きめつのやいば 201 画バレ。 【鬼滅の刃】202話・203話に繋がる謎と伏線、炭治郎が…鬼に![→204話]

【鬼滅の刃】最新202話203話「帰ろう」あらすじ振り返り・感想と考察!

きめつのやいば 201 画バレ

週刊少年ジャンプ連載「鬼滅の刃(きめつのやいば)」の全話ネタバレまとめページです。 鬼滅本誌の最新話も紹介しているので、鬼滅の刃の続きや結末を知りたい時は是非参考にしてください。 週刊少年ジャンプ連載「鬼滅の刃」の概要 時は大正。 竈門炭治郎は、家族とともに山でつつましくも幸せな日々をおくっていた。 ある日、町で炭を売りに出かけた炭治郎が山に戻ると、家族は鬼に襲われ血だまりの中で絶命していた。 唯一、一命をとりとめていた妹・ 禰豆子を救うべく、降りしきる雪の中背中に背負い必死に雪山を下りる炭治郎。 その途中、 禰豆子は突然唸り声を上げ、炭治郎に襲いかかる。 鬼と人との切ない物語__。 関連リンク 鬼滅本誌の最新話ネタバレ 舞台はついに現代東京へ。 そこでは炭治郎や禰豆子、善逸伊之助たちの子孫が平和に暮らしていた。 戦いで死亡した者たちも転生を果たし、おばみつや胡蝶姉妹も再会。

