クレカ 現金 化 方法。 ヤフオクでクレジット現金化する方法を紹介

ヤフオクでクレジット現金化する方法を紹介

クレカ 現金 化 方法

交通系 Suica PASMO• 流通系 nanaco waon 楽天Edy• クレジットカード系 iD QUICPay 支払い方式は プリペイド型・ ポストペイ型・ 即時払い(デビット)型の3種類があります。 プリペイド型は事前に現金をカードにチャージしておく方式です。 ポストペイ型はクレジットカードと紐付けられていて、後日、使った金額がそのクレジットカードの利用額と同時に銀行口座から引き落とされます。 即時払い(デビット)型は銀行のキャッシュカードと紐付けられていて、利用すると利用額が即時に銀行口座から引き落とされます。 電子マネー現金化の基本は「購入して転売する」 電子マネーで商品を購入して、その商品を買取店に売却したりオークションやフリマアプリに出品する方法が基本です。 少額の現金化なら確実にできますし、換金率が一番良く、手間もかかりません。 何より違法性もなく誰にも迷惑をかけることなく現金化ができます。 電子マネーで購入する商品は何が良い? ギフト券にはいろいろな種類がありますが、ギフト券買取業者に買い取ってもらう上で最も手軽なのは amazonギフト券や iTunesギフト券などの電子ギフト券です。 電子ギフト券はインターネットやコンビニで簡単に購入することができます。 その中でも電子マネーを現金化するために購入するギフト券でおすすめなのは amazonギフト券です。 amazonギフト券はamazon公式サイトやコンビニなどで購入することができます。 さらにamazonギフト券Eメールタイプなら、ギフト券の現物を買取業者に送付することなく、ギフト券番号をギフト券買取業者に送信するだけで買い取ってもらえます。 送付にかかる時間を節約して買取手続きがスムーズに行えるので、時間をかけずに現金化が可能です。 電子マネーを現金化するリスクは? クレジットカードのショッピング枠を現金化するクレジットカード現金化では、現金化するためにクレジットカードを利用したことがカード会社にばれて、カードが利用停止になるというようなリスクがあることで知られています。 しかし、 電子マネーを現金化する上ではそのようなリスクはありません。 家族や友人の代わりに買い物をするのも、電子マネーでギフト券を買うことも違法ではないので、行ったとしても何も心配する必要はありません。 電子マネーをコンビニを現金化する裏技 最も確実な電子マネーを使った現金化は「 コンビニで商品を返品して現金化する方法」です。 メリットはコンビニだけで現金化が完了するところ。 購入する商品としておすすめのがタバコです。 1カートンが5,000円ほどしますから貯まったポイントを効率的に換金ですますし、カウンター付近に陳列されるものですから店員さんの負担にもなりません。 注意して欲しいのは、この手法が利用できる電子マネーは• 交通系電子マネー• 楽天Edy• nanaco の3つに限られていることです。 返品しても現金化できないケースもある このコンビニを使った方法ですが、店側のミスなどで返品する場合はその場で現金で返金してくれますが、 購入者の都合で返品する場合は返金が後日になってしまうこともあります。 合法的、確実に電子マネーを現金化する方法 コンビニで確実に電子マネーを現金化する方法は、 家族や友達の代わりに買い物をした際に電子マネーで支払いをして、現金で買い物代を受け取る方法があります。 Suica• PASMO• Apple Pay• nanaco• 楽天Edy• Waon• QUICPay 上記の電子マネーは同じように現金化することができます。 ・iDを現金化する方法 鉄道系の店舗で利用できるiDですが、効果的な現金化のやり方は限られています。 最も換金率が高く、失敗しない方法は「 プレイステーションストアチケット」の転売です。 アマゾンギフト券も購入できるのですがチャージタイプのみで転売には向きません。 せいぜい友人に相談して料金を払ってもらい直接友人のアカウントにチャージするような方法しか取れません。 友人次第なところがあり、交渉する手間や時間を考えると選択肢から除外されるでしょう。 プレイステーションストアチケットならネットで第三者に販売できます。 転売先を見つける負担が小さいのでiDを現金化するならストアチケットにしておきましょう。 QUICPay(クイックペイ)を現金化する方法 iD以上に現金化が難しいのがQUICPayです。 なんとアマゾンギフト券を購入できません。 ユーザーが多くいて転売相手を探す苦労が一番小さい金券なだけに、アマゾンギフト券を購入できないのは痛いです。 チャージタイプなら電子マネー払いに対応していますが現金化には向きません。 唯一、利用できそうな現金化はユニクロを使ったものです。 ユニクロで商品を購入して別店舗へ行き返品します。 その場で現金を受け取れますが、ユニクロ店舗をハシゴする必要があり面倒です。 WebMoney(ウェブマネー)を現金化する方法 20年前からネットの支払いに広く利用されているWebMoneyでも現金化が可能です。 やり方は簡単で、アマゾンギフト券を購入し転売するだけ。 転売先を業者にすれば時間をかけずに済みます。 電子マネーを現金化する方法として最も効率的なのは、電子マネーでギフト券を購入してギフト券買取専門業者に売却する方法です。 実際に電子マネーを使って現金化した方の口コミ 現金化で何を買うか迷ったのですが、ゲームの買取を利用したことがあったのでゲームにしました。 ゲームを買って、買取店に持ち込んでと手間と時間がかかった割には、手にできた現金が少なく感じられました。 口コミを見てみると電子マネーで商品を購入するよりも、やはりギフト券を購入した方が換金率や効率が良いようです。 ギフト券の方が買うのも売るのも簡単で、同じ金額を使ってもより多くの額を現金化できます。 電子マネー現金化のデメリット3つ 全てではありませんが電子マネーの中には現金化できるものがありました。 しかしクレジットカードや金券とは違い一手間かかります。 特に次の3点は電子マネーを現金化する上で大きな負担です。 当然、一度に現金化できる額も3万円に制限されます。 クレジットカードなら1度に10万円以上を現金化できますから、上限額が3万円では少ないですよね。 電子マネーで10万円を現金化しようと思ったら、「チャージ、商品購入、返品」を最低でも4回繰り返す必要があります。 ユニクロを利用するなら複数の店舗に足を運び、毎回店員に返品をお願いしなくてはいけません。 手間と時間が相当かかるでしょう。 人によっては「店員に余計な手間をかけさせている」と罪悪感にさいなまれる可能性もあります。 