フェラーリ ローマ 価格。 フェラーリ・ローマが提案する新しい「甘い生活」

フェラーリ・ローマが提案する新しい「甘い生活」

フェラーリ ローマ 価格

2020年4月1日、フェラーリ・ジャパンは、2019年11月にイタリア・ローマで初披露されたV8エンジンを搭載したFRクーペ、「フェラーリ ローマ」の日本初上陸を発表した。 車両価格は2682万円。 納期は新型コロナウイルスの影響もあって未定となっている。 そのコンセプトは「La Nuova Dolce Vita:ラ・ヌオーバ・ドルチェビータ」。 日本語にすると「新しい甘い生活」。 1960年に公開されたフェデリコ・フェリーニの名作映画「甘い生活」に描かれる優雅な時代をイメージしたという。 具体的には、突き出したシャークノーズ、ワイドなフロントボンネット、フェンダーのしなやかなカーブがフェラーリの伝統的なスタイリングを表現する。 ホイールベースはポルトフィーノと同じ2670mmだが、ポルトフィーノより70mm長く、36mm広く、17mm低くなっている。 フェラーリはこのローマを「2+クーペ」と紹介しているのもポイントで、通常の2+2でも2シーターでもないことを表現している。 後席は必要最低限の広さで、子どもなら座れる程度のスペースしかないが、荷物などを置くには便利だ。 また、この考え方がエレガントで洗練されたファストバッククーペプロポーションを作り上げている。 ボディカラーはイメージ色の「ローマブルー」。 インテリアも斬新で、空間と形状を決める新たなアーキテクチャコンセプトによりドライバー側とパッセンジャー側に別々の空間が生まれ、機能的で安全性の高いデザインが実現されている。 またそのセルはぐるりと取り囲むパイピングによって強調されて、繭のような包まれ感もつくりあげている。 計器類は完全にデジタル化され、ドライバーはハンドルから手を離さずに車両をコントロールできるようにもなっている。 フロントミッドシップに搭載されるのは排気量3855ccのV型8気筒ガソリンツインターボエンジン。 4年連続でインターナショナルエンジンオブザイヤーを獲得しているV8ターボで、フェラーリ ローマでは新しいカムプロフィールのほか、タービンの回転を測定する速度センサー、ガソリンパティキュレートフィルター(GPF)を採用し、排出ガス基準ユーロ6Dに適合させながら、最高出力620ps、最大トルク720Nmと、ポルトフィーノより20psパワフルとなっている。 トランスミッションはSF90 ストラダーレから採用された新しい8速デュアルクラッチ。 最新の軽量化技術と高度な生産技術を組み合わせることで軽量化を図り、セグメント最高のパワーウェイトレシオ(2. 37kg/ps)を達成するとともに、車両コントロール系の統合制御システムSSCを最新の6. 0に進化させて搭載、緻密なダイナミクス性能を実現した。 また、5ポジションのマネッティーノ、レベル1の運転支援システム、マトリックスLEDヘッドライトなども注目ポイントとなるだろう。 フェラーリ・ジャパンの社長に就任したフェデリコ・パストレッリ氏は、「フェラーリ ローマの開発コンセプトはイブニングドレスに身をまとったF1マシン。 アイコニックでエレガント、そしてタイムレスなデザインを採用し、日常使いも可能な実用性と快適性、それに圧倒的なパフォーマンスとスリリングなドライビングを融合させました。 また、デイリーカーとして、日本のお客様に優れた快適性と運転体験をお届けできると期待しています」と語っている。 なお日本仕様の車両価格は2682万円と発表されている。 ポルトフィーノが2631万円なので、51万円高となる。 ちなみにデリバリーは2020年夏頃からと言われていたが、新型コロナウイルスの影響もあって未定となっている。

