第一クオーター。 第2クォータープログラム

富山)県高校バスケ優勝 男子・富山工、女子・高岡第一

第一クオーター

アメリカで考案されたスポーツであるバスケットボールには、たくさんの用語が存在しています。 英語をベースにしたものを日本でも使用していますので、わかりにくい言葉もあるかもしれません。 クォーターという用語を聞いた人も多いはず。 今回はクォーターというバスケット用語を紹介します。 クォーターの意味は クォーターの意味は何でしょうか。 英語で綴ると「quarter」と表します。 直訳しますと、四分の一という意味があります。 日本では父または母のどちらかが他民族、他人種、他国籍の人の場合をハーフ、祖父または祖母がそうである人のことをクォーターと呼ぶことが多いですね。 この場合は民族や人種の異なる血が四分の一流れている人という意味合いで使われています。 四分割したものを表している言葉になります。 バスケットではどんな意味か バスケットにおいてのクォーターは、一試合を四分割した試合区分のことを指します。 バスケットの試合は、第一クォーターから第四クォーターで分けられ、それぞれのクォーターの間にインターバルもしくはハーフタイムを挟むことで構成されます。 2クォーターが終わった時点でハーフタイムを挟みます。 前半2クォーター、後半2クォーターで試合が行われます。 クォーターはどうやって始まるの? 第一クォーターの開始時、つまり試合開始時はジャンプボールで開始されます。 以降のクォーターでは、オルタネイティングポゼションルールを適用します。 オルタネイティングポゼションルールというのは、比較的新しくできたルールです。 以前はボールの所有チームが分からなくなった場合に、ジャンプボールで再開していました。 それをスローインで再開するために作られたルールです。 スローインの権利はジャンプボールシチュエーションになるたびに交互に移っていきます。 第二クォーター以降はスローインで試合再開することになっており、前のクォーターの終了時点でスローインの権利を持っている方からのスローインスタートとなります。 初めのジャンプで相手がとった場合に、2フォーたーの初めは自分たちのボールから開始となります。 もしくは、途中でどちらのボールかわからなくなった場合にも適用し、こちらのボールとなった場合、その後の2クォーターの始まりは再度相手からになります。 まとめ バスケットの試合は10分のクォーターを4回行う、計40分の試合です。 クォーターでわけられていることにより、10分と短い時間ではあるが集中して楽しい試合を行うことが出来ます。

次の

柔軟な学年暦の編成(クォーター授業の導入)

第一クオーター

1Q・第1四半期決算とは 上場企業は自社の決算(業績)を公表する必要があります。 決算は1年分の業績を4回(3ヶ月毎)に分けて公表します。 年4回発表される決算を、それぞれ「四半期決算」と呼びます。 1Q・2Q・3Q・4Qとは? 「1Q」「2Q」とは、各四半期決算の「第1四半期」「第2四半期」のことです。 1Q 第1四半期決算 2Q 第2四半期決算 3Q 第3四半期決算 4Q 第4四半期決算 1Qの「Q」とは何の略? 1Qの「Q」とは、第1「クオーター」の略です。 「クオーター」は「4分の1」という意味の英語です。 四半期決算は1年で4回に分けて行われるため、「クオーター」が使われます。 1Qの「Q」とは何と読む? 「イチキュー」、「ファーストクオーター」等と呼ばれます。 4Q・本決算(通期決算)とは 本決算とは、1年間を通した企業の決算発表のことです。 1年間の業績の結果だけではなく、来期(来年度)の業績予想(期初予想)が発表されます。 来期の業績予想にサプライズ発表があると、影響を受けて株価は大きく変動します。 そのため、本決算は特に重要な決算となります。 四半期決算のうち、「4Q(第4四半期決算)」が本決算に該当します。 本決算の発表日はいつ? 4Q(本決算)の発表日は企業によって異なります。 「3月末」が本決算の企業が最も多くいですが、3月以外に行う企業も多く存在します。 2Q・中間決算とは 中間決算とは、半年間(上半期)の業績をまとめた決算です。 四半期決算のうち、「2Q(第2四半期決算)」が中間決算に該当します。 四半期決算のスケジュール 3月が本決算の場合、四半期決算の発表スケジュールは下記となります。 6月末 1Q(第1四半期決算) 9月末 2Q(中間決算) 12月末 3Q(第3四半期決算) 3月末 4Q(本決算) 決算発表日はどこで見る?決算日の調べ方 決算発表日は各企業のホームページの他、下記サイトで見ることができます。 しかし中でも便利なのは「銘柄スカウター」です。 ・ ・ ・「銘柄スカウター」 マネックス証券 銘柄スカウターの分析機能 は 「銘柄スカウター」という銘柄分析ツールが無料で使えます。 決算日だけではなく、決算の良し悪しや銘柄の簡単に分析することができます。 決算カレンダー 四半期決算の業績推移 四半期決算の良し悪し(進捗率) グラフ化されているので、初心者でも簡単に決算分析することができます。 まとめ 企業の決算は年4回の「四半期決算」で発表されます。 「1Q~4Q」とは、各四半期決算の略語です。 四半期決算は、株価に最も大きな影響を与えます。 四半期決算の分析ができることは、投資家が利益を上げるための必須条件になります。 企業の決算をチェックする際には、の 「銘柄スカウター」が便利です。 口座があれば無料で使うことができます。

