如意 伝 あらすじ 全 話。 【如懿伝<にょいでん>~紫禁城に散る宿命の王妃~】中国ドラマを無料動画で全話フル視聴する方法|登場人物相関図&あらすじ(第1話〜最終回)

🔥瓔珞(エイラク)|第70話(最終回)あらすじ・ネタバレ感想|結末は爽快?

如意 伝 あらすじ 全 話

本作は、WOWOWメンバーズオンデマンドで放送終了後 各話見逃し配信する。 その偏愛ぶりに、乾隆帝の心が理解できないと感じる如懿。 一方、寒香見が夜とぎを務めたと知った皇太后は、皇帝が偏愛する妃に子ができた場合の権力図の変化を警戒し、不妊になる薬を寒香見に飲ませるよう如懿に命ずる。 完成した詩集を見て乾隆帝は大いに喜び、後宮をはじめ皇族にも配布し、後宮内で孝賢皇后をたたえ、如懿をおとしめる空気が漂い始める。 そんなある日、乾隆帝は如懿と鉢合わせし、如懿のかたくなな態度に腹を立て、永キ(えいき)を愉妃のもとで養育させるよう命じるのだった。 如懿はわが子を助けようと飛び出し、危うく刺されそうになるが、凌雲徹が盾となり、事なきを得る。 永キは恐怖からひきつけを起こし、寝込んでしまう。 嫡子に大きな期待を懸けていた乾隆帝は、気が弱すぎる永キに腹を立て、如懿に不満を漏らす。 夫婦の溝は深まっていく。 噂を広めたのは衛エン婉だとにらんだ海蘭は、如懿の噂を消すために、衛エン婉と凌雲徹の関係を噂にして広めることに成功する。 自分を守ろうとする衛エン婉は豫妃を利用して、如懿と凌雲徹の噂を凌雲徹の妻・茂倩(もせい)の耳に入れる。 豫妃とともに養心殿に乗り込んで来た茂倩は、乾隆帝の前で「如懿と凌雲徹が私通している」と証言する。 そんなある日、乾隆帝から如懿に数々の贈り物が届けられる。 その中には宦官となった凌雲徹が含まれていた。 乾隆帝の非道な振る舞いに打ちひしがれる如懿だったが、凌雲徹は自分のために悲しまないでほしいと如懿に告げる。 夕刻、乾隆帝は如懿のもとを訪れ晩餐をともにする。 乾隆帝はわざと如懿の苦手な料理ばかりを用意し、食べることを強いるのだった。 そんな弟を兄として見守る第5皇子永琪だが、こればかりは何もしてやれず、歯がゆい想いを抱えていた。 凌雲徹に対する仕打ちはこの先もまだ終わらないのではと、如懿が不安を募らせていたところ、乾隆帝は凌雲徹を最低位の掃除係へと配置換えする。 そのころ、レイ妃と進忠は、乾隆帝と皇后の仲を完全に引き裂くため、再度、凌雲徹を利用することを考えていた。

