整形 二重 ブログ。 整形で顔面崩壊する人とは?高須克弥院長が明かす「失敗パターン5つ」

二重埋没法の腫れやダウンタイム(術後経過)がわかるブログ6選!内出血や痛み・二重幅の変化はどれくらい?

整形 二重 ブログ

美容整形大国でもある韓国では、整形をするのは当たり前といった雰囲気で、その流行は今や日本でも。 整形と一言で言っても、その箇所は様々。 例えば、鼻を高くしたり、お腹の肉を吸引したり、豊胸だったりと自分の持つコンプレックスをなくそうとしたり、憧れの人のようになりたいという願望に少しでも近づきたい思いで整形を行う人だったり、理由は様々あるようです。 今回は、そんな整形についてのお話し。 整形箇所は、まぶたです。 日本人は、二重の人に比べて一重の人の方が圧倒的に多い人種。 そのため、二重に憧れる人も多くいます。 二重にする理由としては、一重に比べて、二重の方がより目が大きく美しく見えるというのが、圧倒的に多い理由。 また、簡単に行うことができる施術のため、不安を抱かずにクリニックに出かけている人もいます。 ですが、そこには大きな落とし穴が。 医療に関しては世界でもトップレベルの日本ではありますが、美容整形では、失敗も多いようです。 それはまぶたにも同じことが言えるそう。 どんな失敗例が日本でもあるのか、実際に二重まぶたの整形をした人の体験談を参考に見ていくことにしましょう。 ここまで読んでみて二重整形は、必ず成功するものではないということを分かっていただけたでしょうか。 美容整形は、現在の日本でも、簡単にできる施術方法として当たり前の時代になりました。 でも、やはり初めて行うには不安だらけ。 ましてや失敗例ばかりを見ていると、施術を受ける気持ちにもなりません。 そこで、ここでは、二重整形の失敗する確率について少しお話します。 二重整形が失敗する確率は、全てのクリニックのホームページに記載されているわけではありません。 そのため失敗する確率というのは定かではないです。 クリニック側は、失敗の確率を避けるため、カウンセリングをとても重点的に行います。 施術を行う人がどんな二重にしたいのか、はもちろん、施術を行う人の目の特徴など事細かに調べます。 そのうえで、シミレーションを行い、理想の二重を作ってくれるのです。 それが、失敗しない確立につながり、逆に成功率を上げていることになります。 一度二重整形をすると、周りの人にバレるのではないかと不安になる人もいるでしょう。 確かに二重整形は、バレる確率が非常に高い美容整形の一つです。 ですが、それは実際に二重整形を行った人から見るとバレる、はたまた、昔から親しい人と久しぶりにあったときにバレるといったレベルではないでしょうか。 確かに、二重整形をすると目鼻立ちもすっきりとして、顔の印象も多きく変わりませす。 ですがそれは、その人を相手が知っているからこそ分かるもの。 知らない人の中では、パッと見だけでは、バレるということはありません。 もしバレる理由があるとしたら、それは、左右に差がある場合やまぶたが腫れてしまっているなどの、失敗例ではないでしょうか。 あまり、バレることを気にしていては、何のために二重にしたのか意味がありません。 そのため、あまり周りの目は気にしない方が良いのだと思います。

