そもそも 短文。 「そもそも」に関連した英語例文の一覧と使い方

最近短文回答が増え気味になりましたが この原因は若年層の流入…

そもそも 短文

中国の楚の国で、司祭者から召し使い達に祭りの酒がふるまわれるが、その酒は全員で飲むには足りない量だったため、召し使い達は話し合い、最初に蛇の絵を描き終えた者が酒を飲めることにして、皆で地面に蛇の絵を描きはじめます。 最初に描き終えた者が約束どおり酒を飲めることになりましたが、皆がまだ描いているのを見て、その男は余裕を見せ、左手に杯を持ったまま右手で足を描き加えていきます。 次に描き終えた者がこの絵を見て、「蛇に足は無い。 あなたの描いた絵は蛇ではない。 」と言って杯を奪い取り、最初に描き終えた者は酒を飲むことができなくなり、飲み干されてしまいます。 上記の故事から、 付け加える必要のない余分なものを「蛇足」と言うようになったと由来されています。 楚の国が斉の国を攻撃した際、斉の「 陳軫」が楚の宰相「 昭陽」に対し、この話を例にして「あなたは既に最高の地位にあり、勝ったとしても出世はないが、蛇に足を描き加えた者のように、余分な戦いをして失敗したら今の地位を失いますよ」と言って、軍を引き上げさせたという逸話があります。 現代では、 本来の文章とは不要なことや関係のないことを書いて、本文の価値を下げてしまう場合に使用されています。 『 蛇足の簡単な例文』 「蛇足となりますが、このプロジェクトには今日(こんにち)までの努力の結晶といえる物ですので、粉骨砕身の覚悟で進めていきたいと思いますので、みなさん、どうぞよろしくお願いいたします。 」 「長々と語ってきましたが、ここまでとさせて頂きます。 言い忘れましたが、お帰りの際は、右手のパンフレットを是非ご覧ください。 蛇足となりましたが、ご清聴ありがとうございました。 」 「これまでの長年に続くプロセスが蛇足にしか過ぎなくなるほどの画期的なアイデアだ」 「ここまでの文章で完結してしまって、これ以上書きたいのに、蛇足にしかならない為ここで終わりとします。 」 上記にいくつか例文を書きましたが、『 蛇足』は文章の最後に書かれていることが多く『 余計なこと』や『 いらない事』を意味する文章に対して使われています。 文章としてではなく、会話などで用いられる場合は『 それ、蛇足じゃないか?』『 この案件は、我が社にとって蛇足でしかないぞ。 』『 所詮は蛇足でしかないが、このままでいいか?』などと使われています。