次の

鬼滅の刃/きめつのやいば最新201話ネタバレ&画バレ!炭治郎が鬼に!202話考察!感想・解説も!【週刊少年ジャンプ19号】

きめつのやいば 201 画バレ

ー消える宿敵ー そして陽光に照らされた 無残 むざんは完全に消滅していき、体はこなごなになっていっています。 長き戦いの末、訪れたのは・・・ 勝利を確信した当主の 産屋敷輝弥 うぶやしきかがやは放心状態になっています 完全に消すくずと変わり果てる 無残 むざんを周囲にいる 鬼殺隊 きさつたいの隊員達が見守っていると、 周囲にいた 鬼殺隊 きさつたいの隊員達がその顛末を確認すると 「ウオオオ!」という歓声とかわり、 一気に喜びへと変わります。 「倒した!! 無残 むざんを倒した!! 」 「 無残 むざんが死んだ!! 」と歓喜の声が飛び交います 一方の 産屋敷邸 うぶやしきていではお館の 産屋敷輝弥 うぶやしきかがやの心配をする周囲をよそに、 産屋敷輝弥 うぶやしきかがやは 「怪我人の…手当を…」 と、先に戦闘に加わっていた 鬼殺隊 きさつたいの隊士達の気遣いをします。 そして、 鬼殺隊 きさつたいの隊員達は、 「終わりじゃないぞ!立て!怪我人の手当てだ!! 」 「急いで救護に回れ!泣くな!しっかりしろ!! 」と怪我を追った柱達の救護に回ります。 場面は壁によりかかりながら、隠し達の手当てをうける 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめいにうつります。 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめいの手当てをしようとする隠し達は必死に薬の投与を試みますが、 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめいは 「よせ、薬を使うな」 「私は手遅れだ、貴重な薬を溝に捨てることになる」 「他の若者達の所へ行ってくれ」 「頼む…最後の願いだ…」と自分よりも若い者達のことを気遣います。 すると、 「ああ…お前たちか…」と 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめいは走馬灯のようなものを見始めます… 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめいの見ている景色では、かつて自分が世話をしていた子供たちが 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめいに訴えかけていました。 「先生…あの日のことを私たちずっと謝りたかったの」 「先生を傷つけたよね?」 「でも俺たち逃げようとしたんじゃないんだよ」 「先生は目が見えないから守らなきゃと思って」 「武器をとりに行こうとしたんだ。 外に農具があったから」 「私は人を呼びに行こうとしたの…」と訴えかけます。 それを聞いた 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめいは 「ああ…そうだったのか…」と初めて真相を聞かされます。 そして 「 獪岳 かいがくを追い出したこともごめんなさい」 「だけど理由があるの、嘘じゃないよ」 「いつもどうり明日が来ればちゃんと話もできたのに、本当にごめんなさい。 」 それを聞いた 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめいは 「私の方こそお前たちを守ってやれず…」 「すまなかった…」 子供たちは 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめいに抱きつき 「謝らないで、みんだ先生が大好きだよ」 「だからずっと待ってたの」と、 そして 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめいは 「そうか…ありがとう…」 「じゃあ行こう…皆で…」 「行こう…」 とつぶやきます… 場面は 伊黒小芭内 いぐろおばないと 甘露寺蜜璃 かんろじみつりにうつし、 伊黒小芭内 いぐろおばないの蛇の 鏑丸 かぶらまるを見た 甘露寺蜜璃 かんろじみつりが 「あ… 鏑丸 かぶらまるくん…」と意識を戻し、 「 伊黒 いぐろ…勝てた…」とたずねます。 