電子マネーで現金化するなら負担を軽くするために、返品作業に慣れている店員がいる店舗で行いましょう。 電子マネーを使うよりクレジットカードの現金化を利用すべき理由 やはり現金化するなら電子マネーよりクレジットカードを使う方が簡単でおすすめです。 セルフでやる場合でも自分で自由に商材を選択できますし、換金率を犠牲にすれば即日の現金化にも対抗できます。 数十万円の大口利用であれば専門業者に頼んでも高い換金率が期待できるでしょう。 電子マネーはいつ店舗側が対応の方針を変えて利用できなくなるか分かりません。 しかしクレジットカード現金化は商品をカード払いで購入できれば可能ですから、完璧に対応される可能性は低いです。 ゆとりを持って確実に現金化したいならカード現金化が有力候補でしょう。 電子マネーの現金化でよくある質問 チャージした電子マネーは取り戻せない? 一度チャージした電子マネーを取り戻すことはできません。 資金決済法という法律で原則として払い戻しが禁止されているためで、各電子マネーの利用規約に明記されています。 ギフト券買取業者は安全に利用できる? ギフト券買取業者の中には、明記している換金率から手数料などと称して不当に買取額を減額する悪質な業者も存在していますが、長年の実績があったり、古物営業許可を取得している優良店であれば安全です。 自裁に利用した方の口コミを確認すると優良店が分かりやすいです。 電子マネーを現金化しても大丈夫? 電子マネーで商品を買ったり、ギフト券を買って現金化したとしても、単に転売しているだけなので法律上何の問題もありません。 現金化したことを誰かに知られたり、電子マネーの利用を停止されたりする心配もありません。 電子マネーの現金化ならギフト券買取専門業者がおすすめ ここまで電子マネーの現金化について、具体的な方法をご紹介してきましたが。 電子マネーの現金化はコンビニで返品するもの以外は手間がかかり、お世話になる店員にも負担をかけるため、おすすめできません。 一度に現金化できる額も3万円程度と少なく、ちょっとした金策以上のものにはなりません。 まとまった現金が必要な場合は電子マネーで疲弊しないでクレジットカード現金化を考えてください。

次の

【クレカは使いません】後払いで即日現金化をする方法3選と注意点!

クレカ 現金 化 方法

入金ベースの換金率で正直な運営をしているクレカ現金化業者• スピードワン• エーキャッシュ 法律的には大丈夫なの? クレジットカードの現金化、法解釈によって様々な意見がありますが、 「グレーではあるが違法ではない」 というのが大方の見解です。 クレジットカード会社の利用規約では禁止されているものの、商取引の体裁を取っているので、法律で規制できないのが現実です。 否定的な意見もある中、「審査もなく即金を手にできるのはクレジットカードの現金化だけ」という側面も否定できません。 このサイトをご覧の方は少なからず、即金を手にする方法を模索しているかと思います。 生きていく上で、「どうしても今すぐ現金が必要」という事も多いですよね。 その時、サクッと現金が振り込まれるクレジットカード現金化が重宝するのです。 世の中で必要とされているサービスであるのは、まぎれもない事実でしょう。 クレジットカードの現金化が問題になっている理由 いくら世の中で必要とされているサービスとは言え、クレジットカードの現金化が問題なのは、多重債務を助長することになるからです。 借金が雪だるま式に膨れ上がる人の特徴として、借金に借金を重ねることが挙げられます。 キャッシング枠が一杯になってしまったら、今度はショッピング枠を使って現金を作ろうとするのです。 現金欲しさにショッピング枠を現金化しても、後にその買い物の返済をしなくてはならないのは当然です。 しかし、お金が必要なのは「今」です。 「今」をやり過ごすことができるのなら、その後の返済のことなど考えていられません。 急に現金が必要になった場合に、審査を必要とせず、すぐに現金が手に入るのは、クレジットカード現金化だけなのです。 そして、即日で換金してくれるサービスを展開しているのが、クレジットカード現金化業者になります。 ショッピング枠?キャッシング枠?よくわからない… クレジットカードには、買い物等の決済で使うショッピング枠に付随して、お金の借りれるキャッシング枠というものが付いています。 しかし、お金を借りることのできるキャッシング枠は、ショッピング枠に比べて限度額が格段に少なく、すぐに使い切ってしまうのです。 そこで、まだ枠の残っているショッピング枠を利用して買い物をし、それを売って現金に換えようとするのが「ショッピング枠の現金化」という行為になります。 つまり、何らかの商品を購入する形で現金化を行うのです。 前述したように、ショッピング枠の現金化は主に2種類の方法に分けられます。 自分自身で金券などをクレジットカードで買い、それを売って現金化する• 現金化業者を使い、即日で現金化を行ってくれるサービスを利用する どちらの場合でも、結果的には現金を得ることができますが、手間を惜しまず高換金率を狙いたい人なら、自分自身で売買する現金化が良いですし、手軽に即金を求めるなら現金化業者を利用するのがベストでしょう。 自分でやる or 業者を使う、メリット・デメリットは?• カードで買った商品を自分で売る• 現金化業者を使う この、2種類の方法のメリットデメリットを、わかりやすく箇条書きにします。 自分で売買する現金化 利用停止のリスクがあり、そして手間がかかる、それが、自分で売買する現金化です。 リスクを受け入れ、時間と手間がかかっても高還元率を実現したいという方だけにオススメの方法です。 自分で売買する現金化のメリット• 換金率の高い商品はクレジットカード会社も目を付けているため、利用停止のリスクに常にさらされる• 換金率の高い商品を購入し、高く買い取ってくれる店に持ち込む必要があるため、非常に手間がかかる• 時間と手間がかかるため、すぐに現金を手に入れたい人には向かない• 換金率の高い商品、高額の買取業者は常に変動するため、情報収集がすごく面倒• 店舗に行ったり、商品を郵送するなど、それなりの労力がかかる 業者でやる現金化 利用停止のリスクが低く、手軽に即現金を手にできる、それが、業者でやる現金化です。 今すぐ現金が必要で、80%以下の還元率でもしょうがない、という方にオススメの方法です。 業者でやる現金化のメリット 《業者えらび》口コミ、換金率、スピードで比較• 複数業者を比較してかしこくお得に現金化• 〈最大20社〉換金率の比較が30秒で完了 現金化業者には2種類の方式がある 現金化業者を使えば即日換金が可能で、すぐに口座に振り込んでくれます。 