近く の 出光 の ガソリン スタンド。 近くのガソリンスタンドの探し方

ガソリンスタンドはエネオスで入れようが、出光で入れようが、エッソで

近く の 出光 の ガソリン スタンド

今回はガソリンスタンドでの給油代が割引になる、おすすめのクレジットカードをまとめてみようと思います。 普段から車に乗っている方はもちろん、週末くらいしか運転をしないという方にもお得なカードばかりなので、是非、1円でもガソリン代を安くしたいのであればこれらのカード作成を検討してみてください。 特に車で通勤されている方であれば、もはや必携のカードばかりですよ。 ガソリン代が割引になるカードまとめ: 早速、ガソリン代が割引になるおすすめカードを紹介。 ガソリンスタンドごとにお得なクレジットカードは異なるので、あなたが普段から使うガソリンスタンドを中心に選んで貰えればと思います。 【出光】まいどプラス: 出光のガソリンスタンドで給油代を節約ができるのが出光カード まいどプラスです。 こちらは発行費&年会費無料で発行可能にも関わらず 会員価格からガソリン&軽油が2円引きになるため、あんまり出光のガソリンスタンドは使わない…という方にもおすすめの1枚。 また、灯油代の割引にも適したクレジットカードなので、灯油ストーブを使うことが多い家庭の方にも向いていますよ。 とにかく近所に出光のガソリンスタンドがあるなら作成あるのみです。 【昭和シェル】スターレックスカード: 昭和シェルスターレックスカードは、クレジットカードの利用代金に応じて昭和シェルのガソリン代が安くなるクレジットカードです。 詳しい割引の仕組みはこちらの「」の記事を参考にしてもらえればと思いますが、うまく活用すると ハイオクガソリン代が1リットルあたり13円も割引してもらうことも出来るので、給油量が多い方、家族で車を使っている方などにおすすめですね。 反面、月間2万円もクレジットカード払いなんて使わないよ…とか、ガソリンの給油なんて月に30リットルくらいだよ…という方にはちょっと不向き。 あくまで昭和シェルでの給油回数が多い方向けのクレジットカードとも言えそうです。 【ENEOS】エネオスカード: ENEOSのガソリンスタンドでお得なクレジットカードである「エネオスカード」は全部で3種類。 エネオスカードC:カード払いが多い&給油量が多い方向け• エネオスカードP:エネオスで洗車やオイル交換をする方向け• エネオスカードS:利用頻度が少ない方向け 上記のように給油スタイルにあわせて適したカードを選ぶことができるのが魅力ですが、基本は年会費がかかるクレジットカードとなっているので、『たまにしかエネオスで給油しない』という方にはやや不向きな1枚であると言えます。 また唯一、条件付きながらも年会費無料になるエネオスカードSの割引は1リットル最大2円なので割引率が微妙なのも痛手。 それゆえ、エネオスカードがお得になるのはエネオスでの給油量が多い方がメインになることでしょう(月100リットル以上の給油量は欲しい)。 【ENEOSなど】楽天カード: 楽天市場で得するクレジットカードとして人気の楽天カードですが、実はエネオスのガソリンスタンドで100円あたり1. 5円分のポイントが貯まるカードです。 また、楽天カードは太陽石油SOLATO、出光、コスモ石油等のガソリンスタンドでもポイントが貯まりやすいメリットがあるので、総合的なガソリン給油用カードとしても最適な1枚(楽天ポイントカードを提示してポイントを得られるため)。 楽天カード提示でポイントが貯まるガソリンスタンド例 それでいて発行費&年会費無料なカード…と、給油しない時も安心して保有しつづけられるメリット有りですよ。 当然、楽天市場でお得な点も見逃せません。 特定のガソリンスタンドを使わないなら 前回は出張先で昭和シェルを使ったけど、今回は自宅近くにあるENEOSで給油した…といったように、特定のガソリンスタンドで給油をしない…という方は、ポイントが貯まりやすいクレジットカードで支払いをするのがおすすめ(詳細は下記記事にて)。 これらのクレジットカードであればどこのガソリンスタンドで支払いに使っても、ポイントが貯まりやすい分だけお得です。 クレジットカードを作れない方向け: 次に、自己破産や債務整理など、諸事情あってクレジットカードを作ることが出来ない方向けのガソリンカードの紹介もしておきます。 法人ガソリンカード ETC協同組合 : クレジットカードを作れない、いわゆるブラック属性の方でも申込可能なガソリン給油向けカードが下記の法人ガソリンカード。 残念ながら個人事業主や個人商店主などが対象のカードにはなりますが、このガソリンカードを利用すれば ENEOSか出光のガソリンスタンドでの給油をあと払いで購入可能になるメリットがあります。 組合系のガソリン・軽油カードで安心! 起業して間もない法人・個人事業者様はETCカードやガソリンカードを作ることはなかなか難しいですよね。 