シャープ の 株価。 【シャープ】[6753] 過去10年間の株価

シャープ(株)は上がる株?予想屋の見通しを評価|株価予想は本当に当たるのか?

シャープ の 株価

シャープの株価下落が止まらない! シャープとは シャープといえば皆さんご存知、日本を代表する白物家電を販売している会社でしたね。 でしたと過去形なのは シャープはもう日本会社ではなく外資系の企業になります。 今回はそのシャープについて現在下落基調である株価を見ながらなぜ売られているのかという観点で解説をしていきたいと思います。 シャープは外資系企業 繰り返しますが、シャープは外資系の企業になります。 外資系企業とは資本となる株主が国外にいる企業の事を指します。 シャープは業績不振から2016年に鴻海(ホンハイ)精密工業 以下ホンハイ による支援を受け入れることを決定しました。 ホンハイは台湾のフォックスフォンが持つ企業で、そこのトップ2である戴 正呉氏が現在シャープの代表取締役役を務めています。 当然会社は株主のものとなりますので、取締役も株主の意向に沿った人物となります。 つまりシャープは台湾企業であるフォックスフォンにホンハイを通して買い叩かれたということになります。 このように海外から買い叩かれるイメージがある日本ですが、日本のディズニーランドなどは、逆に日本が海外からブランドを買い取って成功した例もあります。 最近ではゴディバ日本法人がトルコリラの急落により売りに出され、三菱商事などが買取の名乗りを上げていますね。 【関連記事】 シャープの株価下落要因は2つ ホンハイ主導で経営されたシャープですが当初は株価も好調で2017年には5000円台まで上昇したものの、現在は1200円程で推移しています。 2019年1月現在 この株価の原因は主に2点考えられます。 鴻海手動の経営によるブランド力の低下 まず1つ目は 「シャープ」というブランド力の低下です。 そもそも「ものづくりの国」として知られる日本は、高品質で性能が良いという世界的な評判がありました。 メイドインジャパンとは一種のブランドだったわけですね。 しかしホンハイ主導になりシャープはものづくりの現場を日本から中国に移すようになったのです。 シャープは8月、60年近い歴史のある八尾工場(大阪府八尾市)で手がけていた冷蔵庫の生産を海外に移すことを決めた。 液晶テレビの栃木工場(栃木県矢板市)も、2018年末までに生産を打ち切る。 これで亀山工場(三重県亀山市)で生産する一部の大型液晶テレビをのぞき、家電の生産はほぼすべて国内からなくなる。 引用:日経新聞 コストの高い日本国内で生産せずコストの安い中国で生産しコスト削減を図った訳ですね。 加えてシャープは中国国内で拡販プロジェクト「天虎計画」を始めました。 この計画は中国に100万人以上いる従業員を総動員してシャープの液晶テレビをあらゆる販路で売るというものです。 液晶テレビ自体の価格も割引いて、とにかく売って売って売りまくるという計画です。 その結果、「安く手に入る中国製の製品」という認識が付き、シャープのブランド力低下に繋がってしまったのです。 この株価の下落はシャープというブランド価値の毀損が根本的な理由となるのです。 中国における人件費の上昇 2つ目の理由が中国における人件費の上昇です。 中国はGDPで日本を抜き経済大国として成長しつつあります。 【関連記事】 当然人々の生活水準も上がっていますので、中国国内では人件費も高騰しているのが現状です。 シャープはコスト削減のために中国に生産拠点を移したにもかかわらず、 中国の人件費上昇によってコスト削減効果を受けることができなくなってしまったということになります。 この人件費の問題は中国が成長するにつれて更に売上げを圧縮する要因となるでしょう。 シャープの今後はどうなるのか それではシャープの今後と株価の行方はどのようになっていくのでしょうか? ブランドの建て直しが必須 まずはブランドの建て直しが必須です。 実際にシャープ自体もブランドの建て直しが必要だということは認識しており、経営戦略でもブランド戦略をマネジメントし市場開拓を積極的に行っていくことを公言しています。 今後のブランド回復の要にするのが液晶テレビの新ブランド「睿視(ロイシー)」です。 このテレビは人工知能(AI)を搭載しており見る人の好みに合わせて番組をおすすめしてくれるという機能がついています。 ただしAI家電は他の企業も力を入れている分野ですので、差別化は難しいかもしれません。 量より質を目指さなければ未来はない とにかく量を売るという発想ではなく、 質のいいものをそれ相応の値段で買ってもらうという質への転換をしていかなければ今後の成長はありえません。 そのためには今まで日本人が築き上げてきた「ものづくり」文化の精神をホンハイからきた経営陣が持つ必要があるのではないでしょうか。