現金化の方法には、「キャッシュバック方式」と「買い取り方式」の2種類の方式がありますが、最近はキャッシュバック方式が主流となっています。 キャッシュバック方式とは? 例をあげると、「5万円の販売価格で、4万円のキャッシュバック特典が付いている商品を買う」という方式で現金を得ます。 購入する商品は100円ショップで売っているような、ほぼ無価値な商品となります。 ほぼ無価値な商品を、5万円とか高額で販売するので「4万円のキャッシュバック」という、通常ではあり得ないことが可能となります。 詳細は割愛しますが、「商取引」の体裁を取って法律面をクリアしています。 買い取り方式とは? 買った値段と同じくらいで売ることができる、換金率の高い商品を購入し、その商品を現金化業者が買い取る方式で現金を得ます。 商品は、金券や家電など、現金化業者が指定した商品になります。 現実問題、自分自身で商品を売買することでも現金化は可能ですが、実際に売れて現金が手元に来るまで換金率は分からない中、買い取り方式の現金化業者なら「この商品を買えば手元にいくら来る」というのが確約されています。 いくら手元に残るのかが最重要の利用者にとって、換金率が確約されているというのは最大のメリットなのです。 法律面としては、商品を買い取る都合、買い取り方式の現金化業者は「古物商許可」を取得していないと法律違反となります。 手数料に注意! ただ、どちらの方式とも、その他に様々な手数料が引かれますので、最終的な還元率は業者によって異なります。 よって、現金化業者同士で還元率の比較をすることは大切です。 例えば、5万円の商品を購入し、その特典(キャッシュバック)として4万5000円が振り込まれるというようなものです。 この時の還元率は90%です。 その上様々な手数料が付されますので、最終的に80%以下で現金化されるのが一般的です。 「最大98%の還元率!」 と公言している業者でも、 ・98%になるのは300万円以上の場合 ・現金化まで1週間かかるプランの場合 という理由を付けられ、ホームページに掲載している還元率は実現されません。 利用者も即金を必要としているのでしょうがなく、業者に言われるまま80%以下で納得するのが通例です。 しかし、自分で売買する方法「商品券を買って買取店に持ち込む」「ブランド物を買って買い取りしてもらう」等々の面倒くささを考えれば、手間なく即振り込んでもらって7,80%ですから、悪くはないでしょう。 また、業者が間に入っているので、カード利用停止になるリスクが少ない手法と言えます。 現金化業者のキャンペーンなどをうまく利用することにより、より高い還元率で現金化することも可能になりますので、キャンペーンは積極的に利用しましょう。 【リアルタイム】キャンペーン情報ランキング• トレンドクレカ• 現金化堂 面倒だけどやっぱり自分で現金化したい 「ショッピング枠の現金化」と聞くと、悪徳業者の被害に遭ってしまった人たちの口コミなどから、危険なイメージがぬぐいきれないものです。 また、業者に払う手数料が安くはないため、自分で現金化を行いたいと思う人も多いことでしょう。 自分でやれば手数料を引かれる心配はありませんし、還元率を最大限に高めることが可能になります。 自分で売買して現金化する方法はたくさん存在します。 ここでは、自分で売買して現金化する方法について見てみましょう。 ただ、手間がかかるのと、換金性の高い高額商品の購入は、クレジットカード会社に目を付けられる可能性が高いのが致命的です。 何を転売するか 自分で売買する現金化もシンプルなものです。 クレジットカードで購入した商品を売ってお金にすればよい訳です。 商品とそれに付随するキャッシュバックで現金を得るのが業者を通した現金化であるのに対し、こちらは物品そのものを売ってしまうわけですね。 ではどのような商品を選ぶかと言うことですが、どんな物でも中古品として高く買い取ってもらえるという訳ではないため、中古でも高く売れるものを選ぶ必要があります。 換金性の高い物品の例としては、• ゲーム機• ブランド品(バッグ、アクセサリー、時計など)• 商品券• 金券 等がありますが、換金性の高い商品の購入はクレジットカード会社も目を光らせているので、気を付けて選ぶ必要があります。 ゲーム機や高級ブランドバッグなどは欲しがる人も多いため中古でも人気の商品ですが、あまり還元率はよくありません。 ゲーム機の場合では、新品で未開封の状態で売ったとしても還元率は50%を切ることもあるほどです。 人気の型や最新のものでも80%程度で買い取ってもらえればかなり良い方であると言えます。 これに対して、新幹線の回数券などはかなり高い還元率で買い取ってもらえます。 人気の商品券ならば額面の95%以上で買い取ってくれることもあるほどで、業者が提供するキャッシュバック式現金化サービスよりもかなり割がいいことがあります。 ただし、これらを購入した際の利用履歴をカード会社が見張っているため、頻繁に新幹線の回数券を購入している事実が判明すれば、カードを利用停止にされることがあります。 クレジットカード会社の利用規約では、「現金化目的の利用は禁止」と明確に記載されています。 法律的にも、クレジットカード決済した物品の転売は、原則できないのです。 クレジットカードで購入した物品の所有権は、返済が完了するまでは、クレジットカード会社に所有権が留保される形になっています。 これを転売することは規約違反であり、厳密に言えば法律違反でもあります。 もし露見すればカードは利用停止です。 対し、現金化業者を使った場合は、物品を購入してキャッシュバックという付帯サービスを得る形です。 「キャッシュバック」は商法上「値引き」に該当しますので、物品の所有権等は関係ないのです。 こういった意味でも、クレジットカード現金化業者を使うメリットはあるというのは覚えておきましょう。 「換金率の高い商品」を具体的に言うと? では、換金性の高い商品を使った現金化を具体的に見ていきましょう。 いったいどのような商品が換金性が高いのか、またそれぞれの商品にどのような注意点があるのか、知っておかなければ損をする知識はたくさんあります。 ブランド品 ブランド品は換金性が高い商品であり、クレジットカードで購入する人も多いため、カード会社にはバレにくい商品です。 キャバクラ嬢が男性から貢がれたブランド物を買取業者に持ち込んでお小遣いを得ているなどという話もよく聞きますね。 ブランド品を買い取る業者もたくさんあるため、ものによっては転売に向いている商品の一つと言えます。 ただし、全てのブランド品が換金性が高いかと言えばそうではありません。 ブランドはブランドでも、人気のないブランドは換金性が非常に低くなります。 