陸上 自衛隊 コロナ。 新型コロナウイルスと自衛隊

新型コロナで「もっとしんどい状況の人もいるのに…」:元自衛隊心理教官が語る 新型コロナ禍を乗りきる心理作戦:日経Gooday(グッデイ)

陸上 自衛隊 コロナ

4月23日・02:39の集計で、武漢ウイルスの感染者数が260万人を超え2,611,182人、死者は18万人を超え181,235人になってしまいました。 欧州でロックアウトが緩和されたり、経済活動の再開がニュースとして伝わってきますが、武漢ウイルスの変種(進化)の登場速度が速いと言う研究もあり、早々に解除して大丈夫なのか…と、心配になります。 ところで、武漢ウイルス感染者に対する医療支援、水際防御等に活躍している自衛隊の各部隊 自然災害のみならず、疫病対策でも活躍していて、頼もしい限りです。 毎々感謝の気持ちで一杯になります。 陸上自衛隊は、大きく守備範囲により5つの方面部隊で構成されています。 北海道を担当する北部方面隊(4個師団・旅団基幹) 東北地方を担当する東北方面隊(2個師団基幹) 関東地方・中部地方の東部を担当する東部方面隊(2個師団・旅団基幹) 中部地方西部・近畿地方・中国・四国地方を担当する中部方面隊(4個師団・旅団基幹) 九州地方・沖縄県を担当する西部方面隊(3個師団・旅団基幹) です。 この中の中部方面隊がHPで武漢ウイルスの感染拡大に対する教育資料を公開しました。 142ページの本格的な教育資料で、武漢ウイルスの基本的な知識、感染予防の基本、そして、防護服の装着の仕方、軽症患者の宿泊支援の方法、感染者を輸送する際の手順等、まとめられていて、自衛隊の凄さと、武漢ウイルスに対する様々な日々の支援活動の大変さを改めて実感できる内容だと思います。 一度、目を通しておくと良いと思います。 何処の自治体とは言いませんが、国の資料の焼き直しで、保育園での感染を隠蔽したり、亡くなった方の感染結果を誤って遺族に伝え、訂正することもなく、遺族が最後のお別れも出来なくても罪の意識を感じない自治体のリーフレットなんかより数万倍も読む価値があると思います。 126164.

次の

陸自で初 秋田駐屯地の20代隊員が新型コロナ感染 24日まで宮城に滞在

陸上 自衛隊 コロナ

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、自衛隊が多様なノウハウを生かした動画の発信に力を入れている。 手洗いやせきエチケットなど「自衛隊式感染症予防」、運動不足解消のためには「自衛隊体操」、気分が落ち込んだ時は音楽隊の歌や演奏と、動画サイト「ユーチューブ」の各部隊の公式チャンネルが注目されている。 新型コロナへの対応で自衛隊が脚光を浴びたのは、2020年2月に横浜港で検疫したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」への対応だった。 乗員・乗客に感染が広がる中、感染者の病院への搬送や船内での食事の配膳などを担ったことに加え、自衛隊員から感染者を出さなかったことが国内外で評価された。 「クルーズ船でも感染者ゼロ」を売り文句に「自衛隊式感染予防」の動画による紹介を始めたのが陸上自衛隊だ。 「手洗い編」では、手のひらにもう片方の手の爪を立てるようにして爪の間を洗う念の入れようで、再生回数は40万回(5月22日現在)に迫る。 マスクの着脱やせきエチケットなど身近なものから、医療用ガウンや防護服の着脱など専門的なものまで7種類の動画を紹介している。 海上自衛隊は運動不足解消のための「海上自衛隊第1体操」をアップした。 自宅で大きな移動なしに行えて、激しい動作もほとんどなく、子供から高齢者まで実践できそうな体操だ。 陸海が競うようにアップしているのが、応援ソングだ。 海自の横須賀音楽隊は「日本応援メッセージ」と題して、3月以降に4本の歌・音楽を公開した。 ソプラノ歌手として知られる海上自衛官の三宅由佳莉さんの歌声が聞ける。 陸自も中部方面音楽隊が「コロナに負けるな!」と題して2本の歌を公開。 こちらもソプラノ歌手の陸上自衛官、鶫(つぐみ)真衣さんが歌声を披露している。 2人の「歌姫」に対して、陸自西部方面隊は九州・沖縄の4音楽隊が共演する形で「愛は勝つ」を披露。 新型コロナで苦労する国民だけでなく、16年に起きた熊本地震の被災者にもエールを送っている。 【秋山信一】.

次の

陸上自衛隊:ムービー

陸上 自衛隊 コロナ

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、自衛隊が多様なノウハウを生かした動画の発信に力を入れている。 手洗いやせきエチケットなど「自衛隊式感染症予防」、運動不足解消のためには「自衛隊体操」、気分が落ち込んだ時は音楽隊の歌や演奏と、動画サイト「ユーチューブ」の各部隊の公式チャンネルが注目されている。 新型コロナへの対応で自衛隊が脚光を浴びたのは、2020年2月に横浜港で検疫したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」への対応だった。 乗員・乗客に感染が広がる中、感染者の病院への搬送や船内での食事の配膳などを担ったことに加え、自衛隊員から感染者を出さなかったことが国内外で評価された。 「クルーズ船でも感染者ゼロ」を売り文句に「自衛隊式感染予防」の動画による紹介を始めたのが陸上自衛隊だ。 「手洗い編」では、手のひらにもう片方の手の爪を立てるようにして爪の間を洗う念の入れようで、再生回数は40万回(5月22日現在)に迫る。 マスクの着脱やせきエチケットなど身近なものから、医療用ガウンや防護服の着脱など専門的なものまで7種類の動画を紹介している。 海上自衛隊は運動不足解消のための「海上自衛隊第1体操」をアップした。 自宅で大きな移動なしに行えて、激しい動作もほとんどなく、子供から高齢者まで実践できそうな体操だ。 陸海が競うようにアップしているのが、応援ソングだ。 海自の横須賀音楽隊は「日本応援メッセージ」と題して、3月以降に4本の歌・音楽を公開した。 ソプラノ歌手として知られる海上自衛官の三宅由佳莉さんの歌声が聞ける。 陸自も中部方面音楽隊が「コロナに負けるな!」と題して2本の歌を公開。 こちらもソプラノ歌手の陸上自衛官、鶫(つぐみ)真衣さんが歌声を披露している。 2人の「歌姫」に対して、陸自西部方面隊は九州・沖縄の4音楽隊が共演する形で「愛は勝つ」を披露。 新型コロナで苦労する国民だけでなく、16年に起きた熊本地震の被災者にもエールを送っている。 【秋山信一】.

次の