次の

シャープ【6753】株の基本情報|株探(かぶたん)

シャープ の 株価

そして、孫社長が自身で設立したファンドより米国企業に500億ドルを投資し、5万人の新規雇用を創出することで合意したようです。 IT産業には向かい風だったトランプ氏にとっても、民間からの投資は追い風。 2人は初対面でしたが、非常に仲の良い様子を見せてくれました。 ここで孫氏がトランプタワーのロビー前でトランプ氏と握手をしながらかざした資料には、ソフトバンクとシャープのオーナーである鴻海の文字が。 これにシャープの株価は大きく反応し、180円を突破し一気に筆者の年度末の目標株価であった240円に到達。 まだまだ上昇の勢いが衰えそうにありません。 このサプライズは想定外であった為、予想株価を 300円に修正いたします。 ただ、さすがに東証2部での売買代金はダントツで1位で時価総額もトップの約8000億円。 ここからシャープの本領発揮を期待したいところです。 そんななか、10月19日に日経新聞が「2017年3月期営業損益が400億円程度の黒字になりそうだ」と報じたのをキッカケに上昇に転じ、株価は年初来高値に接近。 不振だった北米テレビ事業から撤退し、当初雇用を守るとされていたにもかかわらず従業員を大幅削減し、赤字額を2000億円以上圧縮するのだとか。 なにより、アナリストレーティングはまだまだ悪く、これが改善される可能性も出てきます。 7倍と、東芝のように逆日歩がついて空売りが焼かれて吹き上がるという展開は想定できなさそう。 しかし、赤字から黒字へと転換となればかなり期待が膨らみます。 月足チャートを見ると、好転間近となっていることから筆者の予想は 2017年3月末までに240円を回復すると予想します。 2016年2月26日:執筆 2015年の春から日本中の注目となっている大手家電メーカー、東芝とシャープ。 東芝に関してはこちらの記事()などで執筆し、株価は管理人のターゲットである150円近くまで下落しました。 シャープも同じく苦境に立たされており、借金が多く(有利子負債7,393. 65億円)先が見込めないということもあって東芝よりも売り込まれています。 個人的にこの様な銘柄は取引しないのですが、興味のある個人投資家も多いようなので初心者入門サイトとしてざっくりと説明していきたいと思います。 鴻海精密工業によるシャープ買収 まず、今回シャープを買収する鴻海(ホンハイ)とはアップル製品をメインとする数々のデジタル機器の組み立てを行う台湾の巨大企業です。 その売上高は約15兆円にも登り、連結の従業員数は100万人を超えるとのこと、規模でいうとシャープの5倍という大きさです。 鴻海の主な狙いは、昨年秋にアップルが有機ELを2017年から採用すると発表し、現在アップルの業務が売り上げの半分を占めている鴻海はこの波に乗っておきたいというところ。 すでに2月26日に買収提案を受け入れることを決定したシャープは、有機ELパネルの研究開発と量産化に向け2,000億円を投じることを発表しています。 現在のところ、最終契約に関する報道ができていないようなことから、恐らくもう一段の鴻海側に有利となるかたちでの着地を強いられるのではないでしょうか。 シャープの株価の行方は? さて、シャープの株価は2月25日のお昼の買収報道を受け、事実売りと大型増資による売りが入り180円台から急落。 翌日26日には125円まで急落する30%もの下落を演じました。 とりあえず、これでシャープの買収に絡む動きは一段落したと思われます。 ここで、シャープの適時開示である『』をみてみましょう。 これによると、5000億円規模でシャープの株式の過半数を取得するようです。 うち普通株式を新たに32億株ほどを価格118円で発行するとのこと。 26日の終値は132円となっており、買収後に急落した今の価格よりも一段と安くなっています。 昨年12月には110円割れもありましたが、その時よりも事態は進んでいることから、この118円というのが投資家が意識すべく大事なポイントとなりそうです。 では、上はどうなのかというと2015年5月以降押さえられている185円以外ないでしょう。 PERだとか今後の期待度だとかいう投資の目線を持っていては判断できないでしょう。 同社の業績は17年にはプラス転換するようですが、まずは買収が全てうまくまとまることが最優先。 その後、鴻海とシャープからの何かしらの発表があると思われます。 恐らく、ファーストアクションは上昇するでしょうが、上がったとしても数日でいち早く利益を確定するような動きが続くと予想します。 鴻海側からどのようなトリックプレーが出てくるか分かりませんが、5月の決算までは120~180円で荒れる値動きとなるのではないでしょうか。 どうなればシャープの株価は上昇するのか では、シャープの株価はどうなれば上昇するのでしょうか。 かつて5,000億円近い赤字を計上していたソニー(6758)は、サード・ポイントというファンドが入り大きく収益が改善しました。 来季より業績は立て直せる見込みとなっています。 では、シャープはどうか。 みなさんご存知の通り、シャープは液晶モデルの亀山モデルが人気製品でしたが、テレビ価格の大暴落により採算が取れなくなりました。 となると、シャープは何で戦うのか? それが見えてこないのです。 今のところ、上に挙げたように一番の期待は有機EL。 18年初頭から年間9000万枚相当のスマホ向け有機ELを生産し、年間2,600億円の売り上げを見込むようです。 投資額が2,000億円に対して売り上げは2,600億円。 利益が8%(あくまで予想)とすると投資資金の回収に10年掛かることとなります。 もちろん、今後の世界的にディスプレイの有機EL化が進めば爆発的に利益が出ると思いますが、その結果が出るのは2018年度の決算とまだまだ遠い話です。 今後のシャープの動向を見ながら記事をアップデートしていこうと思います。 管理人の予想はつまらない、予想するなら買いなさいなどのメッセージはにてお願い致します。 上記予想はあくまで個人的な予想に基づくものであり、株価の将来を保証するものではありません。 投資に関するいかなる責任も負いかねますのでご承知のほどよろしくお願い致します。 おすすめの.