伊黒小芭内 いぐろおばないは 「ああ勝った」と答えると 甘露寺蜜璃 かんろじみつりが、 「良かったぁ」と喜びます。 続けて、 「体が全然痛くないや…もうすぐ私死ぬみたい…」と言うと 伊黒小芭内 いぐろおばないは、 「俺もすぐ死ぬだろう、君は独りじゃない」と優しく答え 甘露寺蜜璃 かんろじみつりは 「伊黒さんには死んで欲しくないなぁ」 「私あんまり役に立てなかったよね、ごめんね」と謝ります。 そんな 甘露寺蜜璃 かんろじみつりに 伊黒小芭内 いぐろおばないは 「そんなことはない、頼むからそんな風に言わないでくれ」 そして続けて、 「初めて会った日のことを覚えているか?」と尋ねると、 「うん、お館様のお屋敷で迷ってた私を…助けてくれた…」と話すと 伊黒小芭内 いぐろおばないが 「違う、逆だ」 「あの日会った君があまりにも普通の女の子だったから俺は救われたんだ」 と、 甘露寺蜜璃 かんろじみつりと初めて出会った時のことを思い出します。 「ささいなことではしゃいで鈴を転がすように笑い」 「柱になるまで苦しい試練もあっただろうに」 「それを少しも感じさせない」 「君と話しているととても楽しい」 「まるで自分も普通の青年になれたようで幸せだった」 「きっと他のものも同じだった」 「底抜けに明るく優しい君は」 「たくさんの人の心をも救済している、胸を張れ」 「俺が誰にも文句言わせない」 と、語ります。 それを聞いた 甘露寺蜜璃 かんろじみつりは喜び目に涙をうかべて 「わあぁん嬉しいよぉ」 「わたしっ… 伊黒 いぐろさんが好き」 「 伊黒 いぐろさんと食べるご飯が一番美味しいの」 「だって 伊黒 いぐろさんずっと優しい目で私のこと見ててくれてるんだもん」 そして、 「 伊黒 いぐろさん 伊黒 いぐろさんお願い…」 「生まれかわれたら」 「また人間に生れかわれたら」 「私のことお嫁さんにしてくれる?」 と尋ねると、 伊黒小芭内 いぐろおばないは、 「勿論だ」 「君が俺でいいと言ってくれるなら…」 「絶対に君を幸せにする」 「今度こそ死なせない。 必ず守る…」 と 甘露寺蜜璃 かんろじみつりを強く抱きしめます。 場面は 不死川実弥 しなずがわさねみにうつり、 不死川実弥 しなずがわさねみはボーッと遠くを見ています。 遠くにいる兄弟達に気が付き、 「 玄弥 げんや…」 「みんな向こうにいる…」 そして次の瞬間近くに母親の存在に気がついたようで、 「お袋?なんで向こうに行かなねぇんだ」 「お袋!そこにいるんだろ?」 すると母親は 「私はねぇ、そっちにはいけんのよ」と返事します。 それを聞いた 不死川実弥 しなずがわさねみは 「何でだよ!一緒に行こう!ほらっ」 「駄目なのよ…みんなと同じところへは行けんのよ…」 「我が子を手にかけて天国へは…」 と答えると、 不死川実弥 しなずがわさねみは 「わかった、じゃあ俺はお袋と行くよ」 「俺があんまり早く行ったら 玄弥 げんやが悲しむだろうし」 「お袋を背負って地獄を歩くよ」と母親の手をひこうとすると、誰かがその手を抑えます… そこに現れたのは父親でした。 父親は、 「放せ、 志津 しづは俺と来るんだ」と、 不死川実弥 しなずがわさねみを突き飛ばします。 「お前はあっちにもこっちにも来れねぇよ」 「俺の息子だってことに感謝しろ特別丈夫だ」と言います。 不死川実弥 しなずがわさねみはそのタイミングで意識が戻り、目を開きます。 その後場面は 嘴平伊之助 はしびらいのすけと 我妻善逸 あがつまぜんいつにうつり、 伊之助 いのすけを手当てしようとする 鬼殺隊 きさつたいの隠し達、 善逸 ぜんいつは 「頼む、俺が死んだら妻の 禰豆子 ねずこに愛してると伝えてくれ」 「そして俺は勇敢だったと…最後の最後まで 禰豆子 ねずこを…」と相変わらずですが… 富岡義勇 とみおかぎゆうは手当てしようとする隠し達の言葉を聞かずに 炭治郎 たんじろうを探します。 「 炭治郎 たんじろうはどこだ…」 「 炭治郎 たんじろうは無事か」 と訪ねていると、 目の前には 炭治郎 たんじろうの周りで泣き崩れる隠し達の姿をとらえます。 炭治郎 たんじろうの様子を見ると、 隠しの1人が 「息してない、脈がない、 炭治郎 たんじろう…」 即座に 炭治郎 たんじろうの微笑みを思い浮かべ、目から涙がこぼれ落ちていきます… そして 炭治郎 たんじろうの右手を握りしめ、 「また守れなかった」とつぶやきます。 