イー ガールズ 解散 理由。 LDHの社長現在は森雅貴でいつ変わった?離婚した元嫁は有名女優でイーガールズ解散はパワハラは本当?

【EG解散】E

イー ガールズ 解散 理由

2019. 15追記 ナンバーガール復活しましたね!マジでビックリしました。 公式サイトからの引用ツイート貼っておきます。 【お知らせ】 RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZOへの出演が決定致しました。 わずか7年の活動で多くの邦楽ロックファンに衝撃を与え、多大な影響を与えた彼らに対し、「なぜ解散したのか?」と疑問に思う後追いファンも多いはずです。 クドカンこと脚本家の宮藤官九郎氏はナンバーガール15周年に際し、解散時点ですでに彼らの音楽は完結していたという旨のコメントを寄せています。 今回は、クドカンに「完結していた」と言わしめるナンバーガールが、2002年に解散した理由をその後の音楽性から考えてみました。 ナンバーガールの完結と、今なお第一線で活躍するメンバーがどのように音楽的に分岐したかを知る手がかりとしてお楽しみください。 ナンバーガールは2018年のマンガ『ロッキンユー!!! 』にも影響 前提ですが、ナンバーガールが解散から15年経った今でも愛される、すばらしいバンドである根拠について考えてみました。 少年ジャンプ+で連載中のマンガ『ロッキンユー!!! 』を読むと、その理由が少しわかるかもしれません。 社交的で特に自分を持たない高校生の主人公が、ネクラでオルタナ好きな軽音楽部の生徒の演奏する『透明少女』を聴いて衝撃を受けるところから作品が始まります。 2018年になって今更ナンバーガール……と思うかもしれませんが、オルタナティブ・ロックの本質が垣間見える作品です。 「キモいヤツだからロックをやっている」というセリフにしびれる『ロッキンユー!!! 』は電子書籍で読めるので、お時間ある方はぜひ読んでみてください。 ナンバーガールのメンバーと略歴 福岡県福岡市で1995年に結成し、7年間のキャリアを駆け抜けたナンバーガール。 まずは、メンバープロフィールと略歴を見てみましょう。 所有ギターは。 現在はZAZEN BOYSやKIMONOS、向井秀徳アコースティック&エレクトリックなどで活動しています。 田渕ひさ子(Gt) 独特のフレージングでナンバーガールの世界観に奥行きを作る紅一点のギタリスト。 所有ギターは。 現在はtoddle、Bloodthirsty butchers、LAMAで活動しています。 中尾憲太郎(Ba) 直線的かつルードなベースラインで、変則的なダウンピッキングをするパンク系ベーシスト。 解散後はSLOTH LOVE CHUNKSやSPIRAL CHORDでベースを担当。 現在はCrypt City、ART-SCHOOLのサポートメンバーとして活動するほか、MASS OF THE FERMENTING DREGSなどのプロデューサーも務めています。 アヒト・イナザワ(Dr) 童顔ながら叩きこむような高速乱打が特徴のドラマー。 解散後はZAZEN BOYSに加入したほか、BEYONDSやLuminous Orange、おやすみホログラムのサポートドラムを担当していました。 ドラマーとしてのアヒト・イナザワの魅力を紹介した記事を書きました。 97の世代 ナンバーガールは、東芝EMIから1997年にデビューしました。 多くの邦楽ロックが1997年にデビューしたことから「97の世代」と言われています。 先日ご紹介したやくるり、トライセラトップスらとは同世代のバンドです。 詳しくは以下の記事でまとめました。 ナンバーガールが解散した理由(公式発表) ナンバーガールが解散した理由について、公式で以下のように発表されました。 ベースの中尾憲太郎氏が「自分のやりたい音楽がある」と言い、残った3人やスタッフが話し合った結果、「中尾、田渕、イナザワ、向井の4人でナンバーガールである」という結論に至ったそうです。 これがナンバーガールの解散理由と発表されています。 ナンバーガール解散後の音楽性 ファンの中には、「音楽性の違い以外の原因があるのではないか」と疑う方もいるかもしれません。 ここからは、初期ナンバーガールと解散後の各メンバーのバンドを比較しながら真相を探っていきましょう。 初期ナンバーガールの音楽性 初期ナンバーガールはハードコア・パンクのテイストが強いオルタナティブ・ロックです。 彼らの概要を知りたい方は以下の記事でまとめましたのでこちらをご覧ください。 どちらも1980年代中期から1990年代初期に活躍したオルタナティブ・ロックバンドです。 