バンパー広告 事例。 インストリーム広告とバンパー広告の違いを徹底紹介

6 秒で、気持ちをつかむ

バンパー広告 事例

Contents• インストリーム広告の特徴 インストリーム広告とは、みなさんも一度は見たことがある、 YouTubeなどの動画の冒頭や途中に挿入されている動画広告のことです。 さまざまなインストリーム広告が動画サイトやSNSなどで配信され、動画の枠内を使って表示されるので目立ちやすく、現在急速に伸びている広告形態です。 自動的に再生される インストリーム広告は、動画にアクセスすると自動的に再生されます。 その動画にアクセスしたユーザーに 強制的に広告を視聴させる仕組なので、非常に印象に残りやすくなっています。 冒頭数秒以外はスキップできる ユーザーは、インストリーム広告が流れ始めたらその広告の終わりまでずっと見ている必要はなく、たとえばYouTubeでは5秒経つとその動画をスキップし、本編を視聴することができます。 このようにインストリーム広告は、必ず最後まで視聴しなければいけない TV-CMと違って視聴時間を短くできる配慮がされています。 つまり、 ある程度の秒数は広告費を一切かけずにインストリーム広告を配信できます。 このバンパー広告の特徴はどうなっているのでしょうか。 自動的に再生される バンパー広告も、インストリーム広告と同様、ユーザーが動画にアクセスしたときに自動的に再生されます。 そのためバンパー広告も 、動画広告として目立ち、ユーザーの印象に残ります。 スキップできないからと言って長い動画を最後まで見なければいけないわけではありません。 バンパー広告は 全体でたった 「6秒」しかなく、スキップの必要がないのです。 表示されるごとに課金される 再生されたら最後まで流れ、インストリーム広告のように一定の秒数以内であれば課金されない、ということが通用しないバンパー広告の広告主への課金はどのように決まるのでしょうか。 バンパー広告は、 CPM(Cost Per Mill)形式と言って 「1000回表示されたときの単価」をあらかじめ設定しておくことでその広告費が決まります。 広告単価を上げればその分、配信される確率も高まります。 バンパー広告のメリット3つ よく似ているけれど違うインストリーム広告とバンパー広告、ではそれぞれのメリットはどんなところにあるでしょうか。 インストリーム広告のメリットは過去記事でも解説していますので、 本記事ではバンパー広告のメリットを紹介します。 バンパー広告のメリットは、主に下記3点が挙げられます。 不快感が少ない インストリーム広告は強制視聴で、さらに動画の秒数も長く、スキップするにもユーザーが能動的にスキップマークをクリックしなければいけません。 その点 バンパー広告は、 強制視聴型の動画広告の中では長さがごく短く、ユーザーのスキップ操作も必要ありません。 そのため、ユーザーに与える 不快感を、 インストリーム広告と比べて減少できます。 そのため、インストリーム広告だと最後まで視聴してくれる人の数はとても少なくなり、広告内容を伝えきれなくなってしまいます。 でもバンパー広告であれば 最後まで表示させることができるので、広告内容をユーザーへと完全に伝えきることができます。 ブランディングに適している ユーザーに与える 不快感が少なく動画も最後まで見てもらえるので、企業のブランディングには最適です。 しかしYouTubeでは6秒という制限された時間しかないために、具体的な商品・サービスの説明には使えません。 そのため 必然的にブランドや企業を一言で言い表すような概念的な動画となり、これもまたブランディングに適している要因となります。

