君があまりにもきれいに泣くから。 有心論 RADWIMPS 歌詞情報

コトバのキモチ 有心論 RADWIMPS 君があまりにも綺麗に泣くから 僕は思わず横で笑ったよ すると君もつられて笑うから 僕は嬉しくて 泣く

君があまりにもきれいに泣くから

もうなんも考えたくない。 なんかいろいろあってつかれてきた。 りあるにめんどくさい。 勝手にやっとけヴォケってわけにもいかないってゆーね。 あーあ。 あのね、てめえの話してんだよ。 目そらしてないでちゃっちゃ向き合えやこら。 んもう。 てゆーか自分やっぱり男の子苦手だなあ。 仲良くなってしまえばフレンドリーなんだけど。 クラスの男子、バイト先の先輩にも漸くなれた気がする。 いい人ばっかりだしね。 話変わってれいちゃがいなくなってから、もう1年も経つんだな。 あんなに泣いた夜から自分にいろいろ言い聞かせてやっとの思いで這い上がってここまできた。 あの子にとってこの1年はどんなものだったんだろう。 楽しかったかな、つらかったかな。 最近メールすらしてあげられないけど、元気にしてるといいな。 でもまだ私は適応しきれてないんだよね。 まだよくわからない。 いまだに会いたいって思う。 わがままで、失礼な話だよね。 今日はおじいちゃんのお見舞い行ったけど、元気がなくてへこんだ。 いつもニカニカして孫娘おちょくるおじいちゃんなのに。 相当ショック受けたんだろうなあって思ったらかなしくなった。 これから先ずっと癌と向き合って行かなきゃいけない。 それを受け入れなきゃいけない。 私たちはそれを支えなきゃいけない。 べつにこれからの生活に支障はないし、転移の心配もないし、余命宣告されたわけでもない。 でもやっぱりきついよなあ。 癌になったと知っておじいちゃんは一気に痩せた。 難しい手術をするってなってさらに痩せた。 これからも治療しなきゃいけないと知らされて益々活気をなくしてた。 それを見るのがかなしかった。 元気を与える気なんてなれなかった。 きついなあ。 ふせいみゃっくー。 最近情緒不安定だ。 息がしづらい。 がんばって足掻いても足掻いてもすぐに追いついてくる。 どうしようもないからいらいらする。 それでも負けないわよ 笑 きっと大丈夫。 根拠はないけど。 自分がそう思ったから、私はそれを信じます。

次の

RADWIMPS 有心論 歌詞

君があまりにもきれいに泣くから

もうなんも考えたくない。 なんかいろいろあってつかれてきた。 りあるにめんどくさい。 勝手にやっとけヴォケってわけにもいかないってゆーね。 あーあ。 あのね、てめえの話してんだよ。 目そらしてないでちゃっちゃ向き合えやこら。 んもう。 てゆーか自分やっぱり男の子苦手だなあ。 仲良くなってしまえばフレンドリーなんだけど。 クラスの男子、バイト先の先輩にも漸くなれた気がする。 いい人ばっかりだしね。 話変わってれいちゃがいなくなってから、もう1年も経つんだな。 あんなに泣いた夜から自分にいろいろ言い聞かせてやっとの思いで這い上がってここまできた。 あの子にとってこの1年はどんなものだったんだろう。 楽しかったかな、つらかったかな。 最近メールすらしてあげられないけど、元気にしてるといいな。 でもまだ私は適応しきれてないんだよね。 まだよくわからない。 いまだに会いたいって思う。 わがままで、失礼な話だよね。 今日はおじいちゃんのお見舞い行ったけど、元気がなくてへこんだ。 いつもニカニカして孫娘おちょくるおじいちゃんなのに。 相当ショック受けたんだろうなあって思ったらかなしくなった。 これから先ずっと癌と向き合って行かなきゃいけない。 それを受け入れなきゃいけない。 私たちはそれを支えなきゃいけない。 べつにこれからの生活に支障はないし、転移の心配もないし、余命宣告されたわけでもない。 でもやっぱりきついよなあ。 癌になったと知っておじいちゃんは一気に痩せた。 難しい手術をするってなってさらに痩せた。 これからも治療しなきゃいけないと知らされて益々活気をなくしてた。 それを見るのがかなしかった。 元気を与える気なんてなれなかった。 きついなあ。 ふせいみゃっくー。 最近情緒不安定だ。 息がしづらい。 がんばって足掻いても足掻いてもすぐに追いついてくる。 どうしようもないからいらいらする。 それでも負けないわよ 笑 きっと大丈夫。 根拠はないけど。 自分がそう思ったから、私はそれを信じます。

次の

RADWIMPS 有心論 歌詞

君があまりにもきれいに泣くから

5 3 yokotan 1チケットですよ。 星5つにきまっています!この作家さんは癖があります。 文字での表現をとても抑えていて、じっくり読まなければなりません。 過去の単行本は「ナチュラルプレイス」しか知りませんが、絵柄はどんどんとシンプルというかリーンに変わられていますね。 だんだんと売れてきている俳優と撮影所で働く下っ端美術担当者の2人は撮影所の隅で会話を始め、夜に狭いアパートの部屋でとりとめなく過ごすようになります。 俳優がテレビ画面に映るとき、撮影されているときは光をまとっているのでしょうが、2人でいるときは薄暗い場所が多くその対比で2人の関係が浮ついたものでないと感じられ、しっとりじっくりと進む2人の関係を表してくれます。 質素、素朴な画ですが衣服のシワや背景の奥行なども上手く、ここまで顔(特に目)を印象薄くしていることで絵の上手さと話が際立ちます。 本当に癖がある。 最後に、この作家さんはいつもタイトルが秀逸ですね。 2014-02-07 44714 0 1 rjC-a-v2 mjoi-yokotan-v2.

次の