一流のこだわりを持った人が選んだブランド品でも、認知度が低ければ換金性はぐっと下がるのです。 換金性が高いブランド品の良い例は、• エルメス• シャネル• ブルガリ• ヴィトン などです。 時計ならばロレックスは価値が非常に下がりにくいです。 同じ高級時計でもユリス・ナルダンなどはマニアの間でロレックスよりも良い時計と認識されていますが、認知度の低さから換金性ではロレックスに劣ります。 デメリットとしては、ブランド物の相場は常に変動しますので、先日は新品価格の70%で買い取ってくれた物が、今日も70%で買い取ってくれるとは限りません。 その相場を一般人が知ることは非常に難しいです。 また、ブランド物の買取店は、転売して利益を得ているため、買取業者の利益分は還元率が落ちるのが通例です。 さらに、認知度の高い有名なブランド品であったとしても、種類によって買取価格は大きく異なります。 特に服飾品は流行り廃りが激しいため、値崩れして高く売れないこともよくあることです。 買取価格が高い人気のバッグを買ったところ、新しいものが出て急に買取価格が下がってしまうこともあります。 ブランド物は難しいですが、値崩れがしにくいもので言えば時計が良いでしょう。 時計は古い型をあえて求める人も非常に多かったり、素材のゴールドやプラチナに価値があったりするため、値崩れがしにくいのです。 もしブランド品を転売することでショッピング枠の現金化をしようと思うならば、ブランドと商品の買い取り額の調査はしっかりと行うべきです。 ただし、どのようにリサーチをしても、おそらく換金率は70%もあればよい方でしょう。 以下に紹介する他の方法と比べると、割のいいものとは言えませんし、相場が常に変動するため、一般人向けの現金化ではありません。 ゲーム機 換金性の高い商品の一つにゲーム機があります。 高く売れるゲーム機としては、人気が高く新しいハード、そして未使用未開封が条件となります。 店舗によっては80%程度で買い取ってくれることもあります。 あまりない事ではありますが、ハードの人気が沸騰した結果品薄状態になった場合などは、定価以上で売れることもあり得ます。 この他、ハードでなくともゲームソフトも狙い目です。 人気のソフトならば80%以上で買い取ってもらえる可能性があります。 ゲーム機でショッピング枠の現金化を狙うならば、まずは高額で買い取ってもらえる商品を徹底的にリサーチしましょう。 もし失敗してしまえば換金率50%を切ってしまうこともザラであり、二束三文で買い取られてしまうこともあるかもしません。 また、ゲーム業界は流行り廃りが激しいため、タイミングを損なわないことも大切です。 古くなったものが換金に適していないことは言うまでもありません。 また、ゲーム機で現金化の注意点として1個の価格がそれ程高くないことがあげられます。 ゲーム機の複数の購入はカード会社にすぐ目を付けられます。 同じゲーム機を2台も買うのは、明らかに換金目的購入と見られてしまうからです。 商品券・ギフト券 商品券やギフト券は非常に換金率が高く、90%以上の換金率で買い取ってもらうことができます。 主にチケット買取業者で買い取ってもらうことができます。 ただし、この換金率の良さのためにショッピング枠の現金化に利用する人が後を絶たず、カード会社も厳しく見張っています。 クレジットカードで購入できないことが多いばかりか、明細書の中に多くの商品券やギフト券が見られる場合には、カード会社から利用停止措置を取られることもあるのです。 条件はいいものの、現金化には使いにくいというジレンマがあります。 クレジットカードでの商品券購入は、クレジットカード会社が現金化撲滅のために厳しく規制したため、今ではほとんど使えない手法です。 新幹線の回数券 ここまで色々なものを挙げてきましたが、最も換金率が高いのは新幹線の回数券です。 商品券やギフト券とは異なり、支払いにクレジットカードを選ぶことも可能であり、非常に高い換金率で買い取ってもらうことができます。 店舗によっては95%以上の換金率で買い取ってくれることもあります。 新幹線の回数券の買い取り額は一律ではなく、区間によって異なります。 すなわち、需要がある回数券であればあるほど、買取額が高くなるのです。 田舎の新幹線の回数券よりは、都会の新幹線の回数券の方が高く売れるというのはもっともなことです。 ただし、これも商品券やギフト券と同様に、換金性が高いことからカード会社も目を光らせています。 高い換金率を目指したいからといって、自分の居住区から遠い区間の新幹線の回数券を購入したり、通常ならば考えにくいような大量の回数券をまとめ買いしたならば、完全にあやしまれます。 そうでなくとも、新幹線の回数券をクレジットカードで購入した時点で、一旦利用停止にされたという話もあるほどです。 それほどカード会社は神経質になっています。 そのような場合にも不正利用でないことを証明できれば利用停止を解除してもらうことができますが、少しでも不自然な点が見つかると利用停止の解除をしてもらえないこともあります。 つまり、新幹線の回数券は非常にリスクが高い方法です。 筆者の友人は、経営する会社が倒産し、自己破産を利用する際に消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠から全ての現金を引き出して、さらにショッピング枠の一杯まで新幹線の回数券を買って現金化をしていました。 非常にリスクが高い手法であるため、通常の人には絶対オススメできませんが、にっちもさっちも行かなくなった人が、 「どうせ数日後にはクレジットカードが使えなくなるのだから」 という意味で利用するには裏技的と言ってもいいほど有効な手段となります。 こちらも非常にリスクがある現金化で、即利用停止の危険を覚悟した上で行う現金化方法になります。 買った商品をどこで買い取ってもらう? ショッピング枠現金化の際、一つ目に大切なことは、現金化に利用する物品の選定。 そして二つ目に大切なのは、いかに換金率の高い買取業者で買い取ってもらうかと言うことです。 考えられる業者には、質屋、リサイクル業者、チケット買取業者、中古ゲーム販売業者などが考えられます。 やはり、買い取りを依頼する物の価値をしっかりと認識してくれる業者に買取を依頼することが非常に大切になります。 例えば、換金目当てにロレックスの時計を買ったとしましょう。 この時、単なる質屋に売るのは失敗です。 質屋もある程度は価値を認めてくれますが、到底、中古ブランド時計専門店には及びません。 ゲーム機にしても、せっかく人気のゲーム機を購入したにもかかわらず、中古ゲーム販売業者ではなく、単なるリサイクル業者に持っていってしまったら、びっくりするような低い換金率で買い取られてしまいます。 