日本 やくざ 抗争 史。 日本やくざ抗争史 ~関東城北戦争~ 期間限定配信!

日本やくざ抗争史 関東城北戦争 (2014)

日本 やくざ 抗争 史

見どころ 数多くのVシネマなどで活躍する小沢仁志が主演を務め、テキ屋集団と暴力団の抗争を描くヤクザ映画。 子分の殺害をきっかけに昔ながらのテキヤ集団が暴力団に立ち向かい、暴力班の刑事を巻き込みながらし烈な戦いを繰り広げる。 テキ屋集団の武闘派会長を演じる小沢のほか、松田ケイジや中野英雄らが出演。 『仁義の戦い』などの城島想一がメガホンを取る。 激しい銃撃戦をはじめ、こわもての俳優たちによる壮絶なバトルに注目。 あらすじ 武闘派として知られる会長の児玉(小沢仁志)が率いるテキヤ集団・巨堂義勇会。 ある日、児玉の子分が明倫連合秋吉会の組員によって殺害される事件が発生。 この出来事が引き金となり、東京最大の抗争事件「関東城北戦争」が勃発する。 抗争を終わらせるべく、暴力班の刑事・駒田(中野英雄)が力を尽くすが……。 [PR].

次の

ヤクザ史に残る伝説的抗争事件の真実|トレンド、アングラ、ビジネス、カルチャー R

日本 やくざ 抗争 史

見どころ 白竜、小沢和義、小沢仁志といった、Vシネマなどで活躍する実力派俳優が顔をそろえた任侠(にんきょう)作。 極道たちが自身の野望と利権獲得のために壮絶な抗争を繰り広げる。 メガホンを取るのは、プロデューサーとしても数々の作品を放っている『三代目代行』シリーズなどの渋谷正一。 長ドスを振り回す立ち回りや重厚なガンアクションに加えて、こわもてのキャストが全編にわたってとどろかせるタンカや怒声にも圧倒される。 あらすじ 丹波組若頭・郷野満(史朗)の代紋を利用し、勢力を拡大させていく夏梅一家若頭・相良龍信(小沢和義)。 その一方で、丹波組若頭補佐・金森大輔(川原英之)は夏梅一家が牛耳る事業を奪おうとしていた。 また、同じ丹波組の執行部である郷野と金森が反目し合っているなど、まさに一触即発の状態であった。 事態を憂慮した丹波組の組長・山台富士男(白竜)は、右腕でもある若頭・牛窪謙三(小沢仁志)に組織内を引き締めるように命じる。 しかし、さまざまな者たちの思惑や野望が噴出し、あつれきが生まれてしまう。 [PR].

次の

10分で読める、日本の暴力団の基礎知識

日本 やくざ 抗争 史

主演は小沢仁志、白竜。 出演は、以下いつもの皆さん。 という女優さんも出演してます。 監督は「」の渋谷正一。 前作「関東戦争」の感想は。 第一次の時代、大阪。 三代目組長・山台の下、全国最大の組織に成長した組。 その中でも有数の戦闘集団・金森組は、南部の利権を独占する夏梅組のシマへ侵攻を開始する。 焦った夏梅は、かねてから組内で金森と折り合いが悪かった幹部・郷野に泣きつき、その傘下に入るのだった。 だが、これが面白くない出所したばかりの夏梅組若頭・相良は、若い衆を集めて暴走を始めて…。 こんな感じで、見れば田岡一雄時代の山口組をモチーフにしたのがすぐにわかる作品。 ただ実際の主役は、大組織の中でいがみ合う史朗と川原英之、そしてその間で好き勝手に暴れまわるの方でした。 白竜と小沢兄貴はちょこちょこ出てきては渋い顔をするだけのシーンがほとんど。 さすがに第二章まで進むと、二人のイイ場面がありますけど。 それがわかった上で見ると、ちゃんとしたヤクザアクション映画を真面目に作ろうとしてるのが伝わる作品でした。 結構バイオレンスなシーンもあったり。 何より、これだけ暴れるは久々に見た気がします。

次の