2バンドと比較される理由は管理人が考察したので、以下の記事よりご覧ください。 さて、ここからがナンバーガールの解散に関する本題です。 向井秀徳 新たな音楽性の模索を目指し、中期ナンバーガール以降はダブやレゲエ、ヒップホップに接近。 『TOKYO FREEZE』や『NUM-AMI-DABUTZ』では、バンドサウンドにとらわれない音響処理やラップを加えました。 ナンバーガール解散後も向井秀徳の音楽性は広がり続け、ヒップホップやダブに加え、変拍子を多用するマスロック的なアプローチも増えていきます。 向井秀徳氏が幼い頃から好きと公言するプリンスなど、ファンクやディスコの影響を感じる瞬間も少なくありません。 ZAZEN BOYS(ザゼン・ボーイズ) まず聴いてほしいのはこの1曲です。 そして、『本能寺で待ってる』という歌詞の繰り返しは、サイケデリックかつ前衛的です。 星野源氏はジャンルでくくれないと発言していましたが、一般的にはマスロックと捉えるのが妥当でしょうか。 次はこちら。 ジャンル的にはヒップホップやダブに分類されると思います。 アヒト・イナザワ 解散後は向井秀徳氏とともにZAZEN BOYSでの活動を開始しました。 しかし、テンションの不一致やモチベーションの低下からバンドを脱退します。 恣意的な解釈かもしれませんが、 アヒト・イナザワもZAZEN BOYSのような実験的な音楽性には前向きだったと思われます。 したがって、後期ナンバーガールの楽曲には肯定的だったと考えてよさそうです。 また、bloodthirsty butchersに加入していることも考えると、エモコアへの関心も強いのかもしれません。 脱退の旨を直接伝えたメンバーではありませんが、後期ナンバーガールの音楽性とは乖離があったと考えられます。 作品づくりやバンドへのモチベーションという点は不明です。 ここで考えたいのは、「中尾憲太郎氏がやりたかった音楽性は何か」ではないでしょうか。 ナンバーガール解散後の彼のバンド活動を見てみましょう。 キュートでポップなのにハードコア・パンクのテイストも強く、初期ナンバーガールのような疾走感と清涼感を感じさせます。 さらに、彼はタケバヤシゲンドウ氏(ex. COWPERS)らとバンドを結成しました。 なお、Cowpersはeastern yotuhやbloodthirsty butchers、キウイロールと並び、2000年前後の札幌ハードコアバンドの代表格でした。 彼らの名はナンバーガールの解散ライブのMCでも登場します。 さらに、現在活動しているCript Cityもハードコア的な音楽性は損なわれていません。 このバンドは、オルタナティブ・ロックまたはジャンク・ロックに分類されるようです。 ASIAN KUNG-FU GENERATIONやBase Ball Bear、Cinema Staffに凛として時雨など、錚々たるバンドが彼らのフォロワーである旨を公言しています。 詳しくは以下のページにまとめたのでご覧ください。 ナンバーガールは2002年に解散したから美しい さまざまなジャンルの音楽を雑食的に吸収し、進化を続けてきたナンバーガール。 その後のメンバーの音楽的変遷を考えると、2002年で解散したのが妥当なのかもしれません。 むしろ、あの時点で活動が止まったからこそ伝説的な存在になったと考えられます。 管理人を含め再結成を待ち望むファンも多いと思いますが気長に待ちましょう。 (2018. 25追記)夏の魔物2018 in TOKYOでの再結成はありえるか? 2018年9月2日(日)開催予定の夏の魔物フェスで、「ナンバーガールは復活するか?」「ナンバーガール再結成か?」と、話題になっています。 確かに、後日発表される謎の出演者Xの存在や出演の並び、フォントのロゴなど、ナンバーガール再結成を思わせる要素がちりばめられているように感じました。 眉村ちあき緊急参戦、新日本プロレスと初コラボTシャツ発売、メインステージはでんぱ組. 夏の魔物フェス自体も宣伝的に仕掛けるタイプなので、復活はないのではないかと、管理人は感じました。 ちなみに、夏の魔物とナンバーガールのロゴフォントの件は以下の記事でも取り上げました。 現時点ではどちらに転がるかわかりませんが、いずれにしても出演者Xが楽しみです。 (2018. 25追記)夏の魔物の顛末 夏の魔物2018 in TOKYOですが、出演者Xは「羊歯大明神 ミチロウ復活祈願バンド」でした。 ナンバーガールの復活を期待していた人からすると、残念な結果かもしれません。 ただし、SNS上の反応を見ると「こんなタイミングでの再結成は望まない」という意見も見受けられました。 多くのファンも「ナンバーガールが復活するならいい形で」と考えているのだと感じます。