次の

【そもそも】の例文集・使い方辞典

そもそも 短文

LINEが短い彼の気持ちが分かりません。 女性と男性では、考え方が違いますよね。 女性はスタンプなどをたくさん使うけれど、男性はあまり使わなかったりします。 むしろ、私は男性が絵文字やスタンプをたくさん送ってくるのは、あまり好きではないですね。 男らしいタイプなのではないでしょうか。 A 大丈夫!心配しなくていいんじゃない?lineの返事が短くても気にしない つきあい始めはたくさんLINEをくれた 自分の話になりますが。 彼 21 とは現在6ヶ月目。 最初は顔文字使って、頻繁に可愛いLINEくれてました! 2ヶ月経った頃から現在まで、点も丸も無い用件か返事だけのLINEになり…既読付いてもしばしば放置。 仲良い友達とのやり取りもかなりそっけなかったので、更に納得安心。 笑 ちなみに会社の人には顔文字使ってました。 気を使ってるんですね。 相手のことも知りたいですから、たくさんメールを送るのも自然なことです。 私も慣れた相手には既読スルーしてしまうこと度々あります。 それでも許してくれるのが分かるので、こちらが甘えているんですよね。 慣れていない相手には、必ず返信しますよ。 男性の心理に迫る… lineの返事が短いのはどんなサイン? 男性は短文が当たり前 男性のメールが短く素っ気ないことは事実です。 しかし、別に悪気があるわけではありません。 基本的に男性は「用件を先に伝える」生き物です。 経緯などを説明するよりも前に結果を伝えようとします。 仕事などで癖がついてしまっているとも言えますが、「何気ない不明確なコミュニケーションよりも、解りやすい目的のあるコミュニケーション」を好む(得意な)傾向にあります。 そのため、長文メールに対しての返信が用件だけなんて事になってしまうんですね。 「そんなの言い訳じゃない!頑張りが足りない!」なんて思わないで下さいね。 素っ気ない彼からの短文メールに「彼の本心が表れている」かの様に思ってしまいがちですが、彼は決してあなたを冷たくあしらっているわけでも、あなたへの気持ちが薄れてきているわけでもありません。 気持ちが薄れている時はメール返信すらしなくなりますし、やましいコトがある場合は逆に長文の返信メールが返ってきますよ。 (笑) 感情を表現することが苦手 男性は情緒的というよりは論理的であり、メールやLINEなどのシステム上で感情を表現することが苦手なところもあります。 たった2、3行のメール文にガチで悩み、中には返信に何時間もかかる男性もいますが、その姿を見ているとちょっと気の毒に思えてきます。 彼等は返信作業を怠っているのではなく、無意識に「出来る限りまとめよう」としちゃっているのです。 きっと女性からすると「そんな面倒なことせずに、思ったこと返せばいいのに…」と思われることでしょう。 引用元- 男性は女性よりも感情を表現することが苦手なんです。 男性と女性では脳の考え方からして違うと言われてしまえば、もう何も言えませんね。 女性は諦めるしかないでしょう。 ただ、男性の短文でショックを受けることはないということ。 男性が短文だからと言って、愛情が薄れたわけではないのです。 短い返事は「恋愛脈なし」のシグナル?! lineの返事、5文字未満なら要注意 短文になってきたら注意 仕事中などで明らかに手が離せない状態ではないはずなのに、返事が「うん」「そう」「へぇ」「ふ~ん」「あはは」「了解」「ラジャ」といった、5文字にも満たない短文だけだったり、いつも使っている同じスタンプだけだったら少しガッカリですね。 「過去には、ちゃんと返答してくれていた彼氏」のLINEの返答が「短文のみ」に変化してきたら「冷めてきたよ」というシグナルかも。 また「他の女性には会話として成り立つメッセージを送っている男性」の場合は「脈ないんだよね」というサインの可能性大。 「とりあえず反応だけはしておこう」という気遣いだけは感じられるので既読スルーよりはマシかも知れませんが、寂しい気持ちは募ってしまいますね。 引用元- 片思いの相手なら脈ナシサインかも 「了解」「OK!」「分かった」「うん」「そうだよ」など、 極端に短いメッセージが返ってきたら、すごくガッカリした気持ちになりますね。 もし、気になる女性からのメッセージなら相手をガッカリさせる内容は送らないはずです。 このように片思いしている男性からのLINEの返信が極端なパターンが続くなら、 それは「脈ナシ」だと判断して間違いないでしょう。 引用元- 片思い中の男性からのLINEが短ければ、脈ナシかもしれません。 段々短くなってきた場合は、彼が素を出し始めた可能性もありますよね。 彼の親友とのやり取りを覗いてみると良いかもしれません。 親友にも短文だったら、彼は頑張って長文を送ってきてくれていたのかもしれません。 片思いだったら、私も脈ナシだと思ってしまいます。 みんなの体験談を集めました。 lineやメールの返事が短い彼にはこんな作戦で! 男性は携帯のメールが嫌い そもそも男性はケータイでメールを打つという行為そのものが面倒くさがる生き物です。 それが面倒なのに、そこから更に内容を考えて長文を打ち送信するというのは、非常にハードルの高い行為になります。 男性からのメールは返信があればOKという程度に考えておくのが無難です。 それでもちゃんとしたメールが欲しい!という女性は、次にあげるような体験談を元に作戦を考えてみると良いでしょう。 彼から返信をもらうには? 「ケータイを使うのが面倒そうだったので、パソコンのアドレスにメールをしたら長文の返信が返ってくるようになった」(27歳・OL) 「そもそもメールのやり取り自体が嫌いな彼だったので、電話をするようにした。 そうしたらメールの内容ほど淡白に考えているわけではないことが分かったので良かった」(32歳・銀行) 「彼からのメールの返信には、ありがとう!嬉しい!など大げさに喜んで見せるようにした。 すると、段々とメールの返信がスムーズに来るようになったし、彼からメールを送ってくれることも増えていった」(29歳・IT) 男性は褒められるのに弱いものです。 ものすごく短いメールが返ってきたとしても、それに対して「ありがとう」「嬉しい」などの気持ちをはっきりと伝えるようにします。 すると、メールの返信をすると彼女は喜ぶんだな、ということを学びますから、段々とメールのやり取りがスムーズにできるようになっていくはずです。 くれぐれも「返信が遅い!」「文章が短い!」「私に愛が無いからだ!」というように責めることはしないで下さいね。 引用元-.

次の

短文作成問題の解答法

そもそも 短文

男子って、そもそも愛や恋に関することを上手く文章にする才能に恵まれていなかったりします。 たとえば、母親のことが好きであっても、その母親にそっけない返事をする男子がいるように、男子は言葉による愛情表現が女子よりもすっごく下手。 だから、恋愛対象の彼女に対して短文を送る男子がいます。 恋愛対象外にされているのか、本当はあなたのことを恋愛対象として見ているのか……これは、彼からの返信以外のところで探らないと、見誤ってしまうかもしれません。 男子が恋愛対象外の女子に送るLINE2. スタンプしか送ってくれない どうでもいい相手だけど、一応社交辞令的に何かを返信しておいた方がいいかもと思えば、スタンプがすごく便利だったりしますよね! 言葉で愛や恋について上手く語れない男子は、たった1つのスタンプにいろんな思いを込めてきます。 それがハートマークのある恋心満載のスタンプであれば、あなたも彼の本心に気づきやすいでしょう。 でも男子って、男子が好きなアニメのスタンプを女子に送ったりして……女子としては、彼の本心がさっぱり理解できないってこともあるはずです。 こちらもスタンプだけで彼の本心を判断すると、失敗する恐れのある話です。 そもそも短文だけとか、スタンプだけで彼の本心なんて見えないと思っておくべきでは? 男子が恋愛対象外の女子に送るLINE3. LINEの返信が遅い 他にも、返信が一言で「忙しい」とか、こういうのも恋愛対象外の人に送りがちなLINEかもしれませんね。 先に述べたように、男子ってデフォルトとして、返信がそっけなかったり、遅かったりする生き物だったりもします。 つまり、LINEを恋のツールと見ているのは女子のみで、男子はLINEであろうとメールであろうと、事務的連絡の手段としか思っていなかったりもするわけです。 なので、そういう男子から来たLINEに対して(あるいはなかなか来ないLINEに対して)、女子が気をもむのも違っていると言えば違っています。 そもそもの根本的な考え方が男女で違うわけだから。 ではどうすればいいのか。 それは、単純に会うことです。 人は会って話をしたときに、相手の情報の多くを吸収すると言われています。 LINEやメールだけではわからないことが、会って話すことで、彼の目の動きや身振り手振りなどを通して、手に取るようにわかるそうです。 LINEだけに頼らず見極めてみることも大事ですよ。 (ひとみしょう/studio woofoo).

次の