その物品ごとに特化した買取店に依頼することが大切です。 買取価格に精通した人なら、一番高く買ってくれる店を知っているでしょうが、そうでない限りは、一番高い買取価格を付けてくれる店を見つけるのは困難です。 特にブランド品を売る場合には、その特定のブランドに強みのある業者に買取を依頼すべきです。 また、意外な高値で売れる可能性があるのがオークションです。 オークションで商品を閲覧していると、「なんでこの時計にこんな高値がついているの?」と思うような場合があります。 しかし、逆に「この時計がこんな安値で買えるなんて!」と思うこともあります。 オークションはメリット・デメリットがあります。 高く売れる可能性がある一方で、全く入札がなかったり、低く落札される可能性もあります。 また、出品に際しては出品手数料がかかりますので、そのリスクを許容したうえで利用しなくてはなりません。 オークションは時間もかかり、手数料もかかります。 即日現金を手にしたい方にはまったく向かない方法です。 結局何を選べばいいのか ここまで読んで、「結局何がいいの?」と思った人は多いでしょう。 賛否両論ありますが、一番は現金化業者を利用した現金化でしょう。 換金性の高さだけで言うならば、商品券・ギフト券・新幹線の回数券などが一番いいのですが、利用停止のリスクも高く手間がかかります。 金券類は利用停止の危険性が非常に高いほか、そもそもクレジットカードでの購入に対応していないことも多いです。 これに対して、ゲーム機やブランド品ならばカード会社から比較的あやしまれずに購入することができますが、絶対ではありません。 換金性の高い物品で、買取店を適切に選べば80%くらいの換金率を叩き出すことができるかもしれません。 しかし、まったく手間がなく、即現金化できる現金化業者で70%台の還元率としたら、どっちが良いでしょう… 私なら、70%の還元率でも手間なく現金化できる業者を選びます。 換金性の高い商品のまとめ買いは利用停止のきっかけになる このサイトを閲覧している人は、なんとかショッピング枠の現金化ができないものかと思って閲覧している人が多いでしょう。 あなたのように考えている人は多く、それらの人たちは換金性が高い商品の現金化を狙っています。 しかし、忘れてはならないのは、換金性が高い商品の転売を狙っている人は数多くいると言うことです。 それだけに、人気のゲーム機、新機種のスマホなどをこれらの人々がこぞって買い求め、品薄でプレミアが付き、定価よりも高く買い取られる現象が起きることがあります。 このように、ショッピング枠の現金化は時として社会の需給関係に影響を及ぼすこともあります。 それと知らずに多数の店舗を回ってまとめ買いをすれば、カード会社は「この人は換金目的に違いない」と判断して、利用停止にしてしまうことがあります。 むしろ、社会的に品薄になるほどの人気商品をクレジットカード決済でまとめ買いしようものならば、利用停止になる可能性は非常に高いと言えるでしょう。 対し、クレジットカード現金化業者を利用した現金化は、比較的安心といえます。 なぜかというと、「決済代行会社」を通しているからです。 実は、現金化業者を使ったほうがバレにくい クレジットカード現金化の方法には、 クレジットカード会社は現金化を禁止しています。 しかし現金化業者は、利用者からクレジットカード払い(カード決済)を受けられています。 これはおかしな話です。 クレジットカード会社が現金化を撲滅したいなら、現金化業者がカード決済できないようにすれば良いだけの話ですが、事はそう簡単ではないのです。 クレジットカードの決済をするには、クレジットカード会社の加盟店になる必要がありますが、もちろん現金化業者が加盟店になることはできません。 そこで、「決済代行会社」という、カード決済のみを行う専門会社を通すことにより、現金化業者がカード決済をできるようにしているのです。 決済代行会社はイケイケなので、手数料のためなら、クレジットカード会社が受け付けない業種(例えば風俗店とか)でも偽装工作して決済可能にするほど何でもやる集団です。 もちろん、クレジットカード会社は、決済代行会社が現金化業者の決済をしているのを把握できていません。 だからこそ、現金化業者は継続的にカード決済ができるのです。 決済代行会社もリスクはあるが… 「決済代行会社が現金化業者の決済をしている…」 そんな事実が、もしクレジットカード会社に分かってしまった場合は、決済代行会社は、即刻取引停止を食らうでしょう。 そのようなリスクがある現金化業者の決済ですが、決済代行会社はなぜ、そんなリスクを背負ってまで現金化業者の決済をするのか… それはやはり、手数料がたくさんもらえるからです。 決済代行会社もいけないこととは分かっていつつも、一般的な企業よりも多くの手数料収入があるため、背に腹は代えられないということなのです。 だから決済代行会社は、現金化業者の決済とわからないように色々と工夫をしています。 通常のクレジットカード利用の決済が、毎月何百億もあるうち、現金化業者利用の決済が1,2億混ざっていたとしても、クレジットカード会社は把握しようがないのです。 自分で売買する現金化よりも、現金化業者の方が安心 いままで述べてきた事実から分かること、それは、 現金化の達人、谷口オススメの高還元率業者• トレンドクレカ 返品処理で現金化する裏ワザもある 現金化の方法はこれだけではありません。 返品処理を利用して現金化することができます。 つまり、クレジットカード決済で商品を購入して、それを返品することで現金を受け取るのです。 注意すべきは、返品は翌日以降にするということです。 クレジットカード決済をしたものは、当日中であればクレジット処理の取り消しで済まされるため、現金を受け取ることができないのです。 しかし、翌日以降になるとデータがカード会社に送られてしまい取り消し処理ができなくなります。 となると、そのままでは口座から引き落とされてしまうこととなるため、店は現金で返金を行うほかなくなります。 この方法ならば100%換金されるため、換金率を考慮する必要もありません。 ちなみに筆者もこの方法を行ったことがあります。 デパートで5万円ほどのバッグをクレジットカード決済で購入し、バッグの金属部分に錆びが見つかったため翌日に返品をして現金を受け取りました。 初めからショッピング枠現金化を狙って行ったわけではありませんが、この方法が現金化のための一つの方法であることの証明となります。 デメリットは、即現金化ができないことです。 電子マネーを現金化する 電子マネーとは、クイックペイやiDなどが代表的なもので、現金を使わずにさっとかざすだけで決済できる便利なものです。 しかし、全ての支払が電子マネーでできるものではありませんし、現金が足りずに困ってしまった場合は、電子マネーにチャージしたお金を何とか現金化したいものです。 