ETC協同組合はそんな中小企業、個人事業者様のお手伝いが出来るように万全の体制を整えて、カード発行事業を行っています。 給油の度に現金払いしたくない、ガソリン代はまとめて引き落とししてほしい…という経営者の方は是非、活用ください。 ガソリン価格が下がる地域も: ちなみに隠れたメリットとしては、この法人ガソリンカードは全国の平均給油価格で販売してくれる点。 つまりガソリン代が全国平均よりも高い地域にお住まいの方の場合にはガソリン代の節約効果も期待できるので一石二鳥かもしれません。 沖縄県、長崎県、鹿児島県など:得する可能性大• 千葉県、埼玉県、徳島県など:損してしまうかも 反面、ガソリン価格が安い地域にお住まいの方は割引になるどころか損をしてしまう可能性大。 うまく活用してもらえればなと思います。 ブラック属性でも作れるETCカードなんてものも: 今回紹介させていただいた「ブラック属性でも作れるガソリンカード」があるのなら、ブラック属性でも作れるETCカード…なんてものもこの世の中には存在します。 詳しくは上記記事を参考にしてもらえればなと思いますが、仕事で車を使っている方、高速道路を利用する方などは、クレジットカードが作れないからと諦めずに対処してみてください。 1枚あると仕事効率がグンとアップします。 ガソリンカードについてまだまだ疑問がある方はこちらもご覧ください。 節約のためだけにカードは作るべき? 『ガソリン代を節約するためだけにクレジットカードを作るなんて面倒なんだけど、やっぱり作ったほうがいいの?』 そんな疑問を持っている方は多いかと思いますが、これはもうケースバイケース。 たとえば通勤に車を利用していて、ガソリン代だけで月に2~3万円かかっている…という方ならクレジットカードは絶対に必須ですが、月に車を使う機会なんて2~3回だ…という方なら、わざわざ新規にクレジットカードを作る必要性はありません。 毎日、車を利用している人:ガソリンカード必須• 滅多に車を使わない人:ガソリンカード不要かも 手続き&管理が面倒なだけです。 利用頻度にあわせてカードを選ぶ: とはいえ、いくら給油回数が少ない方でも、ガソリンスタンドでお得なクレジットカードがあれば節約できることには変わりなし。 そのため、給油回数が少ない方は楽天カード等のどこのガソリンスタンドでもお得なクレジットカードを1枚作っておくとなにかと便利かもですね。 これなら数ヶ月に1回程度しか給油しない方でも数百円程度の節約が可能ですし、ガソリン代以外の部分でも節約につなげることが出来ますよ(下記記事のように楽天カードはドラッグストアや飲食店でポイントの獲得がしやすい)。 節約って1リットルあたり2円くらいでしょ? 『わざわざガソリンカードを作成しても、節約できる金額なんて1リットルあたり2円くらい。 それじゃ節約できてもたかが知れてない?』と思われる方もいるかもですが、ガソリンカードで割引になる金額は、そのほとんどが会員価格からさらに割引になるところばかり。 間違い:一般価格からリッター2円引き• 正解:会員価格からリッター2円引き つまり、一般価格から考えると1リットルあたり2円どころではなく、5~7円くらい安くなることのほうが多いので、給油量によっては1回の給油で300~400円変わってくることも多いです。 年間で考えると1万円近くの割引に: また、1回あたりの節約金額で考えると大したことはありませんが、これを1年という期間で考えると節約効果は5,000~1万円ほどに。 ここまで来るとガソリン代節約のためにクレジットカードを作ってもいいかな…と思える方は増えると思うので、是非、行きつけのガソリンスタンドがあるならその系列のクレジットカードを作るようにしてもらえればと思います(その他、家計の節約に興味がある方は下記記事も参照)。 エネオスカードと楽天カードはどっちがお得? 最大手ガソリンスタンドであるエネオスでお得なクレジットカードには、エネオスカードSと楽天カードがありますが、では、どちらのクレジットカードを作ったほうがお得なのでしょうか? この点について他のクレジットカード情報サイトでは、1リットルあたり2円引きにしかならないエネオスカードSよりも、100円あたり1. 5円分の楽天ポイントが貯まる楽天カードのほうがお得…なんて書き方をしているところも存在。 1リットルあたり2円引き(約140~150円あたり2円分の割引)• 100円あたり1. 5円分のポイント獲得 そのため、普段からエネオスしか利用していない方でも楽天カードを作成してしまうケースが多いのですが、実際はエネオス公式のクレジットカードであるエネオスカードSのほうがお得です。 一般価格と会員価格の違い: ではなぜエネオスカードSのほうがお得なのか…というと、エネオスカードSをエネオスで利用すれば会員価格での給油が可能なため。 