東京 ジャズ 2019。 2020年に東京で開催されるジャズフェスティバル

第18回 東京JAZZ開催決定! 第1弾ラインナップも発表|NEPのプレスリリース

東京 ジャズ 2019

東京JAZZ(とうきょうじゃず、TOKYO JAZZ)は、毎年夏季に行われているのイベントである。 主催は、、からなる東京JAZZ実行委員会。 2002年にスタートし、平年はを舞台に世界各地から一流のジャズを招待し「新しい文化の発信」「ジャズの後継者への継承とその発展」「文化のクロスオーバー」の3大テーマを掲げて、国境・世代の垣根を越えたジャズの夢の共演を展開し、ジャズのすばらしさを東京から世界に広く伝えようと企画された。 2003年からはが総合プロデュースを担当している。 2004年度はのテレビ中継の関係で9月に実施され、また会場の味の素スタジアムも公式戦開催のため使用できないので、で開催され、イベントとなった。 もJリーグの試合開催の都合上東京ビッグサイトでの開催された。 2006年からはに会場を移し開催されていて、関連プレライブも国内外の大物アーティスト、実力派アーティストを揃えて注目を浴びている。 数多くあるプレライブの中でも渋谷『』が打ち出すイベントは強烈である。 2017年以降はをメイン会場に開催。 アジア最大級のJAZZイベントという事もあり、多くのナショナルがスポンサーに名を連ねる。 2020年• 4月14日(火):新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止が発表された。 <9月4日(金)>• special guest• featuring 、オトマロ・ルイーズ and very special guest• and the Piety Street Band• (マイク・マイニエリ、スティーヴ・ガッド、トニー・レヴィン、ウォーレン・バーンハート、デビッド・スピノザ) <9月6日(日)>• ・トリオ• (デビッド・マシューズ、ルー・ソロフ、アンディ・スニッツァー、チャーネット・モフェット、ビクター・ルイス)• トリオ featuring 井上陽介 and ジーン・ジャクソン• ・トリオ with special guest ジョン・スコフィールド• BLUE NOTE RECORDS 70th Anniversary SUPER JAM featuring ルー・ドナルドソン、quasimode、マンハッタン・ジャズ・クインテット and MORE! 2014年 [ ]• 小曽根真 featuring No Name Horses• とペペ・トルメント・アスカラール• 2015年 [ ] <9月5日(土)>• ニュー・センチュリー・ジャズ・クインテット 大林武司、ユリシス・オーエンス・ジュニア、中村恭士、ティム・グリーン、ベニー・ベナック• アンナ・マリア・ヨペック カルテット feat. ミノ・シネル• KYOTO JAZZ SEXTET Special Guests 、リチャード・スペイヴン 、、、、小泉P克人、石若駿• ・トリオ featuring ラヴィ・コルトレーン & マシュー・ギャリソン <9月6日(日)>• エリ・デジブリ・カルテット featuring アヴィシャイ・コーエン with Special Guest• & SUPER BAND featuring 、、カリーム・リギンズ• Guest: TOKYO JAZZ HORNS(、、駒野逸美、浜崎航、宮本大路)• 2016年 [ ] the HALL [ ] <9月3日(土)>• ハービー・ハンコック featuring ジェームス・ジーナス、レイラ・ハサウェイ、トレヴァー・ローレンス Jr. 、テラス・マーティン (p)、 ()(b)、(vo)、トレヴァー・ローレンス Jr. (ds)、 ()(key, sax)• パット・メセニー&クリスチャン・マクブライド (g)、(b)• アロルド・ロペス・ヌッサ ()(p)、ルイ・アドリアン・ロペス・ヌッサ(ds)、アルネ・ワデ(b, vo)• 石若駿 PROJECT 67 粟谷巧、大林武司、寺久保エレナ powered by 日野皓正 (ds)、(b)、(p)、(sax)、(tp)• セルジオ・メンデス (vo, key)、(vo)、ケイティー・ハンプトン(vo)、エイチツーオー(rapper)、スコット・マヨ(key, horn)、クレベール・ホルヘ(g)、アンドレ・デ・サンタナ(b)、ギビ(perc)、レオナード・コスタ(dr)• 岸本亮(p)、カワイヒデヒロ(b)、井上司(ds)• ケニー・バロン・トリオ with special guest グレッチェン・パーラト (p)、 ()(vo)、北川潔(b)、ジョナサン・ブレイク(ds)• <9月3日(土)>• () ドラム・ワークショップ• エレクトーンLIVE• Myriad3• New Century Jazz Quintet with Jazz Campers• ヨタム・シルバースタイン・カルテット featuring ()• () ダッチ・ジャズ・ワークショップ• ()&フレンズ• サッチャル・ジャズ・アンサンブル <9月4日(日)>• ショーナ・エイトケン and Tokyo Django Collective• WOODY BLACK 4• 早稲田大学モダンジャズ研究会&フレンズ+ちんどん• WorldService Project• 渡辺貞夫 presents エスコーラ・ジャフロ (sax)、エスコーラ・ジャフロ、(p)、ンジャセ・ニャン(per)• ケロン・チョク・オルガン・トリオ ケロン・チョク(organ)、アンドリュー・リム(guitar)、ウェン・ミン・ソ(drums)• ()(ソロ)• Jazz Snobs, Funk Addicts the CLUB [ ] <9月2日(金)>• 大江千里 and friends p 、ジム・ロバートソン b 、平麻美子 Vo <9月4日(日)>• 上原ひろみ• H ZETTRIO• 小曽根真 featuring No Name Horses• 川口千里• ゴーゴー・ペンギン• Still Dreaming with ジョシュア・レッドマン• ロン・マイルス、スコット・コリー & デイヴ・キング• チック・コリア• ティグラン・ハマシアン• デヴィッド・サンボーン• TRI4TH feat. チャイナ・モーゼス• バルトロメイ・ビットマン• 平原綾香• 日野皓正• Fox capture plan• ボブ・ジェームス• マイケル・リーグ from Snarky Puppy• マンハッタン・トランスファー• ミシェル・カミロ• ミシュル・ンデゲオチェロ• やのとあがつま(矢野顕子 & 上妻宏光)• ラリー・カールトン• リー・リトナー• ロベルト・フォンセカ feat. ダナイ・スアレス メディア情報 [ ] 2020年 [ ]• 第18回 東京ジャズ「Vol.1」(NHK BSプレミアム・2020年5月24日 日 午前1:00~午前2:29)• 第18回 東京ジャズ「Vol.2」(NHK BSプレミアム・2020年5月24日 日 午前2:29~午前3:58)• 第18回 東京ジャズ「Vol.3」(NHK BSプレミアム・2020年5月24日 日 午前3:58~午前5:27)• プレイバック東京JAZZ 2017~2019(NHK FM・2020年5月23日 土 午後0:15~午後6:50)• プレイバック東京JAZZ 2017~2019(NHK FM・2020年5月23日 土 午後7:20~午後10:00) 参考文献 [ ]• 『東京JAZZフェスティバル ゼロから始めたこだわり音楽フェスの物語 』 東京JAZZプロジェクト著 刊 脚注 [ ] [].

