マジシャンズ コンビネーション。 マジシャンズ・コンビネーションの強さと相性の良いカード【遊戯王 環境】

【最新収録カードリスト】「デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編6-」

マジシャンズ コンビネーション

遊戯王ライターの11番です。 【ブラック・マジシャン】デッキ のカード効果・デッキレシピ・回し方・相性の良いカードなどをまとめていきます。 「ブラック・マジシャン」は、 「」で強化される、遊戯王を代表するテーマの1つです。 新たな融合モンスターが登場し、様々な型のデッキ構築が可能になりました。 このページでは、「ブラック・マジシャン」のカード効果、デッキレシピを紹介し、【ブラック・マジシャン】デッキの動かし方・回し方や、 相性の良いカードをまとめて解説しました。 このページを読めば、【ブラック・マジシャン】デッキをどんなデッキで、どのようにデッキを組めばいいのか、どのように強化・改造すればいいのかがわかります。 【ブラック・マジシャン】デッキを作ろうとしている方は、ぜひデッキ構築の参考にしてください。 「ブラック・マジシャン」は、「デュエリストパック レジェンドデュエリスト編6」で登場する魔法使い族のテーマデッキです。 《ブラック・マジシャン》を展開することで除去効果を発揮できる《黒の魔導陣》や、《永遠の魂》など、強力な専用サポートを駆使して戦います。 今回新たに融合モンスターが収録され、構築の幅が大幅に広がりました。 最終的には、《超魔導師ーブラック・マジシャンズ》で盤面制圧をしつつ、《ブラック・マジシャン》を展開することで勝利します。 「ブラック・マジシャン」に関連するモンスター・魔法・罠カードの効果を以下にまとめました。 自分はデッキから1枚ドローする。 そのドローしたカードが魔法・罠カードだった場合、自分フィールドにセットできる。 速攻魔法・罠カードをセットした場合、そのカードはセットしたターンでも発動できる。 「ブラック・マジシャン」「ブラック・マジシャン・ガール」を1体ずつ自分の手札・デッキ・墓地から選んで特殊召喚する。 その後、自分の墓地から「ブラック・マジシャン」または「ブラック・マジシャン・ガール」1体を選んで特殊召喚できる。 墓地へ送った数だけ自分はデッキからドローする。 リリースしたモンスターとはカード名が異なる 「ブラック・マジシャン」または「ブラック・マジシャン・ガール」1体を、自分の手札・墓地から選んで特殊召喚し、その発動した効果を無効にする。 フィールドのカード1枚を選んで破壊する。 2 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「ブラック・マジシャン」1体を手札に加える。 3 :このカード以外の自分の魔法使い族・闇属性モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時、 手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。 その自分のモンスターの攻撃力・守備力はそのダメージ計算時のみ2000アップする。 このカードを手札から特殊召喚する。 そのモンスターを特殊召喚する。 お互いのフィールド・墓地の、「守護神官」モンスター、「ブラック・マジシャン」「ブラック・マジシャン・ガール」の種類の数だけ自分はデッキからドローする。 《黒の魔導陣》 永続魔法 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードの発動時の効果処理として、自分のデッキの上からカードを3枚確認する。 その中に、「ブラック・マジシャン」のカード名が記された魔法・罠カード または「ブラック・マジシャン」があった場合、 その1枚を相手に見せて手札に加える事ができる。 残りのカードは好きな順番でデッキの上に戻す。 2 :自分フィールドに「ブラック・マジシャン」が召喚・特殊召喚された場合、 相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを除外する。 1 :このカードが召喚に成功した時に発動できる。 「ブラック・マジシャン」のカード名が記された魔法・罠カード1枚をデッキから手札に加える。 2 :このカードが墓地に存在する状態で、 自分が相手ターンに魔法・罠カードの効果を発動した場合、 自分フィールドの魔法使い族モンスター1体をリリースして発動できる。 墓地のこのカードを手札に加える。 《イリュージョン・マジック》 速攻魔法 「イリュージョン・マジック」は1ターンに1枚しか発動できない。 1 :自分フィールドの魔法使い族モンスター1体をリリースして発動できる。 自分のデッキ・墓地から「ブラック・マジシャン」を2枚まで選んで手札に加える。 《マジシャンズ・ナビゲート》 通常罠 1 :手札から「ブラック・マジシャン」1体を特殊召喚する。 その後、デッキからレベル7以下の魔法使い族・闇属性モンスター1体を特殊召喚する。 2 :自分フィールドに「ブラック・マジシャン」が存在する場合、 墓地のこのカードを除外し、相手フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。 そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。 この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。 《ブラック・マジシャン》3• 《ブラック・マジシャン・ガール》1• 《マジシャン・オブ・ブラック・イリュージョン》1• 《幻想の見習い魔導士》3• 《マジシャンズ・ソウルズ》3• 《黒の魔導陣》3• 《黒魔術の秘儀》1• 《ティマイオスの眼》2• 《黒魔術の継承》2• 《魂のしもべ》2• 《成金ゴブリン》2• 《ルドラの魔道書》2• 《イリュージョン・マジック》1• 《ハーピィの羽根箒》1• 《マジシャンズ・コンビネーション》2• 《永遠の魂》3• 《マジシャンズ・ナビゲート》3• 《王者の看破》1 【エクストラデッキ】(15枚)• 《超魔導師ーブラック・マジシャンズ》2• 《超魔導剣士-ブラック・パラディン》1• 《呪符竜》1• 《竜騎士ブラック・マジシャン》1• 《超魔導騎士-ブラック・キャバルリー》1• 《幻想の黒魔導師》2• 《No. 11 ビッグ・アイ》2• 《風紀宮司ノリト》1• 《見習い魔嬢》2• 1 :このカードが手札にある場合、 デッキからレベル6以上の魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り、 以下の効果から1つを選択して発動できる。 