反対に楽天カードで支払いをしてしまうとエネオスの一般価格 or 現金会員価格でしか給油できないので、結果的にその差額分だけエネオスカードのほうがお得になるのですね(稀に楽天カードのほうがお得になるエネオスも存在する模様)。 楽天カード会員:一般価格か現金会員価格(Tカード会員)• ENEOSカード会員:会員価格かそれ以下の特別価格 詳しくは下記記事を参考にどうぞ。 ETCカード作成と給油を両立させたいなら: せっかく給油用のクレジットカードを作るなら、お得なETCカードが発行できるクレカが良い…という方は、JCBカードが発行しているJCBカードWというクレジットカードもおすすめ。 こちらは昭和シェルで利用すると1. 5%分のポイントが獲得できるだけでなく、ETCカード利用でも1%分のポイント獲得ができるため、給油とETCをバランスよく1枚で補いたい方に最適ですよ()。 さぁガソリン代を節約しよう: ここまでガソリン給油で割引のあるクレジットカードをいくつか紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか? 特に仕事で車を使う方や、家族全員で車を使うような地域にお住まいの方などには必携のカードばかりだと言えるので、あなたが普段から利用しているガソリンスタンドで得になるクレジットカードがあれば是非、この機会に作成を検討してみてください。 (出光SSでお得)• (ENEOSでお得)• (ENEOS等でお得) 年会費無料のカードであれば、もはや持たない理由がありませんよ。 以上、ガソリン代が安くなる、おすすめのクレジットカード(2020年版)!エネオス、出光、昭和シェル等のガソリンスタンドで安く給油しよう…という話題でした。 参考リンク: ガソリンスタンドでの給油に限らず、コンビニやスーパー、本屋などすべての場所でお得にポイントを貯めたい…という方は下記記事も参考に。 ポイントが貯まりやすいクレジットカードを紹介しています。 cardmics.

次の

ガソリンスタンド別ハイオクのオクタン価を調べてみた

近く の 出光 の ガソリン スタンド

ジョイフル本田の運営するスタンドは買い物したついでに給油するお客さんが多かった(記者撮影) 関東地盤のホームセンター大手、ジョイフル本田がガソリンスタンドの運営から撤退し、2020年4月から順次、元売り大手の出光興産に店舗を譲渡する。 すでに一部の店舗は看板掛け替えや改修工事が始まり、6月までに全7店舗の譲渡作業が完了する予定だ。 ジョイフル本田は千葉や茨城などにあるホームセンターのうち、7カ所でセルフ式のガソリンスタンドを運営。 15カ所の灯油スタンドも営業し、ガソリン・灯油販売で136億円の年商があった(2019年6月期)。 いずれも出光に譲渡し、今後は出光の子会社が運営する。 「お客さんを根こそぎ奪われた」 店舗数こそ限られたが、ジョイフル本田のガソリンスタンドは相場よりも安く給油できる店舗として知られ、週末には給油待ちの車が多く連なった。 周辺のある元売系列のガソリンスタンド経営者は、その安売りぶりをこう振り返る。 「ひどい時には他店よりは1リットル当たり10数円安かった。 お客さんを根こそぎ奪われて、近隣にあった個人経営の零細スタンドはほとんどがつぶれたよ」。 ホームセンターが本業のジョイフル本田にとって、併設するガソリンタンドは集客装置。 ガソリンスタンド自体で儲けが出なくても、それでホームセンターへの来店客が増えさえすれば、会社としての帳尻は合う。 さらに、ガソリンの調達ルートにも安さの秘密があった。 製油所を抱える石油元売りは、自社のブランド看板を掲げる系列店にガソリンを卸す一方で、余剰分をノーブランド品として燃料商社などに販売する。 業界では前者が「系列玉」、後者は商社経由で転売されるので「業転玉」と呼ばれている。 いずれもガソリンの品質自体は同じだ。 ただし、元売りが系列スタンドに正規の価格で卸す系列玉と違って、余剰分に当たる業転玉は安く燃料商社に販売されてきた。 そうした業転玉を正規の系列玉より割安な価格で仕入れて販売してきたのが、ジョイフル本田のような独自のブランド看板を掲げた、いわゆるプライベートブランドのスタンドである。 会社側はガソリン需要の先細りが主因と説明するが、かつてのように安い業転玉の大量仕入れが難しくなったこともある。 背景にあるのが石油元売りの大きな変化だ。 近年、石油元売り業界では大きな再編があった。 エネオス系列網を有する最大手のJXホールディングスと東燃ゼネラル石油が2017年に経営統合し、JXTGホールディングスが誕生。 2019年4月には、出光が昭和シェル石油と経営統合した。 これによって、石油業界はシェア5割を握るJXTG、同3割の出光、そしてコスモエネルギーホールディングスを加えた3社による寡占時代を迎えた。 薄利の商習慣を改めた 再編を進める一方で、石油元売りは自前の製油所の能力削減を実施。 