次の

東京JAZZ

東京 ジャズ 2019

の模様は、2019年8月31日 土 〜9月1日 日 NHKホールでのthe HALL公演を中心にNHKで放映される。 第1夜 10月12日(土) 深夜25:15〜26:44 NHK-BSプレミアム 第2夜 10月19日(土) 深夜25:15〜26:44 NHK-BSプレミアム 第3夜 10月26日(土) 深夜25:15〜26:44 NHK-BSプレミアム the HALL公演の全セットリストをまとめたのでご参照いただきたい。 なお、2020年は5月に開催と発表された。 Suzanne 2. Wasted Time 3. Rapid Fire 4. Vitamin C 5. Forget My Name 6. Shopping For Jazz 7. GRACE 8. Waterfalls 9. Trouble 10. NEVER STILL WATER 11. Atomic Dog 12. ABC 2. 来るぞスリリング 3. めくばせのブルース 4. 変わりゆく この街で 5. 真夜中のHIDE-AND-SEEK 6. LADY FUNKY 7. AMAZING LIFE 8. オルフェンズの涙 9. 陽のあたる場所 10. つつみ込むように・・・ 11. One For Mark 2. Lo Baiom Velo Balyla 3. Eleven Wives 4. Gesture 2 5. Gesture 1 6. Face Me 7. Arvoles 8. The Ever Evolving Etude 19:50 The Chick Corea Akoustic Band with John Patitucci and Dave Weckl チック・コリア・アコースティック・バンド with ジョン・パティトゥッチ and デイヴ・ウェックル Chick Corea p チック・コリア John Patitucci b ジョン・パティトゥッチ Dave Weckl ds デイヴ・ウェックル 1. On Green Dolphin Street 2. Japanese Waltz 3. That Old Feeling 4. In a Sentimental Mood 5. Life Line 6. Scarlatti Prelude 7. You and the Night and the Music EC. Dream Weaver 2. Defiant 3. Lift Every Voice And Sing 4. Hyperion With Higgins 5. Requiem For Kiyoshi Koyama San 6. sax リッキー・ワシントン Ryan Porter tb ライアン・ポーター BIGYUKI key ビッグユキ Ronald Bruner Jr. ds ロナルド・ブルーナー・ジュニア Tony Austin ds トニー・オースティン Miles Mosley b マイルス・モズレー Patrice Quinn vo パトリス・クイン 1. Show Us The Way 2. The Psalmnist 4. Truth 5. The Space Travelers Lullaby 6. Ready Wednesday 2. Gemini 3. Bad Kids To The Back 4. Xavi 5. Palermo 6. Lingus 7. Sleeper 19:50 The Chick Corea Elektric Band with Frank Gambale, Eric Marienthal,John Patitucci and Dave Weckl チック・コリア・エレクトリック・バンド withフランク・ギャンバレ、エリック・マリエンサル、ジョン・パティトゥッチ and デイヴ・ウェックル Chick Corea p チック・コリア Frank Gambale g フランク・ギャンバレ Eric Marienthal sax エリック・マリエンサル John Patitucci b ジョン・パティトゥッチ Dave Weckl ds デイヴ・ウェックル 1. Charged Particles 2. Trance Dance 3. CTA 4. Alan Corday 5. Silver Temple 6. Got A Match? その場合はお手数ですが現在有効なメールアドレスで再度登録していただくようにお願い申し上げます。 We have moved to a more secure user registration system. Please note the users with an unreachable email address are removed. Make sure to reregister with a reachable email address.