次の

第160回:ローマが800万円になる日 【カーマニア人間国宝への道】

フェラーリ ローマ 価格

現行車種 [ ] V12 外観 車名 排気量 エンジン 駆動方式 座席数 解説 6496cc V型12気筒DOHC FR 2座 2017年3月に発表されたV12エンジン搭載のフラッグシップモデル。 最高出力はフェラーリ史上初の800馬力に達した。 を装備。 6262cc V型12気筒DOHC 4WD 4座 2月に発表されたでの後継車。 は踏襲され、さらに四輪操舵が装備された。 4WDの四輪操舵はフェラーリ初である。 V8 外観 車名 排気量 エンジン 駆動方式 座席数 解説 3855cc V型8気筒DOHCターボ FR 4座 GTC4ルッソのV8ターボエンジンモデル。 フェラーリの4シーターでは初のV8ターボエンジンを搭載する。 4WDは採用されておらず後輪駆動となるが、四輪操舵は踏襲される。 カリフォルニアTの後継モデル。 3909cc V型8気筒DOHCツインターボ MR 2座 488GTBの後継モデル。 F40の要素を現代風にアレンジしたリアウィンドウが採用されている。 3個のモーターを持ち1個はエンジンとギアボックスの間に配置され、2個はフロントアクスルに配置されフロントを駆動する四輪駆動である。 限定生産ではなく通年生産される。 現在、全車種が日本に正規輸入されている。 なお現在、日本国内の正規販売代理店で販売されている、488シリーズ、ルッソシリーズと812スーパーファストには、3年間のメーカー保証と、7年間のフェラーリ純正メンテナンスプログラムが無償で付帯している。 さらにエンジンやギアボックス、サスペンションなどを対象にしたメーカー保証は「ニューパワー15」と呼ばれ、最長15年まで有償にて保証期間を延長できる。 また、フェラーリは古くから左側通行のイギリスを主要市場のひとつとしていることから、右ハンドル仕様車が一部を除く車種に用意されてきた。 現在、イギリスと並ぶ重要市場(世界6大市場- 日本、イタリア、イギリス、アメリカ合衆国、中華人民共和国及び、)の1つとなっている日本でも、現行全車種に右ハンドル仕様車が用意されている。 さらに、日本市場はこれらの主要市場の中でも特に環境対策に関心が高い市場である事から、世界で唯一「HELE」システムが、限定モデルやサーキット専用モデルを除く全てのモデルに標準装備されている。 なお、新車を正規販売代理店で注文したオーナーには、注文後2年間「フェラーリ・マガジン」(季刊誌)が無料で送付されるほか、自分か注文した車両と同じ内外装の精巧な模型の送付、生産中の車輌の画像などがセットになった「コンタクトプラン」が無料で提供される。 過去の主な車種 [ ] 年数は発表・発売・デビュー年• 488ピスタ(2018年)• (2016年)• (2015年)• 488スパイダー(2015年)• (2015年)• (2014年)• (2014年)• (2014年)• (2013年)• (2013年)• (2012年)• (2012年)• (2011年)• (2011年)• (2011年)• (2010年)• (2010年)• (2010年)• (2009年)• (2008年)• (2008年)• (2007年)• (2006年)• (2005年)• (2005年)• (2004年)• (2004年)• (2004年)• (2002年)• (2002年)• (2000年)• (2003年)• (1999年)• (1999年)• (1996年)• (1995年)• (1995年)• (1995年)• (1994年)• ベルリネッタ、GTS (1994年)• (1994年)• 、、、 (1992年)• (1991年)• (1991年)• (1994年)• 、、 (1993年)• 、 (1989年)• (1987年)• (1986年)• (1984年)• 、 (1985年)• (1985年)• (1984年)• (1989年)• (1985年)• (1982年)• (1981年)• 、 (1980年)• (1979年)• (1976年)• (1976年)• 、 (1975年)• (1973年)• (1973年)• (1972年)• (1971年)• (1971年)• 、 (1971年)• (1970年)• (1969年)• (1968年)• (1968年)• (1967年)• (1967年)• (1967年)• (1967年)• (1966年)• (1966年)• (1966年)• (1965年)• (1964年)• (1964年)• (1964年)• (1964年)• (1964年)• (1963年)• (1963年)• (1963年)• (1963年)• (1963年)• (1962年)• (1960年)• (1959年)• (1959年)• (1957年)• (1956年)• (1956年)• (1956年)• (1956年)• (1955年)• (1954年)• (1953年)• (1953年)• (1952年)• (1952年)• (1951年)• (1950年)• (1949年)• (1948年)• (1947年) (2014年) 脚注 [ ]• 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 フェラーリの車種一覧に関連する および があります。

次の

【新型F8トリブート】「F8スパイダー」日本発売!最新情報、488GTB後継のスペック、価格は?

フェラーリ ローマ 価格

フェラーリは11月13日、新型クーペのフェラーリ『ローマ』(Ferrari Roma)をイタリアで発表した。 ポルトフィーノのクーペ版 フェラーリ ローマは、フェラーリのエントリーオープンモデルで、電動ハードトップを装備する『ポルトフィーノ』のクーペバージョンとして開発された。 ただし、そのデザインはポルトフィーノとは大きく異なり、フェラーリの最新デザインが反映されている。 フェラーリ ローマのデザインテーマは、「時代を超越したエレガンス」だ。 ローマは、洗練されたプロポーションと、優れたパフォーマンスやハンドリングを追求した。 フェラーリによると、独自のパフォーマンスとスタイルを身に着けたローマは、1950~1960年代のイタリア・ローマを特長づけるような、気ままで楽しい当時の生活スタイルを表現しているという。 イタリアのフェラーリ・スタイリング・センターが、 ローマのエクステリアに対して取った中心的なアプローチは、クリーンなデザインに仕上げることだ。 さらに、調和の取れたプロポーションとピュアでエレガントなボリューム感を、さまざまなエレメントの間で確実に調和させることを目指したという。 フロントミッドシップレイアウト ローマは、ポルトフィーノと同じく、フロントミッドシップエンジンレイアウトを採用した。 ボディサイズは、全長4656mm、全幅1974mm、全高1301mm、ホイールベース2670mmだ。 ポルトフィーノ(全長4586mm、全幅1938mm、全高1318mm、ホイールベース2670mm)に対して、ローマは70mm長く、36mmワイド、17mm背が低い。 2670mmのホイールベースは同数値だ。 インテリアには、新たなアプローチを採用している。 ドライバーや他の乗員のために、安全性に優れたパッセンジャーセルを導入した。 これは、デュアルコックピットのコンセプトを進化させたものだ。 各種の表面仕上げと機能を、コックピット内において機能的にレイアウトしている。 このコックピットには、フェラーリが持つ空間に関するコンセプトやノウハウを反映させ、さまざまなエレメントを効果的に配している。 ローマはポルトフィーノよりも、20psパワフルとなる。 トランスミッションは、フェラーリ初のプラグインハイブリッド車(PHV)、『SF90 ストラダーレ』にも採用された新しい 8 速デュアルクラッチを組み合わせている。 ローマの乾燥重量は1472kgで、ポルトフィーノの1545kgよりも73kg軽い。 フェラーリはローマについて、目の肥えた顧客に「ラ・ドルチェ・ヴィータ」(イタリア語で甘い生活)のコンセプトを具現化する洗練さを提供する、としている。 《森脇稔》.

次の