その後、自分の墓地から「ブラック・マジシャン」または 「ブラック・マジシャン・ガール」1体を選んで特殊召喚できる。 2 :自分の手札・フィールドから魔法・罠カードを2枚まで墓地へ送って発動できる。 墓地へ送った数だけ自分はデッキからドローする。 2 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「ブラック・マジシャン」1体を手札に加える。 3 :このカード以外の自分の魔法使い族・闇属性モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時、 手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。 その自分のモンスターの攻撃力・守備力はそのダメージ計算時のみ2000アップする。 1 :このカードが召喚に成功した時に発動できる。 「ブラック・マジシャン」のカード名が記された魔法・罠カード1枚をデッキから手札に加える。 2 :このカードが墓地に存在する状態で、 自分が相手ターンに魔法・罠カードの効果を発動した場合、 自分フィールドの魔法使い族モンスター1体をリリースして発動できる。 墓地のこのカードを手札に加える。 1 :このカードが手札にある場合、 デッキからレベル6以上の魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り、 以下の効果から1つを選択して発動できる。 その後、自分の墓地から「ブラック・マジシャン」または 「ブラック・マジシャン・ガール」1体を選んで特殊召喚できる。 2 :自分の手札・フィールドから魔法・罠カードを2枚まで墓地へ送って発動できる。 墓地へ送った数だけ自分はデッキからドローする。 《マジシャンズ・ソウルズ》は、墓地から《ブラック・マジシャン》、《ブラック・マジシャン・ガール》を特殊召喚する効果か、手札・フィールドから魔法・罠カードを墓地へ送りながら2枚までドローできるモンスターカードです。 「ブラック・マジシャン」デッキは、永続魔法・罠を多く採用する必要があるため、手札でダブったカードを捨ててドローに変換できるのは非常に強力です。 (1)の展開効果も融合素材を揃えるだけでなく、自分のターンの展開札として活躍します。 2 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「ブラック・マジシャン」1体を手札に加える。 3 :このカード以外の自分の魔法使い族・闇属性モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時、 手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。 その自分のモンスターの攻撃力・守備力はそのダメージ計算時のみ2000アップする。 《幻想の見習い魔導士》は、手札を1枚捨てつつ特殊召喚して、特殊召喚成功時に《ブラック・マジシャン》をサーチできるモンスターです。 《マジシャンズ・ナビゲート》を使う場合や融合による展開を行う場合は、手札に《ブラック・マジシャン》を確保する必要があるため便利なカードです。 1 :このカードが召喚に成功した時に発動できる。 「ブラック・マジシャン」のカード名が記された魔法・罠カード1枚をデッキから手札に加える。 2 :このカードが墓地に存在する状態で、 自分が相手ターンに魔法・罠カードの効果を発動した場合、 自分フィールドの魔法使い族モンスター1体をリリースして発動できる。 墓地のこのカードを手札に加える。 《マジシャンズ・ロッド》は、召喚成功時に「ブラック・マジシャン」のカード名が記された魔法・罠カードをサーチできるモンスターです。 《黒の魔導陣》はもちろん、新カードの《マジシャンズ・コンビネーション》や《黒魔術の秘儀》もサーチ可能です。 《永遠の魂》(永続罠) …効果の概要: 1 :以下の効果から1つを選択して発動できる。 2 :このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、 自分のモンスターゾーンの「ブラック・マジシャン」は相手の効果を受けない。 3 :表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動する。 自分フィールドのモンスターを全て破壊する。 《マジシャンズ・ナビゲート》(通常罠) …効果の概要: 1 :手札から「ブラック・マジシャン」1体を特殊召喚する。 その後、デッキからレベル7以下の魔法使い族・闇属性モンスター1体を特殊召喚する。 2 :自分フィールドに「ブラック・マジシャン」が存在する場合、 墓地のこのカードを除外し、相手フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。 そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。 この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。 《黒魔術の秘儀》は、《ブラック・マジシャン》、《ブラック・マジシャン・ガール》を含んだ融合・儀式が可能な速攻魔法カードです。 《マジシャンズ・ソウルズ》を利用して、新規で登場した《超魔導師ーブラック・マジシャンズ》の融合召喚を狙っていきましょう。 速攻魔法であることを活かしてバトルフェイズ中の追撃にも使えます。 《永遠の魂》 永続罠 このカード名の 1 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :以下の効果から1つを選択して発動できる。 2 :このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、 自分のモンスターゾーンの「ブラック・マジシャン」は相手の効果を受けない。 3 :表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動する。 自分フィールドのモンスターを全て破壊する。 《永遠の魂》は、手札・墓地から《ブラック・マジシャン》を特殊召喚できる永続罠カードです。 