ダイナミック プライシング と は。 自動で価格が決まる!?ダイナミックプライシングとは

お得な「ダイナミック プライシング」って?広告誌に載らない立川の人気エステ|ロズまり|痩身・脱毛・フェイシャル・キャビテーション

ダイナミック プライシング と は

DPはその名の通り、同じ商品・サービスについて価格を変えて販売する手法だ。 その原理はとても単純で、商品・サービスを「高需要なら高く」「低需要なら安く」提供することで、顧客の多様なニーズに応えつつ、増収を図るものである。 例として、この手法がよく使われる旅行業で説明する。 例えば、沖縄旅行で利用するエアラインやホテルが同じであったとしても、夏は高く、冬は安いのが一般的だ。 これは沖縄を満喫できる夏の需要が高く、冬の需要が低いことに基づく。 この提供単位ごとに需要の大きさの違いを適切に捉え、同じ商品・サービスを異なる価格で販売するのがDPだ。 そのやり方はさまざまだが、価格を見直す回数によって大きく二つの段階に分けられる。 第1段階では、販売前に一度だけ価格を見直す。 ここでは、商品・サービス一律の価格から、提供単位ごとの価格に設定し直す。 エアラインで言えば、搭乗日と便によって異なる価格が設定される。 なお、この段階ではいつ買っても価格は変わらない。 第2段階では、販売中に、第1段階で設定した価格に対して何度も見直しを行う。 売れ行き(販売実績)から、販売前には読み切れなかったさまざまな影響を踏まえて予測し直すことで予測精度を向上させ、より適切な価格を目指す。 この段階では、昨日買った人と今日買った人で価格が異なる場合がある。 なお、当然ながら管理コストは膨らむが、得られる効果も大きくなる。 DPはその程度に差はあれ、古くから用いられてきた手法だ。 それにも関わらず、今日になって頻繁に使われるようになった理由は、顧客の価値観やデジタル技術の変化によってDPを活かせる環境が整ってきたからである。 同類の商品・サービスであっても仕様(品質・価格など)の異なるものが多数存在し、その中から自身に合ったものを選択する機会が増えたことで、顧客は自身の好みを自覚し、こだわるようになった。 デジタルデバイスの普及によって、企業は価格を細かく設定して顧客にタイムリーに伝えられるようになり、顧客は価格を比較できるようになった。 ビッグデータ収集・解析技術の発展によって、企業は需要について深く理解できるようになった。 こういった変化は今後も続き、DPが活かせる環境はさらに急速に整っていく。 そして、近い将来はBtoCビジネスを中心に多くの業種で「使って当然」の手法になるだろう。 しかし、DPを実際に導入するとなると、期待する効果が得られるのか不安になるだろう。 値上げばかりに焦点が当たって「もうけ主義」というレッテルを張られてしまい、顧客離れを起こすのではないか。 競合との低価格競争に陥ってしまい、減収してしまうのではないか。 こういった不安を払しょくできないと、DPの導入に関心があっても社内での合意が得られず、検討を始めることさえできないかもしれない。 だが、適切な考え方・プロセスで取り組めば、こういった事態は回避できる。 DPが「できること」「できないこと」を正しく理解し、自社の事業環境や考え方に適した仕組みを創ることができれば、必ず強力な武器になる。 第2回以降は、これまでさまざまな業種・企業を支援してきた実績に基づく当社の考え方・プロセスを紹介する。 顧客と企業のWin-Winを実現する自社ならではのDPを創り上げる一助にしていただきたい。