電子マネーはデータのやり取りによって決済ができるサービスであり、貨幣そのものの実物がそこに存在するわけではありません。 そのため、現金化のためには特殊な方法を使うほかなく、一般的には現金化は不可能です。 ただし、場合によっては出金できるものもありますので、ちょっと見てみましょう。 まず、電子マネーにはポストペイ式とプリペイド式の2種類があります。 ポストペイ式 使った料金を後払いする形式で、クイックペイやiDなど。 プリペイド式 前もってお金をチャージしておき、その金額の範囲内で買い物をする形式で、Edy、Suica、nanacoなど。 プリペイド式は使いすぎないというメリットがある反面、多めにチャージすると使いきれずに残ってしまうこともあります。 しかも、使い切れなかった時には原則として返金することができません。 これはサービス規約で定められているため、どうしようもないことです。 解約した場合にもチャージしていたお金が返ってきません。 ただし、一部の例外はSuicaです。 このような交通系のプリペイド型電子マネーであれば、一定の条件の元に返金を受けることができます。 しかし、チャージした当日の申告や直近のチャージ分などに限られるなどの規制が設けられています。 しかもSuicaはクレジットカードでの入金ができないため、クレジットカード現金化には使うことができません。 やはり電子マネーは現金化には向かないのか… と思うかもしれませんが、裏技があるので紹介しましょう。 電子マネーを使った現金化の一般的方法 電子マネーは現金やクレジットカードでチャージをして利用するだけでなく、他のポイントを電子マネーに移行することもできます。 例えば、代表的なのは楽天ポイントです。 楽天を利用していると何かと溜まって来る楽天ポイントですが、これもある程度溜まれば電子マネーに交換することができます。 その他にもポイントサイトの色々なポイントは電子マネーに交換することができます。 そのため、日常から意識してポイントの付く商品を買うなどしていれば、想像以上のポイントが貯まることもあり、いいお小遣いになります。 また、ポイントサイトを経由してクレジットカードを作れば、数千円~数万円のポイントがキャッシュバックされることもあります。 しかし、上記の通り電子マネーは現金化することができません。 そこで、電子マネーに貯まったポイントを利用して換金率の高い商品を購入し、これを転売してしまえば現金を得ることが可能です。 この法則を利用すれば、クレジットカードから電子マネーにチャージし、それで買ったものを転売すると言うことで現金化を行うこともできます。 ただし、回りくどい方法になるため、実行する人はあまりいないでしょうが・・・ 電子マネーの現金化は計画的現金化となり「今すぐ現金がほしい」というニーズには応えられないのは相当なデメリットです。 電子マネーにチャージしたお金やポイントは自分のお金と全く一緒です。 クレジットカードのように後で返済する必要もなく、購入した後の物品を転売するのも自由です。 前述の通り、クレジットカードで購入した物品は、返済が完了するまではクレジット会社に所有権が留保される形になっているため、これを転売することは規約違反です。 これによってカードが利用停止となるリスクを回避する意味では、電子マネーを使った回りくどいやり方は非常に安全です。 ただし、ネックとなるのは電子マネーで購入できる商品です。 上記の通り換金率が高いのは商品券等ですが、これは電子マネーでは決済できず、現金での決済のみとすることがほとんどなのです。 そのため、他の物品を購入して転売する他ありませんが、そうなると換金率は70%を切ってしまう事も多くなります。 いずれにしても、「すぐに現金がほしい」という方には向かないやり方です。 電子マネーを使った現金化の裏技 最近では、電子マネーが一般的になってきたことで、これを使った現金化の方法も知られるようになってきています。 この方法も紹介しておきます。 以下の手順で行います。 電子マネーにクレジットカードでチャージをする• 電子マネーで買い物をする• その後返品をする これだけです。 電子マネー決済した物品を返品処理すると、全て現金で返金されるのです。 もちろん商品の購入代金が全て返金されるため、還元率は100%となります こんなおいしい話はない、と今すぐにでもやりたいと思った人は多いでしょうが、電子マネー決済と返品を利用する場合には注意点があります。 まずは、店舗によっては現金で返金するのではなく、電子マネーで返金することがあると言うことです。 これでは何の意味もありません。 また、物によっては返品できないこともあります。 いかんせん手間がかかることを承知のうえでの現金化になります。 電子マネー専門の買取業者を利用する 実体のない電子マネーを買い取ることは難しく、金券ショップなどに比べて買取業者はあまりありません。 クレジットカード現金化業者でも、電子マネーを取り扱ってくれるところはありません。 しかし、情報化社会の現代において、電子マネーを買い取る業者も徐々に出現しています。 電子マネーに入金されているポイントをどうしても現金化したいと考えている場合には、電子マネーを専門に取り扱っている業者を利用するというのも一つの方法です。 しかし、これはあまりおすすめできる方法ではありません。 確かに、本来ならば現金化できないものが現金化できることは魅力的なのですが、まだ新興の分野であるだけに、あまり信用できないからです。 そのため、電子マネー買取会社を選ぶ際には、その会社の情報(会社の住所をグーグルストリートビューで調べる、代表者氏名の明記を確認する等)を詳細に調べ、問い合わせフォームがあるならば疑問に思うことは全て質問して反応を確かめます。 また実際に現金化の実績があるかどうかを口コミなどからチェックしていく必要があります。 ちなみに、電子マネー買取の還元率は70%程度としているところが多く、やはりあまり優秀な方法とは言えないでしょう。 それなら現金化業者の利用の方がよっぽど手間なく高還元率です。 Amazonギフト券を現金化する さらなる方法として、Amazonギフト券の現金化という方法があります。 Amazonといえば今や知らぬ人がいないほどの巨大通販サイトであり、ギフト券もあるため、これを現金化することができます。 最近流行りの現金化方法ですが、最近は様々な規制を仕掛けてきているため、永続的に使える方法とはいえません。 入手の方法 Amazonギフト券はAmazon内での買い物に利用できるギフト券のことです。 コンビニの店頭でも購入することができ、シートタイプとカードタイプの2種類があります。 