表表示の《永遠の魂》がフィールドから離れると自分フィールドのモンスターを全て破壊しなければならないデメリットはあるものの、《黒の魔導陣》発動中に《ブラック・マジシャン》を何度も展開する動きが強力です。 《ブラック・マジシャン》が相手の効果を受けなくなる効果もあるため、相手の除去カードに合わせて発動していきましょう。 《マジシャンズ・ナビゲート》 通常罠 1 :手札から「ブラック・マジシャン」1体を特殊召喚する。 その後、デッキからレベル7以下の魔法使い族・闇属性モンスター1体を特殊召喚する。 2 :自分フィールドに「ブラック・マジシャン」が存在する場合、 墓地のこのカードを除外し、相手フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。 そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。 この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。 《マジシャンズ・ナビゲート》は、手札から《ブラック・マジシャン》とデッキから魔法使い族モンスターを同時に展開できる罠カードです。 《ブラック・マジシャン》が手札にある必要がありますが、《幻想の見習い魔導士》と合わせて特殊召喚すれば一気にライフを奪うことも可能です。 墓地から除外することで相手の魔法・罠カードを無効にする効果もあるため、忘れずに構えておきましょう。 自分はデッキから1枚ドローする。 そのドローしたカードが魔法・罠カードだった場合、自分フィールドにセットできる。 速攻魔法・罠カードをセットした場合、そのカードはセットしたターンでも発動できる。 2 :このカードが破壊された場合に発動できる。 「ブラック・マジシャン」「ブラック・マジシャン・ガール」を1体ずつ 自分の手札・デッキ・墓地から選んで特殊召喚する。 《マジシャンズ・コンビネーション》(永続罠) …効果の概要: 1 :1ターンに1度、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、 自分フィールドの、「ブラック・マジシャン」または 「ブラック・マジシャン・ガール」1体をリリースして発動できる。 リリースしたモンスターとはカード名が異なる 「ブラック・マジシャン」または「ブラック・マジシャン・ガール」1体を、 自分の手札・墓地から選んで特殊召喚し、その発動した効果を無効にする。 2 :魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。 フィールドのカード1枚を選んで破壊する。 「幻想の黒魔導師」の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。 手札・デッキから魔法使い族の通常モンスター1体を特殊召喚する。 2 :魔法使い族の通常モンスターの攻撃宣言時、 相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを除外する。 自分はデッキから1枚ドローする。 そのドローしたカードが魔法・罠カードだった場合、自分フィールドにセットできる。 速攻魔法・罠カードをセットした場合、そのカードはセットしたターンでも発動できる。 「ブラック・マジシャン」「ブラック・マジシャン・ガール」を1体ずつ自分の手札・デッキ・墓地から選んで特殊召喚する。 《超魔導師ーブラック・マジシャンズ》は、魔法・罠カードの発動時に1枚ドローができる融合モンスターです。 ドローしたカードが速攻魔法か罠カードであればそのままセットでき、セットしたターンに発動できるので、デッキの構成を工夫することでより効果を発揮できます。 《マジシャンズ・コンビネーション》 永続罠 1 :1ターンに1度、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、 自分フィールドの、「ブラック・マジシャン」または 「ブラック・マジシャン・ガール」1体をリリースして発動できる。 リリースしたモンスターとはカード名が異なる 「ブラック・マジシャン」または「ブラック・マジシャン・ガール」1体を、 自分の手札・墓地から選んで特殊召喚し、その発動した効果を無効にする。 2 :魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。 フィールドのカード1枚を選んで破壊する。 《マジシャンズ・コンビネーション》は、《ブラック・マジシャン》か《ブラック・マジシャン・ガール》をリリースすることでリリースしたモンスターとは異なるカード名の《ブラック・マジシャン》、もしくは《ブラック・マジシャン・ガール》を特殊召喚しつつ魔法・罠・モンスター効果を無効化dできる永続罠カードです。 《ブラック・マジシャン》《ブラック・マジシャン・ガール》さえ揃えば毎ターンどんなカードでも止められる万能で強力な罠カードです。 「幻想の黒魔導師」の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。 手札・デッキから魔法使い族の通常モンスター1体を特殊召喚する。 2 :魔法使い族の通常モンスターの攻撃宣言時、 相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを除外する。 《幻想の黒魔導師》は、手札・デッキから魔法使い族の通常モンスターを特殊召喚する効果と、魔法使い族の通常モンスターの攻撃宣言時、相手フィールドのカード1枚を除外できるエクシーズモンスターです。 《超魔導師ーブラック・マジシャンズ》に足りない攻撃的な効果を持つモンスターです。 相手のカードを除外しながら総攻撃を仕掛けることが可能になります。 《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》 …相性の良いポイント:非常に強力な融合モンスター。 制圧力が抜群• 《真紅眼融合》 …相性の良いポイント:《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》を簡単に展開できる• 《ティマイオスの眼》 …相性の良いポイント:《超魔導師ーブラック・マジシャンズ》を少ない消費で特殊召喚できる• 《強欲で貪欲な壺》 …相性の良いポイント:3枚積みのカードが多いデッキなので、採用の価値あり• 2 :自分メインフェイズに発動できる。 