乗用車の燃費改善やHV・EVの普及などでガソリン需要が細る中、余剰な精製設備を抱えていては稼動率が下がり続け、供給過剰で価格も叩き合いになるからだ。 実際、能力削減を進めた結果、直近の国内全製油所合計の原油処理能力は、2010年当時と比べて24%も減っている。 再編による寡占化で価格支配力を強め、かつ段階的な精製能力削減で需給ギャップを解消し、需要縮小下でも安定的な収益を確保するーー。 こうした生き残り戦略を選んだ元売り各社は、業転玉についても販売のあり方を見直し、その供給量自体を絞ると同時に従来のような薄利の販売慣習を改めた。 安値で放出された業転玉はガソリン市況を崩す一因となり、結局は元売りの首を閉める形になっていたからだ。 こうした元売り各社の方針転換によって、かつてのように大量の安い業転玉が市中に流れることはなくなった。 特に大きなインパクトがあったのが、3年前のJXホールディングスと東燃ゼネラルの経営統合だ。 東燃ゼネラルはもともと製油所設備の過剰度が高く、大量の余剰ガソリンを業転玉として放出してきた経緯がある。 それを苦々しく思っていたのが、ほからなぬ、最大手で統合相手となったJ X。 2017年の2社統合後、旧東燃ゼネラルの余剰ガソリンは旧JX側の販売網に吸収され、業転玉の供給量が大幅に減った。 これで困ったのが、ガソリンスタンドの約2割を占めるプライベートブランド系のスタンドだ。 プライベートブランド系の中には元売りとの直接取引を行っているところもあるが、調達するガソリンのほとんどが業転玉だったところも多い。 従来のような条件で大量の業転玉を調達できなくなれば、最大の武器である価格競争力を失い、ビジネモデル自体が成立しなくなる。 ジョイフル本田にしても、以前のようなガソリンの安売りは採算的に難しくなっていた。 元売り系列に入る動きも ジョイフル本田に限らず、安価な業転玉によって商売が成立していたガソリンスタンドは厳しい状況に追い込まれている。 同じく本業の集客装置としてセルフ式の格安ガソリンスタンドを展開するコストコにおいても、かつてほどの安い価格設定はできなくなっているとされる。 さらに規模の小さなプライベートブランド系に至っては、「事業を継続するために看板を付け替えて、元売り系列に入る動きも出ている」(元売り関係者)。 寡占化と需給調整により、元売りの収益は改善傾向にある。 2013年度にJXの石油精製事業は775億円の経常赤字、東燃ゼネラルの営業益は黒字ながらわずか17億円だった。 その後、国内ガソリン需要は1割近く減ったが、統合してJXTGになってからの全体の業績は営業利益で1687億円(2017年度)、2424億円(2018年度)と収益性はむしろ向上している。 JXTGは2020年秋に大阪製油所の石油精製を終了し、さらに原油処理能力を減らす考えだ。 ガソリン需要が細る中で、自らの生き残りのために採算重視の経営へと大きく舵を切った石油元売り各社。 寡占化と供給サイドの調整によって、その価格支配力が一段と高まり、かつてのようなプライベートブランド系を中心とするガソリンの安売り風景は姿を消しそうだ。 外部サイト.

次の

ガソリンスタンド検索(神奈川県・出光興産・投稿日順)(2ページ目)

近く の 出光 の ガソリン スタンド

日本のガソリンスタンド [ ] 定義 [ ] 日本の法令上は、にいう「 取扱所」の一つにあたる。 では「 給油取扱所」として区分され、取扱所の位置、構造及び設備の基準につき細かく規定されている。 消防法における第4類危険物であるガソリン・軽油・などを取り扱うことから、営業中は甲種または乙種4類のの有資格者が常駐する必要がある。 より広い意味では、主にが利用する(、)ステーションや、冬季に限定的に運用される事が多い灯油販売所、や、の教習車等に給油する自家使用を目的とした事業所内の給油所も含まれる。 火災・爆発事故を防ぐため、消防法の規定により、地下タンクを経由しないからの直接給油は災害時を除き認められていない。 しかし、山間部などではガソリンスタンドの撤退・廃業が相次ぎ、の給油等に事欠くが広がっている。 その対策として経済産業省は2018年11月、北部の内4か所をタンクローリーが巡回し、レギュラーガソリンを自動車へ給油する実証実験を開始した。 業界再編 [ ] 平成に入ってから、にとがしたのを皮切りに、かつて10社以上以上あった日本の石油元売りは次々と合併し消滅した。 2001年にはとが、2010年にはと 現:JXTGエネルギー が、2012年には東燃ゼネラルとの日本法人が、2017年にはとが、2019年にはとが合併し、平成に入ってから一度も合併に関与していないのは小規模な元売りを除くとのみとなった。 この20年間での業界再編の動きはのガソリンスタンド版ともいえる。 一連の業界再編後のシェアは、トップがJXTGエネルギー、2位が、3位がで、以下や、など小規模な元売りが続いている。 