次の

第18回 東京JAZZ|2019年8月30日(金)・31日(土)・9月1日(日)

東京 ジャズ 2019

2019. 16 Fri. OPEN 2:00P. START 3:00P. BALLROOM• 輝&輝 KIKI オープニングアクト• 田島貴男 ORIGINAL LOVE• 土岐麻子• 夏川りみ• 野宮真貴&鳥山雄司• paris match• PUSHIM MELODY LINE• akiko• Unlimited tone• ジャンク フジヤマ• bird PARK STAGE• 市川愛• 草薙さゆり• Hanah Spring• 廣田なお リラックスヨガ SKY CHAPEL 宿泊プラン限定 MIDNIGHT LIVE• 17 Sat. OPEN 2:00P. START 3:00P. BALLROOM• Kitri オープニングアクト• アン・サリー• Salyu• Nao Yoshioka• 畠山美由紀• BRADIO• orange pekoe 〜acoustic duo set〜• 澤田かおり• JONTE• TOKYO CRITTERS• 遥海 PARK STAGE• 名渡山遼• ひづきようこ• Furukawa Sarah• Yup'in• 廣田なお リラックスヨガ• SKY CHAPEL 宿泊プラン限定 MIDNIGHT LIVE• AFTER MOVIE 2018 ACCESS ザ・プリンス パークタワー東京 〒105-8563 東京都港区芝公園4-8-1 TEL:03-5400-1111 電車/• JR線・東京モノレール浜松町駅から徒歩約12分。 都営地下鉄浅草線・大江戸線大門駅 A6 から徒歩約9分。 地下鉄日比谷線神谷町駅 1番 から徒歩約12分。 都営地下鉄大江戸線赤羽橋駅 赤羽橋口 から徒歩約2分。 都営地下鉄三田線芝公園駅 A4)から徒歩約3分、御成門駅 A1 から徒歩約5分。 東京駅から4km 平常時10分。 羽田空港から16km(首都高速道路芝公園経由 平常時15分。 東京シティエアターミナル 箱崎)から15分 平常時。 成田空港から東関東自動車道・京葉道路・ 首都高速芝公園出口を経て120分 平常時。 無料シャトルバス/• 浜松町駅(大門駅)からホテルまで無料シャトルバスを運行しております。 (定員41名)• ご予約制ではございません。 満席の場合はご乗車できない場合もございます。 天災や、やむを得ない事情によりバスが運行しなかった場合、代替輸送についての保証はいたしかねます。 チケットに関する注意事項• 本公演は開催当日時点において未就学児のお客さまのご入場をお断りいたします。 本公演は、複数アーティスト出演によるイベントの為、出演アーティストが急遽変更、 またはキャンセルになる場合がございますが、それに伴うチケットの払い戻し等はできませんのであらかじめご了承ください。 チケットご購入後の、キャンセル・変更・払い戻しはできません。 着席指定席・着席自由席は相席でのご利用となります。 ボールルーム以外の会場は券種に関わらず自由席となります。 チケットの紛失、破損の場合の再発行はできません。 チケットとご入金時に受け取られた受領書は公演日まで大切に保管してください。 チケットの譲渡、転売は固くお断りいたします。 チケットを転売、あるいは転売目的で入手することは条例により違法な行為となる場合があります。 本公演の中止・延期に伴う旅費(キャンセル料含む)の保証は一切いたしません。 フードチケット・ドリンクチケットは当日、追加でお買い求めいただけます。 リラックスヨガに関する注意事項• 一般のお客さまもご参加いただける、ストレッチを中心としたヨガです。 タイムテーブルの時間にあわせてパークステージ(プリンス芝公園)にお集まりください。 動きやすい服装でご参加ください。 ロッカー・シャワールーム、更衣室はございませんのであらかじめご了承ください。 ヨガマットの無料レンタルもございます。 予約不可。 天候により中止となる場合がございます。 その他の注意事項• お客さまによる公演中の写真撮影、録音、録画は一切禁止いたします。 各ステージエリアにて入場制限をする場合がございますのであらかじめご了承ください。 会場内は禁煙となっております。 所定の喫煙所をご利用ください。 未成年者、お車を運転される方へのお酒類の提供はお断りいたします。 お荷物などによる席取り、場所取り行為は一切禁止いたします。 長時間放置されたままのお荷物は撤去させていただく場合がございます。 男性のタンクトップ、サンダル等でのご来場はご遠慮ください。 当日はムービーカメラ、スチールカメラでの撮影が入ります。 撮影された素材はパブリシティとして使用させていただきますのであらかじめご了承ください。 主催:ザ・プリンス パークタワー東京 Takao Tajima 田島貴男 ORIGINAL LOVE 2019. 16 Fri. BALLROOM 85年に結成した田島を中心とした前身バンドが87年にORIGINAL LOVE と改名。 91年にオリジナル・ラブとしてメジャーデビュー。 第33回日本レコード大賞最優秀アルバム・ニュー・アーティスト賞を受賞。 以降、『接吻』をはじめ、代表作をリリース。 ドラマタイアップにもなり、その名を浸透させる。 数々のアーティストへの楽曲提供やプロデュースを手掛け、近年は弾き語りを軸とした「ひとりソウル」という新たな表現方法も確立している。 2019年2月13日、ORIGINAL LOVEニューアルバム「bless You! 」をリリース!• Asako Toki 土岐麻子 2019. 16 Fri. BALLROOM 2019. 17 Sat. SKY CHAPEL 1976年東京生まれ。 Cymbals のリードボーカルとして、1997年にインディーズ、1999年にメジャーデビューを果たす。 2004年のバンド解散後、実父でジャズサックスプレイヤーの土岐英史氏を共同プロデュースに迎えたジャズ・カヴァー・アルバム『STANDARDS ~土岐麻子ジャズを歌う~』をリリースし、ソロ始動。 昨今では、今井美樹・原田知世・さかいゆう・20th Centuryへの作詞提供やコーラス参加等、多岐にわたり活動中。 サウンドプロデューサーにトオミヨウを迎えたアルバム「PINK」(2017年)に続き、2018年5月30日に約1年4カ月ぶりのオリジナル・フルアルバム「SAFARI」をリリース。 レギュラーラジオ:JFN系列「TOKI CHIC RADIO」(17局ネット) 連載:WEBマガジン「marble」• Rimi Natsukawa 夏川りみ 2019. 