相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、 その元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。 この効果は1ターン中に、このカードの融合素材とした通常モンスターの数まで使用できる。 3 :1ターンに1度、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、手札を1枚捨てて発動できる。 その発動を無効にして破壊し、このカードの攻撃力を1000アップする。 《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》は、《ブラック・マジシャン》と「真紅眼の黒竜」またはドラゴン族の効果モンスターを融合することで特殊召喚できる融合モンスターです。 自分メインフェイズに融合素材とした通常モンスターの分まで相手モンスターを破壊する効果と、手札を1枚捨てるだけで魔法・罠・モンスター効果を無効にして破壊する効果を持ちます。 さらに対象耐性・破壊耐性を持ち、最強クラスの融合モンスターです。 《真紅眼融合》 通常魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、 このカードを発動するターン、 自分はこのカードの効果以外ではモンスターを召喚・特殊召喚できない。 1 :自分の手札・デッキ・フィールドから、 融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、 「レッドアイズ」モンスターを融合素材とするその融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターのカード名は「真紅眼の黒竜」として扱う。 《真紅眼融合》は、「レッドアイズ」モンスターを融合素材とするモンスターのデッキ融合が可能な魔法カードです。 発動ターンは召喚・特殊召喚ができない大きなデメリットはありますが、1枚で《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》を融合召喚可能です。 《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》を軸にする場合はぜひ採用したい1枚になります。 《ティマイオスの眼》 通常魔法 このカード名はルール上「伝説の竜 ティマイオス」としても扱う。 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 1 :自分フィールドの「ブラック・マジシャン」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを融合素材として墓地へ送り、 そのカード名が融合素材として記されている融合モンスター1体を EXデッキから融合召喚する。 《ティマイオスの眼》は、自分フィールドの「ブラック・マジシャン」モンスターを墓地へ送ることでそのカードが融合素材として記されている融合モンスターを特殊召喚できる魔法カードです。 《ブラック・マジシャン》が自分フィールドに存在している必要がありますが、簡単に《超魔導師ーブラック・マジシャンズ》が特殊召喚できます。 サーチ手段も多いので、《黒魔術の秘儀》以上に活躍する可能性のあるカードです。 《強欲で貪欲な壺》 通常魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 1 :自分のデッキの上からカード10枚を裏側表示で除外して発動できる。 自分はデッキから2枚ドローする。 《強欲で貪欲な壺》は、デッキの上から裏側で10枚除外することで2枚ドローできる魔法カードです。 「ブラック・マジシャン」デッキでのキーカードは3枚採用の場合が多く、デメリットで全て除外されてしまう可能性はかなり低いため、比較的使いやすいドローソースです。 《黒魔術の継承》 速攻魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 1 :自分の墓地から魔法カード2枚を除外して発動できる。 「黒魔術の継承」以外の、「ブラック・マジシャン」のカード名または 「ブラック・マジシャン・ガール」のカード名が記された魔法・罠カード1枚をデッキから手札に加える。 《黒魔術の継承》は、自分の墓地から魔法カード2枚を除外することで「ブラック・マジシャン」、「ブラック・マジシャン・ ガール」のカード名が記された魔法・罠カードをサーチできる魔法カードです。 墓地に魔法カードが溜まっている必要はありますが、新たに登場する魔法・罠カードのほとんどをサーチ可能です。 《成金ゴブリン》などの使いやすい魔法カードとセットで採用することで序盤から使いやすくなります。 相性の良いおすすめテーマ 「真紅眼」 「真紅眼」は、初期から存在しているカードで、「クラッシュ・オブ・リベリオン」から徐々に強化されているテーマです。 デッキ融合可能な《真紅眼融合》を使用して《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》を簡単に融合召喚できるため、《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》登場後はかなり期待の高まる組み合わせになるでしょう。 自分で情報を調べる必要がないので、とってもラクチンですよ。 今だけ参加特典として、 きりぶろLINE限定情報をプレゼント中。 すでに 6,000人以上のデュエリストが参加しています。 【ブラック・マジシャン】デッキは、一度永続魔法・罠カードが揃ってしまえばかなりの強さを誇りますし、ワンキルを狙えるパワーも高いデッキです。

次の

LED6

マジシャンズ コンビネーション