次の

鳥取大学におけるクオーター制の導入について(全学方針)/鳥取大学公式ホームページ

第一クオーター

クォーター授業の導入について 本学では、平成29(2017)年度以降の学年暦(アカデミックカレンダー)より、これまでの春学期と秋学期の授業期間に加え、学期をさらに2つの期間に分けた「クォーター(8週間)」で完結する授業の実施を可能にしました。 このことにより、短期間で集中して授業に取り組むことが可能になり、教育効果の向上等が期待されます。 また、柔軟な履修スケジュールの組み合わせにより、留学やインターンシップ等の学生の主体的な活動を促進することが期待されます。 クォーター授業の導入における主な変更 (1)授業科目の区分について 平成29(2017)年度以降、下記の区分で授業が実施されます。 ・セメスター授業・・・従来どおり、春学期と秋学期のそれぞれの期間において、週1回、各学期15週にわたる授業が実施されます。 ・クォーター授業・・・各クォーター内で週2回実施し、8週間で実施されます。 (2)履修登録期間について クォーター授業の履修登録は、各学期(春4月、秋9月)の履修登録期間で行います。 詳しくは、「履修登録のしおり・授業時間割」を確認してください。 一部の日程がキャンパスごとに異なる場合があります。 また、授業によっては、補講が実施される場合があります。 試験実施及び補講の有無については、各授業の担当教員及びToyoNet-Gのお知らせを確認してください。 クォーター授業に関するFAQ Q1.授業のシラバスはスケジュールが15回分記載されていますが、クォーター授業の場合は、週2回の8週間実施だと合計では16回授業が実施されるということですか? A1.授業回数は15回で変更ありません。 週2回で実施される場合、8週目は1回で終了することになります。 ただし、補講や試験が8週目の2回目に実施される場合があります。 Q2.クォーター授業の時間割はどのように編成されるのですか? A2.主に週2回実施されることになります。 例えば、2時限連続授業(月曜3-4時限)、もしくは曜日ペア(火曜5時限と木曜4時限)などがあります。 詳しくは、「履修登録のしおり・授業時間割表」を確認してください。 Q3.セメスター授業(週1回15週)はなくなるのですか? A3.クォーター授業を導入する学部では、教育効果の観点を十分に踏まえたうえで、部分的に取り入れていますので、セメスター授業と並行して行われます。 自身で履修した授業時間割において、週1回の授業と週2回の授業が混在するイメージです。 Q4.授業の時間帯(90分)は変更ありませんか? A4.はい、変更ありません。 ただし、各学期の16週目にあたる試験・補講調整期間も通常時間帯(90分)でチャイムが鳴りますので、この期間の学期末の試験の終了時刻などについては、試験監督者の指示に従う必要があります。 詳しくは、学生ハンドブック(2017年度版)を確認してください。 Q5.休学の期間や卒業の時期、学費の納入期間は変更になりますか? A5.休学の期間や卒業の時期いわゆる学籍の取り扱いは、従前のとおりで、変更ありません。 またクォーターによる休学、クォーター末の卒業、学費の分納もありません。 あくまでも授業の履修のみとなります。 Q6.インターンシップや留学に行きたいため、あるクォーター期間において授業を履修しないことは可能ですか。 A6.可能です。 ただし、あくまでも授業時間割の履修上の工夫により可能となっていますので、必ずいつでも可能とは限りません。 また、履修登録の段階で、予め教務担当課窓口に届出が必要になります。 4年間で卒業を考えている場合は、修得科目や単位数を踏まえて、計画的な履修をするよう心がけてください。 相談については、教務担当課にて随時可能です。

次の