次の

E

イー ガールズ 解散 理由

LDH社長森雅貴に変わった理由は? 現 株式会社LDH 代表取締役副社長の森雅貴が2017年1月1日をもって、株式会社LDH JAPAN 代表取締役CEOに就任にすることが決定。 — EXILE TRIBEエンタテインメント PERFECTYEAR2014 LDHの生みの親である、元EXILEリーダー・HIROさんは、2002年に芸能プロダクションを有限会社として設立しました。 その後、森雅貴 氏が経営していた芸能プロダクションと合併して、LDHを2003年に立ち上げました。 この時、HIROさんが社長であり、森氏は副社長でした。 どの様な経緯で、社長が変わったのでしょうか? LDH社長は森雅貴にいつ変わった? 2017年1月1日からLDHの社長は、現在の森雅貴社長です。 LDHは森雅貴社長になった2017年から、株式会社LDH JAPANとして社名を変更しています。 LDHは、エンターテインメントを世界にプロデュースする組織として、更なる成長とグローバル化に踏み切りました。 — EXILE TRIBEエンタテインメント PERFECTYEAR2014 そして、『LDH WORLD』として、アジアやアメリカ、ヨーロッパに進出したのです。 HIROさんは、会長としてLDHの最高執行責任者であり、その『LDH WORLD』のクリエイティブリーダーです。 ざっくり言うと、LDH全体のプロデューサーですね。 社長が変わると、会社の体制も変わる事はよくある事ですね。 では、森雅貴 氏の社長就任後の評判はどうなのでしょうか? 更に、副社長との関係も調べました。 まずは、森雅貴 社長の評判をご紹介します。 最近LDH社長変わってからほんとにおかしい。 HIROさんはパフォーマー出身で、演者の立場で様々なイベントなども開催してきたのだと思います。 追加公演が増えたり、グッズも多く買わせる手法を取り入れたり・・・ 森社長に代わってから、そうした変化を感じ、メンバーを心配するファンが多くいました。 LDH社長森雅貴と副社長森博貴との関係は? LDHの社長 森雅貴 氏は、実は双子です。 そして、その双子の兄弟がLDH副社長の 森博貴 氏です。 元々、LDHの前身で、HIROさんが設立した「エグザイルエンタテイメント有限会社」。 この会社と合併した会社が、森 兄弟の設立した「株式会社スリーポイント」でした。 その為、合併当初のLDHの社長がHIRO、副社長が森 雅貴氏(現社長)、専務が森 博貴氏(現副社長)です。 その名残のまま、17年間 会社を大きくし続けているのです。 今や、アパレル・飲食店・スクール・映画配給会社・モデル事務所・ジム経営など、事業内容は多岐に亘ります。 この辺りの、芸能プロダクション以外の業種への参入は、一体誰の発案なのか・・・ 森 兄弟の経営手腕が功を奏したのでしょうか? LDH副社長森博貴の評判は? もっとメンバー想いな社長や副社長や会長や幹部はLDHにはいないのかな? 絶対いないよね。 均等にしないのかな🤔?お金のことしか考えて無さそうな社長と副社長っぽいもんね 笑 儲かればそれでよし。 パワハラ騒動や、不貞行為の後 離婚など、ワイドショーのネタになっていたようです。 あまり表に出ないのは、そうした過去があるからなんでしょうか。 ファンの方たちのアーティストを心配する声が、一番信憑性の高いの評価でしょう。 LDH社長がHIROさんから、森雅貴 氏に変わった理由は、事業のグローバル化が大きかった様に思います。 副社長で双子の兄弟でもある森 博貴氏の情報や、ファンからの評判もまとめてみました。 会社の体制が変わった理由が、森社長になったからだと 皆さん 感じているようでした。 社長と副社長が双子の兄弟というのも驚きました。 兄弟経営でも、上手くいく部門に関しては、問題ないのだろうと思います。 しかし、これだけファンから不満が挙がっているので、第三者であるHIRO さんの存在が必要だと感じました。 2020年6月14日現在、LDHに所属する多くのアーティストのライブが、年末まで中止と発表されました。 E-girlsの解散も重なり、ファンの方たちの不満が噴出しそうですね。 今後の動向を見守るしか無さそうです。 最後までご覧いただき、ありがとうございました。 All Rights Reserved. php 462 : eval 'd code on line 55.

次の

チャットモンチーの衝撃の解散理由!えっちゃんはソロ活動か引退か?