次の

【写真あり】二重整形 フォーエバー二重術レビュー! 湘南美容外科

整形 二重 ブログ

一重でまぶた脂肪多くて厚い。 最悪やん 二重埋没法手術をする前の私は、まぶたの脂肪が多く、たぶんほかの方に比べてまぶたが厚く腫れぼったい目をしていました。 中学生、高校生の頃はアイプチやアイテープで二重を必死に作っていました。 毎日アイプチをしているからまぶたは爛れて常に荒れている感じ・・・。 可愛くなりたいのに皮膚は痛んでいく・・・ そんな逆説的な毎日が嫌で大学生になったら絶対二重手術をしよう!って決めていました。 溶ける糸+私のまぶたの脂肪が多すぎて、たぶん糸が溶ける前に糸が外れちゃったのか、3か月くらいでもとの一重に・・・ 溶ける糸で埋没法をするとどんな感じのまぶたになるかの雰囲気が分かったので、次は新宿になるクリニックで埋没2点留めをしました。 たぶん10万円前後だった気がします。 やっぱりまぶたの脂肪が多いかったので、当初は糸の食い込みが結構気になりました。 でも2年くらいすると、どんどんなじんできて(というか糸がゆるくなってきたのかも)丁度いい感じに(笑) なので、まぶたに脂肪が多い方、厚い方は手術直後の結果で見るんじゃなくてしばらく様子を見ておくともしかしたらちょうどいい感じになるかもしれないです。 その頃はもう30代、まぶたの厚みも加齢のせいか薄くなって、脂肪も若い時よりは減っていました。 そのタイミングで3回目の埋没法の手術を受けました。 それが湘南美容クリニックさんで受けた二重のグランドライン法ってやつです。 この手術に関しては結果、大満足!手術からもう2年近く経過していますが、どんどん馴染んできていい感じは続いています。 私が思うに、顔の状況って加齢とともに変わってくるので、手術やメンテナンスもそれに合わせてしていかないといけないんだなーってこと。 切開法は魅力ですが 切開法は糸が外れる心配もなく魅力的なんだけど、切ってしまう手術なので戻すことが出来ないのと、修正も結構大変、ダウンタイムも長いので気軽にできません。 埋没法はこういう加齢の状況に合わせて、やりたいタイミングで割と気軽にできるので今思えば、埋没法を選択してよかったなと思っています。

次の

美容整形ブログまとめ10選 / 鼻 二重・韓国の美容整形etc

整形 二重 ブログ

《スポンサーリンク》 二重整形をしようか悩んでいる人は多いと思います。 私も実際に手術をすると決めるまで、かなり時間がかかりました。 私は埋没法という方法で二重まぶたを作りました。 その時の体験をブログでお伝えしていこうと思います。 これから埋没法の手術を受ける予定の人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 大学入学前の春に二重整形を決意! 私はもともと奥二重で、アイプチをして二重を作っていました。 しかし汗をかいた時や、ふとした時にアイプチが取れるのがいつも不安でした。 そのため高校在学中にバイトをしてお金を貯めて、高校を卒業したと同時に二重整形をやりました。 大学は東京だったので、地元福岡のお友達にもバレないように春休みという時期を決めました。 整形外科でカウンセリングを受ける 手術を受ける前に2回ほど整形外科に足を運びました。 私の目の形ではどの方法が自然か、万が一失敗してしまったら元に戻せるかどうか、埋没法と切開法のメリットデメリットなど、カウンセリングで先生は親身に私の質問に答えてくれました。 この先生だったら安心だなと思い、そのままそこの整形外科で手術を受けることを決めました。 手術当日 私にとって人生で初めての手術だったので、怖さは相当なものでした。 当日は先生に説明を受けた通り、脱ぎ着しやすい格好とサングラスを持って病院に行きました。 まず診察台に横になり酸素マスクをはめてしばらく笑気麻酔(しょうきますい)を受けます。 10分程度笑気麻酔を受けるとだんだんと意識がぼんやりしてきます。 全く意識がない訳ではないですが、頭の中がふわ〜とする感じです。 その間にまぶたの表と裏に局所麻酔が打たれます。 これが結構痛い!! 先生に「深呼吸して〜リラックスリラックス〜」と言われながら麻酔に耐えます。 そしてこの局所麻酔が効いてきたところで、手術開始です。 私の目の上の皮膚を外から、そして内側から細い糸で縫っていきます。 意識はぼんやりしていますが、目も半目ほど開いてるので縫ってる感じはわかります。 外側から塗ってる時は良いですが、目頭側の内側から針を入れる時は、少し痛かったです。 しかし 手術の時間は両目で30分程度だったと思います。 そのあとは看護婦さんにアイシング(目の上を冷やす)してもらい終了です。 《スポンサーリンク》 手術当日の状態 手術直後は、試合後のボクサーのような腫れ具合でした。 自分でも笑っちゃうくらい原型をとどめていませんでした。 パンパンに腫れているのはもちろんのこと、目の上全体の皮膚が紫色になっていて、本当に人間離れした顔をしていました。 目が腫れているので視界が狭く、家までの帰り道は結構大変でした。 あまり前が見えないし、見えないのに一生懸命見ようとするから疲れるしで、家に着いた時はフラフラでした。 これから埋没法を受ける人へのアドバイス ・大学進学前など知り合いと離れるタイミングがちょうど良い ・手術当日は前チャックなど脱ぎ着しやすい格好、そしてサングラスや帽子など目の周りを隠すものを持参する。 ・手術はまぶたに打つ局所麻酔が一番痛い。 それを乗り越えたら大丈夫。 ・手術後は家族とかに車で迎えに来てもらった方がいい。

次の