16 Fri. BALLROOM 10月9日生まれ、沖縄県石垣市出身。 1999年に夏川りみとしてシングル『夕映えにゆれて』でデビュー。 2001年に3rdシングル『涙そうそう』をリリースし、大ヒット。 116週連続チャートイン。 2002年には紅白歌合戦に初出場し、5年連続出場。 2004年、日本レコード大賞で最優秀歌唱賞受賞。 2006年、デヴィッド・フォスター・プロデュースによる、アンドレア・ボチェッリのアルバム『アモーレ』に参加。 『ソモス・ノビオス~愛の夢』をスペイン語でデュエット。 2008年、台湾だけでなく、香港、上海などでも公演を行い、アジアでの人気も高まる。 2010年8月、第一子となる男の子を出産。 2011年3月9日、生まれてくる子供たちに贈ることをコンセプトにしたアルバム『ぬちぐすい みみぐすい』をリリース。 同年9月21日にはシングル『あすという日が』をリリース。 2011年、NHK第62回紅白歌合戦に6回目の出場。 2013年、セルジオ・メンデスのアルバム『ランデヴー』に参加。 2014年5月、デビュー15周年を迎える。 2014年6月18日、15周年記念アルバム『虹』をリリース。 2016年3月16日、日本と台湾とを結ぶベストアルバム『台湾精選 ~Best Collection 2016~』リリース。 2016年11月9日、最新シングル『あしたの子守唄』リリース。 その歌声は、老若男女問わずリスナーを魅了する。 Maki Nomiya 野宮真貴 2019. 16 Fri. BALLROOM ピチカート・ファイヴ3 代目ヴォーカリストとして、90年代に一世を風靡した「渋谷系」ムーブメントを国内外で巻き起こし、音楽・ファッションアイコンとなる。 2019年はデビュー38周年を迎え、音楽、ファッションやヘルス&ビューティーのプロデュース、エッセイストなど多方面で活躍している。 2012年から渋谷系とそのルーツの名曲を歌い継ぐ音楽プロジェクト「野宮真貴、渋谷系を歌う。 」を行っており、その集大成となるベストアルバム「野宮真貴 渋谷系ソングブック」をリリース。 ベストセラーとなった「赤い口紅があればいい」(幻冬舎刊)も文庫本となり発売中。 Yuji Toriyama 鳥山雄司 2019. 16 Fri. BALLROOM ギタリスト、音楽プロデューサー。 1981年慶応大学在学中にセルフプロデュースによるソロ・デビューアルバムを発表。 その後1996年にスタートしたTBS系ドキュメンタリー番組「世界遺産」にテーマ曲「The Song of Life」を提供、大ヒットオムニバスアルバム「image」にも収録され、自身の代表曲となる。 他、フジテレビ系「フジサンケイクラシック」ゴルフ中継テーマ曲「Let me go」をはじめとする数多くの名曲をリリース。 現在までにソロアルバムを15枚、また、学生時代からの朋友 神保彰(ds)、和泉宏隆(key)とのユニット「PYRAMID」によるアルバムを5枚発表している。 アレンジャー、プロデューサーとしても松田聖子、吉田拓郎、葉加瀬太郎、CHARA、宮本笑里、宮本文昭、伊東たけし、小松亮太、WeiWei Wuu等、幅広いジャンルのアーティストを数多く手掛ける一方で、アニメーション「ストリートファイターII MOVIE」「鋼鉄三国志」、ゲーム「幻想水滸伝V」、映画「神様のパズル」「クヌート」等のサウンドトラックも担当。 2014年には自身のレーベル「Super Paw」を設立。 精力的にその活動の幅を広げている。 PUSHIM 2019. 16 Fri. 1シンガーの座を確固たるものにしたと同時に、日本の音楽シーンの中でも圧倒的な歌唱力を誇るシンガーとして高い評価を受け続けている。 1995年に地元大阪で活動を開始し、1999年にシングル「Brand New Day」でメジャーデビュー。 2000年にファーストアルバム「Say Greetings」をリリース以降、2016年1月にリリースした最新アルバム「F」まで、オリジナル・アルバム9枚の他、多数の企画アルバムをリリース。 2016年は、ZEPP4公演を含む全13公演の全国ツアー「F」を成功さ せる。 今後は多数のイベント出演の他、11月にカバー・アルバムの「THE ノスタルジック」のリリースし、全国ツアー「PUSHIM LIVE TOUR 2017」を敢行。 2017年5月31日にはデジタルシングル「ALFEE」をリリース。 2018年2月14日には韻シストとのコラボミニアルバム「TO THE NEXT」をリリースし、そのクールなサウンドメイキングが大きな話題となる。 同年5月にはデジタルシングル「ナナメにキメるSTYLE」「THE FREEDOM ROCK」を2曲連続でリリースする。 akiko 2019. 16 Fri. MELODY LINE 2001年、名門ジャズレーベル「ヴァーヴ」初の日本人女性シンガーとしてユニバーサルミュージックよりデビュー。 既存のジャズの枠に捕われない幅広い音楽活動で人気を博し、現在までに23枚のアルバムを発表。 パリ、ロンドン、ニューヨーク、リオ・デジャネイロ、オスロ、ニューオリンズなど海外でのレコーディングも多く、またヨーロッパでのツアーやジャズフェスティバルなど、国内外で活躍。 これまでに「ジャズ・ディスク大賞」や「Billboard Japan Music Award」を始め、数々のミュージックアワードを受賞。 2003年にはエスティー・ローダーより日本人女性に送られる美の賞「ディファイニング・ビューティー・アワード」を授与される。 またシンガーとしてだけではなく、ソングライティングやアレンジ、ジャケットのデザインも含めたアートディレクションに至るまでセルフ・プロデュースもこなし、コンピレーションCDの選曲や他アーティストのプロデュース、執筆なども手がける。 一方、アパレル・ブランドとのコラボレーションで帽子やワンピースなどのアイテムを展開するなどファション方面でも活躍。 また、定期的に声を使ったボイス・ワークショップや、子供のためのジャズワークショップを開催している。 更に英国アーユルヴェーダカレッジ日本付属校認定アーユルヴェーダライフスタイリスト、日本ナチュラルヒーリングセンター認定アーユルヴェーダ・ホームケアドクター及びライフコンサルタントの資格を取得し、2013年からはアーユルヴェーダのワークショップやリトリートツアーなども開催している。 