エコ バッグ。 エコバッグ・マイバックの事ならお任せください!

Shupatto

エコ バッグ

C PaylessImages/123RF. COM そこで今回は、ずーっと持てて使いやすい超優秀なエコバッグを探してプロと一緒にテストを行いました。 ロフトやハンズのエコバッグ特設コーナーにある製品をはじめ、耐久性や機能性をうたった製品など、 エコバッグを31製品集めて徹底検証、最も優秀な製品を探しました。 買い物にエコバッグを持っていく人、これからエコバッグを購入しようと思っている人、機能性のいいものや携帯しやすいエコバッグを探している人はぜひチェックしてみてください。 <外部サイトでご覧の方へ> 見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。 正しいレイアウトはthe360. lifeオリジナルサイトをご確認ください。 採点項目は以下の4項目です。 [採点項目1:耐久性(30点満点)] 縫製が丁寧だったり、日々の買い物に耐えうる丈夫な生地が使われているものは高評価としました。 [採点項目2:使いやすさ(30点満点)] ものの出し入れがしやすいか、荷物を入れて持ったときに肩へ負担がかからないかを評価しました。 [採点項目3:収納力(20点満点)] 同じサイズのお菓子の袋が何個詰められるかをカウント。 たくさん入ったものほど高評価としています。 [採点項目4:ジャンルごとの特徴(20点満点)] 折りたたみタイプは「折りたたみやすいか」、トートタイプは「デザインのよさ」、レジカゴタイプは「カゴにスムーズにかけられるか」を評価。 保冷タイプは氷を入れてヒーターを30分あてた後、バッグ内の温度を測定して「保冷力」をチェックしました。