付属・併設のサービスや設備 [ ] ガソリンスタンドでは、レギュラーガソリン、、などエンジン用燃料以外に、や、などの、更にそれ以外のなど(やなど)も販売している。 また、併設している設備でのを行ったり、エンジンオイルやタイヤなどの交換、簡単な点検作業が行える場合がほとんどである(スタンドによってはを行っている所もある)。 一部では、事業を併設したり、用のを扱ったり、(EV)用急速充電器を備えたりしているところもある。 やが付近にあるガソリンスタンドでは、個人向けにを小売りしたり、格納庫まで出向いて給油を行うところもある。 日本では給油中のサービスとして、自動車の拭きやの掃除を行う所もあり、行われない(セルフ)式ガソリンスタンドに対して 、「フルサービス方式」と称される。 日本ではガソリンスタンドにコンビニを併設する場合は、スタンドの営業時間内に限られる。 24時間のコンビニ営業をする場合は、スタンドも24時間稼動させる事になる。 、、、のセルフ式の一部店舗では、ショップを併設している。 日本のでは、多くのと一部のに設置されている。 また、令では懸垂式と記載された、給油設備がで構成されたもの(吊り下げ式、別称ノンスペース、ノンスペ)は、などの狭い用地の活用を図る特殊なであり、や以外での設置事例は少ない。 懸垂式は昭和40年代〜50年代にかけて流行した設計であるため、近年は設備の老朽化により閉鎖、あるいは建て替えなどで地上固定のセルフ式へと変更され、減少傾向にある。 特にセルフ式が解禁された以降はこの形態での新規出店の例は非常に少なくなっている。 給油設備のうち、計量器であるメーター(ガソリン・灯油・軽油・の各メーターを含んだ、いわゆるメーター)はの規定により、の実施する検定を定期的に受検しなければならない。 検定有効期限(年月単位、メーターに貼付してあるシールで確認可能)の超過やメーターの不正改造は計量法違反となり、理由 の如何を問わず、都道府県もしくはによる取締り(立入検査、勧告、等)の対象となる。 これは該当するメーター、タンクが内蔵された一体型メーター(通常の給油機よりも胴体が一回り大きい)、固定の設備でない()搭載型メーター、可搬式小型メーター、簡易型メーター(等に取り付けて使用)などにおいても同様である。 ガソリンスタンドの石油タンクは定期的にすることが義務付けられている。 2月に日本で施行された改正により、40年以上前に埋設した燃料用地下タンクの改修を、施行後2年間(猶予期間)の2月までに義務付けた。 該当設備を有するガソリンスタンドで改修を行わない場合、側は法的処置による厳しい対処を示唆しているため、改修費用と将来的な経営状況を試算しなどを考慮した結果、するケースも出ている が、ガソリンに含まれているや有鉛ガソリン時代に含まれていたはの特定有害物質であり、廃業したとしても地下タンクからの漏えいにより、これらの物質やによってやが生じていた場合、取引上の大きなリスクとなるおそれがある。 また、廃業後の土地は(特に、)に利用されるケースが全国各地で相次いでいる。 セルフ式ガソリンスタンド [ ] 油種ごとに色分けされた給油ノズル 特徴 [ ] 給油操作を客自身で行うガソリンスタンド。 アメリカ合衆国等では比較的早くから普及してきた方式であるが、日本では長年、安全性の観点から給油を従業員が行なうフルサービス方式以外認められていなかった。 の消防法改正でされた事により、危険物の規制に関する政令が改正され、「 顧客に自ら給油等をさせる給油取扱所」(セルフ式ガソリンスタンド)が登場し、以後セルフ式が増えている。 セルフ方式であっても無人で営業することは認められず、甲種または乙種4類のの有資格者が常駐しており、顧客による給油作業をで常時監視し、危険発生時には制御卓からの遠隔操作によるバルブ閉鎖やそのほか必要な措置を取ることが求められている。 遠隔監視用の設備などを設置するため初期投資額がいくらか高くなるところはあるが、吸殻入れの清掃や窓拭きなどのこれまでの一般的であった付帯サービスを省略し、必要とする従業員と人件費を少なく抑える事が出来る為、フル方式より安価に販売する事が可能である。 従業員による給油作業がないため、車両点検や洗車サービス等の新たなオプションサービスを積極的に案内するスタンドが増えている。 また、店舗によっては料金設定が異なるセルフ給油とフルサービスを選択可能な所もある。 日本におけるセルフ式ガソリンスタンドは、2018年3月末時点で全国に9,928店となっている。 なお、日本にある給油所総数は30,070店(2019年3月末現在)であり、1995年から減少を続けている。 フルサービス店の数は年々減少傾向にあり、の約53,000店と比較すると、半分以下の約20,000店となっている。 これに対し、セルフサービスステーションの増加率は同期間で約400店から約9,300店と、20倍以上の伸びを示している。 