デビュー15周年となる2016年には5枚組50曲入りのベストアルバム「Elemental Harmony」をリリース。 2018年4月にはジャズ・スタンダードをテーマにしたエッセイ「ジャズを詠む」を出版。 音楽性やファッション性のみならずそのライフ・スタイルにも多く支持が集まる。 Unlimited tone 2019. 16 Fri. MELODY LINE/ SKY CHAPEL 「魅力的な声の重なり」をコンセプトに結成されたボーカルチーム、通称:アンリミ。 メンバーは左よりLuz ルース 、Ryohei リョウヘイ 、Dody ドディ の3人から構成される。 それぞれがソロのアーティストとしても活躍し、Superfly、平井堅、北島三郎、吉田拓郎など様々なアーティストのレコーディングやコーラス等も行っている。 アンリミのライブ演奏は ピアノ・ギターを弾き語ってのアンプラグドスタイルを始め、実力派のフィーチャリングVocalを加える事で、絶妙なコーラスワークやアカペラなども展開。 まっすぐなメッセージ性とハーモニーの力強さは圧巻。 2014年夏より大成建設の全国テレビCMにて「Change」が起用され話題となる。 2016年にはテレビアニメ「田中くんはいつもけだるげ」のOP主題歌担当。 「Google Play Music 音楽のある生活・ランニング編」にFREEEEEWAY!! 2016 ver. が起用。 2017年、結成10周年を記念し、全30曲入りのベストアルバム「THE BEST」をリリース。 Junk Fujiyama ジャンク フジヤマ 2019. 16 Fri. バンド解散後、ソロ活動を開始。 2009年ミニ・アルバム「A color」をリリース。 その模様を収録したライヴ・アルバム「JUNKTIME」を2010年にリリース。 その後、FM局で頻繁にOn Airされた「Morning Kiss」を収録したスペシャル・アルバム「JUNKSPICE」を同年にリリース。 2011年ポップ・エッセンスを凝縮したアルバム「JUNKWAVE」をリリースし、2回の東名阪ツアーを行ない圧倒的な歌唱力と存在感で観客を魅了した。 2012年6月にリリースしたメジャーデビューシングル「あの空の向こうがわへ」は、全国のラジオ40局にてヘビーローテーション等を獲得し、東芝TVCMソング(東芝製スカイツリーエレベーター)にタイアップ起用される。 2013年3月メジャー・ファースト・アルバム「JUNK SCAPE」をリリース。 5月には東京SHIBUYA-AX、大阪BIG CATでレコーディング・メンバーとリリース・ツアーを開催。 2014年1月22日セカンド・アルバム「風街ドライヴ」をリリース。 2016年6月ライヴ・アルバム「ジャンクフラッシュ」をリリース。 2017年7月配信リリースしたサマー・アンセム・ソング「僕だけのSUNSHINE」はSpotifyのバイラルチャートで三度首位を獲得した。 2018年12月初のジャズ・カバーアルバム「ロマンティック・ソングス~マイ・フーリッシュ・ハート」をリリース。 その歌声は現在まで合計14ものタイアップ・ソングに起用され愛されている。 JiLL-Decoy association 2019. 16 Fri. MELODY LINE 2002年結成。 ボーカルchihiRo、ギターkubota、ドラムtowadaの3人。 2006年メジャーデビュー。 2013年にはアルバム『ジルデコ5』が「第55回日本レコード大賞」の<優秀アルバム賞>を受賞。 A-HAの「Take on me」をジャズアレンジしたMVが話題を呼び、海外のテレビでも紹介される。 毎年恒例になったビルボードライブ東京、大阪公演も好評で東京ジャズや日本全国のジャズフェス、国内最大級のロックフェスRISING SUN ROCK FESTIVALにも出演し、唯一無二の存在を確かなものにした。 2019年3月6日に「ジルデコ9〜GENERATE THE TIMES〜」をリリース。 初のビッグバンドも参加し、16年で築き上げた「ジルデコのJAZZ」を全て日本語で歌い上げる。 bird 2019. 16 Fri. MELODY LINE ソウルフルな歌声と独創性に満ちた楽曲で、ジャンルを選ばず音楽ファンを魅了するシンガー&ソング・ライター。 20周年となる今年、通算11枚目となるニューアルバム「波形」(MHCL-2800)2019年3月20日発売。 前作の「Lush」に引き続き、プロデュースおよびサウンドメイキングは現代の音の名匠こと冨田ラボ(冨田恵一)によるもの。 1999年3月20日発売のシングル「SOULS」によってデビューし、ちょうど20年目をむかえる記念すべきタイミングでのリリース。 新譜発売からbird20周年プロジェクトが本格的に始動!現在、ジャンル関係なく各種野外FES、イベントに出演中。 Ai Ichikawa 市川愛 2019. 16 Fri. PARK STAGE 神奈川県藤沢生まれ。 途中、交換留学制度によってギリシャへの滞在を期に旅を愛するようになり、これまでトルコ、イタリア、パレスチナ、イスラエル、ハワイ、フランス、ケニア等々、相反する文化や風土の国々に一人旅を行っている 一人旅以外も含めると、40カ国以上に渡る。 帰国後、JAZZSINGERとして3枚のソロアルバムをリリース。 吉田美奈子や佐藤奈々子、尾崎亜美といった東京の女性AORやフォークのディーヴァ達を思わせるコケティッシュかつアンチ・ロリータな声質と歌唱法、ルックス等によって、タワーレコードの「いまどきのいい女」、「TowerJazzCampaign」などで取り上げられ注目を浴びた。 I」として初めてのラップを録音、バイリンガル 英語 の能力やラップ・ビギナーの舌ったらずなアクセントを生かした、市川愛とは全く別の、国籍不明のアンドロイド・ビッチなキャラクターを確立、菊地の様々な活動にフィーチュアリングされている。 リクルートへの就職経験があり、母親が経営する会社でのビジネスサポート歴も長く、フルマラソンで3回完走している。 ナレーターとしても、ユニクロや、ハインツのテレビCMなどで活躍中。 2018年4月、日本語でオリジナルを歌う「市川愛」本来の姿で、音楽上のメンターでもある浜田真理子からも楽曲提供を受け、菊地成孔プロデュースでメジャーデビュー。 クールジャパンに食傷気味な音楽界で、今最も注目すべきアーバン・ミュージックの女性シンガー。 Kenichi Takemoto 竹本健一 2019. 16Fri. PARKSTAGE 2003年、3ピースバンド「PHONES」として東芝EMIからメジャーデビュー。 