言うまでもないかもしれないが、 操作性やチュートリアル関連は不親切すぎる。 任天堂はディベロッパーではなくパブリッシャーという立場ではあるけど、 「よく任天堂がOKを出したな!」というレベルで酷い。 自分は操作や戦闘システムに関しては、ネットで検索しながら遊んだので、問題はなかった。 しかしもちろん、最低限の操作方法に関してはゲーム内で完結しているべきだろう。 これに関しては、擁護する気が起きず、 純粋に作品のクオリティに欠けていたとしか評価できない。 ストーリーの陳腐さと、ムービーの長さ、全体のチグハグさ ストーリーに関しては、ネタバレは避けるが、王道のボーイミーツガールかつ、少年漫画的な感じだ。 個人的には、あまり評価できないストーリーだった。 特に、ムービーの長さには辟易させられた。 ムービーの多いゲームが特別嫌いというわけではないが、さすがに「こっちは動画を見たいんじゃなくてゲームを遊びたいんだよ!」と言いたくなる。 キャラデザは、今作はデフォルメっぽい感じだし、ストーリーもまあ王道と言っていいものなのに、戦闘システムに関してはかなり複雑な上級者向けで、どういう層のプレイヤーに向けているのかわらないし、 全体として、それぞれの要素がバラバラという感じがした。 日本の大作RPGにありがちなクソさ 日本のRPGは、「属人的な部分」が全面に出ていて、それがオリジナリティとか、スタイリッシュさに繋がったりしているので、それ自体は素晴らしいことだと思う。 でも、「大作」になると、各要素がチグハグかつバラバラで、 「ゲームとしてうまく統合されていないな」と感じるし、それが酷くなると、楽しく遊べなくなってくる。 (部分部分だけが良く、加点評価では神ゲーになっても、減点評価ではクソゲーになるというやつ。 ) 「日本のRPGにしかできない良さ」っていうのはあると思うし、逆に「日本のRPGにありがちなクソさ」もある。 良い部分が出ている大作ゲームとしては、• ニーアオートマタ• ペルソナ5• ドラクエ11 など。 逆に 悪い部分が出ているのは、• ファイナルファンタジー14• キングダムハーツ3 など。 では『ゼノブレイド2』は?というと、 「悪いほう」ですね。 残念ながら。 部分部分を見ると素晴らしい要素がたくさんあるのだが、全体として作り込まれているとは言えないし、その粗さが致命的なゲームの欠点になっている。 『ゼノブレイド2』の正直な評価 正直な評価としては、 100点満点中60点といったところ。 やっぱり、欠点になる部分が多いし、UIにしろキャラデザにしろムービーにしろガチャにしろ、 全体的に「あまり作り込まれていない」という印象。 でも、これは万人の視点を意識した場合の評価で、人によっては最高のゲームになりうる。 やりこみ要素に関しては、長くハマれるように作られているし、 マニアックな部分や複雑な部分に耐えられる人なら、問題なく楽しめるだろう。 ちなみに、Wiiの初代『ゼノブレイド』を評価するなら、100点満点中90点かな。 前作も欠点自体はかなりたくさんあったんだけど、それを帳消しにするRPGとしての面白さがあった。 『ゼノブレイド2』においては、オタクプレイヤーを前提としたマニアックな感じが、やや悪い方向に働きすぎてしまったように思う。 ちょっと酷評になってしまったが、悪い部分はちゃんと悪いと言うのが自分のスタイルなので。 (今さらのレビューだが、アプデされる前に遊んだ感想となっている。 今はイージーモードとかが追加されたらしいし、チュートリアルなどもだいぶ改善されていらしいので、欠点は少なくなっていると思う。 ) この記事が参考になったのであれば、以下の 「ニンテンドースイッチソフトおすすめランキング」などの記事も参考にしていってほしい。

次の