また、同一店舗でセルフ式とフルサービスの双方を営むサービスステーションもある。 高速道路のガソリンスタンドは従業員のいるフルサービスがほとんどであるが、新規開設されたスタンドを中心に増えつつある。 セルフ方式の計量器は安全性の観点から、(フルサービス用装置と異なり)給油レバーを握っている間のみ供給が許可される方式となっている(一部の安全確保用装置を加えたシステムでは例外あり)。 また、客が給油できるのは自走で乗り入れた自身の自動車・二輪車に限られ、手押しで持ち込んだ二輪車や、持参した等への注入は法令により禁止されている。 その場合は係員を呼んで注油を依頼する必要がある(灯油用ポリタンクへのガソリン注入は不可。 違反が発覚した場合は購入者共々処罰の対象)が、セルフ方式のスタンドによっては携行缶等への注油サービスは行っていない、または 一日の携行缶等への注油取扱可能量を超過している [ ]等の理由で断られる場合もある。 安全性の確保を人員配置に依るスタッフ常駐のフルサービススタンドと、安全機器の配置や給油者の自己責任に依存するセルフスタンドを比較すると、設備の全体構成やシステムに見た目以上のかなりの相違が存在する。 なお、セルフでは吊り下げ式は法律上認められていない(給油機が地上固定式になっているセルフスタンドと吊り下げ式のフルサービススタンドが1つの敷地内に併設されている店舗は存在する)。 利用手順 [ ] セルフ式スタンドにおいて、利用者自身で給油を行う為の手順は次の通りである。 なお、(総理府令第55号)に、「顧客に自ら給油等をさせる給油取扱所における取扱いの基準」が規定されている(第40条の3の10)。 エンジンを止め給油機に貼られている放電プレートに触れて、体に溜まったを逃がす。 静電気放電が起こるとガソリンに引火し火災事故となる恐れもあるので、確実に放電プレートに触れる必要がある。 自分が給油したい油種の給油ノズルを取る。 油種ごとに給油ノズルが色分けされているので、表示と色を見て間違えないようにする(レギュラーは 赤、ハイオクは 黄、ディーゼルは 緑、灯油は 青になっている)。 セルフスタンドにおいて、利用者自身で誤給油しても補償されない。 も参照のこと。 ギャラリー [ ]• 傘下のホクレン油機サービス手稲セルフ給油所 アメリカのガソリンスタンド [ ] が進んだでは、セルフ式で前払方式のガソリンスタンドが一般的である。 ただし、では、過疎地を除き、セルフ方式が認められておらず、フルサービス方式のみとなっている。 ガソリンスタンドには事務所を兼ねたを併設している場合が多い。 支払い方式には次のような種類がある。 給油機に直接クレジットカードを通す支払方法• ガソリンスタンドのショップの内のキャッシャーで支払う方法• 給油機の近くの支払いステーションで支払う方法 オーストラリアのガソリンスタンド [ ] では後払方式のガソリンスタンドが一般的である。 給油後にガソリンスタンド内にあるレジで決済する。 こちらも欧米同様、コンビニ店併設が殆どである。 東南アジアのガソリンスタンド [ ] オートバイが市民の足として広く利用されておりも盛んであるため、都市部では瓶に入れたガソリンを路上で小売りする「露店のガソリンスタンド」も存在する。 品質の確保 [ ] 日本では、等により、ガソリンで10項目、灯油と軽油では3項目の品質規格(強制規格)が定められており、適合しない製品を売った者は処罰の対象となる。 スタンド側ではを掲げて規格の遵守を示すほか、が抜き打ち検査を行っているが、しばしば脱法行為等が摘発されている。 同様の規制は各国でも見られるが、韓国 や中国 などでも価格競争などを背景に品質や安全性に問題のある製品が販売される例があり、枚挙にいとまがない。 2014年の韓国石油公社のデータによると、4月末までに検挙されたガソリンスタンド118か所のうち、約7割が他の石油製品などで水増しした偽ガソリンを販売していた。 問題視した政府は、毎週報告制度を実施するとしたが、韓国のガソリンスタンド協会は実施を先送りするよう求めている。 ガソリンスタンドの環境対策 [ ] でも特に厳しい環境汚染規制が敷かれるカリフォルニア州や、では、給油の際にから発生する蒸散ガソリンをすべて回収するため、ガソリンスタンドの給油ノズル先端に ()と呼ばれる装置を装着することが義務付けられている。 ベーパーリカバリー対策が施されているガソリンスタンドは ステージ2 Stage II に適合し、ステージ2対応給油機で回収したガソリン蒸気は、気体のまま地下タンクに貯蔵する方式と、液化して再びガソリンとして販売する方式の2通りがある。 ガソリンスタンドの安全対策 [ ] 過去のやでも、ガソリンスタンドの火災事故は1件も報告されていない。 また東日本大震災では被害に遭いながらも、建物の原型を留めている給油所も数多く存在した。 