次の

インストリーム広告とバンパー広告の違いを徹底紹介

バンパー広告 事例

競争が激しさを増すインターネットの世界では、いかにユーザーの関心を引きつけるかという課題について、多くのブランドが突破口を模索しています。 そんな中、まだ導入されて間もないフォーマットではあるものの、斬新な戦略として YouTube のバンパー広告がマーケターの注目を集めています。 この記事では、このバンパー広告を活用し、ブランドのメッセージを伝えることに成功している 3 つのブランドをご紹介します。 キャンペーンのメッセージをわずか 6 秒でユーザーに印象付ける。 とうてい不可能に思えるかもしれませんが、3 つの方法を取り入れて大成功を収めたブランドの事例を見ると、6 秒バンパー広告は決して難しいものではなく、大きなチャンスをもたらす戦略であることがわかります。 Xbox: ストーリー性を活かした一連の広告を配信 Microsoft Xbox は「Halo Wars 2」を発売するにあたり、クリエイティブ制作会社 215McCANN と協力し、独創的かつユーモラスなバンパー広告を取り入れた YouTube 戦略を立てました。 今日のゲームファンは、常に新しいコンテンツを求めています。 また、最近のゲームはいくつもの章で構成され、物語が複雑化していることを考えると、広告クリエイティブにも優れたストーリー性が求められるのは当然の流れと言えるでしょう。 こうしたユーザー動向を受け、Xbox はまず「Know Your Enemy(敵を知る)」というテーマのもと、マストヘッド広告と長編 TrueView 広告の配信を開始しました。 その後、発売日が近づいた時点でリマーケティングへの投資を増やし、長編広告のストーリーを引き継ぐユーモラスなバンパー広告を配信しました。 「長編広告を視聴したユーザーに 6 秒バンパー広告を配信し、ストーリーに関連するちょっとした追加コンテンツを見せることで、より印象付けることができました」と、Xbox マーケティング コミュニケーション責任者 Jonathan Segall 氏は言います。 「映画で使われるポストクレジット シーンの "広告版" といったところでしょうか。 大きな特長は、化粧品のアイテムごとにバンパー広告を作成した点です。 新ラインを構成するファウンデーション、パウダー、コンシーラーにそれぞれスポットを当てつつ、どのバンパー広告も最後は Skincolor de la Mer ライン全体のショットで終わっています。 これは、一部のアイテムだけを使用するより、ライン全体を揃えた方がより効果的であることを示しています。 La Mer の北米マーケティング担当副社長 Kendal Ascher 氏は、「6 秒バンパー広告を使って斬新なクリエイティブを広く配信することで、ユーザーの心をつかむことができました」と話します。 「リーチを犠牲にすることなく、Skincolor コレクションの幅広いアイテムを強調するには、この戦略が欠かせませんでした。 」 SurveyMonkey: シンプルな機能をシンプルにアピール SurveyMonkey はバンパー広告を使用し、同社のツールの価値と使いやすさを強調するとともに、最も重要な行動を促すフレーズ (「無料でお試し」と「今すぐアップグレード」)を表示しました。 SurveyMonkey のオンライン マーケティング マネージャー Chris Nguyen 氏は、「時間的制約があるからこそ、躍動感が生まれ、このツールの機能をシンプルに伝えることができる」と言います。 「当社のプラットフォームの主要機能である "アンケートの作成"、"回答の収集"、"結果の分析" を効果的にアピールすることができました。 」 さらに Chris 氏によると、行動を促すフレーズをわかりやすく明確に表示したことで、SurveyMonkey を初めて利用するユーザーの新規アカウント作成数が大幅に増加したとのことです。 アップグレードするベーシック ユーザーも増えました。

