楽天モバイルwifi。 楽天モバイルを「モバイルWi

【楽天市場】国内用モバイルWi

楽天モバイルwifi

楽天モバイルWiFi by エコネクト• 人気!• 最大2カ月無料 月額料金 楽天モバイルWiFi by エコネクト 362円 エコネクトWi-Fiで利用可能なアクセスポイント 事業者名 株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス ソフトバンク株式会社 事業者ロゴ アクセスポイント数 (2019年11月現在) 約110,000以上 対応規格 802. Wi2(WEP)• mobilepoint(WEP)• mobilepoint1 WEP• また、他社様より借り受けているアクセスポイントでは、11nに対応していないものある。 11b」のみ。 お申し込み方法 新規お申し込み時 新規お申し込み時に同時にお申し込みください。 追加お申し込みの場合(楽天モバイル既存会員の方) 「」より、いつでもお申し込みいただけます。 ご利用方法 Android端末をご利用の場合 : 楽天モバイルSIMアプリで接続する• iOS端末をご利用の場合 : 「エコネクト」専用アプリで接続する• 1 Wi-Fi接続完了となります。 動作環境 OSのバージョン Android OS 5. 0以降• 正常に動作するまでお時間をいただく場合がございます。 お問い合わせ 「楽天モバイルWiFi by エコネクト」の料金およびご契約に関するお問い合わせ先 オプションのお申込み及び解約はより行ってください。 電話番号 0120-500-982 通話料無料、年中無休(受付時間10:00-18:00) ご利用上の注意• ・オプションサービスの解約は、毎月25日までとさせていただきます。 25日までに弊社で受理した解約申請は、当月末をもって解約とさせていただきます。 なお、26日以降の解約申請は翌月末での解約となります。 1以上、またはAndroid版「エコネクトWi-Fi」アプリ バージョン1. 001以上を利用した場合は、75,000カ所以上で利用可能です。 これより前にリリースされたAndroid版「【Ver2. 1】エコネクトWi-Fi接続ツール」やAndroid版「エコネクトWi-Fi接続ツール」、iOS版「エコネクト」や楽天モバイルSIMアプリで接続する場合は、無料スポット40,000カ所に加え、有料スポット110,000カ所以上(2019年11月現在)でのご利用となります。 1以上、またはAndroid版「エコネクトWi-Fi」アプリ バージョン1. 001以上をご利用の場合は、このほかの国内一部フリーWi-Fiにも対応しております。 利用規約 •