ブラマジとブラマジガールの連携魔術。 カードの効果が発動したときに自分の場のブラマジかブラマジガールをリリースすることで、手札か墓地からリリースしていない方のカードを特殊召喚して発動された効果を無効にする効果と、表側表示で場から墓地に送られたときに場のカード1枚を破壊できる効果を持つ永続罠。 ブラマジとブラマジガールを入れ替えながら効果を無効化していくというデザインのカード。 ツボにはまると中々に鬱陶しい効果無効化を展開していけるが、場と墓地にブラマジコンビが両方揃ってないと真価は発揮できないので、マジシャンズソウルズなどを使った手早い墓地肥やしは必要になってくる。 一度決まればかなり鬱陶しいが、そこに持っていくまでが大変なカードというタイプか。 ブラマジガールの採用が必須になるのも気難しい。 ダメそうなときはマジシャンズソウルズの手札交換のコストにするのもいいだろう。 ブラック・マジシャンデッキにも広範囲妨害カードが来ましたね。 バックの守りやすさもアップするでしょう。 とはいえモンスター2種を要求する発動条件を満たすのがそれなりに厳しめ。 予備のモンスターを握っていない状況では、採用率が高い墓穴の指名者にあっさり妨害されるのも悩みどころ。 また、このカードの発動条件を満たすためにあらかじめブラック・マジシャンを場に出しておこうとすると、魔導陣の発動タイミングを調整できないというジレンマも。 2 の効果は本当にオマケですね。 大抵バックは相手の展開前に割られるので、対象不在という状況がそれなりにあり得ます。 どちらかというと、このカードが腐っている時に自分からソウルで墓地へ送り発動する使い方をするのだと思います。

次の

【2020年 ブラック・マジシャン】デッキの回し方、相性が良いカードが分かる解説記事

マジシャンズ コンビネーション

遊戯王ライターの11番です。 【ブラック・マジシャン】デッキ のカード効果・デッキレシピ・回し方・相性の良いカードなどをまとめていきます。 「ブラック・マジシャン」は、 「」で強化される、遊戯王を代表するテーマの1つです。 新たな融合モンスターが登場し、様々な型のデッキ構築が可能になりました。 このページでは、「ブラック・マジシャン」のカード効果、デッキレシピを紹介し、【ブラック・マジシャン】デッキの動かし方・回し方や、 相性の良いカードをまとめて解説しました。 このページを読めば、【ブラック・マジシャン】デッキをどんなデッキで、どのようにデッキを組めばいいのか、どのように強化・改造すればいいのかがわかります。 【ブラック・マジシャン】デッキを作ろうとしている方は、ぜひデッキ構築の参考にしてください。 「ブラック・マジシャン」は、「デュエリストパック レジェンドデュエリスト編6」で登場する魔法使い族のテーマデッキです。 《ブラック・マジシャン》を展開することで除去効果を発揮できる《黒の魔導陣》や、《永遠の魂》など、強力な専用サポートを駆使して戦います。 今回新たに融合モンスターが収録され、構築の幅が大幅に広がりました。 最終的には、《超魔導師ーブラック・マジシャンズ》で盤面制圧をしつつ、《ブラック・マジシャン》を展開することで勝利します。 「ブラック・マジシャン」に関連するモンスター・魔法・罠カードの効果を以下にまとめました。 自分はデッキから1枚ドローする。 そのドローしたカードが魔法・罠カードだった場合、自分フィールドにセットできる。 速攻魔法・罠カードをセットした場合、そのカードはセットしたターンでも発動できる。 「ブラック・マジシャン」「ブラック・マジシャン・ガール」を1体ずつ自分の手札・デッキ・墓地から選んで特殊召喚する。 その後、自分の墓地から「ブラック・マジシャン」または「ブラック・マジシャン・ガール」1体を選んで特殊召喚できる。 墓地へ送った数だけ自分はデッキからドローする。 リリースしたモンスターとはカード名が異なる 「ブラック・マジシャン」または「ブラック・マジシャン・ガール」1体を、自分の手札・墓地から選んで特殊召喚し、その発動した効果を無効にする。 フィールドのカード1枚を選んで破壊する。 2 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「ブラック・マジシャン」1体を手札に加える。 3 :このカード以外の自分の魔法使い族・闇属性モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時、 手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。 その自分のモンスターの攻撃力・守備力はそのダメージ計算時のみ2000アップする。 このカードを手札から特殊召喚する。 そのモンスターを特殊召喚する。 お互いのフィールド・墓地の、「守護神官」モンスター、「ブラック・マジシャン」「ブラック・マジシャン・ガール」の種類の数だけ自分はデッキからドローする。 《黒の魔導陣》 永続魔法 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードの発動時の効果処理として、自分のデッキの上からカードを3枚確認する。 その中に、「ブラック・マジシャン」のカード名が記された魔法・罠カード または「ブラック・マジシャン」があった場合、 その1枚を相手に見せて手札に加える事ができる。 残りのカードは好きな順番でデッキの上に戻す。 2 :自分フィールドに「ブラック・マジシャン」が召喚・特殊召喚された場合、 相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを除外する。 1 :このカードが召喚に成功した時に発動できる。 「ブラック・マジシャン」のカード名が記された魔法・罠カード1枚をデッキから手札に加える。 2 :このカードが墓地に存在する状態で、 自分が相手ターンに魔法・罠カードの効果を発動した場合、 自分フィールドの魔法使い族モンスター1体をリリースして発動できる。 墓地のこのカードを手札に加える。 《イリュージョン・マジック》 速攻魔法 「イリュージョン・マジック」は1ターンに1枚しか発動できない。 1 :自分フィールドの魔法使い族モンスター1体をリリースして発動できる。 自分のデッキ・墓地から「ブラック・マジシャン」を2枚まで選んで手札に加える。 《マジシャンズ・ナビゲート》 通常罠 1 :手札から「ブラック・マジシャン」1体を特殊召喚する。 その後、デッキからレベル7以下の魔法使い族・闇属性モンスター1体を特殊召喚する。 2 :自分フィールドに「ブラック・マジシャン」が存在する場合、 墓地のこのカードを除外し、相手フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。 そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。 この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。 