次の

おしゃれなエコバッグ おすすめ&人気ブランドランキング30選【2020年版】

エコ バッグ

こんにちは、調査隊員Kです。 今回のテーマは「エコバッグ」です。 2020年までのレジ袋有料化(無料配布の禁止)を環境省が提案するなど、最近はなかなかホットな話題ではないでしょうか。 この流れを受けてか隊員Kが普段使っているスーパーも、先日からレジ袋を有料にしていましたよ。 というわけで、ネット上の評判を吟味のうえ、8種類のエコバッグを取り寄せてみました。 これらを以下の3つの指標でチェックしていきたいと思います! じゃーん ・容量 「どのくらい入るか」だけなら単純に製品の「〇リットル入ります」という情報を見ればいいんですけど、それだけではちょっと情報としては足りないですよね〜。 さまざまな形状・大きさの商品が無理なく入り、運べるかどうか。 そんな「使い勝手としての容量」をチェックしたいと思います。 ・収納しやすさ エコバッグの特徴として「外出中ずっと使うわけではない」というのがありますよね。 なので「携行時いかにじゃまにならないか」というのも重要かと思いまして。 どれだけコンパクトになるのか、そしてコンパクトにするのにどのくらい手間がかかるか。 そういった点を見ようかと。 ・丈夫さ 隊員Kは1週間分の食材を買いだめするスタイルなので、ここが死活問題なんです。 縫製とか生地の厚さとかをしっかり見たいと思います。 いろんなものを入れるということで防汚性も一緒に見たいですね。 やっぱ便利なのが一番でしょ。 機能重視エコバッグ 【1】マーナ「Shupattoコンパクトバッグ M」 北欧柄がかわいいですね 収容量:14. こちらのエコバッグは使い終わったときの「収納」にひと工夫ありの製品です。 袋の両端を持って「シュパッ」と引くと、いとも簡単にコンパクトなベルト状に。 これはいいぞ。 フィンランドのテキスタイルブランド「カウニステ」の生地を使っていてデザインもかわいいです。 隊員Kのような1週間分の食材をまとめて買うような人間にはちょっと足りないですが、3日に1回くらいの買い物なら必要十分ではないでしょうか。 まだエントリーナンバー1ですが、これは「収納しやすさ」部門では1位かもしれません。 壊れるとしたらここからって感じがしますね。 生地は薄手ながらかなり丈夫な感じです。 ポケットティッシュレベルのミニサイズに収納できるエコバッグです。 バッグ収納用にくっついているポケットですが、広げて使うときや小物を入れるときにも役立ちそうですね。 ただし隊員K的にはちょっと容量が物足りないかな……。 こまめに買い物に出かける方ならピッタリかもしれません。 やっぱり隊員Kにはちょっと小さいかな……。 毎日、もしくは2日に1回くらいの頻度でこまめに買いに行く方にちょうどいいサイズではないでしょうか。 本当にポケットティッシュくらいですね。 ただ付属のポケットにしまうためにたたむのが結構手間です。 いや大したことないんですけど、マーナさんの「シュパッと1秒」を経験した後だと、どうしてもね。 これは仕方ないです。 縫製もきれいですが特に丈夫さに気を配っているふうではなく。 ただ、あまり量が入らないので、そこまで丈夫さに気を配る必要はないのではないでしょうか。 構造が複雑じゃないので、たとえば中で何かがこぼれたりしてもお手入れしやすそうなのはいいですね。 前にもひとつ持っていたんですが、あまりにヘビロテしすぎたためにダメにしちゃいました。 うう、よく帰ってきてくれたね……。 こいつの何がいいって、トートとしても使えるしリュックにもなるんですよ。 やっぱり重いものを運ぶなら背負うのが一番ラク、ということで本当に重宝していました。 切り替えカラーとスクエア型のシルエットでちょっとおしゃれなのも、またいい感じです。 いや無理すればもっと入るんですけど、形がボコボコになると背負うのに難があるので、それをかんがみるとこの程度が限度です。 背が高めなのでネギとかが楽々入るのは便利。 1つ前に紹介したトルネさんと一緒ですね。 しかもトルネさんほどにはコンパクトにならないので、荷物に忍ばせるにはちょっと大きすぎるかもしれません。 何かここまで書いて、「このバッグあまりいいところないな……」と思い始めましたが、やっぱり何を差し置いても「背負える」というのは強みです。 両手が空くって最高です。 私が気に入りすぎてヘビロテしすぎた結果です。 色が切り替わってる部分とか、生地が重なって結構厚めにできているので、安心感がありますよ。 どことなく北欧系のコンセプトを感じる製品です。 お会計時にかごへかけさせてもらうとあら不思議、レジ係の方がきれいにかご詰めしてくれた商品をそのままスポッと持ちあげて帰れちゃうんですよ。 すごい……画期的……。 詰め替えめんどくさいなって常々思ってたんですよね。 というのも、カバン本体の中に、レジかごに引っかけるための内袋みたいなものがついてるような構造で、実質そこには物が入らないんですよね。 ちなみに持ち歩くときはその内袋部分をキュッと巾着(きんちゃく)状に締めることができます。 安定感が増すのでその点はグッドですね。 あ、あと、小さいポケットがついているのは個人的に最高でした! 家の鍵をエコバッグの底に入れちゃって、家の前で泣く泣くお野菜を取り出す事故がなくなりました。 ただ、たたむのがすごいラクで、その点が個人的にかなり高評価です! クルクルとまるめたあとに、縫い付けてあるゴムバンドでキュッと締めるだけ。 かなり適当にたたんでも、ゴムバンドがどうとでもまとめてくれるため、ズボラ主婦的にはポイント高いです。 なんだろう、二重になってるのかな。 持ち手部分もぜいたくに布を使って幅広にしてあるので、かなり頑丈ではないでしょうか。 手や肩に食い込んで痛くなったりしないのもうれしいです。 あと、生地の触り心地がかなり独特です。 なんというか、「トロン」としている? 普通のナイロンとはちょっと違う、すごくなめらかな感じです。 私はこの感触大好きなんですが、防汚性の面はどうなんだろう? ナイロンよりも「布っぽい」感じがするので、お手入れしやすさの面ではほかのバッグに軍配が上がるかもしれませんね。 ひとつ前で紹介したクルリトさんと違ってガッツリレジかごの形をしてますね。 もうひとつ違う点としては、内部がアルミ貼りになっていて保冷できること、これはうれしいですね〜。 そんなに長く外を持ち歩くわけではありませんが、それでも夏の生肉とかちょっと心配ですからね。 あと、キャンプやBBQでも活躍してくれそうな点がかなりGOODです。 レジかごをそのまま持って帰れる感覚です。 本当はこの画像以上に物が入るんですけど、今度は私の腕力が追い付かなくなってしまうのでセーブしました。 玉子とか、あんまり動いちゃうと怖いですし。 「バッグインバッグしていつでも持ち歩く」という運用はこのエコバッグにおいては難しいですね。 たっぷり入ることですし、車で買い物に行く人向けの商品なのかもしれません。 隊員Kは徒歩で買い物に行く派なので、ちょっと相性が悪かったかもしれませんね。 ただ、かなりたくさんモノが入るので、耐久性に対するハードルも結構高いんですよね……。 このあたりはある程度使い続けないとわかりません。 ただオシャレなだけじゃなく機能も考えられています。 サイドにスナップボタンがついていて、留めると安定感重視のマチ付きバッグに変身するんですね。 いっぱい入れたいときと、少なくていいとき、どっちもフィットするのがいい感じです。 本当にシンプルで平べったいただのトートバッグなので、安定感はちょっと心もとないですが。 たたんでポーチにしまう手間はあるものの、ポーチの大きさに結構ゆとりがあるので、割と適当にバサバサたたんでも収まってくれます。 ここらへん、チリも積もれば結構な時短になるはず。 ボタンを留めたらマチ付きになる構造もアイデア的にはグッドなんですけど、重いモノ入れたらバチン!って取れそう。 いや隊員Kが「一度にたくさんのものを運びたい 運ぶ回数を少なくしたい 」ズボラ的欲求が強すぎるのかもしれませんが。 流れで「エコバッグ」と言ってしまいましたが、エコバッグと紹介していいものか迷うほどおしゃれですね〜。 ちなみにこちら、売り上げの一部は「オーストラリア海洋保存の会」に寄付されるそうです。 レジ袋は環境問題の大きな原因であると考えられていますが、とりわけ海の動物たちが誤飲してしまう問題が近年取りざたされていす。 海とゆかりの深い国オーストラリアのすばらしい取り組みですね。 マチはないものの、幅が広めに作られているためか底がわりと広がりやすく、見た目よりも安定感があります。 最初にカレールーとかの「箱モノ」を横にバン!と入れて床代わりにすると、ほかのものをなかなか快適に入れられます。 ポケットにも押し込めちゃう小ささですね。 この手のエコバッグで最もスタンダードな感じです。 ただ大きさの割にちょっと縫製が心もとないかな〜とは思いました。 取っ手のあたりとか、無理させると裂けそうな危うさを感じます。 ドイツはベルリンからはるばる海を越えてやってきました。 いやそれにしてもオシャレだな……。 こいつからニラを生やして道を歩く姿は、我ながらなかなかシュールでした。 ただしこちらのほうがさらに幅広です。 取っ手も広めに作られていて、肩にかけやすいのが個人的に好みでした。 かばんは手のひらで持つよりも断然肩にかける派です。 ・Fold me:たたんで付属のポーチにイン ・Roll me:くるくる巻いてボタンで留める ・Stuff me:インナーポケットにそのまま詰めちゃう そのときの気分やスタイルで好きにやっちゃって、ということだそうな。 取り回しやすそうでいいですね。 縫製は特に目立ったところはないですが、長く使えそうな安定感を醸し出していますね。 まあこのあたりは、実際に長く使ってみないとわからないところではありますが……。