次の

楽天モバイル: Aterm MR05LN

楽天モバイルwifi

Rakuten UN-LIMITは モバイルルーターで使えるの? 楽天回線に対応した製品があれば、SIMを挿すだけでモバイルルーターが使えます。 モバイルルーターが届いてから、パソコン、スマホ、iPad、ゲーム機に接続して使ってみました。 家回線で使うのと全く同じ環境でテストしてみたという訳です。 僕はパソコンをレビューさせてもらう機会が多いのですが、前々から自宅のWi-Fiと切り分けたいと考えていました。 家族も使っている家回線に不用意にたくさんのパソコンをつないでしまったら「回線が重くなっただろ」というクレームがつく心配があったからです。 また嫁さんがつかっている格安SIMが3GB上限なのですが、ちょいちょい制限にかかっているみたいなんですよね。 モバイルルーターがあれば、そんな時の逃げ回線としても使えそうだし、外でブログを書いたり、実家に帰省した際にも便利そうだな~というのも導入を決めた理由です。 「会社に持ち込めるスマホが1台だけ」という人なんかでも、モバイルルーターなら持ち込める例もあり、ケース・バイ・ケースで色々と面白い使い方はできそうです。 楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」とは? 「」をモバイルルーターで使う説明をする前に、簡単に楽天モバイルの特徴をおさらいしましょう。 ここがポイント!• 楽天回線+au回線が使える• 専用アプリで電話かけ放題• 楽天回線エリアは高速通信が使い放題• 最低利用期間や解除料なし• 先着300万名1年無料• 最大21,300ポイント還元 月2,980でデータ無制限(楽天網)、電話放題ってコスパ良すぎですよね。 先着300万名まで1年間無料というのもアツいです!契約がまだの方は、申し込みを先にすすめてくださいね。 試してみて不満があっても解約料はかかりませんので… Rakuten UN-LIMITで使うときの注意点 「」をモバイルルーターで使う際に気をつけたいことがいくつかあります。 対応した製品を準備すること• 楽天回線圏であること• 通話放題のメリットが消える• ポイント還元が受けられない 1個づつ解説していきますね。 Androidの設定方法を写真付きで解説 Rakuten UN-LIMITが使えるモバイルルーターを用意する モバイルルーターで使うつもりなら「 楽天回線に対応した機器が必要」になります。 公式サイトからは「」「」の2機種が販売されています。 製品名 Aterm MP02LN Aterm MR05LN RW サイズ 約91 x 50 x 12(mm) 115 x 63 x 11 mm 重量 約71g 約115g 連続待受時間 約900時間 約500時間 連続通信時間 約10時間 約14時間 バッテリー容量 約1,670mAh 約2,500mAh テザリング 10台 16台 両機種のちがいは、液晶表示、接続可能台数、バッテリー容量、サイズなどです。 上位モデルの「」なら専用クレードルもあるので、家回線としてより使いやすくなると思います。 僕は外でも使いたいという理由で、軽さを有線した「」を選びました。 あっさり電波をキャッチ これらの機種なら、難しい設定をしなくてもSIMを挿すだけで使えるため非常に楽です。 また繋がらないというストレスを回避できますし、万が一なにかあってもサポートを受けられるという安心感は強いです。 この2機種以外のSIMフリールーターでも使えたという報告を目にしますが、動作保証外なので自己責任になってしまいます。 トラブル回避のためにも、初心者の方や、知識に自信がない方はどちらかを選ぶほうが良いと思います。 楽天回線圏であること モバイルWi-Fiで快適に使う上で「 通信速度」はとても大切です。 せっかくモバイルWi-Fiを持っていても、パソコンでページが開かければ使えるとは言えませんよね。 固定回線代わりなんて、夢のまた夢になってしまいます。 楽天モバイル回線網なら高速通信が無制限で使えますが、エリア外はパートナー回線に切り替わります。 容量・速度ともに不安が残るので、楽天回線エリアかどうかをしっかりと確認するようにしましょう。 楽天アプリが使えない(通話放題・ポイントバックが消える) 国内の電話なら固定電話も他社携帯へも通話料が無料になる「Rakuten Link」という専用アプリは、Android向けに配信されています。 「」「」といった端末では使えることを確認していますが、やそもそもアプリが使えないモバイルルーターでは通話放題のメリットが失われることになります。 そして「」の魅力の1つでもあるポイントバックが受けられない可能性があります。 ポイントの受取条件には「Rakuten Linkの利用登録」と「SMS認証」があるからです。 Rakuten Linkアプリが使えない機種では、通話放題とポイントバック還元のメリットを受けることができませんので注意しましょう。 Rakuten UN-LIMITは固定回線代わりになる? 「」を固定回線代わりに使えるかと聞かれたら「 普通に使えるよ」という返しになるのですが、この普通の定義が大切・・・ライトユーザーとハードユーザーでは、そもそも普通の定義が違います。 僕の用途では、パソコンでブログを書いたり、オンラインゲームをしたり、タブレットで調べ物をしたりという感じです。 You Tubeなどの動画も見ますが、このような使い方で消費するデータ量は1日に2~3GB程度でした。 Rakuten UN-LIMITは使い放題ですが、実は1日に10GBを消費すると速度制限(1Mbps)にかかる可能性があります。 (楽天回線網なら3Mbpsという説も) 僕のように1人で使っていれば、速度制限にかかることはあまりないでしょう。 このように、「」を何人で使うかは割と大きな問題です。 ゲームのダウンロードとか20~40GBあることも普通なので、大きめのデータを頻繁に扱う人は固定回線をひいたほうが無難です。 あと動画をダウンロードしまくったりするようなハードユーザーにも向きません。 速度制限にかかっても良いなら別ですが・・・ 実測値はどれくらい? 数台の機器に接続して使ってみましたが、 おおむね20Mbps前後は出ています。 世の中てきにはギガレベルの通信サービスも提供されているので、通信速度に少しでも快適性を求めたい方には苦しいかもしれませんが、これくらいの速度が出ていれば、 ネットやSNS、動画視聴も全く問題ありません。 むしろゴールデンウィークは家回線が遅くなっていたので、+モバイルルーターの存在は心強く感じました。 まとめ:Rakuten UN-LIMITは条件付きだが家回線・モバイルルーターとして使える! 楽天モバイルをモバイルルーター(固定回線)として使えるかを検証してきました。 1週間くらい使っみて感じたことは、ライトユーザーなら全く問題ない通信環境が構築できるという印象。 コレが制限無し(ほぼ)で使えるのは、本当にありがたいですね。 外出時にはもちろん、固定回線の速度が落ちた時や、スマホのデータ超過を喰らった時にも便利です。 反面で通話放題のメリットが消えてしまうのが痛すぎる感じはしました。 せっかく使える機能ならAndroid系にSIMを挿して、テザリングするのがスマートな気がします。 スマホを2台持ち歩くと役割がうまく分けられなかったり、荷物にもなっちゃいますからね。