2007年、バンド活動休止後、ソロシンガーとして活動を本格化させる。 ソロとして、Album6タイトル、シングル2タイトル、配信限定シングルとして2タイトルをリリース。 また、今年6月には約8年ぶりとなるNewAlbum「TURN」をリリース。 また圧倒的な歌声とパフォーマンスから繰り広げらえるライブ活動も精力的に行うほか、HYDE、ナオト・インティライミ、Superfly、吉井和哉、Chara、スキマスイッチなどのライブにも参加。 作家としても、ATSUSHI EXILE 、CrystalKay、CHEMISTRY、倖田來未、ゴスペラーズ、鈴木雅之、テゴマス、中島美嘉、Riefu、など、様々なアーティストへの楽曲提供、アレンジ、プロデュースを手がけるなどマルチに活動を展開している。 Hanah Spring ハナ・スプリング 2019. 16 Fri. PARK STAGE ギタリストの父、シンガーの母、5人の兄弟すべてが音楽に携わる環境で育つ。 Erykah Badu, The Roots, Musiq等来日公演でのオープニングアクト、MISIAのツアーコーラスとして参加、J-WAVEのパーソナリティーとしても活躍。 Salyu 2019. 17 Sat. BALLROOM 2000年4月、Lily Chou-Chouとしてデビュー。 Lily Chou-Chouが全編にフィーチャーされた岩井俊二監督作品、映画『リリイ・シュシュのすべて』が公開される。 2003年には映画「kill bill」で、「回復する傷」が劇中歌として採用。 2004年、日本を代表する音楽プロデューサー小林武史プロデュースのもとSalyu としてデビュー。 2006年にはBank Band with Salyuとして「to U」をリリース。 Children桜井和寿とのデュエットで、圧倒的な声の存在感が注目を集める。 国内外問わず多くの音楽ファン、クリエーターから注目されると共に、前衛的な作品が海外からも注目を集め、ロンドン、バルセロナ、バンコク、オーストラリアと海外公演やフェスに多数出演を果たす。 2014 年には台湾、香港公演がSOLD OUTするなどアジア圏からの注目度も高い。 2018年には13年ぶりにBank Band with Salyu名義で「MESSAGE-メッセージ-」を発表。 2019年にデビュー15周年イヤーを迎え、フルオーケストラコンサートbillboard classicsシリーズに参加するなど、独特の声の響きを生かした世界観を広げ、精力的にライブ活動を展開中。 2019年9月公開の横浜流星・飯豊まりえ主演映画『いなくなれ、群青』の主題歌に新曲「僕らの出会った場所」が決定している。 Nao Yoshioka 2019. 17 Sat. BALLROOM NY仕込みのパワフルなヴォイスと表現力、ヒストリーに根ざしながらもレイドバックとは異なるモダンなテイストを兼ね備えた現在進行形ソウル・シンガー。 2013年の1st『The Light』はスマッシュヒットを記録し2015年には全米でもリリース。 2016年にアメリカの「Capital Jazz Fest」で2万人規模のメインステージに出演。 同年9月に、アリシア・キーズらを支えた名プロデューサー/ライターたちと共作した3rd『The Truth』を日本でリリース後、2018年からはアメリカへと活動拠点を移す。 『The Truth』はその後アメリカでもリリースされ、ビルボードUACチャート32位を記録し、米国大手音楽誌Rolling Stoneでもピックアップされた。 そのアメリカでの活躍は海を越えて伝わり、同年イギリスでもBRIGHT STAR AWARDS 2018の"Best International Artist"を受賞。 2019年には約2年半ぶりとなる新作『Undeniable』の制作を発表し、日本への凱旋ツアーも予定するなど米国と日本、さらには世界を舞台に活躍中。 Miyuki Hatakeyama 畠山美由紀 2019. 17 Sat. BALLROOM/ SKY CHAPEL シンガーソングライター。 宮城県気仙沼市出身。 みなと気仙沼大使。 みやぎ絆大使。 2012年、NHK東日本大震災プロジェクト復興支援チャリティーソング『花は咲く』に参加。 2018年12月、7枚目となるオリジナルアルバム「Wayfarer」をリリース。 プロデューサーには冨田恵一 冨田ラボ を迎え、水野良樹 いきものがかり 、堀込高樹 KIRINJI 、高城晶平 cero の書き下ろし曲を含む全10曲を発表。 FMヨコハマ「Travelin' Light」(毎週土曜11~13時/生放送)担当DJとしてレギュラー出演中。 Aki Yashiro 八代亜紀 2019. 17 Sat. BALLROOM 熊本県八代市出身。 1971年デビュー。 1973年に出世作「なみだ恋」を発売。 その後、「愛の終着駅」「もう一度逢いたい」「舟唄」等、数々のヒット曲を出し、1980年には「雨の慕情」で第22回日本レコード大賞・大賞を受賞する。 芸能生活40周年を迎えた2010年には、歌唱技術が認められ文化庁長官表彰を受賞。 また絵画では、画家の登竜門とも言われる世界最古の美術展、フランスの「ル・サロン」で5年連続入選を果たし永久会員となる。 2012年には、ジャズアルバム「夜のアルバム」(ユニバーサルミュージック)が発売。 邦人アルバム史上最大級となる世界75ヶ国で配信される。 2013年3月にはニューヨークの老舗ジャズクラブ「Birdland」でライブを行った。 2015年10月に、初のブルースアルバム「哀歌-aiuta-」を発売。 同年、日本モンゴル文化大使に任命された。 2017年10月11日には5年ぶりにジャズアルバム「夜のつづき」を発売。 2018年6月にフレンチポップスの女王・シルヴィー・バルタンの日本最後の公演にゲスト出演、シルヴィーと共演。 8月にはモンゴル国より「北極星勲章」を授与された。 12月5日新曲「だいじょうぶ」を先行配信し、2019年2月6日には(ANZEN 漫才・みやぞんとデュエットバージョンを含む)CD発売となる。 17 Sat. BALLROOM 日本を代表するドラマー、プロデューサー。 以降、井上陽水、吉田拓郎、山下達郎、松任谷由実など、数々の著名アーティストのレコーディング、ライヴに参加、そのレコーディング曲は14,000曲を超える。 革新的なバンドPONTA BOXを結成、アルバムをリリース。 