《ブラック・マジシャン》3• 《ブラック・マジシャン・ガール》1• 《マジシャン・オブ・ブラック・イリュージョン》1• 《幻想の見習い魔導士》3• 《マジシャンズ・ソウルズ》3• 《黒の魔導陣》3• 《黒魔術の秘儀》1• 《ティマイオスの眼》2• 《黒魔術の継承》2• 《魂のしもべ》2• 《成金ゴブリン》2• 《ルドラの魔道書》2• 《イリュージョン・マジック》1• 《ハーピィの羽根箒》1• 《マジシャンズ・コンビネーション》2• 《永遠の魂》3• 《マジシャンズ・ナビゲート》3• 《王者の看破》1 【エクストラデッキ】(15枚)• 《超魔導師ーブラック・マジシャンズ》2• 《超魔導剣士-ブラック・パラディン》1• 《呪符竜》1• 《竜騎士ブラック・マジシャン》1• 《超魔導騎士-ブラック・キャバルリー》1• 《幻想の黒魔導師》2• 《No. 11 ビッグ・アイ》2• 《風紀宮司ノリト》1• 《見習い魔嬢》2• 1 :このカードが手札にある場合、 デッキからレベル6以上の魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り、 以下の効果から1つを選択して発動できる。 その後、自分の墓地から「ブラック・マジシャン」または 「ブラック・マジシャン・ガール」1体を選んで特殊召喚できる。 2 :自分の手札・フィールドから魔法・罠カードを2枚まで墓地へ送って発動できる。 墓地へ送った数だけ自分はデッキからドローする。 2 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「ブラック・マジシャン」1体を手札に加える。 3 :このカード以外の自分の魔法使い族・闇属性モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時、 手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。 その自分のモンスターの攻撃力・守備力はそのダメージ計算時のみ2000アップする。 1 :このカードが召喚に成功した時に発動できる。 「ブラック・マジシャン」のカード名が記された魔法・罠カード1枚をデッキから手札に加える。 2 :このカードが墓地に存在する状態で、 自分が相手ターンに魔法・罠カードの効果を発動した場合、 自分フィールドの魔法使い族モンスター1体をリリースして発動できる。 墓地のこのカードを手札に加える。 1 :このカードが手札にある場合、 デッキからレベル6以上の魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り、 以下の効果から1つを選択して発動できる。 その後、自分の墓地から「ブラック・マジシャン」または 「ブラック・マジシャン・ガール」1体を選んで特殊召喚できる。 2 :自分の手札・フィールドから魔法・罠カードを2枚まで墓地へ送って発動できる。 墓地へ送った数だけ自分はデッキからドローする。 《マジシャンズ・ソウルズ》は、墓地から《ブラック・マジシャン》、《ブラック・マジシャン・ガール》を特殊召喚する効果か、手札・フィールドから魔法・罠カードを墓地へ送りながら2枚までドローできるモンスターカードです。 「ブラック・マジシャン」デッキは、永続魔法・罠を多く採用する必要があるため、手札でダブったカードを捨ててドローに変換できるのは非常に強力です。 (1)の展開効果も融合素材を揃えるだけでなく、自分のターンの展開札として活躍します。 2 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「ブラック・マジシャン」1体を手札に加える。 3 :このカード以外の自分の魔法使い族・闇属性モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時、 手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。 その自分のモンスターの攻撃力・守備力はそのダメージ計算時のみ2000アップする。 《幻想の見習い魔導士》は、手札を1枚捨てつつ特殊召喚して、特殊召喚成功時に《ブラック・マジシャン》をサーチできるモンスターです。 《マジシャンズ・ナビゲート》を使う場合や融合による展開を行う場合は、手札に《ブラック・マジシャン》を確保する必要があるため便利なカードです。 1 :このカードが召喚に成功した時に発動できる。 「ブラック・マジシャン」のカード名が記された魔法・罠カード1枚をデッキから手札に加える。 2 :このカードが墓地に存在する状態で、 自分が相手ターンに魔法・罠カードの効果を発動した場合、 自分フィールドの魔法使い族モンスター1体をリリースして発動できる。 墓地のこのカードを手札に加える。 《マジシャンズ・ロッド》は、召喚成功時に「ブラック・マジシャン」のカード名が記された魔法・罠カードをサーチできるモンスターです。 《黒の魔導陣》はもちろん、新カードの《マジシャンズ・コンビネーション》や《黒魔術の秘儀》もサーチ可能です。 《永遠の魂》(永続罠) …効果の概要: 1 :以下の効果から1つを選択して発動できる。 2 :このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、 自分のモンスターゾーンの「ブラック・マジシャン」は相手の効果を受けない。 3 :表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動する。 自分フィールドのモンスターを全て破壊する。 《マジシャンズ・ナビゲート》(通常罠) …効果の概要: 1 :手札から「ブラック・マジシャン」1体を特殊召喚する。 その後、デッキからレベル7以下の魔法使い族・闇属性モンスター1体を特殊召喚する。 2 :自分フィールドに「ブラック・マジシャン」が存在する場合、 墓地のこのカードを除外し、相手フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。 そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。 この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。 《黒魔術の秘儀》は、《ブラック・マジシャン》、《ブラック・マジシャン・ガール》を含んだ融合・儀式が可能な速攻魔法カードです。 《マジシャンズ・ソウルズ》を利用して、新規で登場した《超魔導師ーブラック・マジシャンズ》の融合召喚を狙っていきましょう。 速攻魔法であることを活かしてバトルフェイズ中の追撃にも使えます。 