次の

ダイナミックプライシングとは?意味からメリット・デメリットまで解説

ダイナミック プライシング と は

DPはその名の通り、同じ商品・サービスについて価格を変えて販売する手法だ。 その原理はとても単純で、商品・サービスを「高需要なら高く」「低需要なら安く」提供することで、顧客の多様なニーズに応えつつ、増収を図るものである。 例として、この手法がよく使われる旅行業で説明する。 例えば、沖縄旅行で利用するエアラインやホテルが同じであったとしても、夏は高く、冬は安いのが一般的だ。 これは沖縄を満喫できる夏の需要が高く、冬の需要が低いことに基づく。 この提供単位ごとに需要の大きさの違いを適切に捉え、同じ商品・サービスを異なる価格で販売するのがDPだ。 そのやり方はさまざまだが、価格を見直す回数によって大きく二つの段階に分けられる。 第1段階では、販売前に一度だけ価格を見直す。 ここでは、商品・サービス一律の価格から、提供単位ごとの価格に設定し直す。 エアラインで言えば、搭乗日と便によって異なる価格が設定される。 なお、この段階ではいつ買っても価格は変わらない。 第2段階では、販売中に、第1段階で設定した価格に対して何度も見直しを行う。 売れ行き(販売実績)から、販売前には読み切れなかったさまざまな影響を踏まえて予測し直すことで予測精度を向上させ、より適切な価格を目指す。 この段階では、昨日買った人と今日買った人で価格が異なる場合がある。 なお、当然ながら管理コストは膨らむが、得られる効果も大きくなる。 DPはその程度に差はあれ、古くから用いられてきた手法だ。 それにも関わらず、今日になって頻繁に使われるようになった理由は、顧客の価値観やデジタル技術の変化によってDPを活かせる環境が整ってきたからである。 同類の商品・サービスであっても仕様(品質・価格など)の異なるものが多数存在し、その中から自身に合ったものを選択する機会が増えたことで、顧客は自身の好みを自覚し、こだわるようになった。 デジタルデバイスの普及によって、企業は価格を細かく設定して顧客にタイムリーに伝えられるようになり、顧客は価格を比較できるようになった。 ビッグデータ収集・解析技術の発展によって、企業は需要について深く理解できるようになった。 こういった変化は今後も続き、DPが活かせる環境はさらに急速に整っていく。 そして、近い将来はBtoCビジネスを中心に多くの業種で「使って当然」の手法になるだろう。 しかし、DPを実際に導入するとなると、期待する効果が得られるのか不安になるだろう。 値上げばかりに焦点が当たって「もうけ主義」というレッテルを張られてしまい、顧客離れを起こすのではないか。 競合との低価格競争に陥ってしまい、減収してしまうのではないか。 こういった不安を払しょくできないと、DPの導入に関心があっても社内での合意が得られず、検討を始めることさえできないかもしれない。 だが、適切な考え方・プロセスで取り組めば、こういった事態は回避できる。 DPが「できること」「できないこと」を正しく理解し、自社の事業環境や考え方に適した仕組みを創ることができれば、必ず強力な武器になる。 第2回以降は、これまでさまざまな業種・企業を支援してきた実績に基づく当社の考え方・プロセスを紹介する。 顧客と企業のWin-Winを実現する自社ならではのDPを創り上げる一助にしていただきたい。

次の

【コラム】ダイナミック・プライシングとは?基本の仕組みと具体例

ダイナミック プライシング と は

ダイナミック・プライシングという言葉を、ニュースや新聞などで多く見聞きするようになりました。 条件によって商品やサービスの価格が変動する、ということはご存知の方が多いと思いますが、その目的と仕組みはどのようになっているのでしょうか? 企業が勝手に価格を操作しているようにも思えますが、私たちにメリットはあるのでしょうか? 今回はダイナミック・プライシングの仕組みから、メリットとデメリット、そして具体例を交えてご説明していきます。 ダイナミック・プライシングとは? ダイナミック・プライシングは最近使われ始めた仕組みのように思われるかもしれませんが、実は昔から特定の業界ではよく活用されています。 私たちが一番よく知っているのは、ホテルの料金や航空券のダイナミック・プライシングでしょう。 一般的に旅行にはシーズンがあるので、昔から旅行業界にはオンシーズン(繁忙期)とオフシーズン(閑散期)の価格設定が存在していました。 日本の場合であれば、5月のゴールデンウィーク、8月のお盆、年末年始などはホテルや航空券の料金が高くなります。 このように、商品やサービスの需要に応じて価格を変動させる仕組みを、ダイナミック・プライシング(Dynamic Pricing:変動料金制)といいます。 ダイナミック・プライシングの仕組み ダイナミック・プライシングの価格変動の仕組みは、前述のように商品やサービスの需要によってコントロールされるのですが、以前は人間の手で月別の売上や年間の顧客動向等のデータから価格を導き出していました。 年間にかかる固定費(人件費や光熱費、設備の償却費用など)と変動費、利益を考慮し、価格を変動させても経営が成り立つように計算していた、というわけです。 最近では、この値決め計算と変動させるタイミングのコントロールに、AI(人工知能)が導入され始めています。 AIは、長年にわたって蓄積された顧客動向等のビッグデータから、最適な価格とタイミングでダイナミック・プライシングを実行します。 また同じサービスを安く受けることができる。 それまで9年連続して入場チケットを値上げしていましたが、繁忙期と閑散期に値差をつけることにより、入場者数のコントロールと混雑緩和による顧客満足度の向上に成功したといわれています。 顧客がその商品を購入するとSNSのポイントが付与される(実質的な値引き)仕組みとなっており、これを実用化すれば廃棄ロスの低減に繋がるシステムとして期待されています。 またこのような実験は経済産業省の主導で行われており、将来的にはコンビニだけでなく、スーパーや弁当チェーンなどにも導入されていくことが予想されます。 企業の利益のためだけではなく、環境問題の解決にも期待が持たれているのです。 それぞれのホームグラウンドで行われる試合には、人気のあるカードとそうでないカードがありますが、この2つのカードに値差をつけることにより、観客の誘導を行っています。 つまりダイナミック・プライシングを実行することにより、2つの設備の有効活用に成功しているのです。

次の