赤ちゃん 虫 刺され 水ぶくれ。 乳児の虫刺されどうすればいい?虫刺されの症状や対処法・予防策

乳児の虫刺されどうすればいい?虫刺されの症状や対処法・予防策

赤ちゃん 虫 刺され 水ぶくれ

赤ちゃんが外遊びができるようになると、心配なのが 虫刺されです。 皮膚が薄くて柔らかく、免疫力の低い赤ちゃんにとって、虫刺されは思わぬ皮膚トラブルに繋がる危険性も。 症状が重症化しないように、事前に赤ちゃんの虫刺されの対処法や予防について知っておきましょう。 赤ちゃんは虫刺されに遭いやすい? 虫の活動が活発になる夏場は、大人もよく虫刺されに遭いますが、赤ちゃんや子供の方がより虫に刺されている印象はありませんか? 実は、赤ちゃんや子供は大人よりも体温が高く汗をよくかくため、虫刺されに遭いやすい特性があります。 蚊などの虫たちは、熱を持っている人間や汗の匂いにつられて寄ってくるのです。 赤ちゃんの虫刺されは悪化しやすい 虫刺されの症状といえば、患部が赤く腫れてかゆみを引き起こします。 これは、蚊の唾液に対して人間の体内でアレルギー反応が起こるもの。 通常、子供の頃から何度も虫刺されの経験を経て、大人になるにつれて、ある一定以上の虫刺されに対するアレルギー反応の抗体ができてきます。 「昔ほど虫刺されが腫れないな?」と思っていた人は、これが原因です。 しかし、赤ちゃんや小さな子供は、まだまだ虫刺されの経験が少ないため、抗体が不十分。 単なる虫刺されでも、何かの病気ではないかびっくりするくらいポンポンに腫れ上がります。 ひどい場合は、水ぶくれやとびひにまで悪化してしまうこともあります。 赤ちゃんの虫刺されの症状と対処法は? 赤ちゃんの虫刺されはひどく悪化してしまう危険があるため、たかが「虫刺され」とあなどれません。 場合によっては病院へ連れて行くなど適切に対処して、重症にならないようにケアしてあげましょう。 次のような虫の種類別に、症状と対処法をご紹介します。 蜂 1.蚊 虫刺されといえば、天敵の「蚊」。 夏から秋口にかけて、赤ちゃんも大人も多くの人が蚊に刺されてしまいます。 大人が蚊に刺されても、少しの間痒みを我慢すれば済む場合が多いですが、赤ちゃんや子供は、ひどく腫れ上がると共に強いかゆみが生じます。 赤ちゃんが蚊に刺されたら、まずは患部を水で洗い流します。 患部を清潔にしてから赤ちゃんにも使用できる塗り薬を塗ってあげてください。 かゆみを伴うため、赤ちゃんが思いのままに掻き毟ってしまうと、水ぶくれができたり、傷口から細菌が繁殖してとびひなどを発症する原因になります。 赤ちゃんがひどくかゆがるようであれば、タオルを巻いた保冷剤で冷やしてあげるなどの対処法を摂りましょう。 貼るパッチタイプの虫刺されグッズも、掻き毟るのを予防するのに便利です。 2.ダニ お家の中でも注意しなければいけない虫刺されの代表がダニです。 皮膚が柔らかくて体温の高い赤ちゃんは、ダニの標的になりやすいのです。 ダニによる虫刺されの症状は、蚊よりも大きな5~10mmの発疹ができます。 一度刺されるとなかなか発疹が消えず、1週間ほどはあとが残ります。 対処法としては塗り薬が一般的ですが、同時に赤ちゃんの寝具の清潔を保つことも必要です。 ダニは湿気を好むため、こまめに部屋の換気をして、晴れている日は布団を干したりシーツを洗濯するようにしましょう。 3.毛虫 赤ちゃんと公園などにお散歩に行く時に注意したいのが毛虫の存在です。 