これは消防法や建築基準法で構造が厳格に定められた上で建設されており、ガソリンスタンドの周囲で火災が発生しても地下のタンクに引火しない構造になっているためである。 これらのことから、非常発生時に駆け込む場所としては最適で安全であると言われており、ガソリンスタンドを避難所として開放する給油所も存在する。 日本では、10,000施設当たりの年間火災発生件数として30回前後の値が報告されている。 発生件数の多くは、セルフ式のスタンドにおける火災であり、セルフ式では、フルサービス式の5. 6倍とする資料もある。 アメリカ合衆国では、正確な統計が取られていないものの、ガソリンスタンドにおいて年間1,000回以上の火災が発生しているとの推測がある。 充電・水素補給設備の併置 [ ] 用のや、向けのステーションを併設しているガソリンスタンドもある。 ガソリンスタンドの事業者 [ ] 日本の民間企業 [ ] 製品の輸入、精製を行う企業は元売と呼ばれ、元売の系列から供給を受け販売するガソリンスタンド、業者間転売品(:ぎょうてんぎょく)などを扱う系列外の独立系ガソリンスタンド(いわゆる「 」または「 無印ガソリン」)に分けられる。 日本初のガソリンスタンドは、2月に日本石油が東京市神田区鎌倉河岸(現・千代田区外神田)に建設し、奥田友三郎商店に貸与・運営したのが始まりである。 大手元売系SSは、元売が施設や設備を設置・保有・管理し、それら一式を特約店に商標ごと賃貸する 社有SSと、特約店が設置・保有・管理する 特有SSとに大別できる(社有SSだが借地、というケースも多い)。 一般的に社有SSは大規模店、特有SSは中小規模店になるケースが多く、中小資本の特有SSでは主に経営上の理由から、設備はそのままに看板替え(他系列の元売に鞍替え)する場合もある。 2019年3月末の揮発油販売業者数は14,160事業者、給油所は30,070か所である。 系列別のガソリンスタンドの数は次の通り。 スタンド数は2019年3月末現在の数字である。 ) 12,961店舗• 2019年、と経営統合し完全子会社化。 (COSMO) 2,791店舗• 330店舗• PB他 7,152店舗• (ITOCHU、ENEX) の関連会社。 独自ブランドのカーエネクス以外に、コスモ石油・ENEOSブランドを展開。 の子会社。 旧コーナンフリート(元子会社)。 を中心に大都市圏や等へ展開。 「INPEX」ブランドを新潟県・長野県で展開。 (SUNOCO) の元売り準大手・スノコ社と日本の魚網販売大手・との合弁。 一部地域のみで展開。 三菱商事エネルギーの店では、「スノコ」(SUNOCO)ブランドのエンジンオイルが販売されているところもある。 エスアイエナジー(IDEMITSU) 出光系列。 同社のセルフSSのみ展開。 旧住商石油時代では独自ブランド(SUMISHO)で展開していた。 (DIA-SHOSEKI) 昭和シェル石油と三菱商事石油の合弁会社。 ディーエム・ガス・ステーション ダイヤ昭石の関連会社。 当初はスーパーマーケット大手のとの合弁で設立した会社であった。 (marubeni) 丸紅系列。 (ALOZ) 一部地域でガソリンスタンドを展開。 (ヨシダ) 燃料備蓄基地、タンカー、タンクローリーを自社で所有。 (宇佐美) 出光、ENEOS等のSSを独自に全国展開。 JXTGエネルギー系最大の卸売業者。 東北最大の複合商社でもある。 関東・東北・北海道地域に展開する、コスモ石油系最大の特約店。 直営店を83店舗、北日本グループ全体で約200店舗を展開。 コスモ石油の大手特約店及び他元売系指定店を扱う。 指定店では「キタセキ指定」の看板を掲げている。 また、ENEOSやMITSUIセルフ等のSSも存在しており、指定店に限り、コスモ石油には特化していない。 一部の指定店では、太陽鉱油の指定店としても営業している店舗が存在する。 (太陽) コスモ石油・ENEOSをメインで独自に全国展開。 一部地域で三井セルフ(名古屋以北)・昭和シェル・出光等の店舗を展開している。 直営店の他、指定店及び提携を結ぶ店舗がある(一部地方のみ、直営・指定の店舗もしくはどちらかが存在しない)。 指定店では「太陽指定」の看板を掲げていて、マークは会社ロゴのローマ字部分を漢字に変えている。 一部のでは、キタセキの指定店としても営業している店舗が存在する。 (IDEX) 創業者は出光興産創業者・出光佐三の兄弟・出光弘。 かつては無関係であったが、2005年10月に出光興産が520億円の第三者割当増資をした際、新出光が3億円の出資をした事で資本関係が生まれた。 旧・(Ikko)及び旧・鈴与トラックステーション。 かつてはコスモ石油、モービル石油等のSSを独自に展開していた。 旧・山産石油(YAMASAN)。 ・のみ。 旧山産石油時代はキグナス石油のブランドで展開。 現在はENEOSブランドのセルフSSを展開。 