ジャズバンドとして驚異的なセールスを記録する。 スイスのモントルー・ジャズ・フェスティバルに出演、フジテレビ系「ニュースJAPAN JAZZ GIANTS」レギュラー出演や同局『スーパーニュース』の音楽も担当した。 デビュー45周年の昨年は中野サンプラザホールで数々のアーティストを招いての45周年記念コンサート「音楽境地」を4月と11月に開催し大きな話題を集めた。 orange pekoe 〜acoustic duo set〜 2019. 17 Sat. MELODY LINE ナガシマトモコ ヴォーカル、作詞 と藤本一馬 ギター、作曲、編曲 により1998年に結成。 ジャズ、ラテン、ブラジル、ソウルなど様々な音楽を独自に昇華し、2002年1stアルバム『Organic Plastic Music』 BMG Japan のセールスが35万枚を超え、メジャーデビューとともに幅広い支持を獲得。 「日本ゴールドディスク大賞ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を初め数々の賞を受賞し、収録曲「Happy Valley」は史上初となるFMラジオ32局のヘビーローテーションを獲得。 ライブにおいては、歌とギターのデュオ編成、レギュラーバンド編成、また総勢18名によるビッグバンド編成など様々な形態で開催。 3rd作『Poetic Ore; Invisible Beautiful Realism』 BMG Japan の全国ツアーでは、NHKホールでのファイナル公演をDVDとしてリリース。 アジア各国、ニューヨークでのCDリリースやライブ公演など、海外でも幅広い支持を獲得。 またCDジャケットや映像作品を中心に、アートやファッションとのコラボレーションも多数。 そのヴィジュアルワークにも注目が集まる。 作品ごとに常に新しいサウンドを展開し、現在まで8枚のオリジナルアルバムをリリース。 2013年リリースの7thアルバム『Oriental Jazz Mode』 KING RECORDS では、中近東、北アフリカ、またアジアなどを含むオリエンタルな要素をミクスチャーし新たな境地を開拓。 2014年にはビッグバンド/ジャズオーケストラ編成で録音された最新作『orange pekoe with the Big Band Party Night!!! 』 KING RECORDS をリリース。 ライブでは既にファンの間で人気曲の「Wanderer Soul」を初収録し、代表曲「LOVE LIFE」はライブヴァージョンにて収録されるなど話題に。 2016年より拠点をNYへ移し、ライブ活動などを行なう。 その後、2018年にはLAに拠点を移す。 2019年帰国し日本での活動を再開。 その他、それぞれソロとしても活動。 藤本一馬はギタリストとしてこれまで4枚のソロ名義作品をリリース。 これまで国内および海外の多数のアーティストと共演し、ジャズやクラッシク音楽だけでなくワールドミュージックリスナーなど幅広い支持を得る。 NY で活躍する新進気鋭のジャズミュージシャン達とともに制作され、新世代ネオソウルサウンドを追求。 Kaori Sawada 澤田かおり 2019. 16 Fri. SKY CHAPEL 2019. 17 Sat. MELODY LINE シアトル生まれ。 東京・杉並育ち。 桐朋女子高等学校音楽科を作曲専攻にて卒業後、2005年に渡米。 ボストン・バークリー音楽院作曲専攻を卒業する。 2015年1月Sg『幸せの種』にてメジャーデビュー。 11月に現代のキャロル・キングをイメージさせる、1stアルバム『Songwriter』をリリース。 NHK BS1「ワールドスポーツMLB」エンディングテーマ、映画「さよならの代わりに」日本版イメージソングなど話題曲を多数収録。 2016年10月メジャー2ndアルバム『FRONTIER』をリリース。 さらなる女性の才能を開花させた永遠のPOPSをイメージさせる意欲作を提げ、2017年、キーボード一つで47都道府県フリーライブツアーを成功させた。 エモーショナルなヴォーカルと、自在に奏でるピアノによる圧倒的な弾き語りライブは全国のファンを魅了。 多彩な才能はシンガーソングライター活動だけにとどまらず、作曲家・アレンジャー・プロデューサーとしても数多くのTVCM音楽、TVドラマ音楽、楽曲提供を手がけ、高い評価を得ている。 類稀なる唯一無二の女性アーティスト。 2018年9月より拠点を米国に移し、さらなる活躍が期待される。 TOKYO CRITTERS 2019. 17 Sat. MELODY LINE ルンヒャン、菅原信介、ZIN、Shingo. ピアノ弾き語りから民族音楽まで幅広い音楽性で活躍するシンガーソングライタールンヒャン、全国を飛び回りライブを繰り広げるソウル界のテーマパーク菅原信介、NYより帰国しSoulflexのメンバーとしても活動するZIN、日本とLAを行き来しサウンドをアップデートし続けるトッププロデューサーShingo. Harumi 遥海 2019. 17 Sat. MELODY LINE 日本が世界に誇るシンガーになる可能性を大いに秘めた、次世代ディーヴァ。 2019年より草ケ谷遥海は名前のみで『遥海』と改名し活動をスタート。 昨年1月3日に日本テレビ系でオンエアされた、『第5回全日本歌唱力選手権歌唱王』で、惜しくも優勝を逃したが、その圧巻の歌声、圧倒的な表現力で視聴者をくぎ付けにした。 ネット上でも「TVの前で号泣した」「鳥肌立った」「点数とかどーでもいいくらい感動した」と、絶賛の声が飛び交い、その実力を世に知らしめた。 その歌は共演者を驚かせ、「心から歌っている」と大絶賛され、その実力を見せつけた。 そして4月19日 木 Zepp Diver Cityで行うフリーライヴを、「Road to Zeppプログラム」の第一弾アーティストとして選出され、クラウドファンディングによるワンマンライブに挑戦、成功を収めた。 7月には配信限定で「誓い」をリリース、12月には、草ケ谷遥海WINTER ONE MAN LIVE 2018 と題してワンマンライブを開催しSOLD OUTさせた。 今年に入り、初の大阪・名古屋でのワンマン、ホールワンマンを開催。 自身初のオリジナルEP「MAKE A DIFFERENCE EP」をリリースした。 Ryo Natoyama 名渡山遼 2019. 17 Sat. PARK STAGE ウクレレシーンに新たな風を呼び起こす、日本の若手プレイヤーの中でもナンバーワンの呼び声高いウクレレプレイヤー。 