毛虫は触ると危険なのはもちろんのこと、風に乗って毛虫の毒毛が飛んでくることもあります。 赤ちゃんが毛虫に刺されると、蕁麻疹のような赤いプツプツができます。 毛虫の虫刺され症状は蕁麻疹ととてもよく似ていますが、蕁麻疹は広範囲に症状が広がるのに対して、毛虫は刺された場所だけ部分的に症状が出ます。 赤ちゃんが毛虫に刺されたら、毒毛をセロテープなどで貼り付けて取り除き、患部を流水でよく洗い流しましょう。 また、虫刺されの薬を塗って炎症を抑えます。 ただし、いつまでもかゆみや炎症などの症状が治まらない場合は、念のため病院を受診しましょう。 4.蜂 大人でも怖い蜂による虫刺され。 もしも赤ちゃんや子供が蜂に刺されてしまったら、どのような対処法を取るべきか焦ってしまうかもしれません。 赤たんが蜂に刺されたら、まずは落ち着いてその場をすぐに離れて安全な場所に移動します。 蜂の仲間がいる可能性があります。 次に、患部を確認して「針」が残っているようならば慎重に引き抜きます。 爪や指で毒素をつまみ出すようにしながら、流水でよく洗い流します。 蜂に刺された後の30分間は、アナフィラキシーショックと呼ばれるショック症状が出る可能性があるので、注意して赤ちゃんを観察してください。 万が一、呼吸困難や意識混濁のような症状が出た場合は、生死に関わるのですぐに救急車を呼びます。 赤ちゃんは蜂に刺された時は、ママ・パパが自己判断をせずに、速やかに病院へ行くことをおすすめします。 赤ちゃんの虫刺されの薬 【第3類医薬品】ムヒ・ベビーb 出典:www. amazon. jp 貼るタイプの虫刺されかゆみ止め薬。 かきむしりによる症状悪化を防いでくれます。 赤ちゃんや子供の心を掴むアンパンマンのイラストもうれしいポイント。 肌の色に近いので悪目立ちしません。 1歳以上の赤ちゃんに使用してください。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 赤ちゃんの虫刺され予防法は? 見ていてかわいそうな赤ちゃんの虫刺されは、まずは事前にしっかり予防することが大切です。 赤ちゃんと外出する際は、肌の露出をできるだけ抑えると共に、ベビー用虫除けスプレーを使用します。 ベビーカーに取り付ける虫除けネットも便利でおすすめです。 自宅にいるときも、ベビーベッドに蚊帳と取り付けたり、網戸に吊り下げるタイプの虫除けを設置するなど、虫除けグッズを活用してしっかり予防してあげてくださいね。 100%天然由来成分で作られていて、赤ちゃんの肌に刺激となる、虫除け成分の「ディート」や、日焼け止め成分の「紫外線吸収剤」は含まれていません。 虫が嫌がる天然アロマ成分を配合し、虫刺されをやさしくしっかりガード。 1日に何度も塗り直せます。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 ベビーカー用虫除けカバー ガイア&コー モスキートネット 出典:www. amazon. jp かわいいオバケのアップリケがついたベビーカー用の虫除けネットです。 海外製品のため大き目のA型ベビーカーなどでも使えます(スリムなストローラータイプのベビーカーなどには、余った部分の虫除けネットが引っかからないように注意してください)。 虫除けになると共に、紫外線カット効果もあるため、夏のお出かけにぴったりです。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