次の

武則天−The Empress−ドラマ全話あらすじ一覧と相関図はこちら!DVDと動画視聴でネタバレも

如意 伝 あらすじ 全 話

「瓔珞」の最終回終了後はランキングのトップを独走し、累計視聴再生数は165億回を超える大ヒット! さらに、2018国劇盛典で4部門受賞の他、国内の各ドラマ賞で6部門に輝き、作品評価を決定的なものとし、アメリカのHuluでも配信がスタートするなど、世界的規模のムーブメントが拡大中!• 本作では波瀾万丈な人生を歩むヒロインの少女時代から老境に至るまでを演じきり、多くの演技賞に輝いてきた実力を遺憾なく発揮! 乾隆帝(けんりゅうてい)を演じるのは、台湾出身で「女医明妃伝~雪の日の誓い~」などヒット作を連発し、今や中国時代劇を代表するスターとなったウォレス・フォ。 本作では、如懿への純粋な想いと彼を翻弄する後宮の妃たちとの間で葛藤する皇帝役をカリスマあふれる存在感で体現! 真に迫るその演技は多くのファンをドラマに没入させ、あまりの過熱ぶりに彼のWeiboアカウントが閉鎖されるという事態に! その他、『至福のとき』のドン・ジエが裏表激しい皇后役を演じ、「2度目のロマンス」のチャン・チュンニンが如懿を慕う妃役を好演! また、『ラストエンペラー』以来の再共演となったヴィヴィアン・ウーとジョアン・チェン、『レッドクリフ』シリーズのチャン・フォンイーら、レジェンド級の名優陣がドラマに華を添える!• 女たちの野望がうごめく伏魔殿のごとき後宮でたった一つの愛を貫き、正々堂々と生きた皇后、如懿の気高き魅力に共感と絶賛の嵐! 幼なじみとして慕い合い、皇帝とその側室になってからも、変わらぬ愛を誓う乾隆帝と如懿。 だが、妃たちの嫉妬と欲望に満ちた後宮では想像を絶する過酷な運命が待ち受けていた--! 悪辣な妃たちの陰謀合戦に野心を抱く侍女たちまで加わり、張り巡らされた数々の罠はまるで蜘蛛の巣。 美しい腕輪を贈りながら、その中に妊娠を阻む薬を仕込んでいたり、住まいに大量の毒蛇を放ったりは朝飯前! 信じていた友や侍女の裏切りも日常茶飯事! そんな厳しい情勢の中でも権力や悪に屈することなく、一途に皇帝を愛し続け皇后の座へと上り詰めていく如懿。 後宮内で最も愛情深く寛容な心を持ちながら、ときには驚くべき行動力で悪を制裁! その潔いまでの決断力と何事からも逃げない凛とした生きざまは清々しく、応援したくなること間違いなし! 多くの現代女性たちにも生きるヒントを与え、共感と感動を呼び起こすであろう、強く気高く美しいヒロインが誕生した!• 清朝最盛期の時代を強く生きた実在の皇后を描く宮廷時代劇の最高峰、ついに登場! メガヒット作「宮廷の諍い女」原作者による小説をドラマ化! 清朝の最盛期を築いた第六代皇帝・乾隆帝の時代に、皇帝から愛され皇后となった実在の女性がいた。 皇帝の寵愛争いが繰り広げられる後宮の中で、彼女は他の女性とは一線を画し、自ら人生を切り開いていく。 皇后となった後も、波乱に満ちた運命を辿ることとなるヒロイン<如懿>が命をかけて貫いた信念とはーー!? 中国で社会現象を巻き起こし日本でも大ヒットを記録した宮廷時代劇「宮廷の諍い女」の原作者が自らの小説を5年の歳月をかけて脚本化した本作は、中国及びアジア圏においてメガヒットを達成! 豪華キャストによる演技バトル、完成度の高い脚本と演出、豪華絢爛な世界観、すべてにおいて絶大な評価を得た、まさに宮廷愛憎時代劇の最高傑作! なお、ほぼ同時期に配信された宮廷ドラマ「瓔珞」と本作は舞台も題材も同じでありながら、互いの作中で敵対する妃が主人公として描かれたため、キャラクターの比較なども話題となり、視聴者の関心を高めた!• 超一流の映画スタッフ陣が総力を結集! リアルさと美しさを追求し、高いクオリティを実現! 総制作費約96億円が投じられた本作では、歴史大作としてのクオリティを追求するため、歴史学者や専門家の監修を受けてよりリアルに当時の宮廷を再現! 養心殿(ようしんでん)、延禧宮(えんききゅう)、杭州行宮(こうしゅうあんぐう)など物語の重要な舞台となる建物はCGに頼らず、実際にセットが建築された。 また、美術はウォン・カーウァイ監督作品で有名な香港映画を代表するアートディレクター、ウィリアム・チョンが担当し、「宮廷の諍い女」「ミーユエ 王朝を照らす月」の衣装デザイナー、チェン・トンシュンも参加! 日中合作ドラマ「蒼穹の昴」(浅田次郎原作・NHK放送)を手がけ、舞台の演出家としてもキャリアのあるワン・ジュン監督が、リアリティと美しさを兼ね備えた映像で壮大なドラマを作り上げている!.