次の

シャープ(株)は上がる株?予想屋の見通しを評価|株価予想は本当に当たるのか?

シャープ の 株価

ココロライフ• Zaurus• S-Style• RACTIVE Air• Papyrus• Mebius• FREED• fappy• EM・ONE• ELM• dynabook• Crisia• COCOROBO• Brain• AQUOS• AIoT• 鴻海精密工業• 郭台銘• 見楽る• 蚊取空清• 早川金属工業研究所• 早川徳次• 天井空清• ロボホン• リビングドアスコープ• ラクティブエア• ラクティブ エア• メビウス• ホンハイ精密工業• ヘルシオデリ• ヘルシオグリエ• ヘルシオ ホットクック• ヘルシオ• プラズマクラスター• ブレーン• フリード• ファッピイ• ピタゴラス• パピルス• ハヤカワ• ネットウォーカー• テリー・ゴウ• ダイナブック• ザウルス• サンビスタ• ココロボ• クリシア• エルシーメイト• エススタイル• アクオス• どっちもドア• シャープのみんかぶ目標株価は「1,281円」で【買い】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断では【割安】 理論株価 1,363円 、証券アナリストによる予想では【売り】 予想株価 1,122円 、個人投資家による株価予想では【買い】 予想株価 1,557円 と判断されています。 シャープは、【液晶テレビ関連、液晶ディスプレー、電気機器】などのテーマ銘柄です。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の