額面は3000~25000円まで(種類によって違う)があり、店舗によって置いてある額面は異なるものの、何らかの額のものを購入できるでしょう。 カードタイプのギフト券は番号部分がスクラッチ形式で隠されており、これを削ってはがすことによって現れた番号をAmazonサイトで入力することによって、利用することができます。 この他、Amazonで何らかの物品を購入した際に付与されるポイントも、ギフト券と同様に物品の購入に充てることができます。 ただし、コンビニで購入できるギフト券は現金のみの購入でクレジットカードを使うことができないため、Amazonのサイト内から購入する必要があります。 購入をするとEメールで番号コードが送られてくるもの、自分で印刷して入力するもの、番号がプリントされたものが送付されてくるものの3種類があります。 Amazonギフト券現金化の方法 購入したギフト券や貯まったポイントを現金化するためには、Amazonギフト券を取り扱っている金券ショップ、オークションサイト、Amazon専門のギフト券番号買取サイトで売ることができます。 換金率も優良業者では80%を越え、優秀な還元率であると言えます。 ただし、流行りの手法であるからこそ悪徳業者がはびこっており、業者選びには慎重になる必要があります。 また、オークションで売ることも可能です。 しかし、これもブランド品やゲーム機をなどをオークションで売る場合に解説した通り、高い金額で売れる可能性がある一方で、思いのほか低い金額で落札されてしまうこともあるので、その点を考慮する必要があります。 また、物品であればプレミア感から相場より高い金額で落札される可能性がありますが、Amazonギフト券では額面以上の落札額は望めません。 そのため、低い換金率になる可能性が高いため、専門業者に依頼することをお勧めします。 何度も言いますが、Amazonギフト券買取の悪徳業者には気をつけてください。 例えば、買い取ることを前提としてギフトカード番号を 聞きだし、それを教えたものの入金がなく、連絡も取れず、気付いた時には既に使用済みの番号になっていたと言うことも十分にあり得ることです。 したがって、Amazonギフト券買取業者と取引をする時には、上記の通りしっかりとしたリサーチをし、優良店であるという確信のもとに利用する必要があります。 優良業者と判断したならば、番号コードとひきかえに現金を得ることができます。 したがって、信頼できなおかつ還元率の高いサイトを見つけたならば、Amazonでギフト券を購入します。 そして、ギフト番号をEメールで送付してもらい、それを取引先業者に伝えて現金をもらうと言う流れになります。 Amazonギフト券現金化のデメリット• コンビニで売っているタイプのギフト券は買い取らない業者が大半• 結局80%以下の還元率になることも• 転売して使えなくなるAmazonギフト券があるなど、トラブルも多い• 最近流行りの現金化手法であり、今後Amazonの規制が入る可能性が高い• 流行りの手法であるからこそ、悪徳業者がたくさん入り込んでいる• たくさんの買取業者の中から優良店を見つけるのは大変• ネット上の口コミ・評判はヤラせが多く当てにならない Amazonサイト内で購入した物品を転売する 上記の通り、ギフト券を現金化する方法のほかにも、Amazonサイト内の商品をクレジットカードで購入し、転売すると言う方法もあります。 (もうここまで読んだ人は察しがつくと思いますが) ただ、Amazonから商品が届いてからの転売のため、即金性が低いのが弱点です。 換金率が高い商品を見つけるのも大変で、たとえ換金率の高い商品を見つけたとしても、現金化利用者によってたくさんの中古品が市場に出回ることによって買取価格がすぐに安くなってしまいます。 商品を使った現金化は難しいのです。 iTunesカードを使った現金化 iTunesカードもAmazonギフト券同様、買取業者が買い取ってくれるので現金化することが可能になります。 ただし、iTunesカードは詐欺で使われることも多く、詐取されたiTunesカードが世の中に出回っているのも事実なのです。 ご存じの方も多いかと思いますが、LINEアカウント乗っ取りが流行った際、詐欺師が求めたものは、 「iTunesカードをコンビニで買ってコードをLINEで送ってね」 でした。 このように、電子マネーは詐欺のツールに使われてしまいます。 買取業者も、詐取されたiTunesカードなど、「ヤバい」物を買い取らないための予防策として、 「買ったときのレシート添付必須」 というような規制を設けています。 世の中には、「悪徳な売り主」も少なからず存在するので、電子マネー系の買取は色々と制限されてしまいます。 「現金化したい」ユーザーによっては障害以外の何物でもないのです。 その他の電子マネー.

次の

クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法まとめ7選

クレカ 現金 化 方法

自分で現金化すればもっと換金率を上げられると考えているならば、家電を使った現金化にチャレンジしてみる方法があります。 家電を使ったクレジットカード現金化にはどのようなコツがあるのでしょうか。 ショッピング枠の現金化を行うなら家電を購入して転売すれば自分で出来る クレジットカードのショッピング枠を現金化するなら、最初から換金率が高い家電を購入して新品のまま買取店へ転売すれば手元には多くの現金を確保出来ます。 クレジットカードの支払いを分割払いにしておけば、急な入用の現金を最短即日で用意可能です。 では、家電を使った現金化とは具体的にどのように行うのでしょうか。 家電を使った現金化の流れ 家電は耐久消費財として数年以上に渡り使い続けることが出来るので、買取店が存在しているように資産価値があります。 しかし、家電を現金化するためには、クレジットカード決済出来る店舗で購入するだけでなく、換金率が高い商品を選ぶことが重要です。 そこで、家電を使った現金化は次のようなステップを踏むことになります。 換金率が高い家電をチェックする 家電ならば全て現金化の対象となるかといえば、設置工事を伴う家電の場合には現金化に適しません。 よくある例として、白物家電の中でも1人で運搬できない大型家電や設置工事が必要な家電については、そもそも工事費と運搬費が高いために換金率が下がります。 そこで、実際に換金率が高い家電として、スマートフォンやタブレット端末・PC・ゲーム機の一部といったものが換金率が高い商品として知られています。 買取店の見積もりを先に取得する 換金率が高い商品であっても、家電の場合には売却時に新古品または中古品という扱いとなるため、買取店ごとに買取価格が大きく異なります。 