《永遠の魂》 永続罠 このカード名の 1 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :以下の効果から1つを選択して発動できる。 2 :このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、 自分のモンスターゾーンの「ブラック・マジシャン」は相手の効果を受けない。 3 :表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動する。 自分フィールドのモンスターを全て破壊する。 《永遠の魂》は、手札・墓地から《ブラック・マジシャン》を特殊召喚できる永続罠カードです。 表表示の《永遠の魂》がフィールドから離れると自分フィールドのモンスターを全て破壊しなければならないデメリットはあるものの、《黒の魔導陣》発動中に《ブラック・マジシャン》を何度も展開する動きが強力です。 《ブラック・マジシャン》が相手の効果を受けなくなる効果もあるため、相手の除去カードに合わせて発動していきましょう。 《マジシャンズ・ナビゲート》 通常罠 1 :手札から「ブラック・マジシャン」1体を特殊召喚する。 その後、デッキからレベル7以下の魔法使い族・闇属性モンスター1体を特殊召喚する。 2 :自分フィールドに「ブラック・マジシャン」が存在する場合、 墓地のこのカードを除外し、相手フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。 そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。 この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。 《マジシャンズ・ナビゲート》は、手札から《ブラック・マジシャン》とデッキから魔法使い族モンスターを同時に展開できる罠カードです。 《ブラック・マジシャン》が手札にある必要がありますが、《幻想の見習い魔導士》と合わせて特殊召喚すれば一気にライフを奪うことも可能です。 墓地から除外することで相手の魔法・罠カードを無効にする効果もあるため、忘れずに構えておきましょう。 自分はデッキから1枚ドローする。 そのドローしたカードが魔法・罠カードだった場合、自分フィールドにセットできる。 速攻魔法・罠カードをセットした場合、そのカードはセットしたターンでも発動できる。 2 :このカードが破壊された場合に発動できる。 「ブラック・マジシャン」「ブラック・マジシャン・ガール」を1体ずつ 自分の手札・デッキ・墓地から選んで特殊召喚する。 《マジシャンズ・コンビネーション》(永続罠) …効果の概要: 1 :1ターンに1度、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、 自分フィールドの、「ブラック・マジシャン」または 「ブラック・マジシャン・ガール」1体をリリースして発動できる。 リリースしたモンスターとはカード名が異なる 「ブラック・マジシャン」または「ブラック・マジシャン・ガール」1体を、 自分の手札・墓地から選んで特殊召喚し、その発動した効果を無効にする。 2 :魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。 フィールドのカード1枚を選んで破壊する。 「幻想の黒魔導師」の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。 手札・デッキから魔法使い族の通常モンスター1体を特殊召喚する。 2 :魔法使い族の通常モンスターの攻撃宣言時、 相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを除外する。 自分はデッキから1枚ドローする。 そのドローしたカードが魔法・罠カードだった場合、自分フィールドにセットできる。 速攻魔法・罠カードをセットした場合、そのカードはセットしたターンでも発動できる。 「ブラック・マジシャン」「ブラック・マジシャン・ガール」を1体ずつ自分の手札・デッキ・墓地から選んで特殊召喚する。 《超魔導師ーブラック・マジシャンズ》は、魔法・罠カードの発動時に1枚ドローができる融合モンスターです。 ドローしたカードが速攻魔法か罠カードであればそのままセットでき、セットしたターンに発動できるので、デッキの構成を工夫することでより効果を発揮できます。 《マジシャンズ・コンビネーション》 永続罠 1 :1ターンに1度、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、 自分フィールドの、「ブラック・マジシャン」または 「ブラック・マジシャン・ガール」1体をリリースして発動できる。 リリースしたモンスターとはカード名が異なる 「ブラック・マジシャン」または「ブラック・マジシャン・ガール」1体を、 自分の手札・墓地から選んで特殊召喚し、その発動した効果を無効にする。 2 :魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。 フィールドのカード1枚を選んで破壊する。 《マジシャンズ・コンビネーション》は、《ブラック・マジシャン》か《ブラック・マジシャン・ガール》をリリースすることでリリースしたモンスターとは異なるカード名の《ブラック・マジシャン》、もしくは《ブラック・マジシャン・ガール》を特殊召喚しつつ魔法・罠・モンスター効果を無効化dできる永続罠カードです。 《ブラック・マジシャン》《ブラック・マジシャン・ガール》さえ揃えば毎ターンどんなカードでも止められる万能で強力な罠カードです。 「幻想の黒魔導師」の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。 手札・デッキから魔法使い族の通常モンスター1体を特殊召喚する。 2 :魔法使い族の通常モンスターの攻撃宣言時、 相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを除外する。 《幻想の黒魔導師》は、手札・デッキから魔法使い族の通常モンスターを特殊召喚する効果と、魔法使い族の通常モンスターの攻撃宣言時、相手フィールドのカード1枚を除外できるエクシーズモンスターです。 《超魔導師ーブラック・マジシャンズ》に足りない攻撃的な効果を持つモンスターです。 相手のカードを除外しながら総攻撃を仕掛けることが可能になります。 