イー ガールズ 解散 理由

EXILEやE-girlsらが所属するLDHから、また大きな動きがありました。 大人気ガールズグループ『E-girls』から8人脱退し11人体制へ、さらに新体制として『E. family』が誕生するという発表がされたのです!19人いたE-girlsからこんなに一気に脱退者が出るのは初めてのことなのでこれだけでもびっくりなのですが、さらに『E. family』というプロジェクトの誕生ということで混乱しているファンも多いようです…。 今回は、E-girlsから脱退者が続出した理由と新体制『E. family』とはどんなプロジェクトなのか、またメンバー一覧も含めてご紹介します! Contents• 『E-girls』から8人脱退で11人体制へ…脱退するメンバーは誰?脱退理由やメンバーのその後は? 『E-Girls』は2011年4月、本格的なダンスパフォーマンスを展開するガールズ・エンタテインメント・プロジェクトとして始動しました。 これまで脱退したメンバーも多いですが、2017年6月初頭までのメンバー数は19人となっていました。 これまでの役6年間の活動の中で、『NHK紅白歌合戦』に出場したり、3度のアリーナツアーの成功や、メンバー内でのソロ・ユニット活動も広がりを見せるなど、その活動の幅は年々広がっていきました。 しかしそんな中、突如として8人のメンバー脱退者が発表されたのです。 『E-girls』から脱退するメンバーは以下の8人です。 Aya Ami Shizuka MIYUU 川本璃 藤井萩花 重留真波 中島美央 『E-girls』でもメインボーカルとして活躍していたAmiさんやShizukaさんや、他にも人気の高いメンバーが脱退してしまうのはショックですよね…。 なぜこの8名が脱退することになってしまったのでしょうか?普通メンバーの脱退や解散などがある場合は、メンバー間の不仲や、過去にはいじめがあったなども噂されたりもしていましたが、今回の脱退発表はそういったケースに当てはまらなそうな数ですよね。 理由として発表された内容は、 「E-girlsがこれからも輝き続けるためにどうするべきか」をメンバー19人で何度も話し合い、それぞれの夢を尊重しあった結果、新体制として活動することを決断した。 とのことでした。 メンバー間で話し合った結果というように書かれていたのですが、新たに『E. family』が誕生したということもあるので、 真相としては 事務所の方針で8名が脱退し、結果的に11人体制になったということだと思います。 現在わかっている時点だと、 リーダーのAyaさんはE-girls/Dreamのボーカル&パフォーマーを引退し「チーフ・クリエイティブ・マネージャー」として裏方に専念することが決まっており、 Amiさんは以前から行なっていたソロ活動に専念するようです。 また、他にも 藤井萩花さんはShuuKaRenでの活動に専念することなどもわかっているので、『E-girls』を抜けてもそれぞれ新たな道で活動することが決まっているようです。 でもやっぱり19人体制での『E-girls』がもう見れなくなってしまうのはやっぱり寂しいですし、ライブで見ても8人も抜けてしまうとこれまでのような迫力が感じられなくなってしまいそうで悲しいですよね…。 新体制『E. family』とは? 『E-girls』から8名の脱退者が発表されたと同時に、新たに『E. family』というプロジェクトが誕生しました。 これは何なのでしょうか? 『E. family』は、「E. EVOLUTION」という言葉と共に既に『E-girls』のオフィシャルサイトでアナウンスが予告されていたもので、6月5日の発表前までには、『E-girls』をはじめ、『Happiness』や『Flower』『ShuuKaRen』から動画が公開されていました。 また、最後にはDream Amiさんからメッセージが発表されていました。 その内容がこちらです。 皆さんこんにちは、E-girlsのAyaです。 6月5日に私たちから発表があるという事 そして〝E. EVOLUTION〟というテーマを 発表させていただきました。 自分たちで決めた未来を信じ、 新たな輝きを求めて、 一人ひとりがさらなる進化へ… 今、一歩を踏み出すときが来ました。 出典:E. family official website この時は『E. family』がどういうものなのかまったく詳細がわかりませんでしたが、まさかこのプロジェクトが誕生したことにより『E-girls』から脱退者が出るとは思いもよりませんでしたね。 新体制『E. family』の所属グルプ・メンバー一覧! スポンサーリンク ということで、最後に新体制『E. family』にはどんなグループやメンバーが所属しているのかを一覧にしてご紹介します! 【『E. family』所属グループ】 E-girls Dream Ami DANCE EARTH PARTY Happiness Flower ShuuKaRen スダンナユズユリー ということで、それぞれ『E-girls』から抜けてしまったメンバーはこの『E. family』内に所属し新たな活動をするということでした。 7月15・16日にはさいたまスーパーアリーナで『E-girls LIVE 2017 〜E. EVOLUTION〜』を開催することが決定したので、19人体制の『E-girls』を見れる最後の大舞台でもあり、新たな『E-girls』を見れる記念のライブになるので多くのファンが来場するでしょう。 ここで新たな発表もあると思われるので、19人体制での『E-girls』を目に焼き付けるためにぜひライブに参戦しましょう!.

次の