次の

赤ちゃんの発疹で注意した方がいいものは?症状や原因を知ろう【医師監修】

赤ちゃん 虫 刺され 水ぶくれ

赤ちゃんは、大人と比べて虫刺されの症状が強く出る傾向があります。 赤ちゃんが虫に刺されると大きく赤く腫れあがったり水ぶくれになったりすることがありますが、異常な反応ではないので、心配しないでくださいね。 大人の場合は虫に刺されてから30分から1時間程度で腫れやかゆみが出る一方、赤ちゃんの症状は数時間から数日後に出ることが多いようです。 この赤ちゃんの虫刺されに見られる反応を「遅延型反応」といい、大人に見られる虫刺されの反応を「即時型反応」といいます。 この反応の違いは、身体の抗体の有無によるものです。 虫に刺されることが増えると抗体ができ、遅延型反応から即時型反応に変わっていくでしょう。 7~8歳頃までの子どもは、小児ストロフルスという虫刺されによる過敏反応が見られやすいといわれています。 小児ストロフルスはとびひのようにうつることはありませんが、強いかゆみをともなうので、すぐに医療機関を受診するようにしましょう。 なかでもアレルギー体質の子どもに起こりやすいため、注意が必要です。 赤ちゃんは虫刺されの症状が強く出やすいものですが、ほとんどかゆがらないケースもあります。 生後間もない赤ちゃんの場合、虫に刺されても皮膚に反応が起こらないこともあるようです。 虫刺されのかゆみから、患部をかきむしってしまう赤ちゃんは珍しくありません。 しかし、患部をかくととびひになってしまう可能性があります。 とびひとは、正式には「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」という、ブドウ球菌や溶連菌(溶血性連鎖球菌)が原因で起こる細菌感染のことです。 とびひになるとかゆみのある水ぶくれができ、水ぶくれが破れると中から汁が出ます。 この汁が離れた場所の皮膚につくことで、火事の飛び火のように皮膚に瞬く間に広がることから「とびひ」というのです。 とびひは虫刺されだけでなく、あせもや湿疹、転ぶなどしてできた傷などからも感染する可能性があります。 人の鼻の穴の中にはさまざまな菌が存在しているため、鼻を触る癖がある赤ちゃんは、鼻の周りからとびひが広がることも少なくありません。 赤ちゃんが鼻を触った手で虫に刺されたところをかくことによってとびひになるケースもあるため、気をつけるようにしましょう。 また、自分だけでなく周囲の人にも感染しますので、ジクジクした発疹に気づいたら、早めに医療機関を受診すると良いでしょう。 蚊の中には病原体を持っているものがいるため、虫に刺されたあとは感染症にも注意が必要です。 蚊の感染症には、以下のようなものがあります。 ・日本脳炎 ・デング熱 ・ウエストナイル熱 ・マラリア 病原体を持っている蚊に刺されたからといって、必ず感染・発症するわけではありません。 しかし、日本脳炎とデング熱は国内での感染例が報告されており、注意が必要です。 日本脳炎については、予防接種を受けることでそのリスクを減らすことができます。 日本脳炎の予防接種は一般的に3歳からとなっていますが、生後6ヶ月以降であれば接種することが可能です。 2015年に千葉県において生後11か月児の日本脳炎症例が報告されていることもあるため、早めの接種開始を考慮してもよいでしょう。 蚊の多い地域では蚊を媒体とした感染症が流行している可能性があるため、流行地域に住んでいる場合は早めにスケジュールを組むことを医師と相談しても良いでしょう。 日本国内では、中国・四国・九州・沖縄地方で日本脳炎の発生率が高いことが報告されています。 日本脳炎の予防接種は4回受けることが推奨されているため、接種間隔を確認し、受け忘れないように気をつけてくださいね。 旅行などで海外へ行くときも、医師に相談して必要になりそうな予防接種を受けておくことをおすすめします。 ダニに噛まれると、かゆみが強い赤くてしこりがあるブツブツができます。 症状は10日前後続くことが多いようです。 ダニの中で特に注意したいのがマダニです。 マダニは数日から10日以上ものあいだ、皮膚に張り付いて吸血します。 噛まれたことに気づかないことも多いので、草むらなどのマダニが生息する場所に入ったら、噛まれていないか確認するようにしましょう。 マダニに噛まれていることに気がついたからと無理に引き抜くと、口器が皮膚の中に残ってしまうことがあります。 さらに、マダニの体液が逆流してしまう可能性もあるため、注意が必要です。 マダニに噛まれた場合は患部には触れずに医療機関を受診し、医師に処置をしてもらうようにしてください。 日本紅斑熱や重症熱性血小板減少症候群などの発症リスクがあるので、1週間ほどは体調に注意し、発熱や発疹などの症状があれば医療機関を受診しましょう。 ハチに刺されると強い腫れやショック症状を起こし、最悪の場合、命を落としてしまうこともあります。 このショック症状を「アナフィラキシーショック」といいますが、アナフィラキシーショックは初めてハチに刺されたときに起こることも珍しくありません。 アナフィラキシーショックはハチに刺されてから30分以内に起こることが多いため、注意して様子を見るようにしましょう。 赤ちゃんがハチに刺されたら、セロテープや毛抜きなどを使って針を抜いてくださいね。 そのあと患部を水で洗い流し、冷やしながら病院を受診します。 ハチに刺されたらおしっこをかけると良いと聞いたことがある方も多いでしょうが、その効果に根拠はありません。 雑菌が侵入して症状を悪化させてしまう可能性があるので、注意しましょう。 赤ちゃんが虫に刺されたら、病院を受診するべきか悩んでしまいますよね。 一般的に病院を受診する目安には、以下のようなものがあります。 ・10ヶ所以上蚊に刺された ・腫れが大きく、痛みが強い ・患部が熱を持っている ・いつまでも症状が治まらない ・ハチやムカデなどに刺された ・かきむしってジュクジュクしている ・全身にじんましんが出て、顔色が悪い ・呼吸が苦しそう 顔色が悪く、嘔吐したり呼吸が苦しそうだったりするときは、アナフィラキシーショックを起こしている可能性があるので、夜間や休日でもすぐに病院を受診してくださいね。 虫刺されが水ぶくれになっている場合はとびひになっているかもしれないので、かかりつけの医師に相談すると良いでしょう。 上記の症状にあてはまらなくても、普段と様子が違うのが気になる場合は、医師に相談してください。 赤ちゃんの虫刺されで受診するときは、皮膚の専門家である皮膚科がおすすめです。 かかりつけの小児科でも問題はありませんが、受診したものの症状が治まらないときは、セカンドオピニオンとして皮膚科を受診しても良いですね。