「俺は人に守られてばかりだ……」 「許してくれ」 「すまない」 「 禰豆子 ねずこ」・・・ ーーー鬼滅の刃200話【勝利の代償】おしまいーーー seiyuuotaku. 私にはいつも死の影がぴたりと張りついていた 私の心臓は母親の腹の中で何度も止まり、生まれた時には 死産 しざんだと言われ 荼毘 だびに付されようという 際 きわに・・・ その後、場面は 炭治郎 たんじろう達との戦いで傷つき、陽光に照らされて巨大化して 炭治郎 たんじろうを体内に取り込んだ時にまで遡ります。 無残 むざんは 「私の肉体は間もなく滅びるだろう、陽の光により消滅する」 「だが…」 無残 むざんは 炭治郎 たんじろうの様子を見て、 「呼吸も心臓も停止しているが細胞の全ては死滅しておらず生きている」 「まだ間に合う」 と 無残 むざんは 炭治郎 たんじろうに手を伸ばします。 「私の想いもまた不滅なのだ、永遠なのだ」 「私はこの子供に想いの全てを託すことにする」 「 竈門 かまど 炭治郎 たんじろうお前は、陽の光を克服し」 「最強の鬼の王となるだろう」 「なぜならお前は 竈門禰豆子 かまどねずこと血を分けた兄であり」 「あの化け物と同じ呼吸を使うことができた、唯一の者」 「お前が滅ぼせ」 「私の代わりに」 ・・・ 「 鬼狩 おにがりを」 今まで呼吸がなく、脈も止まっていたはずが急に目を開け意識を戻した 炭治郎 たんじろうに周囲いた 富岡義勇 とみおかぎゆうや隠し達は突然のことで驚きますが、 間違いなく目の前で 炭治郎 たんじろうが目を覚まします。 すると、 炭治郎 たんじろうはぎゃあああと苦しみだしますが その後、ギュル!っと突然左腕が肩から生えてきます! それを見た 富岡義勇 とみおかぎゆうは大声で叫びます! 「動ける者ーーーっ!! 」 「武器を取って集まれーーーっ!! 」 これを聞いた者はどうしたんだ?と 愈史郎 ゆしろうも遠い物陰でびっくりし、 我妻善逸 あがつまぜんいつは 「何か騒いでる」と… 続けて、 富岡義勇 とみおかぎゆうは 「 炭治郎 たんじろうが鬼にされた」 「太陽の下に固定して焼き殺す」と叫びます! そして、 「人を殺す前に 炭治郎 たんじろうを殺せ!! 」 陽の光にあたり、 炭治郎 たんじろうの皮膚はジュウウっと焼けるような音がして、 炭治郎 たんじろうは電車の中に逃げ込もうとしますが、 富岡義勇 とみおかぎゆうは 「日陰にはいかせん…!! 」とが行く手を阻みます。 「一瞬遅れてたら間違いなく隠を殺していた」 「頼むこのまま、 炭治郎 たんじろうのまま、死んでくれ…!! 」 と 富岡義勇 とみおかぎゆうも必死になんとかしようとします。 すると、今まで陽光に焼かれ皮膚がとけて苦しんでいた 炭治郎 たんじろうの皮膚が焼かれる音が止まります! 富岡義勇 とみおかぎゆうは「 陽光灼け ようこうやけが止まった!! 馬鹿な…」と、その時 炭治郎 たんじろうは左手で 富岡義勇 とみおかぎゆうを殴ります、続けて右手でなぐろうとした時、 嘴平伊之助 はしびらいのすけが「何してんだーーーっ!! 」と止めに入り、 「 半々羽織 はんはんばおりだぞ、仲間だぞ!! 」と叫びます! その状態を見た 我妻善逸 あがつまぜんいつは 「もうみんな戦えないよ、ボロボロだよ」 「こんなのあんまりだ」 「 禰豆子 ねずこちゃんどうするんだよ」 「 炭治郎 たんじろう」 と悲しみます。 鬼となってしまった 炭治郎 たんじろうは 目の前の 伊之助 いのすけに標準をとらえ、 一気にとびかかります。 伊之助 いのすけは飛びかかってくる 炭治郎 たんじろうを見て、以前共に修行した日に 「俺たちは仲間だからさ、兄弟みたいなものだからさ」 「だれかが道を踏み外しそうになったら止めような」 「どんなに苦しくても、つらくても、正しい道を歩こう」 という言葉を想い出しています。 もしくは、 炭治郎 たんじろうの体内にわずかな 無残 むざんの細胞が残されている。 など・・・ そして、その細胞の鍵は 禰豆子 ねずこが握っていたり… ようやく、なぜ 禰豆子 ねずこがあのタイミングで人間に戻ったのか!? が解明されて、その辺も今後の展開に影響していきそうですね! 正直次週の展開はまったく予想することが難しい状態となってしまっています。

