インスタント ラーメン 専門 店。 200種類の袋めんが揃うインスタントラーメン専門店のイチ押しを食す

全国のご当地インスタントラーメンが池袋に集結! 売れ筋ランキング発表&実食!

インスタント ラーメン 専門 店

コンテンツ• 北海道利尻こんぶラーメン• 比内地鶏白湯ラーメン• あごだしラーメン• 明石のりラーメン• 秋刀魚ラーメン• 北海道利尻こんぶラーメン• 北海道毛ガニ味噌ラーメン• 北海道旭川蜂屋醤油• 北海道限定えびみそラーメン• 北海道利尻こんぶラーメン• 喜多方まるや• 富山ブラック• 明石のりラーメン• うまかっちゃん濃厚新味•

次の

【日本橋】インスタントラーメン専門店 やかん亭さくら総本店さんのご当地袋麺【お土産・プレゼントに】

インスタント ラーメン 専門 店

[広告] 同店での売れ筋インスタントラーメンについて、大和さんは「池袋はみちのく出身者が多いのか、他店と比べ特に東北系と北海道のラーメンがよく売れる。 大阪総本店やイベントでは、20代から40代の若い世代が主流だが、ISP(池袋ショッピングパーク)は他店と比較して年齢層が高く、あっさりとしたラーメンが売れ筋に入ってきている」と話す。 人気商品第1位は、「利尻昆布を麺に練り込んだうまみの強い全方向的マルチなラーメン」という「北海道利尻昆布ラーメン」(270円)、第2位は「明石のりを麺に練り込んだしょうゆ屋が作った関西屈指のラーメン」という「明石のりラーメン」(320円)、第3位は「小麦もトマトも福岡県産にとことんこだわったうますぎるヘルシーラーメン」という「福岡とまとラーメン」(300円)。 大阪総本店に次ぐ直営2号店で、東京初進出店となる同店。 「東京では大阪と違い、売れ筋がガラッと変わるところが面白い。 東京では全く知名度がないので、店名から『やかん』の専門店と勘違いされてご来店される方もいた」と大和さん。 「来客層は、駅直結ということもあり、少しずつだが観光客の方々、特に海外からの客が増えている。 東京のお土産を探している方々に向けてまだ数は少ないが、東京のラーメンを少しずつラインアップに加えている」とも。 1周年を記念し、ご当地即席麺7個を詰め合わせた「大感謝セット」(1,600円)を用意する。 大和さんは「まだまだ東京ではやかん亭のことを知らない方が多いので、ぜひご当地ラーメンを少しでも多くの方々に食べていただき、都会と地方をしっかりとつないでいきたい。 みんなやかん亭に来てや~」と来店を呼び掛ける。 営業時間は10時~20時30分(日曜・祝日は20時まで)。

次の

インスタントラーメン専門店 やかん亭さくら 総本店

インスタント ラーメン 専門 店

大阪が誇る電気街「日本橋(にっぽんばし)」。 大型の家電量販店やアニメ・マンガ関連ショップ、メイド喫茶などなどが立ち並ぶ活気あふれるエリアである。 そのエリアの一角にひっそりと存在するレトロな商店街が「日本橋商店会」だ。 細い路地を入って行くと、年代物のオーディオを売る店や、電動工具店、着物屋などが味わいのある風情で佇んでいる。 「昭和ノイエ」という展示スペースには、年期の入ったレトロ家電や10円玉を入れて遊ぶ昔のアーケードマシーンなどが並べられていて、タイプスリップしたような気分に。 この「日本橋商店会」に店舗を構えるのが「インスタントラーメン専門店 やかん亭さくら」である。 袋入りタイプのインスタントラーメンを中心に常時約200種類が揃う。 北海道から沖縄まで、日本にはこんなにたくさんのインスタントラーメンがあるのか……と驚いてしまう。 「インスタントラーメン専門店 やかん亭さくら」では、お店の方がお客さんの好みに合わせてピッタリのラーメンを探し出してくれる。 今回、数多い商品の中からお店の方にオススメを伺い、3品を食べ比べてみることにした。 兵庫県明石市の醤油メーカーがプロデュースしたこちらの商品、「明石のり」を惜しげもなく麺に練り込んだものだという。 袋を開けてみると思わず笑ってしまうほど濃厚な海苔の香りが匂い立つ。 ストレートな緑色の麺はなかなかのインパクト。 さて、できあがりをいただいてみると、海苔の香ばしさが嗅覚と味覚に広がり、後から上品なスープの味が追いかけてくる感じだ。 「鰹・昆布、そして自家製醤油を効かせた魚介類系のあっさりスープ」とある通り、主張し過ぎない繊細なスープが麺の香りを引き立てている。 麺の食感はプツプツと歯切れがよく、お蕎麦に近い感じである。 インスタントラーメンに抱きがちなジャンクなイメージとは程遠い洗練された味であった。 「かやく」は入っていないのでお好みの具材とともに召し上がることをおすすめしたい。 お次は「マヨらーめん(有限会社フェイスウィン)」。 松本人志が出演する関西ローカル番組「松本家の休日」でも紹介された一品で、製作を監修したのは「やかん亭さくら」のオーナーである大和イチロウ氏である。 1万食以上のインスタントラーメンを食べてきたという大和氏が監修したというだけで期待させるものがある。 テレビの放映の影響もあってか、今や「明石のりラーメン」に迫る人気ぶりだという。 さて、こちらは「明石のりラーメン」とは逆方向のインスタントラーメンならではの美味しさだと感じた。 ベースは豚骨スープなのだが、粉末マヨネーズの存在によってただの豚骨ではない別の味になっている。 粉末マヨネーズのクリーミーさがスープの口当たりをなめらかにし、ほんの少しの酸味がアクセントになる。 マヨネーズとラーメンの相性がこんなにいいなんて知らなかった! 麺は食べ終わりまでモチっとした食感が変わらない太麺。 これがまたこのスープに良く合う。 カニかま、キャベツ、コーン、たまねぎ、にんじんと具材が豊富なのも嬉しい。 最後に食べたのは、お店の方がオススメしてくれた「えびしおラーメン(大志食品企画株式会社)」。 北海道北部の羽幌町発のこのラーメン、麺とスープには、羽幌町で獲れた甘えびをふんだんに使っているという。 パッケージの萌絵は「北るもい漁協イメージキャラ」の「海老名愛」ちゃんとのこと。 こちらも「明石のりラーメン」同様、開封した時点で海老の香りがふわーっと漂い、食欲をかきたてる。 早速いただいてみると、麺からもスープからも海老の香りがする、まさに海老づくしのお味。 ダシの旨みが濃厚な透き通った塩味スープが太めの麺に絡んで箸が止まらない。 今回食べ比べた中では最も筆者好みの味だった。 こちらの商品もかやくは入っていないので、野菜などをトッピングして食べたい。 みなさんの知らない美味なるインスタントラーメンが山ほどありそうな「インスタントラーメン専門店 やかん亭さくら」。 オンラインショッピングも可能なので、遠方の方はぜひチェックしてみて欲しい。 では、「あなたの1番好きなインスタントラーメンは?」ということでみんなの意見を募集中だ。 【店舗詳細】 店舗名:「」 住所:大阪府大阪市浪速区日本橋4-17-15 営業時間:営業時間11:00~18:00 定休日:木曜日.

次の