とうもろこし の 茹で 時間 水 から。 ジューシーなとうもろこしの茹で方と茹で時間:白ごはん.com

とうもろこし 茹で方の1位はガッテン流!究極に美味しい方法を紹介!

とうもろこし の 茹で 時間 水 から

でもネットやテレビでは、 「とうもろこしは水から茹でると美味しい!」 ということを言っているのです。 そんなことを聞くとやっぱり気になっちゃいます。 そんなわけで今回は、• とうもろこしを水から茹でる方法• とうもろこしをお湯から茹でる方法• 水からとお湯からではどっちがいい? ということを徹底的に調べて、検証してみました。 どっちが正解?水からとお湯からを比べてみたよ 私がとうもろこしを茹でるときは、いつもお湯からなんですよね。 だけど、違いはありました! ではどんな風に違うのか、私の感じたことをお伝えしますね。 違いは、触った感じと食感や味わいかな。 では次に、今回私が試した、「水から茹でる方法」と「お湯から茹でる方法」を詳しく説明していきますね。 皮付きのとうもろこしは、 皮を1~2枚残し、ひげも残しておきましょう• 塩を入れる場合は、 1リットルの水に対して 約大さじ1杯です• 茹で時間は、 3~5分間です とうもろこしの皮は、なるべくなら全部は剥かずに、1~2枚は残しておきましょう。 とうもろこしの味わいがよりわかるように、今回は塩は加えていませんが、お好みで加えてくださいね。 鍋にとうもろこしとかぶるくらいの水を入れ、火にかけます• 沸騰したら弱火にして、全体に火が通るように、箸で回しながら 5分間茹でます• 火を止めて、そのまま鍋の中で触れるくらいになるまで( 15~20分間)冷まします• 茹であがってもすぐには取り出さないでくださいね。 鍋に水を入れ火にかけます• 沸騰したらとうもろこしを入れ、弱火にして全体に火が通るように、箸で回しながら 5分間茹でます• 火を止めて、そのまま鍋の中で触れるくらいになるまで( 15~20分間)冷まします• やけどをしないように 十分注意をしてくださいね。 鍋にとうもろこしとかぶるくらいの水を入れ、火にかけます• 沸騰したら弱火にして、全体に火が通るように、箸で回しながら 5分間茹でます• 火を止めて、そのまま鍋の中で触れるくらいになるまで( 15~20分間)冷まします• 鍋に水を入れ火にかけます• 沸騰したらとうもろこしを入れ、弱火にして全体に火が通るように、箸で回しながら 5分間茹でます• 火を止めて、そのまま鍋の中で触れるくらいになるまで( 15~20分間)冷まします• 取り出して皮を剥きます とうもろこしはお湯から茹でるものだ! と思い込んでいた私。

次の

とうもろこしの美味しい茹で方!水からとお湯からで比べてみたよ

とうもろこし の 茹で 時間 水 から

最近のとうもろこしは、実が軟らかく甘みが強いので「生」で食えます。 私が以前、働いていた店でも6月7月になると、 「コーンの刺身」という一品料理でおすすめメニューに入れてました。 塩だけをつけて食べる、シャキシャキした歯ごたえの瑞々しい一品です。 生でも旨いですが、やっぱり 茹でた方が甘みが増し、生とは比べ物にならないおいしさになります。 そのおいしい茹で方とは… 「皮付きのまま 水から茹で、沸騰後 3~5分グラグラと茹でる」 です。 この方法を用いて茹でると、あなたは実がプクッとふっくらとなった ジューシーで甘~いとうもろこしが食えます。 それは、なぜか? 皮付きで茹でると 旨味が逃げません。 皮の中のヒゲ 絹糸 に色素があり、鮮やかな黄色を出してくれます。 そして、水から茹でることで 実の膜が水をしっかり取り込むのでジューシーになるからです。 茹でる時の 水に塩は入れません。 茹で上がった後に皮をむしりとって塩水を表面にベチャベチャと塗りたくります。 塩水を塗るととうもろこしの実が シワシワになりにくくなります。 それに、塩を茹でる時の水に入れると、とうもろこしにある程度の塩味つけるのに大量に必要となります。 塩水なら少量で済みますからね。 では、もっと詳しい、「とうもろこしのおいしい茹で方」を説明します。 【材料】 皮付きとうもろこし…1本 【塩水】 水…50cc 塩…2g 1. とうもろこしの根元を切り落とします。 できるだけ短くして鍋に入れやすくします 2. 先の方の葉をむしり取ります。 外側の方を3~4枚剥き取ります。 大きめの鍋にとうもろこしを入れ、かぶるくらいのたっぷりの水を入れます。 沸騰してから3~5分茹でます。 時々、菜箸で回し、均等に茹で上がるようにします。 とうもろこしをゆでている間に、ボウルに塩水を作ります。 茹で上がったら、1~2分置いて荒熱を取ります。 皮が冷めて剥きやすなります。 皮を全部剥き取ります。 ヒゲ 絹糸 も取ります。 塩水を表面に塗ります。 熱いうちに食って下さい! この方法で茹でると、とうもろこしを噛んだ瞬間に、甘~い汁が「プチュプチュプチュ」っと、出てきます。 スイートでジューシーなとうもろこしが食えます。 是非!試してみて下さい。 【関連記事】これも使える!ガッツリ裏ワザレシピ ・ ・ ・.

次の

とうもろこし 茹で方の1位はガッテン流!究極に美味しい方法を紹介!

とうもろこし の 茹で 時間 水 から

とうもろこしを水から美味しく茹でる方法 とうもろこしを水から茹でる場合は、以下のような手順で茹でます。 とうもろこしのひげを取り、皮をむく• 水を入れた鍋にとうもろこしを入れて火にかける• 沸騰したら、その沸騰がキープできる火加減にして3~5分茹でる• ざるにあけて完成、食べやすい長さに切る こちらも沸騰してから3~5分ですが、水から茹でるので徐々にとうもろこしの温度を上げていくイメージです。 お肉もそうですが、少しずつ温度を上げていくとジューシーな仕上がりになります。 とうもろこしを電子レンジで美味しく加熱する方法 とうもろこしをレンジで加熱する場合は、• 皮がついている場合:皮はむかず、ひげだけ取ってラップをせずにレンジにかける• 皮がついていない場合:ラップでくるんでからレンジにかける というように、皮付きかどうかで少し変わってきますが、温め時間はどちらも共通で、600Wで5分ほどを目安にします。 レンジは機種によって結構パワーの差がありますので、5分かけっぱなしというより、途中で上下ひっくり返したり、時間を調整したりして一部分だけが熱くなりすぎないようにしてくださいね。 まとめ いかがでしたか。 この記事では、とうもろこしの美味しい茹で方についてお伝えしました。 お鍋で茹でたり、レンジにしたり・・・その日の気分や道具に応じて変えてみてください。

次の