愛用のウクレレは全て、自身の手作り。 またウクレレケース、ストラップも製作している。 1993年生まれ。 小学校6年生の夏休みのハワイ旅行で家族がお土産に買ったウクレレを弾き始める。 中学1年生からウクレレ作りを始める。 14歳の頃にはブルース・シマブクロ、ジョディ・カミサトなどハワイのウクレレプレイヤーのオープニングアクトを務め、「天才ウクレレ少年」としてテレビにも取り上げられる。 2010年、ジェイク・シマブクロのジャパンツアーにも出演。 2015年には4thアルバム「UKULELE SPLASH! 」、クリスマスアルバム「UKULELE Merry Christmas! 」を発売。 」が日本人としては最年少で見事に受賞した。 2016年7月「Made in Japan, To the World. 」でメジャーデビュー。 2017年、自身初となるフジロックフェスティバルにも出演を果たす。 また、海外からも注目を浴び、これまでにアメリカ、イギリス、イタリア、オーストラリア、香港、タイ、台湾、中国、カナダでの公演を果たし、そのプレイが絶賛された。 2018年7月25日、メジャー2ndアルバム「My Dear Ukulele」をリリース。 世界に一つだけのウクレレで超絶な演奏テクニック、癒しのプレイを自在に奏でる。 唯一無二の音色を生む、天才ウクレレプレイヤー。 Furukawa Sarah 2019. 17 Sat. PARK STAGE シンガーソングライター。 音楽はもちろん、その明るいキャラクターや独特のライブパフォーマンスで幅広い年代の女性からライブシーンで大きな反響を呼ぶ。 聴いた人の心を一瞬で掴む特徴的な子供のようで毒々しさを感じるかすれた歌声と、生活の一部を切り取ったかのようなリアリティある抒情的な歌詞は、多くの人を独自の世界観に引き寄せる魅力を持つ。 また、過去に連載したファッション誌サイトコラムではサイト内アクセス1位を獲得するなど、マルチな才能の片鱗をのぞかせ、ライターとしても活動している。 これまでに「お台場新大陸」「taico club」「One California day」を始め、日本全国のライブハウスやバーなどのイベントでもライブを行う。 2016年7月6日、ファーストミニデモアルバム「Furukawa Sarah」をリリース。 2017年、ビーチカルチャーマガジン「HONEY」のアーティストオーディションで初代グランプリを受賞。 同誌が監督する、ベストビーチライフミュージックのCD「HONEY meets ISLAND CAFE Best Surf Trip 3」にて新録音「Sunday Morning」をアコースティックカバーで参加。 その後もHONEY meets ISLAND CAFEシリーズに多数参加している。 2018年11月、代官山 晴れたら空に豆まいてにて、音楽活動10周年記念ライブ"Live in love 2018"を開催し、SOLD OUT。 Sarah Furukawa』で歌唱と英訳をFurukawa Sarahが担当し、YouTubeにて公開と同時に1時間で5万回以上の再生を記録。 現在、ファーストフルアルバムの楽曲を鋭意製作中。 2019年発売予定。 Yup'in 2019. 17 Sat. PARK STAGE タフで強く、やさしく。 またひとりユニークな才能を持つ女性シンガーが現れた。 「Yup」にはスラングで「YES」という意味と「高飛車で生意気」という二つの意味が込められている。 2017年4月、「Take Me Away」がFM NORTH WAVE4月度MEGA PLAYとなり、FM NORTH WAVE「SAPPORO HOT 100」にて2週連続1位獲得。 彼女の最大の魅力は、その歌声だ。 無骨というか野性的というかヤンチャというか。 独特のざらつきがあるラフ&タフな声が歌詞に言霊を宿らせている。 真っ直ぐで、飾らないありのままの姿で我が道を突き抜ける姿勢とパワフルなパフォーマンス、ファッション性が注目され、熱い支持を受けている。 Hirota Nao 廣田なお リラックスヨガ 2019. 16 Fri. PARK STAGE 2019. 17 Sat. PARK STAGE 東京都目黒区(都立大学駅)ボディメイクヨガスタジオ「HOME」代表。 元銀行員ヨガインストラクター。 "みんなが気楽に集える場を作りたい"という想いからヨガスタジオ設立を決意し、銀行退職後、大手ヨガスタジオにて年間数百本のレッスンを経験しこれまでに4000人以上を指導。 2017年12月、ボディメイクヨガスタジオ「HOME」をオープン。 「自分を好きになろう」をモットーに、自分自身が納得できる身体作りをベースとした「美筋ヨガ」を考案。 自身のスタジオでレッスンをする他、全国各地の音楽イベントにも多数出演し、多方面において幅広く活動中。 TBS「あさチャン!」「林先生が驚く!初耳学」などTVや雑誌、ラジオなどメディアにも多数出演。 Kitri Kitri オープニングアクト 2019. 17 Sat. BALLROOM 姉のMona と妹のHinaによるピアノ連弾ボーカルユニット。 右・Mona はボーカル、ピアノ低音部 Secondo を担当、左・Hinaはコーラス、ピアノ高音部(Primo)を担当、ギター、パーカッション他。 幼い頃よりクラシックピアノを習いMonaは大学で作曲を専攻。 Hinaは芸術学を専攻する。 2015年~京都を拠点に音楽活動を開始。 2016年ライブで京都を訪れていた大橋トリオの手に自主制作盤が渡り、その音源を聴いた大橋が絶賛。 大橋が手掛ていた、映画「PとJK」(廣木隆一監督、亀梨和也・土屋太鳳主演)の劇伴音楽に、テーマ曲のボーカルとハミングで参加する。 2017年、過去の音源を大橋トリオプロデュースにより再録音して、ユニット名「Kitri」として、パイロット盤「Opus 0」が完成する。 試験的にストリーミング配信をしたところ反響を呼び、自主音源にしてラジオのパワープレイ獲得、出演スタジオ演奏披露などを行う。 2019年1月23日、日本コロムビア・BETTER DAYSレーベルのニューカマーとして1st EP「Primo」でメジャーデビュー。 全国ラジオ局で多くのパワープレイを獲得。 またSpotify「Spotify Early Noise Artist 2019」やYouTube「Artists to Watch」等に選出されるなど、2019年ブレイクアーティストとしても注目されている。

次の