次の

モッチッチ×ハローキティ ハローキティ エコバッグ プレゼントキャンペーン|エースコック株式会社

エコ バッグ

環境意識の高まりもあり、最近は エコバッグ持参で買物する人を多く見かけるようになった。 来る2020年7月からはプラスチック製レジ袋の有料化もスタート。 マイバッグやエコバッグの需要は今後さらに増すものと思われる。 さて、今回はセブンイレブンから発売された新作エコバッグのレビューをお届けしよう。 環境配慮はもちろんのこと、誰もが経験したことがあるはずの「コンビニ弁当の悪夢」を解消してくれる優れモノだった!? ・とってもコンパクト 今回紹介するのは「セブンプレミアム ライフスタイル シュパット コンパクトバッグ」。 生活雑貨メーカーのマーナが製造するエコバッグ 「シュパット」とセブンイレブンがコラボした商品だ。 サイズは6L、20L、40Lの3種類がラインナップ。 2020年3月2日よりセブン&アイグループ各店にて販売が始まっている。 筆者は今回、 6Lサイズ(980円)を購入して使用感を確かめてみることにした。 まあエコバッグなので、使い方について特に説明することはない。 基本はバッグを広げて荷物を入れるだけだ。 6Lサイズはコンビニ弁当が丁度キレイに収まるくらいの大きさで、主に一人分の買物を想定したサイズ感と考えていいだろう。 最大の売りは折りたたむと手の平に収まるくらいコンパクトになること、そして商品名のとおりシュパッと畳めてシュパッと広げられること。 確かにサイズも収納のしやすさも魅力だが、このセブンイレブン仕様のシュパットには さらなる秘密兵器が搭載されている。 それはね…… ・グッバイ寄り弁 「ドリンクハンモック」なる内ポケットの存在だ! こんな経験をしたことがないだろうか。 コンビニで弁当とボトルドリンクを買った際、レジ袋の中でボトルが転がり、気付けば袋全体が傾いて弁当がグシャッ……なんて経験を。 ゴチャ混ぜになった弁当を泣きながら食べたことが一度くらいはあるはずだ。 しかし、このドリンクハンモックにペットボトルを収納すれば…… ペットボトルがバッグの上部に独立して収納されるので…… ボトルが転がって弁当の下に潜り込むことも、袋が傾いて寄り弁になることもないッ! これ、地味だが非常に優秀な機能ではないだろうか。 こういうデザインのエコバッグは筆者が調べた範囲では他に見当たらなかった。 ありそうでなかったナイスアイデアなのだ。 セブン的には温めた弁当と冷たいドリンクを分けられる点がオススメポイントらしいが、筆者としては弁当が傾かないことに魅力を感じた。 やっぱり寄り弁ってテンション下がるしね。 なおドリンクハンモックが搭載されているのは 6Lサイズのみなので、そこは注意していただきたい。 いずれにせよエコバッグを探しているという方は、今回紹介したシュパットを検討してみてはいかが? 参照元:セブンイレブン「」 Report: Photo:RocketNews24.

次の