また、ENEOS競合地域で出店の際、独自でYAMASAN(ヤマサン)ブランドとしてセルフSSを展開。 京阪神を中心に展開。 エクソンモービル・ゼネラル・昭和シェル・ENEOSと提携。 (ひまわりSS)。 関西プライベートブランド系の雄。 タイヤ(系)、車検、新車中古車販売においてGSとして全国トップセールスを誇る。 廃業寸前のSSを買い取り、地域一番店にする手法が特徴。 現在、独立系の注目株としてさまざまな業界メディアにとりあげられている。 をイメージキャラクターに起用。 子会社のミツウロコドライヴがミツウロコブランドでSSを展開している。 タシロ石油(TASHIRO) かつて、宮城県に本社があったブランド(破産申請を行った為、現在は消滅)。 宮城県等に独自のSSを展開していた。 以前はジャパンエナジーの有人SSを運営していた。 などがある。 また各(JA)はブランド(北海道はブランドの独自ブランドで展開) で、(JF)はJFブランドでガソリンスタンドを運営している(既存石油元売りのマークを掲げる場合も多い)。 によると、こうした過疎地で住民が設立した法人や自治体がGSを運営する例が全国に10か所程度ある。 トマム地区やなどが代表例である。 経産省は2017年5月、GSが少ない又は無い自治体に対して、GS維持のための行動計画づくりを初めて要請した。 : service station• 「セミセルフ」「ミニセルフ」と称するスタンドは、給油はスタッフが担当するが、給油中のサービス(窓ふきやゴミ捨てなど)の有無や、支払い時にスタッフが来て車から受け渡しするか自身が指定場所に行くなど、店によってサービスの有無や内容が異なる。 セルフスタンドでは基本的にすべてがセルフサービスで、客が一連の作業を行えるように雑巾等やゴミ箱が設置されている場合も多い。 「ミニセルフ」は、サービススタッフ側の「サービス」が最小限である「ミニマムサービス」を意味すると思われる。 例えば経営上の困難など。 普通車のみ。 大型車はフルサービス。 セルフ式スタンドは下り線、、上り線、 ・・、、、、上り線・上下線、上下線、下り線、上下線、上り線・下り線・上下線の21箇所に設置。 危険物の自主保安の一環として給油取扱所で制定した内規(予防規程)にて取り扱いを制限あるいは禁止している例もある。 なお、JA-SSのセルフSSは「JAセルフ」の独自ブランドを掲げ展開。 出典 [ ]• プレスリリース , 経済産業省, 2016年7月12日 , 2017年2月24日閲覧。 e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2016年3月13日閲覧。 読売新聞 夕刊: p. 2018年11月19日• clicccar. 2012年6月3日閲覧。 東洋ケミカル機工. 2012年1月13日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年6月3日閲覧。 日本エネルギー経済研究所. 2019年7月25日閲覧。 石油情報センター. 日本エネルギー経済研究所. 2017年2月24日閲覧。 資源エネルギー庁. 2019年7月25日閲覧。 資源エネルギー庁 資源・燃料部石油流通課; 経済産業省 2015年7月3日. 資源エネルギー庁. 2016年1月27日閲覧。 プレスリリース , 経済産業省, 2017年7月4日 , 2017年7月17日閲覧。 All About. 2017年5月3日閲覧。 NEWS24News 日本テレビ. 2012年4月25日. 2012年12月8日閲覧。 東亜日報 東亜日報. 2010年10月1日. 2012年12月8日閲覧。 サーチナ サーチナ. 2007年10月31日. の2013年5月1日時点におけるアーカイブ。 2012年12月8日閲覧。 レコードチャイナ レコードチャイナ. 2014年6月15日. 2014年6月23日閲覧。 NEDO実用化ドキュメント. 新エネルギー・産業技術総合開発機構. 2015年6月28日閲覧。 内閣府 防災情報のページ. 2018年6月20日閲覧。 内閣府 防災情報のページ. 2018年6月20日閲覧。 全石連/全国石油商業組合連合会・全国石油業共済協同組合連合会. 2018年6月20日閲覧。 福島県石油商業組合. 2018年6月20日閲覧。 埼玉県危険物事故防止連絡会. 2011年11月4日閲覧。 危険物保安技術協会. 2011年11月4日閲覧。 2016年6月7日. 2018年11月27日閲覧。 2019年1月21日閲覧。 JXTGエネルギー. 2020年4月10日閲覧。 [ ]• 読売新聞 朝刊: 政治・経済面. 2017年7月23日 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 ガソリンスタンドに関連する および があります。 - (2017年3月6日アーカイブ分) - 消防局.

次の