実際に新品販売時には似た金額の別メーカーモデルであっても、買取価格に2倍以上の差がつくことが珍しくありません。 家電は販売価格がバラバラとなるので店頭なら値引き交渉をする 買取店の見積もりを取得したら、見積もりが有効な日付までの間に目星をつけた家電を実際に店頭購入する必要があります。 家電量販店で買い物をしたことがある人なら分かるように、スマートフォン端末やゲーム機本体は販売価格がなぜか統一されていて値引き交渉出来ませんが、PCや一眼レフカメラについては相対価格となるために価格交渉可能です。 値引きが出来る相対価格商品については、必ず値引き交渉を行って仕入れ価格を安くすることが望ましいです。 購入した家電をすぐに買取店へ持ち込み転売する 購入した家電は、買取店の見積もりが有効な期間内に持ち込み転売して現金化を急ぎます。 なぜなら、家電量販店にて大幅な値引き販売が出来る商品は、モデルチェンジが迫っているために数日後には買取価格が大幅に減額されてしまうことが珍しくないからです。 型落ちモデルとなると、一気に買取価格が下がってしまうので、購入した家電の現金化は最短即日行うことが望ましいです。 換金率が高い商品を3系統知っておく 換金率が高い家電ならば、現金化を行いたいと考える人が多いためにカード会社からも監視対象になっていることが多いです。 そこで、換金率が高い商品を1つに絞らずに少なくとも3系統に分けて現金化すると良いです。 スマートフォンやタブレット端末 スマートフォンやタブレット端末は、新品状態ならば高い換金率を実現出来ます。 目安として初期不良確認のために開封して電源投入可能なことを確認する以外は一切行わずに、画面保護フィルムを剥がしていないことが大前提です。 SIMフリー端末としてAndroid機種だけでなくiPhoneシリーズやiPadシリーズなど、豊富な商品から選べます。 Apple社の製品は買取率が高い傾向があるので、比較的値崩れしない商品として知られています。 ゲーム機ハード ゲーム機ハードは、元々の製造原価が高くなっていて、メーカーはソフトウェア販売とソフトウェア会社へのライセンス契約により利益を挙げています。 ゲーム機ハードの新品販売価格はオープンブライスとなっていても、多くの店舗で横並び価格となるので、発売直後は特に人気のあるゲーム機ハードほど買取価格が高くなります。 SONYのPlayStation4発売時や任天堂Switch発売時から半年間程度は、ゲーム機本体価格を上回る買取価格が出ていた機種もあるほどです。 PCと一眼レフカメラ 家電の現金化で最も難しいとされているのが、PCと一眼レフカメラです。 なぜなら、モデルチェンジが早く販売価格の値崩れが週単位で起きるので、買取価格の乱高下が激しくなっているからです。 家電好きで特定メーカーの製品知識が豊富な人に向いている現金化方法となります。 家電を転売する現金化手法はリスク管理が求められる 家電を転売する現金化方法は、カード会社からのチェックが厳しいためにリスク管理が求められます。 何も考えずに家電を購入して転売すると、店頭にてクレジットカード決済を行う際にカード会社への電話連絡確認が必要になることが珍しくありません。 換金率が高い商品ほどカード会社のチェックに引っ掛かる 換金率が高い商品を複数購入していると、カード会社の監視システムに目立つ行動として取り上げられてしまうので、目視チェックへ移行されてしまいます。 よくある例として、iPhoneやiPadを複数台同時購入する場合には、転売目的をすぐに疑われてしまうので一括払いのみで購入すると良いです。 同じ商品を繰り返し同じ会社のクレジットカードで購入しない 同じ家電商品を繰り返しクレジットカード購入していると、不自然な買い物として認識されてしまいます。 カードブランドが違うから大丈夫だと思われがちですが、カード発行会社が同一グループ会社ならば情報共有されているので同じ商品を購入していたかすぐにチェックが入ります。 1家庭に1台あれば十分な冷蔵庫・洗濯機の購入に使う際には、送り先住所を別にするといった具体的な工夫をしない限りカード会社のチェックを免れません。 まとめ買いをするのは引っ越し前にしよう カード会社からのチェックが唯一甘くなるのは、まとめ買いを行った後にすぐ住所変更手続きをカード会社に対して行う場合です。 また、まとめ買いをする前にコールセンターへ電話連絡して、住所変更手続き方法について問い合わせを行って履歴を残してもらう方法があります。 さらに、一時増額申請を意図的に行って理由を引っ越しに必要な家電製品まとめ買いのためとすれば、分割払いにしてもカード会社のチェックが厳しくならずに済むわけです。 家電の購入手段は多様化しているから現金化も工夫化しよう 家電製品の購入手段は、クレジットカードだけでなく現金や電子マネー払い・QRコード決済と多様化しているので、現金化手段もクレジットカードを起点として直接購入だけでなく複数の支払い方法へ分散すると良いです。 クレジットカードの購入履歴は直接購入した場合に残る クレジットカードの購入履歴は、利用履歴をカード会社がチェックすることで調べられます。 不審な点が見つかると、加盟店である家電量販店へ問い合わせを入れて購入履歴調査を行うことが可能です。 なぜなら、カード会社は立て替え払いを行い翌月の利用代金引き落とし完了までは購入商品の所有権を持っているからです。 amazonギフト券経由なら購入履歴がカード会社に知られることは無い クレジットカードで直接家電を購入せずに、amazonギフト券を購入してからamazon通販にて家電購入すると、カード会社は直接購入履歴を調べられません。 amazonギフト券の購入までが追える範囲であって、その後で家電製品を購入して転売しても特に問題なく現金化出来ます。 購入ルートを分散すれば換金率が高い家電を複数現金化出来る 家電購入によるクレジットカード現金化は、購入時の決済方法としてクレジットカード決済を直接行うケースと電子マネーやamazonギフト券わ挟むケースに分散すれば、換金率が高い家電を複数現金化可能です。 カード会社にとっては、月額利用料金の支払いさえしっかりしてもらえれば口煩く言う必要は無いので、あくまでも不審な購入履歴について追跡調査を行うに過ぎません。 家電の転売による現金化は購入履歴の重複に注意しよう クレジットカード決済により家電を購入して転売すれば、現金化を速やかに行うことが出来ます。 換金率が高い家電製品は限られているので、自力で出来るからといって何も考えずに家電の現金化を繰り返すと危険です。 同一家電の購入はなるべく控えて、電子マネーやamazonギフト券購入といった間に1クッション挟む方法で購入履歴の追求を防ぐと良いです。

次の