《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》 …相性の良いポイント:非常に強力な融合モンスター。 制圧力が抜群• 《真紅眼融合》 …相性の良いポイント:《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》を簡単に展開できる• 《ティマイオスの眼》 …相性の良いポイント:《超魔導師ーブラック・マジシャンズ》を少ない消費で特殊召喚できる• 《強欲で貪欲な壺》 …相性の良いポイント:3枚積みのカードが多いデッキなので、採用の価値あり• 2 :自分メインフェイズに発動できる。 相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、 その元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。 この効果は1ターン中に、このカードの融合素材とした通常モンスターの数まで使用できる。 3 :1ターンに1度、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、手札を1枚捨てて発動できる。 その発動を無効にして破壊し、このカードの攻撃力を1000アップする。 《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》は、《ブラック・マジシャン》と「真紅眼の黒竜」またはドラゴン族の効果モンスターを融合することで特殊召喚できる融合モンスターです。 自分メインフェイズに融合素材とした通常モンスターの分まで相手モンスターを破壊する効果と、手札を1枚捨てるだけで魔法・罠・モンスター効果を無効にして破壊する効果を持ちます。 さらに対象耐性・破壊耐性を持ち、最強クラスの融合モンスターです。 《真紅眼融合》 通常魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、 このカードを発動するターン、 自分はこのカードの効果以外ではモンスターを召喚・特殊召喚できない。 1 :自分の手札・デッキ・フィールドから、 融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、 「レッドアイズ」モンスターを融合素材とするその融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターのカード名は「真紅眼の黒竜」として扱う。 《真紅眼融合》は、「レッドアイズ」モンスターを融合素材とするモンスターのデッキ融合が可能な魔法カードです。 発動ターンは召喚・特殊召喚ができない大きなデメリットはありますが、1枚で《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》を融合召喚可能です。 《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》を軸にする場合はぜひ採用したい1枚になります。 《ティマイオスの眼》 通常魔法 このカード名はルール上「伝説の竜 ティマイオス」としても扱う。 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 1 :自分フィールドの「ブラック・マジシャン」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを融合素材として墓地へ送り、 そのカード名が融合素材として記されている融合モンスター1体を EXデッキから融合召喚する。 《ティマイオスの眼》は、自分フィールドの「ブラック・マジシャン」モンスターを墓地へ送ることでそのカードが融合素材として記されている融合モンスターを特殊召喚できる魔法カードです。 《ブラック・マジシャン》が自分フィールドに存在している必要がありますが、簡単に《超魔導師ーブラック・マジシャンズ》が特殊召喚できます。 サーチ手段も多いので、《黒魔術の秘儀》以上に活躍する可能性のあるカードです。 《強欲で貪欲な壺》 通常魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 1 :自分のデッキの上からカード10枚を裏側表示で除外して発動できる。 自分はデッキから2枚ドローする。 《強欲で貪欲な壺》は、デッキの上から裏側で10枚除外することで2枚ドローできる魔法カードです。 「ブラック・マジシャン」デッキでのキーカードは3枚採用の場合が多く、デメリットで全て除外されてしまう可能性はかなり低いため、比較的使いやすいドローソースです。 《黒魔術の継承》 速攻魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 1 :自分の墓地から魔法カード2枚を除外して発動できる。 「黒魔術の継承」以外の、「ブラック・マジシャン」のカード名または 「ブラック・マジシャン・ガール」のカード名が記された魔法・罠カード1枚をデッキから手札に加える。 《黒魔術の継承》は、自分の墓地から魔法カード2枚を除外することで「ブラック・マジシャン」、「ブラック・マジシャン・ ガール」のカード名が記された魔法・罠カードをサーチできる魔法カードです。 墓地に魔法カードが溜まっている必要はありますが、新たに登場する魔法・罠カードのほとんどをサーチ可能です。 《成金ゴブリン》などの使いやすい魔法カードとセットで採用することで序盤から使いやすくなります。 相性の良いおすすめテーマ 「真紅眼」 「真紅眼」は、初期から存在しているカードで、「クラッシュ・オブ・リベリオン」から徐々に強化されているテーマです。 デッキ融合可能な《真紅眼融合》を使用して《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》を簡単に融合召喚できるため、《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》登場後はかなり期待の高まる組み合わせになるでしょう。 自分で情報を調べる必要がないので、とってもラクチンですよ。 今だけ参加特典として、 きりぶろLINE限定情報をプレゼント中。 すでに 6,000人以上のデュエリストが参加しています。 【ブラック・マジシャン】デッキは、一度永続魔法・罠カードが揃ってしまえばかなりの強さを誇りますし、ワンキルを狙えるパワーも高いデッキです。

次の