次の

バンパー広告について | 大阪の動画制作・映像制作なら株式会社CapWorks【四ツ橋・北堀江】

バンパー広告 事例

6秒でストーリーを伝えるための4つの方法 加速するモバイル業界において、消費者の注目を集めることはますます難しくなってきています。 そのため、アプリ事業者は消費者が求める製品を開発し、絶えずあらゆるプロモーションを行っているのです。 『YouTube』や『Google』、『Twitter』などのプラットフォームは、消費者側の進化し続ける視聴スタイルに合わせて、新しいフォーマットを輩出しています。 モバイル端末が主な媒体となったことで、ユーザーは無数の広告を日常的に目にしています。 そのなかで広告に目をとめてもらうには、ユーザーにインパクトを与え、興味を沸かせるようなコンテンツを作成することはもちろん、そのコンテンツがどんなタイミングや環境で見られているのかを考慮することが大切です。 例えば、自宅のテレビと、外出先でのモバイル端末とでは、広告の見え方が大きく異なりますよね。 このように消費パターンが変わった結果、2016年に『YouTube』は バンパー広告を新たに導入しました。 これは長さ6秒間の短い動画広告で、ライブイベントでの出演者のトークや、ミュージックビデオなど、数分ほどの短いスパンで単発的な動画を視聴しているユーザーに特に効果的です。 今まで作成して来た30秒から長くて120秒の尺の広告から考えると、6秒という長さで広告を作ることはかなり難しいように感じるかもしれません。 しかし、ここ数年の『YouTube』は、スキップ可能な30秒の広告をユーザーにスキップされないようにするために、最初の2〜3秒でユーザーの目を惹くことができるような広告作りを各ブランドに勧めています。 このような事実と合わせて考えると、6秒で広告を作成することも不可能ではないはずです。 正しく戦略を立て、明確な目標を掲げて動画制作に取り組めば、たった6秒間の広告でも、メッセージを届けることができるでしょう。 本記事では、効果的なバンパー広告の作成における重要なポイントを4つご紹介します。 目的を明確にする どんなキャンペーンをする時でも共通して言えることですが、まずはユーザーへの理解を深めること、また、キャンペーンの目的を明確にすることが不可欠です。 『YouTube』はバンパー広告が、特定のキャンペーンのリーチを増やすという目的や、ブランドからのメッセージを伝えるという目的で、として活用するのに効果的であると明言しています。 さらに『Google』のデータによれば、を単体で使用するよりも、バンパー広告と組み合わせて使用した方が高い成果が得られることが分かっているのです。 それぞれの目的に合わせたチャネルとフォーマットを理解しておくことで、キャンペーンに適した広告の組み合わせを決定することができます。 バンパー広告は、特にファネルの上部である、ブランドの認知度を上げたり、(ブランドの認知度)を増やしたりするのに適したツールであり、ユーザーにブランドのことをもっと知ってもらいたいのであれば、十分に利用する価値のあるものだと言えるでしょう。 大きな計画の一部としてバンパー広告を活用する バンパー広告は、特定のものに焦点を当てた短いメッセージとして、インパクトを与えることもできます。 従って、尺の長い動画やテレビ・ラジオなど大きなメディアへの広告の一環としても、バンパー広告を検討することをお勧めします。 『YouTube』の「Tease, Amplify, Echo」 モデル 下記画像参照 は、大きな広告の一環としてバンパー広告がどのように利用されるのか知るために、大変有効な方法です。 またバンパー広告は複数のバージョンを作成することで、ストーリーの一部として使用することもできます。 こうすることで、6秒以内にすべてを伝える必要がなくなるだけでなく、ユーザーの印象に残る広告を作ることができるのです。 短さを活かす 6秒という短い時間で説得力のあるメッセージを作るのは簡単なことではありません。 しかし、バンパー広告を、キャンペーンの一部としてどのように使えるかということを考えれば、そこまで時間の短さに悩まされる必要はありません。 ここ2、3年で『Google』は何百ものバンパー広告を調査しており、多くのブランドやアーティストがバンパー広告を利用していることがわかりました。 バンパー広告を作成する上で考慮するべき点は、主に以下の3つです。 シンプルにする• 1つの明確なメッセージに集中する• オチをつける 3つ目のポイントが特に効果的で、まず広告をどう終わらせるかを考えたあと、そこに向かうためのストーリーを構築するといいでしょう。 広告の効果を構造化する 広告の長さに制約があっても、広告を制作する時の基本的なポイントは同じです。 数年前、『YouTube』は、ユーザーの目を惹く効果的な広告を作るのにブランドが苦戦していることを知り、広告作成に関する総合的なノウハウを記した「」を作成しました。 その中の「」では、『YouTube』の広告においてコンセプトを決める際に気をつけるべきことを説明しています。 これは、消耗品を扱う企業の中の様々な分野における6,000以上の広告や、TrueView動画広告のデータからの洞察を元にしたガイドラインで、以下のカテゴリーに分類されています。 これらは、30秒の広告を前提として作られたものですが、バンパー広告においても十分に役に立つポイントです。 Attract(魅力) 6秒というのは想像以上に速く過ぎてしまうため、一瞬でユーザーの目を惹くものである必要があります。 そのためにユーモアのあるものや知名度が高い人物を起用しましょう。 また、音を使うことも効果的です。 『Facebook』や 『Instagram』とは異なり、『YouTube』においては、ユーザーはほとんどの場合音声をオンにした状態で見ているからです。 Brand(ブランド) 独自のロゴを表示する代わりに、提供できるサービスや商品の一部を、わかりやすく、かつ自然に取り込むことで、より高い効果が期待できます。 Connect(コネクト) ユーモア、ホラー、サスペンスなど、感情に訴えかけるものを作成することで、よりブランドの認知度と視聴率を高めることができ、加えて音楽をつけて演出することで、更にインパクトを与えることができます。 Direct(誘導) 短い時間の中でも、広告におけるCVを明確に設定することが大切です。 例えば、その広告を見たことで、ユーザーに検索してもらいたいのか、購入を促したいのか、キャンペーンに参加してもらいたいのかなど、あらゆるCVが考えられるでしょう。

次の