次の

楽天モバイルWiFi by エコネクト

楽天モバイルwifi

楽天モバイルを「モバイルWi-Fi」として利用するとコスパ最強なのではないかと思いついてしまったので、検証してみるよ。 3月3日に楽天モバイルの新プランが発表されました。 「iPhoneに対応していない」「先着申込はMNPできない」といった理由から、一時は「落胆」して以下のような記事を執筆しました。 でも、その後色々と調べていくと、 楽天モバイルの「モバイルWi-Fi」としての使い途に可能性を見出すことができました。 エリアの条件をクリアすれば、 既存の「モバイルWi-Fi」よりもコスト面でも機能面でも大幅に上回るポテンシャルがあります。 本記事では、 楽天モバイルを「モバイルWi-Fi」として使う方法、通常のモバイルWi-Fiとのコストや通信の比較、そして申込時の注意点について解説していきます。 こちらでも動作するので、 「スマホとしての機能が必要ない」という方は、こちらを購入するのもありです。 そして、後日談ですが、 最終的にはこちらの「Aterm MP02LN」を購入しました。 問題なく快適に利用できています。 同端末に楽天モバイルのSIMを入れて利用 あとは、 購入したスマホに楽天モバイルのSIMを入れて開通作業を行えば完成です。 とてもシンプルでそこまで難しくはないかと思います。 もしSIMカードとスマホ端末を別々に購入するのが怖いという方がいらっしゃいましたら、 楽天モバイルではセットプランもあるので、そちらを検討してみるとよいでしょう。 例えば、以下のような商品ですね。 これは「Rakuten Mini」という楽天が出しているスマホとのセットプランです。 他の端末とのセットプランも上記リンク先に掲載されているので、気になる方は見てみてください。 楽天モバイルと一般的なモバイルWi-Fiを徹底比較 では、楽天モバイルをモバイルWi-Fiとして利用したケースと、一般的なモバイルWi-Fiとを比較してみましょう。 「一般的なモバイルWi-Fi」としては、 を例として使っていきます。 「コスト面」と「通信面」の両面で比較を行ってみます。 楽天モバイルと一般的なモバイルWi-Fiのコスト比較 コストについては、短期と長期でも考えられるように、1〜3年でそれそれ比較をしてみます。 まずは、 楽天モバイルのコストです。 端末代は、先ほどご紹介した「HUAWEI nova lite 3」を新品で購入したケースを想定しています。 一方で、 GMOの「とくとくBB」のコストは以下のようになります。 楽天モバイルとGMO「とくとくBB」の月額費用のみを比較して整理すると、以下のようになります。 さらに、楽天モバイルでは、 解約時の手数料が0円というのもメリットです。 GMO含めほとんどのモバイルWi-Fiでは、1〜2万円ほどの解約手数料が発生します。 また、楽天モバイルで利用する端末は使わなくなれば売却もできることを考慮すると、実質的なコストはもっと低くなります。 楽天モバイル、優秀すぎではないですか? 通信速度と通信容量の比較 では、 通信速度と通信容量についても比較してみましょう。 楽天モバイル GMOとくとくBB 通信速度 5G対応で高速に? 下り最大440Mbps 容量制限 無制限 3日で10GB エリア 東京・大阪・名古屋が中心 全国 通信速度については、優劣どうなるかは検証してみないと分かりませんが、 容量制限の違いが大きいですね。 多くのモバイルWi-Fiでは「3日で10GB」の容量制限があり、映画などをみてしまうと1本で3〜5GBほど消化してしまうので、データ容量が不足してしまうことも多々あります。 それに対して、 楽天モバイルでは、無制限で高速データが使い放題ということですからすごいことです。 もちろんテザリングでもその制限はないとのことです。 費用も安くてデータ通信制限もないということで、楽天モバイルを「モバイルWi-Fi」として利用するとコスパ最強すぎるわけです。 楽天モバイル利用における注意点 ただ、注意点もあります。 以下の2点は気をつけておいたほうがよいでしょう。 住んでいる地域が「楽天回線エリア」内である必要あり• 通信の安定性はよく使う場所で調べてみる必要あり それぞれ簡単に解説します。 住んでいる地域が「楽天回線エリア」内である必要あり 自分の住んでいる地域やよく行く地域が「楽天回線エリア」内にあるかを確認しておきましょう。 データ通信が無制限となるのは、 上図の「楽天回線エリア」という濃いピンク色の部分です。 上図は、首都圏をクローズアップしたものです。 東京23区に加えて、千葉・埼玉・神奈川県の一部が対応しているようですね。 その他の地域では、 大阪・名古屋エリアが対応しています。 今後楽天回線エリアは拡大していくはずですが、現時点はかなりエリアが限定されていることは認識しておきましょう。 通信の安定性はよく使う場所で調べてみる必要あり また、 楽天モバイルの通信の安定性やスピードについては、まだまだ未知数ともいえます。 ここは実際に利用してみてどうか検証してみる必要があると思っています。 そのため、僕自身は、今利用しているモバイルWi-Fiをすぐには解約せずに、 初期の1ヶ月ほどは試しに2台を併用していく方針です。 使用してみての感想はまだ共有していきますね。 条件に合う人は先着300万人の枠がなくなる前に早めの申込を というわけで、本記事では、 楽天モバイルを「モバイルWi-Fi」として使うとコスパ最強説を検証してきました。 楽天モバイルで最初の1年間が利用料無料になるキャンペーンは、 先着300万人限定です。 1年間はコストがかかるわけでもないですし途中で解約もできるため、一旦申し込んでおくという形でもよいかもしれませんね。

次の