次の

赤ちゃんのお肌トラブル③虫刺され、水いぼ、やけど・日焼け、かぶれの治療&ホームケア|マタニティウェア・ランジェリーのローズマダム

赤ちゃん 虫 刺され 水ぶくれ

赤ちゃんの肌は、とてもデリケート。 ちょっとした刺激でも、思わぬトラブルを起こすことがよくありますね。 やけどや日焼け、虫刺されなど大人でも注意が必要な肌トラブルや、かぶれ・水いぼといったものは、その症状や原因、適切なケアを知っておけば、いざというときも慌てずに対応できますし予防にもなります。 日焼けも原因は紫外線ですが、やけどの一種なので、腫れたり水ぶくれになることがあります。 〈治療とホームケア〉 やけどをしてしまったら、水ぶくれがなければ流水で20分以上、冷やしてください。 範囲が手のひら大、または範囲が狭くても水ぶくれがある場合は、冷やしたあとで、病院へ連れていきましょう。 もし、やけどの範囲が体表面積の10%以上であれば、濡らしたバスタオルで体をくるみ、至急病院へ行ってください。 日焼けも、皮膚が真っ赤になったり、水ぶくれになってしまったら、やけどを同じケアをしてください。 痒みを伴うので、 かきむしってとびひになったりしないよう、まず痒みをおさえることが大切です。 刺された場所を水で洗い、冷たくしぼったタオルなどで冷やしてください。 市販薬を塗れば、治まりますが、もし、腫れたりしこりになったりしたら、皮膚科で診てもらいましょう。 〈毛虫〉 春から夏にかけて、チャドクガの幼虫が発生することがあるので要注意。 毛虫の毒毛にふれると、お腹、腕、足など、ふれた部分に赤い発疹が出て、強い痒みもあります。 まず衣服を脱がせ、体についた毛は絶対にこすらずに、シャワーなどで洗い流してください。 〈ハチ〉 ハチやムカデに刺されたり、かみつかれた場合、腫れや痛みが強いので、患部を冷やしながら、皮膚科へ行きましょう。 ハチの種類によっては、ショック症状を起こすことがありますので、救急車を呼んでください。 通常のいぼと違うのは、表面に光沢があり、やや固く中央がへこんでいること。 いぼそのものは痛くも痒くもありませんが、アトピー性皮膚炎やあせもができた肌に感染しやすく、その場合は痒みがあります。 かきこわすと、いぼの中のウイルスが指先から他の部位に広がるので、注意しましょう。 皮膚科では、ピンセットでつまみ取る方法がとられます。 麻酔テープをつかって行いますが、小さなこども、赤ちゃんには負担になるので、できるだけいぼの数が少ないうちに除去してもらうといいでしょう。 放置しておくとどんどん増えて、他の人にもうつることがありますが、大体1年ほどで、ほとんどが自然消滅します。 かぶれには、「 刺激によるもの」と「 アレルギー反応によるもの」の2種類があります。 赤ちゃんは、よだれの刺激によって口のまわりがかぶれることがよくあります。 また卵や牛乳などにアレルギーがあると、それを食べたり飲んだりしたとき、口にふれることで口のまわりが痒くなったり、赤くなったりすることがあります。 市販の消毒薬や虫刺されの薬など、化学物質が原因のかぶれもありますが、この場合はすぐに使用を中止してください。 もしかぶれてしまったら、患部をよく洗ってから抗炎症薬を塗ります。 症状がひどいようなら、皮膚科でステロイド薬の軟膏が処方されます。 家庭では、原因となるものを見つけることが先決。 赤ちゃんは生活範囲が限られているので、原因を見つけるのは比較的簡単です。 原因がわかれば、それを遠ざけるのがいちばんの予防になります。 かぶれを起こしやすい物質で代表的なものをあげておきますので、参考にしてくださいね。 〈植物〉 うるし、サクラソウ、ぎんなん 〈金属〉 ニッケル、コバルト、クロム 〈医薬品〉 湿布薬、塗薬、香水 〈食べ物〉 果物、えび、カニ、里芋 〈衣服〉 化学繊維、ゴムなど 関連記事.

次の