次の

如懿伝 ~紫禁城に散る宿命の王妃~ 第1話 第2話

如意 伝 あらすじ 全 話

なお、原作小説はテレビドラマ『』の続編であるが、テレビドラマ版は続編的な位置づけではなく、一部設定が異なる。 中国では2016年8月23日から撮影開始。 2017年5月5日製作終了。 この節のが望まれています。 キャスト [ ] 主演 [ ]• — () 役• — 役 主な出演 [ ]• — () 役• — () 役• — () 役• — 役• — () 役• — () 役• — 役• — () 役• — 侍衛 凌雲徹(りょううんてつ) 役 その他のキャスト [ ]• — () 役• — 如懿の侍女 惢心(ずいしん) 役• — 玫答応(まいとうおう) 白蕊姫(はくずいき) 役• — 役• — 太監 李玉(りぎょく) 役• — 役• — 役• — () 役• — 役• — 侍医 江与彬(こうよひん) 役• — 養心殿副総管太監 王欽(おうきん) 役• — 役• — 役• — 役• — 役• — 恪貴人 拜爾果斯氏 役• — 役• — 御前二等公公 進忠(しんちゅう) 役• — 皇后大宮女 容珮(ようはい) 役• — 西藏大喇嘛 安吉波桑 役• — 産婆 田雲児娘 田芸角(でんげいかく) 役• — 新疆准格爾蒙古可汗 那爾布(ナルプ) 役• — 江南名妓 水玲瓏 役• チュー・チューシアオ(屈楚蕭) — 五阿哥 役 各話タイトル [ ]• 第1話 「如意の行方」• 第2話 「移りゆく時代」• 第3話 「新帝即位」• 第4話 「新しい名」• 第6話 「新しい妃嬪」• 第7話 「雪夜の裁き」• 第8話 「疑惑の塗り薬」• 第9話 「後宮の新年」• 第10話 「冷遇」• 第11話 「皇子の選択」• 第12話 「悲しき婚礼」• 第13話 「やまない雨」• 第14話 「心ない噂」• 第15話 「新妻の妙計」• 第16話 「取り戻した信頼」• 第17話 「啓蟄の悪夢」• 第18話 「裏切り」• 第19話 「断ち切れぬ情」• 第20話 「冷宮送り」• 第21話 「凌霄花と銀子」• 第22話 「返り咲き」• 第23話 「出会いと別れ」• 第24話 「ひそかな見守り」• 第25話 「身ごもらぬ理由」• 第26話 「止まぬ攻撃」• 第27話 「冷宮を出る日」• 第28話 「寵愛の裏側」• 第29話 「毒の贈り物」• 第30話 「命懸けの出産」• 第31話 「亡霊騒動」• 第32話 「身代わり」• 第33話 「末期の報復」• 第34話 「献身と思惑」• 第35話 「女官の野望」• 第36話 「敵討ち」• 第37話 「譲れぬ親御心」• 第38話 「権勢と犠牲」• 第39話 「皇后の死」• 第40話 「貴妃の台頭」• 第41話 「疑心暗鬼」• 第42話 「窮余の一策」• 第43話 「翊坤宮の刺客」• 第44話 「対句の意味」• 第45話 「七宝の赤い石」• 第46話 「侍女の門出」• 第47話 「孤独な頂へ」• 第48話 「戒めの耳飾り」• 第49話 「子宝の薬」• 第50話 「腹いせの昇格」• 第51話 「太監の誤算」• 第52話 「最後の告白」• 第53話 「甘言と苦言」• 第54話 「皇子か公主か」• 第55話 「木蘭囲場の罠」• 第56話 「君主の苦悩」• 第57話 「絶望の果てに」• 第58話 「抜け駆け」• 第59話 「寵妃の復活」• 第60話 「誤算」• 第61話 「皇子の悲劇」• 第62話 「赤い衣の公主」• 第63話 「ついえた野心」• 第64話 「虚しい最後」• 第65話 「悲しみの雪」• 第66話 「深い溝」• 第67話 「非情な選択」• 第68話 「新たな後ろ盾」• 第69話 「大局と忍耐」• 第70話 「異郷の公主」• 第71話 「偏愛の波紋」• 第72話 「皇后の責任」• 第73話 「届かぬ想い」• 第74話 「剣と琴」• 第75話 「勇敢な侍衛」• 第76話 「雲の刺繍」• 第77話 「沈黙の夕餉」• 第78話 「御花園の幻」• 第79話 「残された指輪」• 第80話 「舟上の誘惑」• 第81話 「決別」• 第82話 「愛と復讐」• 第83話 「格格の告発」• 第84話 「残された時間」• 第85話 「口封じ」• 第86話 「暴かれた真実」• 第87話 「緑梅の記憶」 脚注 [ ].

次の