次の

鬼滅の刃ネタバレ201話最新確定!炭治郎が鬼化で義勇悲痛の選択!

きめつのやいば 201 画バレ

スポンサーリンク 戦いが終わって・・・ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」179話より引用 上弦の壱との死闘はついに決着しました。 しかし風柱の不死川実弥はまだ攻撃をやめようとしません。 岩柱の悲鳴嶼は鬼はもう再生しないから攻撃をやめるように言いますが止まらない実弥。 なんと実弥は意識を失ったままで攻撃を続けていたのでした。 体を無理やり抱え込んでようやく攻撃を止めましたがそのまま倒れ伏してしまいます。 その後、悲鳴嶼は玄弥と無一郎を案じそちらへ向かいます。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」179話より引用 玄弥はまだ息がありました。 瀕死の状態ながら、兄の実弥と無一郎は大丈夫かと安否を気遣います。 悲鳴嶼は、玄弥は出血とともに鬼の効力もほとんど抜けているため、稀血の実弥を傍に置いても差しさわりはないと判断し、意識を失ったままの実弥をそばに運びます。 実弥が生きていることに安堵する玄弥。 スポンサーリンク 無一郎を迎えに来た兄・有一郎 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」179話より引用 そして悲鳴嶼は無一郎の元へ。 無一郎は目を開けたままの状態ですでに亡くなっていました。 悲鳴嶼はその瞳をそっと閉じてやります。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」179話より引用 そして無一郎と玄弥のお陰で勝つことができたと感謝と尊敬の言葉をかけ、若い身空で本当に立派に戦ったとたたえます。 必ず無惨を倒してそちらに行くから、安心して眠るようにと・・・ 自分よりも若い人たちが身を呈して勝利に貢献し、結果自分より先にいってしまう。 先に死んでしまうほうも痛ましいですが、それを見送るほうも辛いです。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」179話より引用 死んでしまった無一郎を迎えに来たのは、兄の有一郎でした。 有一郎は泣きながら怒っています。 こっちに来るな、戻れ、まだ十四歳なのだから逃げれば良かったのにと言います。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」179話より引用 こんなところで死ぬなんで無駄死にだ、何のために生まれたのかわからないと。 スポンサーリンク 「幸せになる為に生まれてきたんだ」 無一郎は答えます。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」179話より引用 「僕が何の為に生まれたかなんて そんなの自分でちゃんとわかってるよ 僕は 幸せになる為に生まれてきたんだ」 家族四人で暮らしていたときも幸せだった。 一人ぼっちになってからつらいことや苦しいことがたくさんあったけれど、仲間ができてまた笑顔になれたと。 記憶を取り戻してから仲間と過ごす時間が楽しくなって、笑顔が増えた無一郎。 その仲間のために命をかけたことは後悔していないと言います。 そして、他の誰かになら何と言われてもいいけれど、無駄死になんて兄さんにだけはそう言って欲しくないと訴えます。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」179話より引用 有一郎は謝り、無一郎に死なないで欲しかったと言い、二人は泣きながら抱き合うのでした。 十一歳で死んでしまった兄の有一郎は、無一郎にもっともっと長く生きて欲しかったんですね。 まだ十四歳なのに戦いで命を落としてしまうのは心が痛みます。 年齢的にも早すぎると思います。 でも無一郎が、幸せになるために生まれてきたんだと思っていたのは本当に良かったと思いました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」179話より引用 記憶が戻り仲間ができてまた笑顔になれた、という回想では炭治郎や玄弥、そして刀鍛冶の里の人たちもいました。 彼にとって一番楽しかったのはあの時期なんだなと思いました。 無一郎の人生は、決して不幸ではなかったのです。 スポンサーリンク 玄弥の体が崩れる・・・ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」179話より引用 やがて実弥が目を覚まします。 すると目の前で玄弥の体が崩れていくところでした。 鬼と同じように体が崩れ始めた玄弥を見て実弥は取り乱し、何とかしてやる、兄ちゃんがどうにかしてやると叫びます。 そんな実弥に玄弥は、あの時兄ちゃんを責めてごめん、迷惑ばっかりかけてごめんと涙を流して謝るのでした。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」179話より引用 「あの時」というのは、鬼になってしまった母親を実弥が殺したときのことです。 実弥は玄弥を守るために必死で戦ったのに、玄弥はとっさに「人殺し」と言ってしまったのでした。 そのことをずっと後悔していたのです。 玄弥がずっと抱えていた、兄に謝りたいという願いはここでようやく叶ったのでした。 迷惑なんて一つもかけていない、俺より先に死ぬなと泣きながら叫ぶ実弥・・・ 玄弥は、守ってくれてありがとう、兄ちゃんが俺を守ろうとしてくれたように俺も兄ちゃんを守りたかったと言います。 スポンサーリンク 玄弥の死 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」179話より引用 つらい思いをたくさんした兄ちゃんは幸せになって欲しい。 俺の兄ちゃんは世界で一番優しい人だから。 玄弥は静かに感謝の気持ちを伝えると、最期に微笑みながらありがとうと言い、崩れて消えてしまいました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」179話より引用 その現実を受け止めきれずに泣き崩れる実弥・・・ 普段は強気で気性も荒い彼が悲しんでいる姿は、読んでいるこちらも辛いです。 これまで、傍にいなくとも生きていることで心の支えにもなっていたであろう存在の弟・玄弥が目の前で死んでしまったのです。 これで実弥は家族を全員失ってしまいました。 そこへ悲鳴嶼が静かに歩み寄ります。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」179話より引用 そして行かねばならない、顔を上げろと静かに言います。 無惨を倒すまで終わりではないと。 次回へ続きます。 スポンサーリンク 『鬼滅の刃』ネタバレ 179-180 話のまとめ 今回は涙無しには読めない悲しい回でした。 上弦の壱には勝利しましたが、失ったものも大きかったです。 玄弥が最後に実弥に謝り、感謝を伝えることができたのがせめてもの救いでした。 が、実弥はこの先大丈夫でしょうか? 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」179話より引用 かなりの重傷ですしこんな精神状態で無惨と戦うには無理があるのでは? と心配になってしまいますが、岩柱の悲鳴嶼が行かねばならないと言っていますし、前に進むしかないのでしょう。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」179話より引用 そして、今回は兄弟がお互いを想い合う気持ちが描かれました。 時透兄弟も不死川兄弟も、兄または弟に幸せになって欲しいと願っています。 「頼むから死んでくれ」と縁壱の死を願っていた黒死牟とは対照的でした。 次は場面が変わってついに無惨戦でしょうか? 上弦の肆である鳴女と戦っている甘露寺&伊黒のほうも決着がついたのか気になりますね!.

次の